コージーアンティークの日記

日記や修理・メンテナンス、アンティーク情報などもろもろをご紹介してゆきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

象嵌が美しい木製花台・香炉台

2018-11-20 22:23:43 | 販売
最近は本当に外国からのお客様が多いのですが、先日、骨董市に出店した際に隣のブースには、わたしよりひと回り以上は年配と思しき業者さん。

経験も知識はもちろん、取り扱う商品もすごくて、古瀬戸灰釉瓶子・・・などという鎌倉時代ほどのアイテムもある大先輩。

ただ、外国からのお客様との対応には苦慮しているようで、身振り手振り、様々な単語を交えて商品説明を試みてはいるが、

どうにも相手のイギリス人には伝わっていない様子。


そんな様子をしばらく見ていて、途中で助け舟を出したらちょっと喜ばれました♪

香炉を表わす「インセンス・バーナー incense burner」や象嵌を表わす「インレイ Inlaid」など、普段はあまり使わない単語でしたが、
それらが割とスムースに出てきた自分をほめてあげました(笑)


さて、こちらは玉などの象嵌が美しい木製の台で、花台(かだい)とか香炉台(こうろだい)と呼ばれるもの。



一般的には、中国のお客様に人気がありそう・・・と思われるかもしれませんが、ヨーロッパなどの西洋文化圏のお客様からの人気が高い。

非常にエキゾチックに映るのでしょう。。。

こちらは、人物をモチーフとした焼き物。



アンティークの世界でもフィギュリンという陶製の人形や動物などの作品は昔からあり、ヘレンドやロイヤル・コペンハーゲンなど
そういった類のは見慣れていると思いますが、やはりエキゾチックに映るのでしょう。

余談ですが、近年日本で人気の高まっているスペインのリヤドロ。

可憐な花を抱えた少女のようなフィギュリンなどがイメージしやすいと思いますが、この手は日本の男性に人気が高かったりします。
(プレゼント用ではなく、自身のコレクション用とのこと・・・^^)

いろいろと先入観を覆されることの多い体験も楽しいものです!



お好きな方はいかがでしょうか。


コージーアンティークのHPはこちらから。。。



にほんブログ村 インテリアブログ アンティーク・レトロインテリアへ
にほんブログ村⇒応援クリックを宜しくお願い致します!!

Copyright 2006-2018 COZY ANTIQUE 無断の利用・転載は固くお断りいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
コメント