石井伸之の国立市議会議長日記 自由民主党会派所属

東京都国立市の若手?市議会議員(5期目)による日記です。国立市議会議長として国立市政の最新情報を伝えて行きます。

7月2日 本日は中屋農園でとうもろこし(スイートコーン味来390)を購入しました

2020年07月02日 | 国立市議会議長
 こんにちは、子供の頃よりとうもろこしが大好きな石井伸之です

 本日は石井伸之の後援会連絡所看板の立て替え、消防団第一分団での事務作業、都議補欠選挙における西野候補の街頭演説を聞く傍ら、中屋農園のとうもろこしを購入しました。


 私の母校である国立第一小学校のすぐ北側にある中屋農園はとうもろこしの収穫真っ最中です

 以前テレビでも報道されていたことから、お客さんがひっきりなしに訪れています。



 もぎ取り体験も出来ることから、小さい子供は興味津々です

 小さな手で一生懸命とうもろこしを採ろうとしている姿を見ると、自然に頬が緩みます。

 映画「となりのトトロ」でメイちゃんがおばあちゃんの畑でとうもろこしを採ろうとしても、なかなか取れないシーンが脳裏をよぎります

 今年の品種はフルーツみたいに甘いスイートコーン「味来(みらい)390」です。

 ネットでは蜂蜜みたいに甘いと書かれており、糖度17という数値が踊っています

 糖度17というと、シャインマスカット、メロン、アイスクリーム、梨と同じだそうです。

 生でも食べられるということですが、さっとレンジで加熱して熱々をいただきました

 とうもろこしの一粒一粒から信じられない甘さが口の中に広がり、シャキシャキとした歯触りが新鮮さを感じさせます。

 今後の販売日程としては、明日7月3日はお休みし、7月4日午前8時より売り切れまで販売するそうです

 6月25日からの短い期間ですが、美味しいとうもろこしを栽培していただいている中屋農園の皆様に心から感謝したいと思います。






 いただいたパンフレットです。

コメント

7月1日 本日は住宅ローン借り換え手続きが完了しました

2020年07月01日 | Weblog
 こんにちは、3月議会より住宅ローン借り換えの検討をしていた石井伸之です

 本日は午前中に住宅ローン借り換えの手続き、いくつかの打ち合わせを行い、夕方には南養寺でのお通夜に参列しました。

 3月議会期間中の休憩時間に、遠藤議員と雑談の中で住宅ローンについて話をしていました

 私はその時大手都市銀行で住宅ローンをお世話になっていたのですが、遠藤議員よりネット銀行での借り換えを勧められました。

 そこから幾つかのネット銀行に問い合わせを行い、仮申請の手続きを行います

 仮申請を通過して正式申請に入りましたが、1件のネット銀行からは「ご期待に沿えず申し訳ありません」との丁寧なお断りの連絡が入り暗雲が漂います。

 しかし、もう1件のネット銀行は無事に正式申請を通過して借り換えの手続きとなりました

 今まで大手銀行の利率が1.475%、今回お世話になるネット銀行は変動金利で令和2年7月現在0.398%という驚きの利率です。

 もちろん変動金利ですから、いつどこで滑走路を離陸するが如く跳ね上がるかもしれません

 そういったリスクがありながらも、団体信用保険(死亡や余命6か月宣告によりローンの支払いが免除になる保険です)にも加入していますので、その点は安心です。

 まだまだ長い支払期間がありますので、しっかりと働いてローンが完済できるよう努力して行きます

 写真は西国立駅改札前に設置されていた「くにたち朝顔市」の朝顔です。

 新型コロナウイルス感染症の関係で、今年7月に予定していた「くにたち朝顔市」は中止となっています

 こうやって来年に向けて宣伝をされているところを見ると、国立市民として大変嬉しく思います。

 来年は例年通り朝顔市が開催されることを心から祈念申し上げます


コメント

6月30日 本日は第一回国立市環境フェスタ実行委員会に東京国立白うめロータリークラブとして出席しました

2020年06月30日 | 東京国立白うめロータリークラブ
 こんにちは、ロータリークラブの年度は7月1日~6月30日となっています

 早いもので、令和2年も折り返し地点を迎えました。

 本日6月30日は東京国立白うめロータリークラブ2019年度~2020年度の年度末です

 今期の会長は、東一良元市議会議員が務められています

 新型コロナウイルス感染症対策により、当クラブでは3月からは例会を中止しました

 例会を中止することによって、当クラブから新型コロナウイル感染症罹患者を出さなかったことは、東会長の正しい判断によるものです。

 団体のトップとして難しい決断だったと言われていましたが、会員の健康と命には何物にも代えられません。

 さて、本日はくにたち総合体育館2階会議室で第一回国立市環境フェスタ実行委員会が行われました

 何といっても協議の山場は開催の可否です。

 賛否それぞれの意見が出るなかで多数決となりました

 多数決の結果、新型コロナウイルス感染症対策を行う中で実施することとなりました。

 テントの横幕は設置せずに屋根の幕のみ設置します

 屋内の催し、飲食の販売は行いません。

 また、今後の新型コロナウイルス感染症の拡大によって中止となる可能性があることが了承されました

 その後は議長室で議会事務局長との打ち合わせ、とある議員との打ち合わせ、政策経営課長より依頼された原稿の作成を行い一日が終わりました。

コメント

6月29日 本日は梅雨の晴れ間が顔をのぞかせていました

2020年06月29日 | 国立市議会議長
 こんにちは、選挙に携わる身として、晴れ間は何物にも代えがたいものがあります

 本日は梅雨の晴れ間をのぞかせていました。

 様々な打ち合わせや会議の傍ら、グループラインには自民党青年部青年局の仲間より、都議会議員補欠選挙の様子が入ってきます

 昨日「イオンモール多摩平の森」前で西野候補が街頭演説を行った時の様子です。


 その中で、日野市選挙区では豊田駅北口にある「イオンモール多摩平の森」では、本日より期日前投票が始まるそうです。

 投票率向上に向けて、巨大なショッピングセンターでの期日前投票所の設置は効果的かと思います

 国立駅周辺でも、ノノワイーストの奥にある国立・国分寺プラザでも期日前投票を行いました。

 駅前ということからも、投票率向上に一役買ったかと思います

 また、市民の方より「国立駅前で一番目立つ場所である、旧国立駅舎を投票所にしては?」との意見をいただきました。

 投票率向上に向けて様々な場所を検討するよう訴えていきたいと考えています

 日野市民の皆様には西野正人候補へのご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします


コメント

6月28日 本日は新型コロナ担当大臣と経済再生担当大臣を務める西村康稔衆議院議員が西野候補の応援に入りました

2020年06月28日 | 国立市議会議長
 こんにちは、ジメジメした梅雨と梅雨明け後の猛暑を天秤にかけたところで、どちらにも気持ちが傾くことのない石井伸之です

 本日は午前中に保育園関係者で大変お世話になった方が先日亡くなられたということからご挨拶に伺い、午後からは都議補欠選挙に立候補している西野候補の街頭演説へ行きました。


 雨の上がった午後4時より高幡不動南口にて、新型コロナ担当大臣と経済再生担当大臣を務める西村康稔(にしむら やすとし)衆議院議員が西野候補の応援に入りました



 地元の日野市議会議員である奥住議員、池田議員を始めとする議員の応援演説から始まります。


 その後は、地元の衆議院議員である小田原きよし衆議院議員がマイクを持ちます。


 3月に古賀都議が急逝されたことによる弔い合戦であることを強調されていました。

 ただ、都議補欠選挙が行われることが、日野市内でもまだまだ認知されていないそうです

 西村大臣からは、西野候補の経験や実績からに即戦力として国政・都政・市政を繋ぐ貴重な人材であるとの訴えから始まります。

 新型コロナ担当大臣として「都議会から国政の意見を反映していただく人材に西野候補が適任である」という一言は、応援する側を勇気付ける貴重な一言だったことは間違いありません

 最後に、西野候補に対する支援の輪を広げていただくよう訴えられていました。

 西野候補からは西村大臣の言葉受けて、都議会から日野市政に光を当てること、大規模災害に対する備え、仮復旧工事が終わった日野橋の架け替え工事推進といった課題を訴えられていました


 高幡不動での街頭演説終了後に、豊田駅北口イオンモール多摩平の森で街頭演説を行うということから、私も車でそちらへ向かいました。

 すると、意外と車が混んでしまい、街頭演説の終了間際にようやく到着した次第です

 こちらには自見はな子参議院議員が応援に駆け付けられていました。

 大物弁士が次々と応援に駆けつけていただけるというのはありがたい限りです

 日野市の皆様には、はっきりとモノを言う、西野候補へのご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

6月27日 本日は消防団第一分団で市内巡回を行い、消火栓の点検を行いました

2020年06月27日 | 国立市消防団
 こんにちは、国立市消防団第一分団に入団して17年3か月になろうとしている石井伸之です

 本日は、青柳すずめ会で踊りの練習を行い、午後7時からは国立市消防団第一分団の車両点検日となっています。

 消防団第一分団では、市内巡回の傍ら、消火栓の点検作業も行っています

 火災発生時に、消火栓の蓋が開かないというのは最悪の事態です。

 1分1秒を争う火災発生時、速やかに消火栓を開けて放水する必要があります

 依然蓋を開ける時に手こずった消火栓を開けようとすると、一度開けただけあってあっさりと開きます。

 地域防災力の向上というのは、平時にどれだけ地道な点検作業を行ったかどうかに尽きるのではないでしょうか

 これからも消防団員の一人として、いざ災害時に備えた活動を行っていきます。

 写真は青柳1丁目にある消火栓の一つです


コメント

6月26日 本日は自民党国立市議団で日野市選挙区都議補欠選挙に立候補している西野候補の事務所に伺いました

2020年06月26日 | 自由民主党
 こんにちは、街頭で何を訴えるべきかと常に自問自答している石井伸之です

 本日は自民党国立市議会議員4名で都議補欠選挙に立候補している西野候補の選挙事務所に伺いました。

 選挙事務所内の様子です。





 西野候補の選挙事務所は、日野市役所にほど近い日野市神明3丁目に設置されています。

 選挙事務所には立川市選出の清水都議を始め東京21選挙区の市議会議員が集まっていました

 日野市選挙区は自民党公認公明党推薦の西野正人候補と共産党公認候補との一騎打ちです。

 西野候補は、日野市議会議員を4期務める中で、議長職を4年経験しています。

 議員経験の中で培ってきた人脈を元に、日野市と東京都を強固に連携させる施策の推進に努力するとのことです

 その中でも絶対に忘れてはならないのは、新型コロナウイルス感染症対策と大きな打撃を受けた経済対策であることは間違いありません。

 一時期1万6000円台にまで下降した株価は、様々な経済対策によって2万5000円台にまで回復しています

 景気の指標といわれる株価がここまで回復したことは、カンフル剤としての経済政策が功を奏したものと考えられます。

 しかし、正念場はここからです

 実体経済の打撃が、決算に明示されたとき、投資家がどのような動きをするでしょうか?

 不吉な予測ですが、来年に延期となった東京オリンピック実施に赤信号が灯った場合にはどうなるでしょうか?

 この時こそ、政治が市民の皆様へしっかりとした安心感を打ち出すことが求められています

 まずは、新型コロナウイルスのワクチンもしくは効用のある薬を開発できるかどうかにかかっています。

 その為にも、国・都道府県・市区町村が一丸となって努力する必要があります

 現在都議補欠選挙が行われている、北区、大田区、日野市、調布市、狛江市に在住の皆様には、国政と都政・市政・区政をしっかりと結びつける自民党候補へのご支援をいただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

コメント

6月25日 本日は議会事務局長と今後行う会派代表者会議の打ち合わせを行いました

2020年06月25日 | 国立市議会議長
 こんにちは、議会終了後一息つく間もなく今後の予定を検討せねばならない石井伸之です

 本日は都市農業振興に関する担当課長と意見交換、議会事務局長と今後行う会派代表者会議の打ち合わせなどを行っていました。

 6月議会終了直後にも関わらず、7月上旬には決算特別委員会に向けた会派代表者会議を行わなければなりません

 年間予定表によると、決算特別委員会を9月28日、29日、10月1日、2日の4日間で行う予定です。

 7月上旬に会派代表者会議を行う必要があるかというと。

 決算特別委員会に向けた資料要求の関係があります

 決算審査に向けて市役所職員へ議会側として精査した中で資料要求を行います。

 働き方改革の一環として、職員が十分な時間的余裕を持って決算資料を作成できるよう、議会側として配慮しています

 議会側と市役所職員側とのより良い関係を構築するよう、歴代議長が配慮してきたことを伺い知ることが出来ます。

 私も、歴代議長が培ってきたものをしっかりと引き継いでいきたいと思います

 話は変わりますが、写真は先日旧国立駅舎を見学してきた時のものです。















 ぜひ一度旧国立駅舎を見学していただければ幸いです。


コメント

6月24日 昨日6月議会を終えてホッと一息という一日を過ごしています

2020年06月24日 | 東京国立白うめロータリークラブ
 こんにちは、1年間で4回ある定例議会終了後のホッとした一日を迎えた石井伸之です

 いきなり話は飛びますが、東京国立白うめロータリークラブでは、環境フェスタの出店に向けて準備をしています。

 本年の国立市環境フェスタですが、実施するかどうか今後の実行委員会で検討を重ねるそうです。

 仮に実施出来たとしても、昨年と完全に同じというわけではなく、室内の企画や飲食物の提供は行わないとの連絡がありました

 昨年まで、東京国立白うめロータリークラブでは、環境フェスタにおいてトントンコーナーを実施しています。

 親子の絆を強めるイベントとして毎年多くの方が、廃材を利用して本棚や椅子を作成されています

 環境フェスタの実施が決定した際には、今年も多くの方に来場いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

 話は変わりますが、昨日の最終本会議における第六号補正予算案では、新型コロナウイルス感染症対策に関する様々な予算が組まれていました。

 令和2年補正予算第6号案の主なものは以下の通りです

子どもの食、応援事業費300万円
こちらは一人親家庭を対象に500世帯900人の子どものにそれぞれ5000円のクーポン券を旭通り商店会が配布するそうです。
旭通り商店会の飲食店において使用可能となっています。
社会福祉協議会からも400万円を支出して合計700万円の原資で事業を運営致します。

ひとり親世帯への臨時給付金531万円
低所得者支援とコロナウイルスで収入減少者の支援を行います。
1世帯に5万円、第2子以後3万円を支援するものです。

母子予防接種関連経費405万円
新型コロナウイルス第二波に備えて、早めにインフルエンザ予防接種を受けていただく予算です。
予防接種1回当たり1000円の補助を2回まで行います。

新型インフルエンザ対策事業費1000万円
旧府中病院の多摩総合医療センター駐車場の一角にて、府中、小金井、国分寺、国立の4市合同でPCR検査を行う予算です。

商店街振興事業費2000万円
新型コロナウイルスに対応した商店街イベントを行う際に支援する経費です。
100万円を上限として20イベントに支援するそうです。

中小企業支援給付金1億2000万円
20%から50%の収入減少となった事業者を対象に家賃補助を行います。
2ヶ月分家賃の3分の2で20万円を上限に支援するものです。
対象期間は令和2年1月から6月となっており、7月より給付を始めます。

災害応急対策費500万円
避難所における新型コロナウイルス感染対策支援として、アルコール消毒薬、ハンドソープ、非接触型体温計、スタッフ用の防護服を購入致します。

 写真は、議長室に置いてあるチコちゃんに叱られるのキャラクター、江戸川の黒い鳥「キョエ」ちゃんです。


 議会でいろいろなことがありますが、キョエちゃんの姿を見てホッと一息ついています。

 頭に血が上った時に、キョエちゃんが「バカー」と諭してくれているように感じています。

 如何なる時にも絶対に冷静さを忘れてはならない議長職です。

 これからも物事を冷静に進めていくことが出来るよう努力していきます。




コメント

6月23日 本日は令和2年国立市議会第二回定例会最終本会議を迎えました

2020年06月23日 | 国立市議会議長
 こんにちは、マスクでメガネが曇ると式次第が読みにくくなる石井伸之です

 本日は令和2年国立市議会第二回定例会6月議会最終本会議を迎えました。

 議事運営方法を調整する中で、ようやくここまで辿り着いたというのが本音です。

 順調に審議が進む中で、7月20日より新たな任期を迎える農業委員10名の同意人事は、全員議員賛成により可決しました

 国立市の農業振興に向けて農業委員の皆様には、慎重審議いただきました。

 新しい農業委員の皆様におかれましては、これからの3年間も頑張っていただきたく思います

 全日程が終了したのちに、青木議員より動議が提出されました


 議長を除く20名の議員により「新型コロナウイルス感染症の感染拡大による社会・経済情勢に対応するための基金設立の決議の提出を求める動議」が提出されました。

 新型コロナウイル感染症拡大による経済情勢を鑑み、基金を設立するものです

 動議可決後、速やかに永見市長より新型コロナウイルス感染症対策基金条例案と市長・副市長・教育長の給与を減額する条例案が提出され、こちらも全会一致で可決しました

 原資はというと、国立市議会から議会費として年間政務活動費252万円(1議員当たり年間12万円×議員数21名)と各議員や議長が視察研修を行う際の予算168万8000円を合計して420万8000円。

 市長・副市長・教育長の給与から約5%を半年間捻出して325万円。



 新型コロナウイルス感染症対策としていただいている寄付をこちらの基金に入れていきます

 この基金を活用して、新型コロナウイルス感染症対策に充てていきたいと考えています。

 裏話となってしまいますが、この動議提出に至るまでに、各会派代表者の皆様を始め多くの議員が知恵を絞る中で丁寧な協議を重ねていました

 国立市議会が一致連携をする中で、一つのモノを作り上げていく集団として機能していることを大変嬉しく感じています。

 私が議員となったばかりの頃に、当時の議会事務局長より「議員一人の力は限られているが、全議員が一致したときに大きな力を発揮する」という話を聞きました

 今後とも議長としてソーシャルインクルージョンの理念のもとに、誰も排除せず全議員が一枚岩となって政策が実現できるよう努力して行きます。

 

コメント

6月22日 本日は明日の最終本会議に向けて式次第の打ち合わせを行いました

2020年06月22日 | 国立市議会議長
 こんにちは、議長として5回目の定例議会に臨んでいる石井伸之です

 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けて、議員と市長を始めとする出席説明員が安心して審議できる環境整備に向けて尽力致しました。

 一般質問は通常60分のところを40分で行い、本会議での質疑は事前通告を各議員にお願いしました

 委員会審査では、市民の皆様からいただいた陳情は通常通り行い、市長提出議案の中で補正予算案は質疑内容を事前通告し、質疑時間は10分で実施します。

 報告事項は新型コロナウイルス感染症に関する案件のみを取り扱い、他の報告事項は文書報告の扱いとしました。

 議長として各種イベントが無くなる中で、時間が出来たかと思いますが、新型コロナウイルス感染症対策に忙殺されます

 そんなこんなでゴールデンウイークからの1か月半があっという間に過ぎて行きました。

 本日は午後から市役所正副議長室で明日の最終本会議に向けた式次第の打ち合わせ、他の打ち合わせ、夕方からは東京国立白うめロータリークラブの最終例会に出席して一日が終わりました


 東会長の挨拶です。



 私も壇上で報告させていただきました。

 話は変わりますが、7月19日発売予定となっている国立プレミアム商品券発行事業について新たな情報が入ってきました。

 既にお伝えしている国立市プレミアム商品券発行事業は1万円で1万3000円分の商品券を購入することが出来ます

 お一人最大で5冊まで購入可能です。

 新たな情報としては、名称、販売場所、利用期間が示されました

 名称は「LOVEくにたち わがまち応援プレミアム付商品券」となっています。

 販売場所は、国立市役所、旧国立駅舎まち案内所、その他市内数か所を予定し、販売時間は9時~16時です

 利用期間は令和2年7月19日~令和2年12月31日となっています。

 一人でも多くの方にご購入いただきますよう、どうぞよろしくお願いいたします



コメント

6月21日 本日は後援会連絡所の看板を塗りなおしました

2020年06月21日 | 石井伸之後援会活動
 こんにちは、17年前の平成15年4月国立市議会議員選挙に初当選した石井伸之です

 その際に後援会連絡所の看板を1枚5000円で12枚購入しました。

 鉄板に「石井伸之」とプリントしたシンプルなものです

 左側に縦書きで「国立市議会議員」と青字で書かれている部分は、当選後にシールで貼りました。

 鉄板ということからどうしても錆が出てしまいます

 マスキングテープを貼って養生しました。

 そこで、定期的に白の水性ペンキで塗り替えています。

 ペンキを塗っていると、匂いに誘われて蜂や虻が寄ってきますので、注意が必要です

 それ以上に気になるのは「蚊」です。

 細かな部位を慎重に塗り進めている時に「プーン」という独特の高周波音が鼓膜を揺さぶると「刺されたくない」という思いと「ここまで塗り進めたい」という思いが交錯します

 右手には筆、左手にはペンキの缶という態勢では、下手な動きをすると後の被害が甚大です。

 チラホラと雨が降ってきましたが、どうにか2枚の看板を塗り終え、ノルマが終了しました

 明日は、最終本会議に向けた式次第の打ち合わせ、東京白うめロータリークラブの最終例会を始め、様々な打ち合わせが入っています。

 風邪をひかないよう、体調管理を十分に行って、最終本会議に臨みたいと思います

コメント

6月20日 本日は6月議会終了後の日程調整を行っていました

2020年06月20日 | 国立市議会議長
 こんにちは、6月議会終了後にホッと一息入れたいところですが、そうも行かないのが現実です

 都知事選において自民党は自由投票となっていますので、特に推薦する候補者はいません。

 しかし、6月26日告示となる都議補欠選挙では、4つの選挙区全てに公認候補を擁立しています

 北区選挙区、大田区選挙区、日野市選挙区、調布市と狛江市で構成される北多摩第三選挙区において、自民党は公認候補を擁立する予定です。

公認候補予定者は以下の通りです。←こちらにリンクを張りましたので、クリックしていただければ幸いです。
大田区選挙区 鈴木あきまさ 前4期

北区選挙区  やまだ加奈子 新人

日野市選挙区 西野正人 新人

北多摩第三選挙区 林明裕 新人



 こちらにお住いの皆様には、是非ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

 さて、6月23日に国立市議会が終了したのちも、7月には決算特別委員会に向けた会派代表者会議、議会運営委員会が予定されています

 また、くにたちウオーキングが開催できるかどうか検討しなければなりません。

 いろいろと判断しなければならないことがあります。

 客観的に皆様のご意見をいただきながら、一つ一つ検討を進めていきたいと思います

コメント

6月19日 本日は議会運営委員会が行われウエブ会議に向けて協議されました

2020年06月19日 | 国立市議会議長
 こんにちは、国立市議会議長として議会運営委員会の冒頭に挨拶をさせていただいています

 本日は生憎の雨となっています。

 さて、本日は午前10時より議会運営委員会に出席しました

 まずは6月23日に予定されている国立市議会6月議会最終本会議の議事日程を確認します。

 最終本会議の議案は以下の通りです

第 1 第38号議案 国立市放課後児童健全育成事業の設備及び運営の基準に関する条例の一部を改正する条例案
第 2 第41号議案 令和2年度国立市一般会計補正予算(第5号)案
第 3 第43号議案 令和2年度国立市一般会計補正予算(第6号)案
第 4 第44号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について
第 5 第45号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について
第 6 第46号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について
第 7 第47号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について
第 8 第48号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について
第 9 第49号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について
第10 第50号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について
第11 第51号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について
第12 第52号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について
第13 第53号議案 国立市農業委員会委員任命の同意について

第14 陳情第5 号 市長・副市長・議員の給与・賞与削減に関する陳情
第15 陳情第6 号 女性活躍推進法及び次世代育成支援対策推進法に基づく特定事業主行動計画の改定に関する陳情
第16 陳情第7 号 国立駅周辺まちづくりに関する陳情
第17 陳情第8 号 国立市小中学校給食の更なる充実に向けての陳情
第18 議員提出 第3号議案 マイナンバーに各種預金口座をひもづけることに慎重な対応を求める意見書案

 この中で、国立市農業委員会委員の任期が7月19日で切れることから、10名の委員を選出する同意案件が市長より提案されています

 議案の確認が終了したのちに、決算特別委員会をウエブ会議で実施する手法について協議いただきました。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、委員会室で以前のように決算特別委員会を実施することはできません

 そこで、ウエブ会議で実施できないかどうか?協議をいただいています。

 慎重審議をいただき、一歩一歩議論が前に進んでいます

 今後とも新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた対応を行い、安心して議会や委員会が開けるよう議長として尽力いたします。

 写真は昨日撮影した国立駅前の公営掲示板です




コメント

6月18日 特別定額給付金の支給決定通知書が届きました

2020年06月18日 | 国立市議会議長
 こんにちは、つい先日、我が家にも特別定額給付金支給決定通知書が届きました

 4月30日に特別定額給付金支給に関する市長の専決処分を承認した会議から、6月議会の運営方法まで調整に次ぐ調整を行っていたように感じます。

 意見の相違はあったものの、最終的には一つの方向を定めることが出来ました。

 ご理解いただいた各議員とサポートをしていただいた議会事務局長を始めとする職員の皆様に感謝したいと思います

 
 正副議長で方針を定めても議会事務局職員の協力が無ければ物事は前に進みません。

 そう考えると、無駄な仕事をさせないようにすることが議長の務めであることは間違いありません。

 過去の事例として、私が野党議員時代、条例可決の見込みも無いのに、時の市長が議会に条例を提案したことがありました

 それが否決になった時に職員がどれだけ落胆したことでしょうか?

 職員のモチベーションが、バンジージャンプのように落ちていったことは容易に想像できます

 働き方改革というのは、職員のモチベーションを根底に据えるべきと考えています。

 議長として職員にお願いすることは多々ありますが、お願いする前にそれが本当に正しいことなのか一拍置いて伝えるようにしています

 何でもかんでもお願いする前に、自分で調べられないか?他の部署や他の議員に直接聞くべきか?検討を重ねた中で議会事務局長に要望を伝えるようにしています。

 ただ、逆に議会運営を前に進めたるために、知識と知恵を借りる部分で、自分の手に余ると感じた際にはすぐさま相談しています

 私自身17年間の議員経験として大概は理解していますが、その理解が間違っていないか確認することは重要です。

 自分自身の思い込みだけで突っ走ると、後で様々なハレーションを生じますので、そこは慎重に進めなければなりません。

 残り11か月の議長任期を全うできるよう、細心の注意を払いながら議会運営を進めていきます

 


コメント