チャコちゃん先生のつれづれ日記

きものエッセイスト 中谷比佐子の私的日記

着物が繋ぐもの 422

2021年05月06日 07時51分51秒 | 日記
立夏に入った
夏が来た、さあ単衣の出番
連休中に衣替えの準備をするつもりだったが、原稿書きに追われていた
安藤孝子さんと着物東西というタイトルの共著を出す予定なのだが、此処のところ東西の顕著な違いが薄まって、何か楽しくない
構成をひねくり回しているうちに連休も最後の日となり
あわてて第二章までは書いた

チャ子ちゃん先生が着物の仕事を始めたときは、東西の着物の違いが顕著で、孝子はんとはよく対談をして、論争しあった
京都弁ってかなりきついということもその時分かった

東京の中央で着物雑誌が出版され、多くの着物好きの方たちがその情報を見ているうち、東西の微妙な差が埋まっていったように思う。つまりどっちつかずになっている.。または両方のいい所をとって自分流にアレンジしている方もいるだろう
テレビや雑誌の影響で、また気軽に旅行が出来る、飛行機や新幹線の発達で、地方色というのは薄れていきつつある
みんな同じ方向をむくような生活の仕方になっていて、その地の文化というものが無くなるのは残念だ

土地の記憶というのがあり、その土地に立つと土地が持っている個性が浮かび上がってくる。またその土地の匂いや色があり音もある
そういう中で衣食住の土地の個性があった
その為その土地で育った人はその土地の雰囲気を持ち、着物の好みも着姿もその土地の特徴があった
駅の形も全国区、公民館や図書館などの公の建物は全国一緒、家の作りも一戸建てが少なくなり、同じ箱の中で暮らす。着物の着方も老若一緒。型押しのケーキみたいな日本になっている

最近は表に出ても着物姿の方にはお目にかからない
こういう時だからこそ着物を着て絹の浄化作用を方々にまき散らしてほしいと思う

きもので見る東西の文化の違い
という名目なのっだが「みーーないっしょ」となっている昨今、どこまで東西の違いが出せるのか楽しみではある
それを解き明かすことで、日本をもっと深く知ることになるかもしれないと勝手に期待している

お知らせ
「中谷比佐子のきものひすとりー」を新しい


コメント

周波数を上げよう

2021年05月03日 10時39分08秒 | 日記
地球は完全に五次元に上昇をしたらしい
この地球は今まで三次元の物質世界だったので、金、モノ持ちが大きな顔をしていた
物の価値も、金の価値も下がってきている
次元上昇をすると自分の想いがそのまま現象界に現れるという

こういう研究はドイツの物理学者が長年にわたって研究されてきた
それは意識と物質を繋ぐ究極の科学だという。量子物理学の分野だ
神の存在というとそれが宗教になってしまうが
神そのものが量子ということになると話が違ってくる
「お天道様が見ているよ」
という日本人の魂を揺さぶる言葉こそ量子物理学の基本なのかもしれない

宇宙は高次元になるが
その高次元の存在は「人の個人的欲」の成就は無視する
しかし人の願望が自分自身をみたし、周囲を幸せにし、地球を美しく、そして宇宙に対しての尊厳を忘れなければ、人の願望はことごとく叶う
これがここの周波数を上げようということになるようだ

昔からどんなものにも波動があるといわれていた
だから身の回りには波動のいいものを置いて周波数を上げようとーー
母たちの世代が「安物買いの銭失い」という言葉をよく使っていた
儲けるために作る大量生産の物
奴隷のように人をこき使い人件費を安くしてモノづくりをする


奴隷になった人の悲しい周波数はきっと物に移っている
そういうものを身に付けたり、食したりすることが周波数を下げるということだろうか
だからと言って高いものがいいとは限らない
喜びの中でモノ作りがされる環境を私達は目指さないと、5次元の地球から振り落とされる

まずあなた自身を大切にして、あなた自身の周波数を上げてほしい
それは喜び、幸せを感じる感性の中にある。とチャ子ちゃん先生委は思うね








コメント

コロナにかかった知人の話

2021年05月02日 10時18分37秒 | 日記
用があり一年ぶりに知人に電話をしたのが年明けだった
「今入院しているんですよ」
「あらすみません容態はよろしいの?」
「コロナですよ」
「ーーーーお大事に」

4月の末にお会いした
興味津々のチャ子ちゃん先生、事務的な用はそっちのけで
「コロナってどんな感じなの?苦しい?」
「インフルエンザにかかったことある?」
「ただの一度もないわ、風邪は引くけど」
「インフルエンザの強いもの、つまり全く味がないの、もちろん食欲はない、水を飲んでも味ががない、熱も一気に高くなるので苦しいよね」
「亡くなる人もいらっしゃるんでしょう?」
「大体糖尿病とか血圧が高いとか持病のある人は危険だね」
「お部屋は個室?」
「いや、大部屋だよ」
「それじゃあ閉じ込められてかえって病原菌が増殖しない?」
「だよね」

後から入院してきた人と病状がまるっきり違うので、コロナは一種類ではないと思ったそうだ
治療法も確たるものはなく
点滴で栄養が付き、ゆっくり休養をした感じで徐々に元の体に戻っていく
「これみて、シミが取れたし、手の老人斑点がきれいになくなった。退院して3か月だけど肌もつやつやしてるでしよ?」
「本当ね、肌に艶が出てきてる、どんな薬飲んだのかしら」
「知らんね」

どうしてコロナにかかったのかと経路を聞く
「行きたくない行きたくないと重い足を引きずって飲み会に出たのね、気持ちが沈んでいるから楽しくない。そうすると楽しくなさそうなお仲間と逆に話をするようになる。その人がコロナ菌を持っていたらしく、その人が箸をつけたものを食べたり、お酌し合ったり、ひそひそと顔をくっつけて仲間の悪口を言う、そしてら夜中に熱が出て咳が止まらず、救急車で病院に担ぎ込まれたらコロナと診断」
「そのお相手は?」
「勿論彼のことを話したよ、でも検査したら彼は陰性だった」
「おかしくない?通常はマスクしていたの?」
「そうマスクは意味ないと思っちゃった」
「しーーー」

「ところで費用もたいへんでしょう?保険が効くの?」
「無料だよ、国が払ってくれるんだ」
「えええー全員?」
「そうだよ、だから1銭もかからない、いい休養だった」
「不埒な奴だ、今日はランチご馳走しなさい、私税金払っているんだから(笑)」
「わかった!勿論、ところで仕事の話?」
「食事しながらね」
コメント

与えまくる

2021年04月28日 09時25分33秒 | 日記
与えて与えて与えまくる政治が近くに始まるという
そうすると
働くことをしなくなる
遊んでばかりいる
生きる目的が無くなる

など言う人がいるが、逆だと思う
本当に自分のやりたいことをやる人が増え、人々が助け合って喜び合って生きて行くようになると思う
人間って基本的に、楽しいこと、嬉しいことに活力を覚える動物だもの

現在は搾取の政治だものね、戒律を作り、こうしろああしろという命令ばかり
税金で搾り上げ、お金の価値を高めて、金持ち物持ちが権力も持ち尊敬されている

だけどもうすぐそういう時代は終わる

与えると循環がよくなり、自分自身にも与えられる。その循環を知っていたのが縄文の人達であったと思う
縄文時代の遺跡の美しさは、みんなが与えあって生きていたからであろう

自分自身を信じ、日本の文化を尊び、日本人として生まれたことに誇りをもって、生きて行こう
純粋の日本人の知恵は「与える」というところからきていることを私達はしっかり確認しよう

チャ子ちゃん先生は「与えることの心地よさ」をあなたの遺伝子に呼び掛けている。それは毎晩行われている、「カラーリアムFBライブ」
今夜も8時30分から
コメント

何か変

2021年04月27日 10時34分43秒 | 日記
昨日公園を散歩していた
アナウンサーがあった
「この公園内では皆様を安全の安全を守るためにマスクをつけてください」
なぜ?
今日本は森林浴もできない環境になっている

山を登るのも、海で遊ぶのもマスクだそうな
こんな生活おかしい

EUではマスクはもう外しましょう
わが厚生労働省のホームページにも「マスクは強制されるものではありません」とかいてある」
ロックダウンをやめる国も増えているし国民がもう承知しない

マスクをしている害がいろんな検証で明らかになってきている

この皐月の香しく美しい空気を胸いっぱいに吸った方が体中に活力がわく
ビルゲイツが提供している今のワクチンも、そのワクチンを接種したことで死者や、逆にコロナ患者になった人も出てきている
そういう真実の情報をみんなで分かち合い、自分の身を守らなければいけない状況になっている

今流行しているといわれるコロナは新種。前のコロナに効くとされて開発されたワクチンが、今はやっているといわれるコロナに効くのだろうか?

自分自身の命を大切にしたい
たった一つの命をよこしまなかんがえをもつ人々の餌食にしたくない
わが命を守ろう
コメント

歓喜の日々

2021年04月26日 09時34分17秒 | 日記
恐れと不安のない日々は心の持ち方で送れる
何も怖いことはない
真実を知っていれば
真実を知るにはほんの少しの努力も必要

人の話を鵜呑みにしないで
自分で真実を探すこと

真実は清らかで無理がなく気持ちがいい
少しでもひっかかればそれは真実ではない

その為には自分自身が清らかでないと無理
その清らかさは
当たり前の生活
快食快便快眠

食はきちんと調理して頂く
朝の排泄が当たり前
夜の10時には休む

この簡単なことがどうしてできなくなっているのだろう
不安をあおられているから、恐怖を植え付けられているから

まずはマスクを外そう
オックスフオード大学の研究発表の論文を読んでほしい
マスクの弊害が臨床されている

恐怖を餌にして大儲けを企んでいる人々を地球から追放しよう
そう地球はもう五次元に上昇したのだもの
「歓喜」を感じないと住めないようになってくる
コメント

着物が繋ぐもの 421

2021年04月22日 11時09分41秒 | 日記
チャ子ちゃん先生はいまFBライブをウイクデーで毎日発信している
はじめはYouTubeであったが、助けていただいているカラーリアムの22歳の青年が
「ナカタニさんYouTubeは2000人は入る広い会場で30人くらいに向かってお話ししている状態なので、今日からFBライブに切り替えましょう」
と有無を言わせずの決断(ユーチューバーにあこがれていたんだよなチャ子ちゃん先生は)

㈱カラーリアムはイギリスからオーラソーマを日本に初めて取り入れ、世界でナンバーワンの市場に育て上げた「野田幸子」の新しい会社
そのメンバーになると「自分がやりたいこと」を応援し、みんなで豊かになっていこうという趣旨で、色々助けてくれる

チャ子ちゃん先生はこのコロナで会社を縮小し、一人でも会社運営ができるような態勢に整えようと思っていた
そして自分がやりたいことは
「着物から学んだ様々な先人達の知恵を、文化を発信したい」
ということである

コロナ前までは講演とかイベントを作り人々を集めて発信していた
しかしコロナではそれが出来なくなり、さらに小冊子の制作もスタッフの手を借りなければできない(スタッフも家から出られなくなった社会事情)
そういう時、野田幸子からカラーリアムに誘われ、彼女の夢の実現に加わろうと思った

カラーリアムはまだ立ち上げて一年も満たないので、試行錯誤しながら発展の道を歩んでいる
「和文化の発信」を第一に番組を持った。着物に興味のない方も文化に心を動かしてくれた
そして3か月が過ぎたとき、ユチューブにトライ。認知度が低いのと、文化の話にはすでにたくさんのユーチューバーがいらした
そこでどんなに切り口を替えても新参者はしんどいし、助けていただいているカラーリアムの苦労にも心傷む

そして今落ち付いたのは、月曜日、火曜日は「チャ子ちゃん先生の文化論」そして昨日から正面切って着物の話を始めた水曜日木曜日。着物を繋ぐ者として精一杯着物の話をしていく、さらにこの日はコメントをいただく時間を多くとり、コメントで話し合っていくという手法をとった。

40年続いた「比佐子つれづれ」がコロナで消滅状態なので、FBライブで着物の話が出来るのはうれしい
あなたも着物の話に加わってくださいな❣
コメント

日本製のワクチン

2021年04月21日 14時01分50秒 | 日記
九州大学の農学研究院では、日下部教授を頭に「新型コロナワクチン」の研究が進んでいる
蚕や蛹のたんぱく質を利用した開発だ
開発論文を読んだが頼もしい

しかも経口投与型なので注射嫌いの人には朗報
なにより蚕からというところが安心
蚕はここでも人類に無条件の愛をくださっている

今回も大腸菌から精製した組み換えウイルスゲノムを蚕培養細胞に導入すると、細胞培養培地に組み換えウイルス粒子が大量に放出される。これを蚕の幼虫に、または蛹に接種する
今回もといったが、この大腸菌ゲノムを使うのは村上和夫先生がイネの遺伝子を読み解くときに必要としたもの

それはともかく
蚕様からできたワクチンはマウスにも試験済み、国を挙げてこの研究に力を注いでほしいと願う。切にせつに
また九州大学昆虫工場で生産したSタンパク質は抗体検査キットとして、九州大学発ベンチャー企業KAIKOとプロテックス社が共同して受託検査事業を開始している

日本国内での優秀な科学者たちの研究をもっと多くの人が知る必要がある
安全安心を貫く日本の科学者の良心こそが日本国中に蔓延するコロナ菌から、人を救う道かもしれない

安全なワクチンが一日も早く市場に流通することを祈るばかり


コメント

ジャパニーズボーイ

2021年04月20日 10時24分33秒 | 日記
随分失礼なアメリカバイデン大統領
菅首相は傷つかないのかな
アメリカのマスターズトーナメントのチャンピオンになった「松山英樹」選手を
「ジャパニーズボーイが あの マスターでチャンピオンになったね」
彼はもう30近い青年だ、この快挙は素晴らしい、なぜ名前を言えぬ
こういいう見下した態度はやはり日本を属国としてしか認識していないのであろう

菅さんは「オリンピックをやる」と固い決意をバイデン大統領に報告したが
「ああそうですか、あなたの努力は素晴らしい」
とあしらわれている

日本はアメリカの属国なのだと改めて思ったが、今は独立のチャンス。大きなチャンス
日本人の特質をアッピールできるいいチャンス
日本人独特の他を思いやる気質(これまでは自分を犠牲にして)という意味も含まれていたが、これからは自分を愛し、他への思いやりをする。ということだろう。さらに足るを知る民族でもある

優しくて、暖かく、愛に満ち溢れた日本人
しかし人格否定は許してはいけない。
ジャパニーズボーイという言葉を吐いたバイデン大統領は無作法な野蛮人だ
日本人はみんなこれで目覚めて、自分の国をまず第一に大事にすることから始めよう

バイデン大統領の菅首相に対するおもてなしの冷たさは逆に正直に日本人に対する彼の姿勢を出したものであろう

品格のある日本人でいたい

コメント

声を出す

2021年04月16日 11時13分52秒 | 日記
世界が実に大きく変わってきている
何もかもが嘘に覆われていて、私たちは恐怖の真っただ中
10万人のインフルエンザの患者がいてもこれだけの店が閉まったことあるだろうか
1万人しかいない患者で多くの人達が職を失ってるし、これから先の未来に希望持てない
それが世界中に蔓延している

私達をどうしたいのか?はっきり見えてきたのは、自然に命が消えるのを目的にしている。人工削減を考えている人たちがいるのだろう

確かに人口は多い
しかし本来ならその人口でこの地球はやっていけるのではないかと考えられる
飽食をやめる
大量生産をやめる
消費を考える、本当にいるものだけで過ごせばもっとすっきりと過ごせるのではないだろうか

ぶつぶつ言わず
評論家にならず
即実行
必要なものだけに囲まれる生活はすがすがしい
先人たちはそういいう生活をしていた
戻るのではなく、彼ら先人たちの知恵を参考にすればもっと過ごしやすい日々になる

おかしい
と声を出すときが近づいている

そういうことを考えながら週末は都内を歩いていた
コメント