コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワクワクなモダン・デザインがいっぱい!!

2008-02-29 04:19:00 | George Nelson ジョージ・ネルソン
『暖かい』を通り越して、『暑い』を感じる今週のフェニックス。太陽の日差しは、もう初夏を思わせます・・・

Tシャツ一枚で過ごすのはもちろん、アパートのプールでは、昼間泳いでる人もいました、まだ2月なのに・・・もちろん、Heated Poolなんですけどネ。昨夜は、近くの友達の家に行ったら、冷房がすでにガンガンで、ちょっとビックリ




さて、画像は、市内で見つけたあるお店の内装です。



この画像にある作品群をご存知ですか?ピンときたあなたは、かなりの『モダン・インテリア通』かも???


20世紀を代表するモダン・デザインのアイコン的な作品で埋め尽くされてます。


左の赤いソファーは、アメリカを代表するデザイナー、George Nelsonジョージ・ネルソンの代表作『マシュマロ・ソファー』。小さいクッションが座面と背面にそれぞれ10個ずつ配置されています。

そして、中央に置かれているロー・テーブルもジョージ・ネルソンの代表作『プラットフォーム・ベンチ』。最近では、ミュージアム等の公共施設でも見かけることが多いです。

中央奥の明るい茶色のソファーは、ドイツの有名デザイナー、Ludwig Mies Van Der Roheミース・ファン・デル・ローエの代表作『バルセロナ・チェア』。

右にある山吹色のチェア2脚は、デンマークの有名デザイナー、Verner Pantonヴェルナー・パントンの代表作『パントン・チェア』。

このような家具が揃っていると、『インテリア・ショップ』か『カフェ』のようですが・・・。日本でも、このような内装のカフェを見かけます。


何のお店かわかりますか??




実はこのお店は、手作りチョコレートのお店。サンプルのチョコレートを頂きましたが、美味しかったです!!疲れてたのかな・・・

ホット・チョコレートもオーダーの度に手作りで、最高でした!!一杯700円くらいしましたが・・・


このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしています。随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリックを宜しくお願い致します!!

コメント (1)

ラッセル・ライト~アメリカン・モダン・シリーズ

2008-02-27 03:22:11 | Russel Wright ラッセル・ライト
このブログでも過去に何回か取り上げています工業デザイナーのラッセル・ライト

彼の代表的作品群であり、多くの人々に今なお愛されてやまない、Amarican Modernアメリカン・モダン・シリーズが入荷です。

機能性を重視した流線的なフォルムと豊富な単色バリエーションが特長で、当時、食器はセット購入が一般的だったのですが、このアメリカン・モダンは単品購入が可能で、色の組み合わせを楽しめる、自由でカジュアルな食器でした。
1941年には、最優秀陶器製品としてアメリカン・デザイナーズ協会より賞を受賞。

Steubenville(ステューベンビル)社により、1939~1959年にかけて製造されたのですが、50年以上が経過しているにも関わらず、そのデザインは、色褪せるどころか、とても魅力的で現代の人々にもアピールしつづけていて、たとえ、『これらがラッセル・ライトの作品』だと知らずとも、その洗練された独特のフォルムは、人々の注目を集めるほど。

白を基調とした落ち着いた空間で、食卓を飾る。

休日の午後。

夜、家族が寝静まった後のひとりだけの時間。

ちょっと肩の力を抜いて、まったり『コーヒータイム』なんて、いかがですか?

お洒落な大人の女性にとってもお勧めです。

ちょっとづつ、違う色を揃えたりしても、楽しいかもしれません・・・ネ。


このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしています。随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリック、宜しくお願い致します!!

コメント (1)

Shame On You!!

2008-02-26 02:47:19 | アンティークディーラーの日常
ちょっと政治ネタです。。。

『Shame on you Barack Obama』

2月22日のテレビのニュースでは、ヒラリー・クリントン氏の勇姿が印象的でした。ご覧になった皆様も多い事でしょう。

クリントン氏は、オバマ氏側が準備した選挙用の政策冊子を手にとり、

『恥を知れ、オバマ!!』

と声を荒げて。

クリントン氏のUniversal Health Care Plan保険政策(日本の健康保険制度とは異なり、アメリカでは個々人が保険会社と契約。収入格差により健康保険未加入者(4千7百万人:15.6%)の医療費負担が、以前から問題とされているが、今もって解決されていない。尚、人口の12.3%は貧困層。)やNAFTA(North America Free Trade Agreement:北米自由貿易協定。基本路線への賛成は多いが、一部でアメリカの非雇用者を増やしたとの非難もある。)を批判した事に対して、抗議をあらわしたものだったが・・・。

それにしても、『Shame on you』!!
随分と久しぶりに聞きました。普段の会話じゃ到底でてこない単語だし・・・笑

劣勢が伝えられるクリントン氏をテレビで見た率直な感想は、『こわぁ~』っていう感じで、鬼気迫るものが・・・。

選挙資金がひっ迫してきているとの噂もあり、撤退覚悟でかなり強引な手法に舵をきった??ここ1週間くらい前から、このまま正攻法で戦っても負けるとの予測からか、なんか『仕掛け』が激しくなってきたように思います。

まあ、どちらが勝っても、女性初の大統領もしくは黒人の大統領になるわけです。報道はというと、民主党寄りの比重が置かれているような気もします。

が、フタを開けてみたら、

虎視眈々と選挙対策を固める共和党のマケイン氏??

そしたら、みんなで、ずっこけるでしょうねぇ~笑。


ちょっと話はそれますが、1945年の広島・長崎の原爆投下議論をうけても尚、

『日本はまだアメリカの奴隷だ。だから、アメリカが日本の行動に干渉する権利を残しているのは当然で・・・』と発言する強硬派も依然として存在してるのが『強い国アメリカ』。強い国をいつまでも演じなくては、国がもたないのかも知れませんが・・・。

メディアやマスコミはいつでも弱いものをたたいて、アメリカでのターゲットはいつでも少数派(マイノリティ)のヒスパニックやアジア人だったりします。悲しい事ですネ、例えバラエティー番組中であっても・・・。

日本でも同様ですね・・・まあ、ターゲットは人種ではないにせよ、弱い個人攻撃。

ほんとうに心が痛みます。


このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしていますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリックを是非、お願い致します!!

コメント

見上げてみれば、見えないものが見えてくる・・・

2008-02-25 08:36:23 | アンティークディーラーの日常
天気が良い日は、ぽかぽか太陽の下、ぶらりと散歩は気持ちがいいですよね

都会の人ごみや夜のネオンの方が好きだった昔は、こんな事考えもしませんでしたが、最近は、空気の匂いや街の街路樹にも目が行くようになりました。

とある昼下がりにフェニックス市内を歩いていると、最近は少なくなってしまった50年代ごろ?の古い看板を見つけることがあります。こんな古い看板を見かけると、いまでもドキドキワクワクしてしまう自分を知ってます!!

遠めに眺めるだけの事もあれば、近づいて写真を撮ってみたり・・・。で、今回は近くに寄って、『ローアングル』で、見てみました。

なんか彫刻の様・・・

ふと思いました。

それにしても、何で昔のものってこんなに手が込んでいるんだろう・・・

雨風に耐え、ペンキもところどころ剥げてはいるものの、とても魅力的。もちろん、看板に限らないのですけど・・・。

最近は、『エコ』や地球環境への配慮への意識が向上している為か、古いものを大切にしたり、『リサイクル』という単語をよく見かけるようになりました。とっても大切な事。

と同時に、『理屈』ではなく、素晴らしい過去の文化を残していって欲しいと思います。素敵なヨーロッパの古い町並みのように・・・。

このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしています。随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。是非、応援のクリックをお願い致します。(投票のボタンをポチッとクリックするだけで、とっても簡単です!!)

コメント

怒涛の波状攻撃

2008-02-22 07:45:50 | 買い付け
今朝、起きてみると小鳥もさえずる、とてもいい天気

しかし、昨夜はすごかった。怒涛の波状攻撃。『通り雨』というものがありますが、雨が物凄い音を立てて降り始めたと思ったら、映画館の5.1チャンネルサラウンドを10倍以上過激にしたような、爆音の嵐。

火花のように降り注ぐ光、地をも揺るがす爆音の連続。
Thunder & Lightning。ヘビメタのコンサートでもこれほど凄くは無いでしょう・・・笑。

私の部屋、いや建物自体が揺れてました。普段、地震が無い地域だけに、驚きです。しかも、スケールがでかく、かなり近くに落ちた模様。
40年余の人生で、これほど心配になった雷経験はありませんでした・・・。

さて、年寄る波に勝てないのか、最近は、パソコンに向かっての作業に、ホント悩まされてます。昔は、これでも一日12時間以上も仕事で、ディスプレイを見ていても何とかなっていたのですが、最近はさすがに『ツライ・・・』。1時間ごとの休憩は欠かせません。

画像処理で小さい物を見たり、Web更新(未だにテキストベースでコードを書いている私)だったりで細かい作業がおっくうになっている今日この頃。

最近は、テレビで一日10回以上は見かけるMacbook Airのコマーシャルにも惹かれますが、それよりも大型ディスプレイに興味深々です。最近は値段も下がっているし・・・。

まあ、更新が遅れ気味の『言い訳』ではありませんが・・・ネ。

画像は、昨年末に手に入れて、すっかりその存在を忘れていた60年代のWall Hanging Lamp。つまり、壁掛け用のランプです。
シェード部分が、当時流行したファイバーグラスで出来ていて、暗い中で点灯した際に、その繊維の荒い部分と細かい部分との差で生まれる、柔らかい光と模様に癒されます。

私が、このランプを店頭で見たときには、ランプは点灯した状態でディスプレイしてありました。もし、点灯していなければ、手に取る事も無かったでしょう。

皆さんも照明を探す際は、必ず点灯した状態を見るようにしてくださいねぇ~。

このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしています。随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリック、宜しくお願い致します!!

コメント

Royal China Star Glowロイヤルチャイナ・スターグロウ・パターン

2008-02-21 01:43:12 | 販売
『ミッドセンチュリーもの』といえば、イームズ、ジョージ・ネルソン、イサム・ノグチなど有名デザイナーに代表される1940年代~60年代のデザインを思い起こさせますが、そのムーブメントは家具以外にも多くの業界に波及しました。

当時をリアルタイムで知らないアメリカの世代においても人気があるのは、日本と似ていて大変興味深いですネ。当時を知らないので、懐古趣味ではなく、現代のデザインには無い、新鮮さを感じさせるのかもしれません。

テーブル・ウェアにおいても例外ではなく、それまでのデコレーティブなものから、「アトミック」や「スペース・エイジ」など当時の世相を反映した、よりモダンでポップ なモチーフが応用されました。

Royal China Companyロイヤル・チャイナ・カンパニーは1934年6月にオハイオ州シーバーグのセブリング・チャイナ・カンパニーを元にオリバー・チャイナ・カンパニーとしてスタートし、1969年にはジェダイ(翡翠色)の高級グラスウェアで有名なジャネット・グラス社(1898-1983)に売却され、1986年にはジャネット社 の閉鎖に伴いその歴史を閉じました。
(注:ここでいうチャイナは陶磁器一般を指しています。)

さて、このたび、エステート・ファインド(住民が持ち物の全部またはその一部を売却する事)により見つけられたロイヤル・チャイナ社のStar Glowスター・グロー・パターンのテーブル・ウェアが入荷しました。

かなり良いコンディションで、まとまって見つかる事は珍しいのですが・・・笑。

当時、食器販売の大半は、ばら売りでは無く、セット売りだった為、それらがそのままガレージかどこかで眠っていて、見つけられたのかも知れません。

このスター・グロー・パターンは、夜空に誕生した星のようないわゆるアメリカのミッドセンチュリーを代表する絵柄で、デザインもモダン。色使いも控えめ。決して、お料理にでしゃばらないテーブル・ウェアだと思います。

カップのデザインもとってもかわいらしくて、ちょっとロマンティック??
男性より女性に支持されそうなシリーズです。

ちなみに、コージーアンティークで取り扱っている食器類は、すべてこれから利用される事を前提に選んだものばかりで、現代の電化製品やカトラリー群ともマッチすると思います。

このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしています。随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。とっても簡単な応援クリック、お願い致します!!







コメント

タイミングが重要??

2008-02-20 02:47:24 | 買い付け

買い付けには幾つかの種類があります。その一つが、オークションに参加する方法。

たまに、テレビで放映されるような会場で身振り手振りで、どんどん価格が上がっていくようなものですネ。高価なものが出品されるような有名なオークションだと電話で参加できたりもするし、そうではない地元のローカルなオークションもあります。

私が参加したのは、そのローカルなもの。なにやら売上は、とある団体に寄付されるようなので、私としても

『落札できたら気持ちがいいなぁ・・・』

などとのんきに考えていました。

場所は、ダウンタウンのとある大きな教会の礼拝堂。通常、オークションに出品される品は、事前に下見できる事になっていますので、私も下見をした上での参加です。

礼拝堂は、様々なアンティークの家具や雑貨、キルト等でいっぱいでした。で、ひとつひとつ、眺めたり触ったり、また、開けたり締めたりと状態を確認していくと、結構時間がかかるものです。

で、いざ土曜日の当日参加してみると・・・うーん、結局落札できませんでした。なんか、タイミングがあわずに、オークションの価格をリードできませんでした・・・笑。

で、オークションのあと、別の場所に買い付けに行ってみると、気に入ったクール!!な品を二つ見つけました!!

割と大き目の金属製のモダンな彫刻で、壁にかけてディスプレイできるもの。価格もリーズナブルでした。で、なんと一回りして戻ってみると、『無い』。。。

確かにほんの少し前まで、そこに飾ってあったはずの品が無い!!

あたりを見回してみると、やっぱり無い。

で、仕方なくレジの女性(度々訪れる事もあって、その女性とは顔見知り)の元に、

『さっき見つけたメタルの彫刻が無いんだけれど、だれか買っていった???』と、その品の特徴を詳しく説明すると、

『あぁ~、あのクールな彫刻は、10分前に売れちゃいましたよぉ~』

との事。

『えーっ、そうなの・・・』とトボトボその場を離れました。

もう、私の頭の中では、どうやって梱包して持ち運ぼうかまで、考えていたのに・・・。過去にそういった経験をしたことが無かったので、ちょっと複雑な気持ちでした。決して、嫌がらせを受けたわけでもないし、お金を落としたわけでもないし・・・。ただ、通常の仕入れが、すべて”一点もの”なだけに、もう、二度とめぐり合う事はないんだろうなぁ~と思うと、”タイミング”の重要性をひしひしと感じました。

まあ、『私が見つけて、良いと思った品』を同様に、良いと思って買った人がいる事に、嬉しいような悲しいような複雑な気持ちでした。

まあ、日常生活でも『タイミング』が重要なシチュエーションって、ありますよネ。

画像は、オークション会場の下見時に撮影した家具の一つです。


このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしています。随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援クリックを宜しくお願い致します!!
コメント (2)

肩を落とした帰り道・・・

2008-02-15 11:48:35 | アンティークディーラーの日常
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、コーヒーチェーン大手の『スターバックス』が、近く数7000店規模でストアをクローズして、従業員やパートナー向けの教育やトレーニングを行うそうです。

『スターバックス』は、ここ数年で、物凄いハイペースでの出店をしており、『こんな小さな街に???』と思うような場所に出店していたり、ほんの少ししか離れていない場所に出店していたりしています。コーヒー自体の味はさておき、高価格などの理由からか、あまりお客様の満足度は高くないようで、困難な状況にあるようです。また、お店によっては、食べ物メニューをやめて、コーヒーに特化したりとか・・・。

そんな中、マイナーながら以前より気になっていたお店に行ってきました。

その名も『サムライ・サム』・・・うーん、どこぞの侍だ???・・・などと思いながら。笑

このチェーン、タコスの『TacoTime』を手がける会社が、アリゾナを中心に、カリフォルニアやネバダ、その他の都市でも頑張って展開しているようです。
まだまだ、ご存知無い方の方が多いでしょうネ。

基本的にメニューは、テリヤキどんぶり・テリヤキ焼きそば・てりやき巻き?の3種類。お店自らアナウンスしているとおり、

『日本食風』

テリヤキ・グリルだそうです。

見事なほどにローカライズしているというか、アメリカ人向きにアレンジしてあり、火を使わないで料理可能なようです・・・。

一言でいってしまうと、きゅうりやキャベツ、にんじんやピーマンなどを乱切りにした『温野菜どんぶり』にテリヤキソースがかかっていて、その上の暖めたお肉(チキンや牛肉)に、これまたテリヤキソースをかけていただきます。

で、その味です・・・私は決して、美食家ではありません。むしろ、『おいしい~』と感じて食べられる許容範囲は、か・な・り・広い方だと思います。

しかし・・・、もはや値段の問題ではありません。出来るだけ記憶から消したいと思います!!

『怖いもの見たさ』の好奇心一杯のアナタ。是非、お試しを!!


このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしていますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願い致します!!

コメント (1)

ふとした出会い・・・

2008-02-13 02:33:28 | アンティークディーラーの日常
先日、同業者の友達に、営業時間が終わってから家具の移動を手伝ってもらう話をしていました。ところが、彼の店の営業は夕方5時ピッタリに終わり、その時間は、いわゆる
ラッシュアワーの時間帯。。。

全米で5番目の都市といわれている(ホントかどうかはさだかではないが・・・汗
フェニックスでも車の渋滞がいたるところで起こるわけです。

で、ちょっと遅れてしまったんですね~到着が。そしたら、すっかり店じまいしていて、だれもいない・・・トホホ。(アメリカでは、営業時間終了と共に、ピッタリ閉店です!!)

で、戻って、近くのセブンイレブンで、ホットドッグを買って出てきたら、黒人の男性と白人の女性のカップルが歩いて私に近づいてきて、

『今、とりあえず、食料は持ってるんだけど、飲むものとか無くて・・・数ドルでいいからある??』って聞いてきました。

まあ、よくある話です。物乞いの方ですネ。

私は、このような時、本当に困っているのか、そうではないのかを見極めるようにしてます。本当に困っている方には助けてあげたいと思いますが、その反面、そうでない
『ずうずうしい』人(笑)もいたりします。例えば、バス停で、バスを待っている人が、
ツカツカっと寄って来て、『小銭ある??』って具合に。。。こういう場合、彼は小銭もお金も持っているのですが、『ダメモト』で、話しかけてくるわけですね・・・。彼には、『話し掛けるのが、恥ずかしい・・・』とか、『断られてガッカリ』という感情は無いようです。。。

話を元に戻します。

黒人の男性は、こちらのスーパーでよくある手押し式のカートに毛布やらをたっぷり積んで、押してました。何か不明な旗まで飾って・・・。

彼らの傍らには、大きな可愛い犬を連れています。

女性も結構綺麗な感じです・・・でも、どう見てもホームレスのカップル。。。食料といっていたものは、どう見ても箱入りの『ドッグフード』だけ・・・。

そこで私は、

『そっかー。うーん、ちょっとこの近くで、家具を移動したいんだけど、手伝ってくれる??そしたら、ヘルプするよ!!』

と声をかけました。

カップルは、顔を見合わせて、即決で、話はまとまりました。彼が、『いつ??』って、聞いてきたので、私は『今すぐ』って。

早速、彼を車の助手席に乗せて、家具の移動を手伝ってもらう事に。もう、夕方6時を過ぎていて、あたりは暗かったのですが・・・。

で、若くて背も高くがっちりぎみの黒人の彼が、彼女と犬と荷物をセブンイレブンの前において、わたしの車に乗り込んできました。。。

で、心配そうに、わたしに聞いてきました。

『あのー、仕事が終わったら、また、ここ(セブンイレブン)まで送ってきてもらえるんだよねぇ~???』って。

私は、『もちろんだよぉ~、心配しなくていいよ・・・』って答えました。きっと、彼は、寒空のもと、どこか遠くに置き去りにされる事を心配したのかな・・・。

普通に考えて、黒人の若そうな彼と喧嘩したらたぶん、負けるのはわたしの方だし、通常、見知らぬヒッチハイクの男性を車に乗せることはしません・・・危険だから。で、きっと彼も同じ事を考えたんでしょうね~フフフ。

でも、わたしは、なんか直感で、

『この人達は、悪い人じゃない・・・』
って感じてました。カップルの女性もいわゆる真面目そうな感じの人だったし・・・なんとなく話をしてて、わかりました。

で、車に家具を積み終わったのですが、家具が一杯で、車の荷台後ろのドアが閉まらなかったのです。

で、彼に後ろの荷台に乗ってもらい、家具をずっとホールドしておいてもらい、無事に倉庫に到着。彼も積極的に、せっせと荷降ろししてくれて、お仕事終了!!

その帰りに車の中で、彼が携帯電話を取り出して、彼女に電話してたので、ちょっと安心しました・・・。普通のホームレスの人は携帯持ってない事が多いから・・・。

セブンイレブンまで車で送って、

『ありがとう、ベン!!助かったよ、ホントに~。』と声をかけて、お金を渡しました。その額50ドル(約6千円)。(***フェニックスでは、時給10ドルの仕事は結構、ペイの良い部類に入ります・・・。)

ホームレスの彼にとっては、結構なお金かもしれないと思ったけれど・・・。で、彼も、いくらもらえるのか心配していたようだけど、最後までお金の話を切り出してこなかったんですねぇ~。笑

で、50ドルを受け取って、『Wow、クール!!ありがとう!!』といってました。

私も、

『外は寒いし、体に気をつけてね!!』と声をかけ、握手して別れました。

彼と一緒に家具を運んでいる間に、共に声をかけながら重たい家具を運びつつも、

『大丈夫??重いでしょ??』って、声をかけたら、

『ぜんぜん、平気だよぉ。。。』なんて答えが返ってきて。。。

ちなみに、彼からは終始、匂いが漂ってました。。。


それはきっと、酒臭いのと衣類からの匂い・・・笑

私は、心の中で、『お酒におぼれちゃ、ダメだよ~』と思ってましたが、結局口には出しませんでした。。。

外は寒いし、歩きどうしだし、仕方が無いのかなぁ~とも思って。

『何か彼女と美味しいものでも食べてくれたらいいな~』って感じですネ。

画像は、ちょっぴりレアなファーヤーキング・アンバークリア色のキンバリーマグです。私も始めて見ました!!最近、入荷したもので、状態も良いですよ。興味のある方は、コージーアンティークのサイトからお問い合わせ下さいませ。。。

このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしていますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願い致します!!

コメント

ちょっと寄り道

2008-02-11 05:03:58 | アンティークディーラーの日常
フリマとアンティーク・ショーの間の移動の時に、道沿いで宣伝看板をもった人を見かけました。良く見ると、『THAI FOOD』の文字が!!

お昼ご飯の時間だし、久しぶりのタイ料理もいいかもと思い、早速行ってみました。ちなみに、フェニックスでは、初めてのタイ料理。

お店に入ってみると、厨房・ホール合わせて8名が慌しく動いています。皆さんタイの方らしく、もしかしたらファミリーかな??などと思ってしまいました。

場所は、ビジネスエリアに近いのですが、土曜日の昼間にも関わらず、大盛況でした。

で、肝心の味の方はいうと・・・。

うん、美味しかったです。

私はタイには行った事が無いので本場の味は知りませんが、日本で食べるタイ料理の味とほぼ同じ感じ。ちなみに、トムヤムクンン・スープは日本だとちょっと赤っぽい色がついていると思いますが、私の食べたのは、色はついていませんでした。あっ、クンは海鮮スープでしたっけ・・・私がオーダーしたのは大きな海老が入ったスープです。

味は良かったですヨ・・・大好きな香草もたっぷり入っていたし・・・。


このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしていますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願い致します!!

コメント (1)

久々のフリマへ・・・

2008-02-11 04:47:46 | 買い付け
最近、とっても暖かくポカポカの天気が続いているフェニックス
昼間なんか、Tシャツ一枚で出歩いている人もちらほら見かけます。まあ、体感気温が違うだけ・・・?という話もありますが。。。で、最近は、アパートの外での立ち話も増えてきました

私の住んでる階下に、20歳になったばかりのケビンという男の子がいます。サウス・キャロライナで、同年代の女性と知り合って、彼女が同じアリゾナのツーソンと言う街で学生をしているので、その彼女を追いかけて、フェニックスに半年前に引っ越して来たのです。とってもお茶目な黒人の彼は、照れ屋さんで、キュート。私とも歳の差が倍ほどあるにも関わらず、臆せずにフレンドリーに話し掛けてきます。異文化に興味があるらしく、良く私と話し込んでいます。日本についてもいろいろと質問され、私もいろいろと気付かされる事があります。まあ、気がつくと2時間くらい話こんでいたりするのですが・・・

昨日は久々に、フリマ(フリーマーケット)とアンティーク・ショーの二つに出かけてきました。どちらも結構盛況でしたが、個人的には、『これだっ!!』ていう掘り出し物にはめぐり合えませんでしたが、まぁ、そんなこともありますよね。。。

コーヒーを片手に、気持ちの良い散歩にもなるし、そこでの情報収集も出来るし・・・。ちなみに、フリマは、その会場近くのアンティーク・モールが主催のもので、そこでは、無料のコーヒーやクッキーが振舞われていました。

このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしていますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願い致します!!

コメント

ヴィンテージって何? Q&A関連キーワード集

2008-02-08 04:48:47 | アンティークディーラーのお勉強


おはようございます!!
今日は、ちょっと長くなりますけど、興味がある方は、最後までお付き合いくださいませ。。。

ネットサーフィンをしていたある日の事。某有名な質問に答えてくれるサイトを見ていました。

そしたら、

「ビンテージ家具」の「ビンテージ」って、どういう意味ですか?

という質問が載っていました。

それからのやり取りはとても微笑ましいもの(詳しくは書きませんが、興味のある方は探してみてくださいネ)だったのですが、私自身も『ヴィンテージ』と言う単語を自然に良く使ってるのですが、ちょっと関連キーワードを集めて整理してみようと思いました。客観的な意味合いのみならず、私の私見も含まれておりますので、あしからず。。。

以下が関連するキーワードです。

☆☆☆ミッドセンチュリーモダン☆☆☆

世紀の半ば。良く耳にする『ミッドセンチュリー』は世紀の半ばの意味で、この場合、20世紀の1940年から1970年代初頭を指します。ミッドセンチュリーモダンとは、その時期のアメリカのモダニズムの「家具版」デザイン様式で、チャールズ・イームズやエーロ・サーリネンらのデザイナーがその代表。特徴はモダニズムらしく「すっきり」「無駄な装飾がない」「機能的」「合理性」などがあげられます。

☆☆☆アンティーク☆☆☆

基本は、製造されてから100年以上経過したものをアンティークと言います。税関などで使用される場合、99年以上経過したものという記述も見られます。ヨーロピアン・アンティークやデコレーティブなビクトリアン時代の家具などはまさに当てはまると思います。ちなみにヴィンテージの定義自体が曖昧な為、イーベイなどのオークションサイトでのカテゴリーも『アンティーク』に、ほぼ全てのはミッドセンチュリーもの(100年は経過していないが…)が分類されています。
         
☆☆☆ヴィンテージ☆☆☆

もともとはブドウやワインの収穫量や収穫年のことで、良質のブドウが収穫できた年の極上ワインのことを言いました。アメリカでは『アンティーク』という言葉にかなり支配されています。『アンティークショップ』と名のつくお店は、数え切れないほど存在して、どこに行っても見つけられるほど浸透しています。もちろん、この場合、アンティークショップで取り扱われる商品は、100年経過していない物も含まれます、というかその方が多いでしょう(笑)
で、アメリカ人で、ヴィンテージと表記してある場合は、この『100年~』の内容を理解していて、あえて区別する為に、『アンティーク』ではなく、『ヴィンテージ』と表記していると思われます。私の場合も同様ですが、『アンティーク』と呼ぶにはおこがましい物って、多いと思います。40年代~70年代初頭くらいまでのものを『ヴィンテージ』って呼ぶのが適当なのでは…と思っちゃいます。
最近よく見かける表記としては、『ヴィンテージ』の代わりに、『Eames Era』というものがあります。訳すと『イームズ期』もしくは『イームズ時代』とでもいうのかな…。それほど、有名なわけですネ、イームズさん。

☆☆☆オリジナル☆☆☆

現物や本物という意味。アンティークやヴィンテージを含む当時製造されたもの。
細かい話になりますが、その当時の時代の正規品(デザイナーと正式な契約を結んだ会社が、通常そのデザイナーにロイヤリティーを支払い、製造した製品)をオリジナルと呼びます。ですから、どこが製造メーカーかが重要になってきますね。
また、当時は、大量生産が出来ないものがあり、年が経つにつれてコンディションが良いものがどんどんと少なくなってくる為、相対的に高価となります。
ちなみに、ショップが独自にデザイン・製作している『オリジナル』製品のオリジナルとはこの場合、異なります…笑。注意!!

☆☆☆正規品☆☆☆

デザイナーと正式な契約を結んでいる会社が現在、製造している製品で、新品を指す事が多いようです。海外では、GenuineとかAuthenticなどの単語が使われることも・・・。

☆☆☆リプロダクション☆☆☆

いわゆる『新品』もしくは80年代以降に製造された『中古品』でしょうか…。一般的には正規メーカー(当時のオリジナルを製造していたメーカー)以外によって製造されたものを指す場合が多いようです。海外では、倫理的にContemporary Reproductionという単語が使用されます。
デザインには興味があって、オリジナル(ヴィンテージやアンティーク)は、手が出ないという人には朗報でしょう。旧いものが持つ独特の風合いや経年変化、将来的な投資価値はもちませんが・・・。
ただ、デザインはほぼ同様であっても、有名なイームズチェアのように、現在製造されているものと当時のものとでは、原材料自体が異なっている為、見た目や手触りも当然異なったものとなります。
良識のあるディーラーさんは、『リプロダクション』や『コピー』と表記しますが、悪質な場合、『リプロダクション』をリジナルの値段で販売しようとする為、注意が必要です。!!がっかりさせられてしまう事になりますので・・・ネ
○○風だとか○○Style(スタイル)といった表記がされている場合、この『リプロダクション』を意味しています。

☆☆☆ジェネリック☆☆☆

製薬業界では、良く『ジェネリック医薬品』という言い方で、版権の切れたオリジナルと同じ成分の薬を、オリジナルより安価で販売する場合に用いられますが、あまり耳慣れない言い方かもしれません…『リプロダクション』と同様だと思います。

☆☆☆正規復刻版☆☆☆

デザイナー若しくはその承継者にロイヤリティーを支払い、正規に契約を結んでいる会社(正規メーカー)が製造している復刻版。
アメリカではこのくくりが無いようで、リプロダクションに分類されたり『Anthentic』と表記される事もあります。
 
☆☆☆フェイク☆☆☆

『新品』を敢えて、風合いのあるように見せたもの。デニムのWashed仕上げのジーンズなどが該当するのでは…。
現物の場合、良く見ると大抵、わかると思いますが…。実際に、意図的に、且つ、人工的に塗装の変化や磨り減り、寂び、傷などの『経年変化』や『風合い』を出すのは容易な事ではありません。また、頭で考えられた磨り減りなので、よくよく考えてみると、不自然な磨り減り方となっています。ご注意ください!!家具や絵画、オブジェなどで見かけることがあります。
基本は、低価格で大量販売を目指しているのでは・・・と思います。
日本では、中国や東南アジア諸国が近いせいか、結構な割合で、『リプロダクション』や『フェイク』が流通していると思うのですが、こんな状況を見るにつけ、なんだか悲しくなってしまいます。まあ、ブランド物のバッグや時計などでも同じような状況だと思いますが・・・、購入者がいるので、流通するのでしょうねぇ。。。
これらは、欧米では、ほとんど見かけることが、ありません。いろいろな理由が考えられますが、”これらの物に本質的に価値が見出されない事”や”風合い”を重視し、多少コンディションが悪くても気にしない”人柄”があると思います。逆に、価値が見出されるオリジナルのアンティークやヴィンテージに対しては、大金??を払う事もいとわない方が多いのかもしれません。
また、日本のように、リペアを丁寧に施してから販売する例は、”非常に稀”で、リペアやリフィニッシュをする場合、あくまでもお客様の要望がある場合に限られ、追加で5~10万円が料金に追加されます。

☆☆☆アンティーク家具仕様(アンティーク風)☆☆☆

『フェイク』と同義語かもしれません。

☆☆☆コピー☆☆☆

違法なコピーをした商品のこと。家具の世界でも、デザインされたものを発表してから20年以内に同じ商品を作って販売したら罰せられます。『リプロダクション』の代わりの言葉として用いられる事もあります。
要は、正規メーカー以外で製造された製品。実際には、古くて貫禄のある『コピー』もあります。ちょっとわかりにくくなってしまい、申し訳ありません…汗。

☆☆☆ユーズド☆☆☆

現実的には、新品以外の全てを『ユーズド』といっていいと思いますが、特に、80年代以降に製造された『中古品』を指すことが多いですね。
正規メーカーの製造したものの中でも、『オリジナル・ヴィンテージ』→『正規復刻版』→『ユーズド』の順で価格が安くなっていくと思います。
(まあ、正規復刻版が異様に高い値段をつけている場合もままありますが…そのような品物の場合、『オリジナル』がほとんど市場に出てこないか、出てきても目が飛び出るほど高かったりして…。

☆☆☆中古品☆☆☆

『ユーズド』と同義語かもしれません。

☆☆☆レトロ☆☆☆

辞書を引くと、”復古調{ふっこちょう}の”とか”懐古趣味の”とかいう意味が出ていますが、なんか昭和の匂いがしてきませんか?
アメリカのお店の名前で、『アンティーク』がつくお店がダントツに多いですが、結構『Retro』がつく名前のお店もあります。
ただ、その類のお店に入ったとたん『ミッドセンチュリー』の香りがしてきます。でも、モダンというより、ちょっとチープな感じのラインナップになっていて、ゴールデン50’sって感じです。もちろん、ヴィンテージものをメインに扱ってます。


最後までお付き合いくださり、ありがとうございました

画像は、ヴィンテージの歯医者さんで使用されていた木製サインです。木製サインは、識別が大変です・・・。

このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしています。随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリックお願い致します!!

コメント

自分を誉めてあげたい・・・

2008-02-06 04:28:04 | アンティークディーラーの日常

今日は、大事なご報告があります。ウソです。

私事ですが、本日無事に誕生日を迎えさせていただきました。
年齢はですね・・・ヒ・ミ・ツ!!(笑)にするほどでもないのですが・・・
まあ、以前にも書いたかもしれませんね。41歳になりました。こんな41歳がいてもいいのか・・・恥ずかしい。。。なんか成長してない感がある私。。。

奇しくも、今日2月5日は、Super Tuesdayスーパー・チューズデイ。スーパー・チューズデイって何?って質問のある方は、まあ、
ホームページを参照してみてください。大統領選挙の予備選の大事な一日です。
まあ、私は、関心は持ちつつも選挙権が無いのでそこそこにしておきますが・・・汗。

で、なんとなんと、このブログが200日を超えました!!!
うわぁ~、信じられない。私は、そんなにマメな方ではありませんし、今まで日記をつけたとしても、決して長続きをする事は無かったので・・・だから・・・だから・・・自分を誉めてあげたい(笑)

もちろん、皆様にも暖かく見守って頂きたいと思っております。

また、体力的にもう、『無理のきかない』40代に入っておりますので、パワーではなく知恵と工夫で『チャレンジング』な一年に出来ればと思います。

ちなみに、このブログの内容はそれほどためになるとは思いませんけど、是非、皆さんの周りのご存知ない方にも教えてあげてください…ネ。

これからも頑張りますので、宜しくお願い致します!!

このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしていますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリック宜しくお願い致します!!

コメント (2)

訃報

2008-02-05 03:39:46 | アンティークディーラーの日常
先日、このブログでもご紹介しましたGeorge ”Butch” Washington Cross Ⅲジョージ・クロス氏が、ガンとの闘病の末、1月10日カリフォルニア州オレンジにて亡くなられたそうです。享年66歳。

彼は、自身の旧車好きから国際的にも知られている『ポモナ・スワップ・ミート』を主催し、成功を収めました。年間に8回開催されるこのショーでの33年間の入場者数は100万人を超えるとの事。更に、『旧きよき西部時代』のアンティークの伝説的収集家としても知られるようになりました。

晩年は、夫人と共にアメリカ中を駆け回り、貴重なアンティーク品の収集に当たったそうです。

画像は、そんな彼が収集したジョージ・クロス・コレクションの数々がオークションにかけられることになりました。総数は、2000ロットを超え、4月にミシガン州で3日間かけて行われるそうです。カタログは、35ドルで入手可能。

改めまして、ここにお悔やみ申し上げます。

このブログのブックマークから、コージー・アンティークのサイトにリンクしています。随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ。
それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリックをお願い致します!!

コメント

2月3日は???

2008-02-03 12:04:48 | アンティークディーラーの日常
明日は、2月3日の日曜日!!

そう、Super Bowlがアリゾナで開かれるのです。
私は、あんまりアメフトは見ないので詳しくないんですが、このアメフトのチャンピオン決定戦をメディアなどはこの時とばかり取り上げて、お祭り騒ぎです。

今年は、アリゾナのGlendaleグレンデールと言う街にあるUniversity Of Phoenix Stadiumフェニックス大学スタジアムで開かれる事もあって、地元フェニックスでも大騒ぎ。ちなみみ、私の住んでいるアパートメントから車で15分ほどのところで、普段はとても静かな歴史のある街なのですが・・・。

地元では、商売ッ気丸出しで、レントハウス(貸家)を一日12万円で!!とか、そこいら中に張り出してます。それでも、近隣のホテルは、満室なので、お客さんが多いようです。

チケットも、元の価格が、4000ドル(50万円近く!!)から売り出していたものが、ここ間際になって、オークションで約3倍の150万円!!とかで、取引されています・・・驚きの価格です!!

中にはVIPパッケージとかいって、試合前にパーティーにも参加できるようなチケットを250万で売ってる人も・・・アメリカっていったい・・・???景気良いのかなぁ~??

まあ、全米中のお金持ちのお客さんや有名人が集まって来ているのでしょうねぇ~
あの有名なTonight Showの司会者のJay Renoジェイ・レノも来るとかこないとか・・・。まあ、日本でいうタモリクラスの人気者で、月曜日から金曜日まで毎晩夜に1時間のトーク番組をやってます。

さて、テレビのニュースなどでも、このお祭り騒ぎを連日放送しています。極めつけは、数日前から行われているパーティー会場との中継。地元では、アメフト選手達の他にも全米中から有名セレブ達が集結しているとあって、テレビも喰いついています。よくあるハリウッドのレッドカーペットの真似をして、パーティー会場のすぐ外にレッドカーペットをひいて、そこでセレブ達がインタビューに答えていました。あの、パリス・ヒルトンも出演してました・・・結構、綺麗ですね・・・ハハハ。有名人は毎晩、パーティー三昧って結構ホントのようでビックリしました・・・それも露出の多いドレス着て・・・

一般のお客さんにとって、特にボストンやニューヨークなどの東海岸から来ている人には、アリゾナはあまり馴染みが無いらしく、特にフェニックスのこの暖かさ(日中は20度に近いかも・・・)にビックリしていました。やっぱり、東海岸沿いは、吹雪いてるから当然かも知れませんが・・・このままフェニックスに居つく人も出てきたりして・・・笑。

私も、この天気の良い時間を太陽の元で過ごそうと、今日は朝から買い付けに出ていました。普段、履き慣れないブーツを履いて出て、一日中歩いてたので、足が少々疲れました~。まあ、それなりに収穫はあったので良かった良かった・・・。


このブログのブックマークから、コージーアンティークのサイトにリンクしています。随時更新していますので、是非ごらんになってくださいネ~。それでは・・・。

日記@BlogRanking←ブログランキングに参加しています。応援のクリックを宜しくお願い致します!!

コメント