goo

2020 12/5の拝観報告(茂庵 茶碗作りワークショップ)

-
写真は、碧山居の窓からの景色。

もう紅葉も過ぎ去った12月第1週の土曜日です。
この日は昼前から出かけます。
11:00過ぎに車でやって来たのが、吉田山にある茂庵です。
10月にこちらの田舎席での呈茶に来たばかりです。

さて今回はその田舎席での呈茶とつながっているのですが、茂庵のHPを見ていたら、茶碗作りワークショップがあるのを見つけました。

自分でお茶碗を作るって、難しそう・・・とも思いましたが、
今まで茶碗はあまり勉強しないで来ました。
これも何かのきっかけだなと思い、参加してみました。
こういうとこ、物怖じしない自分の性格に感謝ですw

碧山居という茂庵に行く手前の石段の一角にある建物に集合。
11:00過ぎでしたので、既にほとんどの方が来ておられ、アマ会ではあんとんさん、あいるさん、frippertronicusさんが参加しておられました。

11:15から先生のお話があり、12:00までお弁当を頂きました。
そして12:00からお茶碗の制作です。
楽茶碗、井戸茶碗、筒茶碗から、どれを作るか選びます。
僕は楽茶碗にしました。
制作はろくろを使うのではなく、茶碗を型取った半乾きの土を下さるので、それを専用の金属のヘラで削っていきます。
方法はもちろんその都度先生が説明して下さいます。
まずは高台の際から。
「お好みの形に・・・」と言われても、今までそこを注視したことないんでw
一般的なお約束は抑えた上で、あとは個人の自由って感じでしょうか。
そして畳付き部分の作成。
ああみえていたのは、こうやって作るのかと。
理屈は分かっても、やってみると難しいものです。

そして外側の側面。
どのような湾曲にして、どのような模様をつけるのか。

最後に内側の側面と内側の底。
ある意味ここに1番時間がかかります。
最初はかなり重いので、ここで茶碗を薄くしながら重量を減らす必要があるからです。
かなり削らないと重さが減らないです。

そうするとやっちゃうんですよ。
内と外が貫通して穴が開くってw
僕もやりましたw
茶碗の底の外縁、たぶんそこが1番削り残すんだろうと読んでいったら、やりすぎましたw
でも元々土なので、先生がなんとか補修して下さいました。

しかし最初はどうしようかと戸惑う部分もありましたが、途中から夢中になっちゃいましたね。
想像以上に楽しかったですし、これからのお茶碗の見方も変わったような気がします。
粘土の塊で蓋置やお皿なども作成して、14:30頃に制作は終了。

その後は碧山居を出て、田舎席に移動し、月釜で1席。
この時間なんで月釜の最後の1席だったかもしれないですね。
15:30頃に終了して、帰宅しました。

お茶碗は焼き上がるのに1ヶ月ぐらいかかるそうです。
出来上がりが楽しみですw

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020 11/7の拝観報告1(近衛 latin 京大楽友会館)


写真は、本日のパスタ(スパゲッティボロネーゼ 900円)。

土曜日です。
この日は昼前から出かけます。

11:00過ぎのバスに乗り、近衛通までやってきます。
11:30に到着したのが、近衛 latin(ラタン)がある京大楽友会館です。
11/1にまいまい京都の京大南部ツアーに来ましたが、その際に楽友会館の内部が閉まっており内部を見学できませんでした。
日程的にいい感じだったので、すぐさまやって来ましたw

オープンと同時に入店。
会館に入ってすぐ左手の受付に、楽友会館の説明書きがあります。
そして左手奥のlatinへ。
しばらく1人だったので、いい感じで写真が撮れました。
内部が大正レトロ感満載なので、店員さんもお客さんが写真撮影するのに慣れておられるようでした。

注文は本日のパスタ(900円)。
パスタはスぺゲッティボロネーゼで、サラダも付いています。
パスタの茹で加減もよく、素直にとても美味しかったです。
また来て、今度は本日のランチを食べてみたいですね。

食後はlatin以外の楽友会館の内部を探検しました。
ホール反対側のラウンジも扉が開放されていたので、内部を拝見しました。
また2階にも上がました。
2階は部屋には入れませんでしたが、廊下でも重厚な雰囲気は伝わってきましたね。

11:50頃にこちらを出ました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020 11/1の拝観報告(まいまい京都 京大・南編 まるで近代建築の見本市! 建築家とめぐる京大キャンパス)


写真は、楽友会館(登録有形文化財)。

日曜日です。
この日は朝からまいまい京都。
今年3月の京大・北編に続いて京大・南編です。

9:00に時計台前に集合。
時計台手前左手の旧石油化学教室本館→時計台に戻り→東大路通に出て→医学部キャンパスへ→解剖学本館→解剖学教室→近衛通→吉田寮外観→吉田南エリア(旧三高)→解散でした。

旧石油化学教室本館では、最初の建築部分、1階の増築部分と2階の増築部分があり、ぞれぞれの建築時期の違いが外観に表れているのが解説で分かるのが楽しかったです。
簡単に要約すると、明治までは木造、レンガや石を加工したものが主な素材で、大正に入るとコンクリートが登場する。
コンクリートの登場で、今までは耐久性上不可能だったバルコニーが造られるようになったり、型に流し込んでいろいろな形が容易に作れるようになったので、意匠が細かくなったりするというのが1つの見分ける目安みたいです。

また京都は南北に傾斜しているので、東西に建築が伸びるのはいいのですが、南北に長くなった場合、北端と南端でかなりの高低差が出来ます。
これをどう消化させるのかの工夫も興味深かったです。
まずは外周に空堀を掘ります。
次に1階のグラウンドレベルを北端にした場合、南端は地下、半地下になります。しかしその場合、空堀をしっかり掘っておくと採光や湿気の溜まりにくい地下室になります。
また1階のグラウンドレベルを南端にした場合、北端の方は2階ぐらいの高さになります。この大きなスペースに電気系統、水系統や空調系統などの裏方設備を集めてしまうなどの工夫をしているんですね。

何気に見ている建物も、裏事情が分かるのは面白いですね。

そして今回、明治34年築の解剖学教室に行ったら、既に解体され更地になっており、先生茫然。
医学部は新しい設備にしたがるので、しょうがないのでしょうか。

楽友会館にも行きましたが、通常はレストラン経営で開いているのですが、この日は日曜日でお休みになっていて中には入れませんでした。
また個人的に土曜日などに行ってみようと思いました。

最後は吉田寮。
いろいろ問題を抱えている施設ですが、今は新型コロナの影響もあり内部は見学出来ず。
しかしボロボロですね。
ぼくの大学にも木造で同じぐらいボロボロの寮がありましたが、僕が5年生の時に漏電で焼失しちゃったのを思い出しました。
同級生を訪ねてよく遊びに行ったのですが。

今回のツアーで気づいたのは、「やっぱり僕は建築物が好きなようです」ねw

11:30頃に終了し、帰宅しました。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

2020 10/30の拝観報告4(聞名寺)


写真は、本堂内陣。

乃ぶおさんを出て、車で御池通→川端通→東大路通と進み、仁王門通辺りのコインパーキングに駐車します。
13:15頃にやってきたのが、聞名寺(もんみょうじ)です。
この辺りの東大路通も土日なら結構交通量があるのですが、さすがに平日の昼間は少なかったですね。

こちらは境内手前にある明眼地蔵 が毎月24日に御開帳しているのでそれで来たことはありますが、今回は京都時宗道場御朱印めぐりです。
ただしこちらは「御朱印しています」的な案内は全くなかったので、「えっ?いいのかな?」って思っちゃいます。

恐る恐る本堂左手の玄関にお声掛けをします。
すると大丈夫でしたw
書いておられる際に本堂のお参りをお願いしたらOKでした。

詳細は既に本編に追記していますが、内陣中央の行快の阿弥陀如来像はお厨子の垂れ幕で見づらいです。
でもまあ本堂にお参り出来ただけでもありがたいですね。

13:30頃にこちらを出ました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020 10/25の拝観報告(茂庵 田舎席)


写真は、田舎席の内部。

日曜日です。
前日は出歩いたので、この日は1つだけ。
13:40頃に車で自宅を出ました。
神楽岡通のコインパーキングに駐車して、14:00過ぎ久しぶりにやってきたのが茂庵です。

いつものように特別拝観リサーチをしているときに、ふと「茂庵、行ってないな」と思い出したのです。
そして茂庵のHPを見てみると、「秋と抹茶と日曜日」の企画が10/11、10/18、10/25の日曜日に田舎席でやっているのを発見しました。
そういえば田舎席だけ行けていなかったんですよね。

14:00からでしたので、14:00過ぎに現地に到着。
すると既にアマ会のTさんが来ておられましたw
もちろん偶然です。

Tさんによると7月はこちらでかき氷をされており、もっと人が多かったそうです。
お茶室の写真が欲しかった僕的には今回でよかったですw

田舎席の内部については本編に追記しておきました。
今回は並んでいるお椀から自分の好きなお椀を選びます。
お菓子はハロウィン仕様でしたね。

茂庵にはお茶席が2つありますが、コロナ禍の影響もあり今は月釜も止まっているそうで、しかも企画も気まぐれなんで、意図的に制覇するのはなかなか困難ですw

Tさんと情報交換しながらお話し、14:40頃にこちらを出て帰宅しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020 10/3の拝観報告4(東北院)

-
写真は、本堂内部。

最後は極楽寺の奥にある東北院ですね。
左手に本堂の弁天堂があり、中が見えます
遥か先の内陣に弁天象がお祀りされています。

そして右手奥の庫裏へ。
こちらで御朱印が頂けます。
お寺の方の対応が非常に丁寧でしたね。

こちらもしばらく対外的に接点を持たれている雰囲気がなかったので、なんというか近づきやすくなりましたw

11:10頃に御朱印も頂き終えて、車で一旦帰宅しました。

この日は午後からもう1件あります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020 10/3の拝観報告3(迎称寺)

-
写真は、本堂。

真如堂を出て、やって来たというか戻って来たのが迎称寺(こうしょうじ)です。
10:00もまわったので、京都時宗道場御朱印めぐりに復帰します。

こちらは一時期荒れ放題になっていました。
しかし昨年ご住職が着任されたということで、御朱印めぐりにも参加できるようになったようです。
表門を入ってすぐ前にある書院で御朱印を頂けました。

先に1人おられて2番目でしたが、当日は蚊がメチャメチャいました。
もう視野に飛んでいる蚊が5匹ぐらい見えるレベルw
前の方も結構刺されておられましたが、不思議なことに僕の方には蚊がほとんどこないんですよ。
虫よけもしてないのになぜ?・・・と思ったら、護摩の煙効果ですよねw

御朱印を頂く際に本堂のお参りをお願いしたら、OKでした。

本堂の内部については今後の本編で。

先を急いで、次へと参りました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020 10/3の拝観報告2(真如堂 元三大師堂 護摩供養)

-
写真は、元三大師堂の内陣。

9:50頃に極楽寺を出て、次は残りの2ヵ寺へ行くのかと思いきや、この日のメインはそれではありませんでした。
真如堂に戻り、本堂左手奥にある元三大師堂へ。
毎月3日の10:00から、元三大師堂で護摩供養が行われるので来ました。

これも情報通の方ならお気づきのように、12月の「そうだ 京都、行こう」で真如堂のツアーがあり、それに元三大師堂が組み込まれていたので来てみました。
10:00前にはお堂は開け放たれ、和尚さんお2人が準備しておられ、お参りに5人来ておられました。
10:00からお参りが始まり、間もなく護摩も焚かれました。
最後までいるつもりはあったのですが、11:30頃には家に戻らなくてはならなかったので、10:45頃に途中で失礼しました。

元三大師堂内もしっかり拝見出来たので、本編途中に追記しておきました。

まあこれで12月のイベントの申し込み(10/18)はスルーすることが決定しましたw
なかなかつながらないので、しなくていいとなると随分負荷が減りますね。

10:45頃にこちらを出ました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020 10/3の拝観報告1(極楽寺)

-
写真は、表門。

10月になった土曜日です。
朝9:00過ぎに車で自宅を出て、9:30頃に真如堂にやって来ました。

真如堂に用事があったのですが、まずその前に真如堂の北側にある時宗の極楽寺へ。
ここで時宗のワードでピンときた方もおられると思います。
10月から時宗道場御朱印めぐりが始まりました。
今までイマイチ人がおられるのか分からなかった寺院も、これでお声掛けがしやすくなりました。
このエリアには3ヵ寺ありますが、10:00前から御朱印をしてくれるのは極楽寺だけだと思い、最初に来ました。
こちらで専用の御朱印(1500円)を頂き、さらにこちらの御朱印を貰いました。

その間に本堂にお参します。
こちらの毘沙門天像は昨年春の時宗聖絵と時宗の名宝にて京博でお目にかかりました。
しかしこの日もですが、通常お厨子は閉まっています。

まずは下準備をして、次へと参ります。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

2020 5/27の拝観報告2(京セラ美術館)

-
写真は、中央ホール。

白川通のワールドコーヒー本店を車で出て、岡崎へ。
地下にある市営駐車場に駐車します。
平日は上限1400円なので、助かります。

9:45頃に到着したのが、京セラ美術館です。
本来は3月末に改装を終えて開館予定でしたが、遅れに遅れてようやく5/26から京都府民限定、事前予約制でオープンになりました。
10:00から予約をしていました。

2m間隔で並んで、10:10頃に中に入りました。
以前の入口は使わず、スロープを降りてB1から入場します。
そして入った先の階段を登ると、写真の中央ホールに出てきます。

この中央ホールの左右に北回廊と南回廊の展示室があります。
今回南回廊の方がコレクションルームでした。

中央ホールをまっすぐに抜けると、屋外に日本庭園があります。
この日本庭園の見ながら屋内を左手に進んだ先に、東山キューブの展示室があり、今回はこちらで杉本博司 瑠璃の浄土がありました。

まずはこちらから。
中は仏像関係の展示以外は撮影可能でした。
中央には三十三間堂の本堂内部を再現するかのように、千手観音像の写真が並んでいました。
その他はガラスやその光の反射に拘ったような内容でした。
感性よりも理論が先行しちゃうような理系人間には、なかなか付いていきにくいですねw

中央ホールに戻り、コレクションルームへ。
明治から大正の京都画壇でしょうか。
僕が知っていたのは、久保田米遷、村上華岳、竹内栖鳳、油絵なら浅井忠ぐらいでした。

ここで11:30ぐらいでした。

さらに折角なので内部も探検しました。
中央ホールには昔の正面階段、東広間や2階の談話室などは残されています。

また日本庭園にも行けますし、東山キューブの屋上テラスからの東山の眺めもよかったです。

建物そのものも堪能して、最終的には12:15頃にこちらを出ました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

2020 3/28の拝観報告6(京セラ美術館 東側の日本庭園)

-
写真は、池に浮かぶ茶室 聞鳥庵とソメイヨシノ。

岡崎疎水から神宮道へ。
そして右手の京セラ美術館へ。

本来ならこちらももうとっくに開館しており、個人的にもこの日は朝から「朝の美術館 特別な鑑賞時間とおしゃれなブランチ」の予定でした。
しかしこれも中止。

美術館は4/4からの開館となりましたが、混雑回避のため時間予約制になりましたね。

この日も改修が終わったばかりできれいな建物も、閉まっており閑散としていました。

しかし庭園の方だけは開放されていたので、入ってみました。
やはり目立つのは池の真ん中に経つ硝子の茶室 聞鳥庵(モンドリアン)ですね。
一般的な写真では側面からのものが多いですが、今回は桜優先で撮影していますw

道からも入りやすいような構造で、開放された庭園でしたね。

こちらの庭園を出て、岡崎公園前から市バスの5系統に乗って、一旦移動しました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

2020 3/28の拝観報告5(岡崎疎水)

-
写真は、疎水の桜(3分咲)。

インクラインを降りて、そのまままっすぐに岡崎疎水へ。

こちらの桜はさらに遅く、3分咲きぐらいでした。
さらにもうオンシーズンになっている岡崎桜回廊十石船めぐりが大変なことに・・・。
僕が通りかかった時、ちょうど10:00に船が出行でしたが、乗船客は4人・・・。

一昨年あたりから、びわこ疎水船が就航したこと。
岡崎桜回廊十石船めぐりの席がネット予約出来るようになったため、
以前のような長蛇の列はなくなりました。

さらにこの日は桜が3分咲ということもあるでしょうけれど、そもそも人が歩いていません。
こちらも新型コロナウイルスの影響がモロに出ていますね。

今週は水曜日が雨予報なだけなので、今週末まで桜が持ってくれると少しは客足が戻るのではないでしょうか。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2020 3/28の拝観報告4(インクライン)

-
写真は、インクライン(5分咲)。

南禅寺を出て、金地院の前を前を通過します。
大寧軒の前を通ると、ちょうどこの日から特別公開を始められたようでした。
しかしそもそもの人通りが少なかったですね。

ねじりまんぽの前で左折し、インクラインへ。

さてインクラインですが、さすがにここはこんな時期でも人が結構いましたね。
上の写真も目の前から人が減った一瞬でのものです。
しかし例年はこんなもんじゃないです。
休日午後なら、この5倍はいますね。

インクラインの桜は他よりやや遅く、5分咲きぐらいでした。

インクラインを下って、次へと参ります。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

2020 3/22の拝観報告2 最終(まいまい京都 京大・北編 まるで近代建築の見本市! 建築家とめぐる京大キャンパス)

-
写真は、武田五一設計の建築学教室本館。

京都御苑を自転車で出て、今出川通を東へ。
百万遍のコイン駐輪場に駐輪して、9:30にやって来たのが京大の時計台前。

この日は9:30から、まいまい京都の「京大・北編 まるで近代建築の見本市! 建築家とめぐる京大キャンパス」でした。
これを申し込む時から中1の長男がヒマそうにしていたので、
「今度イベントで京大の建物観に行くけど、一緒に行く?」と聞くと、
「うん。行ってみる」と。
彼は吉田幼稚園でしたので、毎朝園バスで時計台の前を通って幼稚園に行っていましたが、京大キャンパスに入ったことがないそうです。
その長男ももう洛星中学の1年生。
学校の試験でも上位の彼にそろそろ「いろいろ吹き込む」ことも考え始めていたので、ちょうどいい機会でした(笑)。

参加者は19名。
時計台の前でオリエンテーション。
京大の建物の歴史と、その時期時期で誰が作ったのかなど。
古いものは大正14年あたり、新しめのもので昭和25年頃でしょうか。

時計台から、まずは裏の法経学部本館。
尊攘堂(以前、ホームカミングデイで内部公開をしていましたね)。
文学部陳列館。
上の2つは側面は洋館形式ですが、屋根は和瓦なんですね。
そして文学部校舎。
電気工学部玄関ポーチと旧土木工学教室本館の比較。
北門から出て、
幽霊屋敷のような光華寮の外観。
スパニッシュ様式の人文学研究所。
農学部に入って、旧演習林事務室。
最後は農学部正門で、12:00頃に終わりました。

近代建築の移り変わりを実際に見ながら説明してくださったので、勉強になりました。
長男も建築の話を興味深く聞いたようでした。
さらに学部毎に「どういうことを勉強するのか」を合間に聞いてきたので、それなりに僕から説明しました。

長男が6年生の夏は、夏休み旅行は次男との2人旅でした。
来年は次男が6年生。
恐らく夏休みは長男と2人でライオンズ戦中心の2人旅になるでしょう。
その際に今度は本郷に連れて行こうかと、密かに企んでいますw

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

びわ湖疎水船4 下船まで


写真は、九条ポンプ場と第3トンネル西口。扁額は、三条実美の美哉山河。

やがて第2トンネルの入口に差し掛かります。
扁額は井上 馨も「仁以山悦智為水歓」(じんはやまをもってよろこびちはみずとなるをよろこぶ)です。
第2トンネルは124mなので一瞬です。
出口の扁額は、西郷従道の「随山到水源」(やまにしたがいすいげんにいたる)です。
トンネル入口が赤レンガできれいです。

やがて第3トンネル(850m)に差し掛かりますが、その手前に手すりを後付けされた細い鉄筋橋があります。
栗原邸の北側になります。
この橋を越えた右手に「本邦最初鐵筋混凝土橋」の石碑があります。
この橋が日本で最初の鉄筋コンクリート橋で、昭和7年に田邊朔郎が試作したものが残っていたそうです。

そしてすぐに第3トンネルに入ります。
入口の扁額は、松方正義の「過雨看松色」(かうしょうしょくをみる)です。
トンネルを抜けた出口の扁額は、三条実美の「美哉山河」(うるわしきかなさんが)です。

トンネルを出てすぐに九条ポンプ場があり、下船場になります。

下船も手前から左右交互に、ポンプ場の前に下船します。
皇居を火災から守るためにポンプ場を作っただけなのですが、設計は片山東熊です。
その辺りの説明を10分ほどして、解散になります。
門を出て右に歩くと、インクラインの最南端になります。

洛東の索引へ

「京都のおすすめ」の総合索引へ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ