花ごよみ

映画、本、写真など・

連続ドラマW「幻夜」最終回

2011-01-17 | 映画

WOWOWで放送されていた、
東野圭吾原作の小説をドラマ化した「幻夜」が
終わりました。

 

「幻夜」の美冬、、
同じく東野圭吾作の
「白夜行」の主人公の雪穂、
二人は同じパターンの人物。

美冬の求めるのは一体何なのか?

美冬は雪穂とは違い
救いようのない悪女とういう点が
感じ取られるところ。

原作とは違ってドラマでは
「白夜行」の雪穂と美冬が、
同一人物になっていて
二つの原作の繋がりの曖昧さは
払拭されています。

ドラマ最終回では
「幻夜」に登場する笹垣役の
船越英一郎が病に冒された、
老刑事となった映像があって、
「白夜行」から続いてる感じになっていました。

亮司という片割れを失った
白夜行の雪穂が過去を捨て、
新海美冬という名を得、
幻夜という物語が始まったという
感じで。。

ポイントは「白夜行」にもあった,
雪穂が好きな「風と共に去りぬ」の
スカーレットの名。

深キョンの美冬、
感情の動きがないようなセリフ回しが
空虚な精神と欲望、凍てついた心が、
感じられるようで
美冬の妖しい雰囲気が出ています。

それにしても悲しく痛ましい雅也(塚本高史)、
美しい美冬に魅了され
思うように使われ
コントロール不能に陥った心情が、
よく表現されていました。

美冬も「白夜行」の雪穂も人間味が
欠落した氷のような心が感じられます。


氷といえば今朝のバケツの水、
このように円盤状の、
丸い氷ができていました!!
寒いはず!!

 











コメント (8)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 當麻寺 奥院 冬ボタン | トップ | 九州 唐津 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (よりりん)
2011-01-19 16:51:58
へ~、続きなんですか?
うちは、この放送映らないので、見ていませんけど・・・。

最後の写真!!
我が家の庭のバケツの中のひしゃくも、週末2日連続でこのようになっていましたよ!!
Unknown (たんぽぽ)
2011-01-21 11:01:55
WOWOW見てられるんですね。
私も以前申し込んでいましたが、
申し込む前は見る気満々だったのに、
いざ見れるとなったら、なかなか見れなくて。。
結局、解約してしまいました。
いまは、時々、ビデオ屋さんで借りています。

バケツの氷。。見事ですね。
ほんと、寒い毎日、昨日来たガス料金にびっくりしています。
よりりんさんへ☆ (kazu)
2011-01-21 20:39:14
こんばんは~

ラストで白夜行と
繋がっているような
感じになっていましたよ。

寒い日が続きますね。
厚い氷ができていてびっくり!
たんぽぽさんへ☆ (kazu)
2011-01-21 20:41:57
こんばんは~

WOWOW、
映画もいいけど、
結構いい新作ドラマやっていますよ。

毎日毎日、寒いですね。
私は今日来た電気料金に
びっくりしました。
んと・・・ (しんちゃん)
2011-01-22 16:11:42
 来週一気に再放送があるみたい(笑)
録画しておきます・・・
が、録画しただけで観た気になるんだよね(笑)
しんちゃんへ☆ (kazu)
2011-01-22 20:34:50
こんばんは~

来週一気に放送なんですか。
それはいいですね。
そう録画するだけしておいて
なかなか見るまでに
たどり着けないのも、
結構たくさんありますよね(笑)
こんばんは~☆ (kira)
2011-01-22 23:49:58
kazuさん!有難うございます♪
嬉しいです~

WOWOW、恭子ちゃんドラマの度に悩んではいるのですが、
結局観る時間もないと、DVD発売を楽しみにしていますが、
T○Sのドラマ「白夜行」も観ていましたので、ほぼ予想はしているのです。

あれは本当に山田クン演じる亮司が可哀想で切なかった。。。
「幻夜」では生まれ変わった雪穂?が、、、
雅也に亮司を求めてしまうのでしょうか?
試写会で、恭子ちゃんも塚本クンも、入り込みすぎて
撮影中は本当に辛かったと言っていました。
きっと壮絶なんでしょうね、、楽しみにします♪
kiraさんへ☆ (kazu)
2011-01-23 15:13:23
こんにちは~

T○Sのドラマ「白夜行」、
私も見ていました!
それにかなり昔になりますが
本も両方とも読んでいます。
山田クン演じる亮司、
雪穂~って呼ぶ声が切なくって
今でも印象に残っています。

ラスト「いいよ雅也、
一緒に死んであげる」って
言っていたけど本心かどうか?
雅也は道具としてしか
思っていたのかも。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事