goo

京都からの洛星中学校受験記8(受験校選定 統一試験日と3日目)

10月になると入試説明会が始まるので、受験校を具体的に決定する必要があります。
今回と次回の受験校選定の話では、日程が分かりやすいように日程ごとに色づけしています。
関西統一試験日
初日(灘初日、甲陽初日、大阪星光、洛星前期)
2日目(灘2日目、甲陽2日目、西大和)
3日目(東大寺、洛南)
5日目(洛星後期)
となっております。

さて関西の場合に骨格になるのは関西統一試験日初日と、3日目の東大寺or洛南の選択です。

恐らく京都から最難関校を受験するなら、初日は洛星
ごく一部の非常に優秀な方が灘を受験されるぐらいで、その他(甲陽、大阪星光)は非常に少ないでしょう。

我が家はもちろん、初日は洛星 前期
洛星(偏差値60)は模試でもA判定しかなかったので、是非ここは抑えたいところです。

さらに洛星は統一試験日初日の前期で180名を募集する他に、後期として5日目に1クラス分45名を募集します。
後期の方が難易度が上がりますが(偏差値62)、前期でA判定続きのレベルなら、もう1度チャンスを貰えるという意味では有難いです。
もちろんそこまで受験戦線をもつれさせたくはないですが。

さてその上で、3日目の東大寺or洛南です。
京都なら洛南と思われるかもしれませんが、洛南の出願には専願と併願があり、併願なら偏差値70。
専願なら65ですが、洛星か洛南なら洛星に行かせたいので、洛南の専願はない。
でも洛星の合格発表が2日目の17:00なので、洛南を専願で出願し、洛星に合格したら翌日の洛南は受験しないという選択もあります。

しかしKくんの向上心を維持し、限界までチャレンジするために、東大寺(偏差値68)にしました。
Kくんの場合東大寺は、夏前までD判定、夏以降はC判定。
10月の1回だけがB判定でしたので、まあまあのチャレンジですね。

それに前述のように本人もそれを望みましたし、馬渕教室 四条烏丸校T1クラスの男子の多くが洛星-東大寺で出願しています。
そもそも馬渕教室自体が、「東大寺押し」ですしね(笑)。
この出願方法は上記のように洛星の合格発表が統一試験日2日目の夕方、つまり東大寺の試験前日にあるので、
「洛星の合格を確保した上で東大寺受験に行く」のが理想です。

京都からであれば「東大寺に不合格でも、通学時間のかからない洛星は保証される」ので。

京都からの洛星中学校受験記9へ

その他の索引

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

京都からの洛星中学校受験記7 (6年生 秋まで)

6年生になるとNクラスが完全に分離して、Nクラス、T1クラス、T2クラス、Fクラスの4つになります。
灘は社会がないため、Nクラスは3科目を徹底的に鍛えるプログラムです。

さらに2月から隔週日曜日に志望校別特訓が始まります。
志望校別は東大寺学園コースにしたところ、宿題が山のよう。
唯一授業のない土曜日は、朝から晩まで宿題。

5月末
しかし通常+ハイクラス+志望校別の算数が質・量とも付いていけず、消化不良に。
算数はほぼ自力で解けないので時間が掛かり、さらに他教科特に国語に時間を割けないような事態に。
算数以外は東大寺特訓に付いていけていたものの、総合順位では半分よりやや下ぐらい。
模試の成績も判定が出る5年生後期からずっと東大寺はD、洛星はAでした。

6月、7月
そこで本人とも相談の上、6月から志望校別特訓は東大寺特訓(四条烏丸校開催)を諦め、洛星特訓(桂校開催)にしました。
本人にも異論はありませんでした。
ここでも判断の起点は、「とにかく洛星には入ってくれ」でした。

そうしたら志望校別特訓の算数が質的に7割、量的に5割(本人談)になり、通常+ハイクラスは従来と変わらないものの、そちらにじっくり時間を使えるようになり、本人も前向きに取り組めるようになりました。
また7月には大阪の上本町教室で東大寺トライアルがありましたが、Kくんは大阪まで行って勝負出来るだけの力はないと判断し、参加していません。
公開模試の偏差値は4科で63ぐらい。
5年次よりは、よくなってきました。

8月
夏休みは特に油断している様子もなく、夏期講習の課題を地味というか地道に勉強していました。
本人なりにがんばったようでした。

9月
公開模試で算数の成績がやや回復してきたのですが、最難関トライアルでは算数の偏差値が38。
その結果を受けて、「もう東大寺の受験は諦めて、3日目は洛南の専願にするか?」と長男に提案したところ「イヤだ。東大寺を受ける!」と。
初めて彼が受験校に関して自分の意見を言いました。
それを受けて「じゃあ、玉砕してもいいからやってみなさい」と言いました。
まあこの発言も、洛星がA判定だったから言えたことですが。

京都からの洛星中学校受験記8へ

その他の索引

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

京都からの洛星中学校受験記6(5年生)

2月から新学年。
通常クラスはT、F1、F2の3クラス編成になります。
通常コースのTクラス(火、木、土の17:00~20:30)+Nクラスへ(金の17:00~20:30)。
それに伴いハイクラスはなしに。

しかし4月にはNクラスにはついて行けず脱落。
本人も「こんなにシンドイ思いをするなら、灘には行けなくてもいい」と。
このレベルの算数が出来ないことや、そもそもそんな覚悟で灘は到底ムリなので、彼に相応な学校に行って貰おうと改めて思いました(笑)。
大事なのは「とにかく洛星には入ってくれ」です。

結果金曜日はなしになり、ハイクラスを復活。
火、木、土の20:30~21:30が追加になります。

偏差値は60前後をウロウロ。
僕自身が5年生で放置され成績が急降下した経験があるので、それなりに宿題はチェックしていました。

途中でT1、T2、Fのクラスに名称変更。
その後はT1クラスには通年で残るも、まだ真ん中より下ぐらいの位置。
算数は通常の授業でも、再テストになることが多かったですね。

5年生になって宿題だけは四の五の言わずするようにはなりましたが、やるのは最低限の宿題だけ。
「どこか行きたい学校とかある?」と聞いても、「いや、別に。どこでも~~~」と。

たぶん本気の5割ぐらいで流していたと思います。

京都からの洛星中学校受験記7へ

その他の索引

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

京都からの洛星中学校受験記5(4年生)

最初は通常コースのTクラス(2クラス編成の上のクラス)のみ。
火、木は17:00~19:00、土は13:30~17:00の授業。

8月ぐらいまでは宿題をするのも嫌々。
何とかなだめすかしてやっている状態。

9月からハイクラス算数受講(木の19:00~20:00)。
しかしついていけず、算数がパニックになり、通常クラスの成績もあやしくなってきました。
もともとあまり自信がないタイプなので、崩壊し始めるとなかなか立ち直れなかったです。

そこで10月~11月末までは、僕の判断で敢えて定着クラス(通常の授業の復習)へ。
定着に行ったことで、心に余裕が出て全体が見渡せるようになったよう。
まずは自信を取り戻し、徐々に成績も回復してきました。

12月からハイクラスに復帰。
10月ぐらいからは自発的に宿題をするようになるも、勉強の詰めは甘かったです。

模試の偏差値は算数58前後、他は60前後。
2ヶ月毎のクラス替えでTクラスにはずっと残りましたが、中の下ぐらいだったでしょう。

それと4年生、5年生の5月には灘の、9月には東大寺と洛星の文化祭に連れて行っています。
もちろん「なんのために、勉強をしているのか」を子供に示すためです。

京都からの洛星中学校受験記6へ

その他の索引

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

京都からの洛星中学校受験記4(方向性 塾えらび)

さて中学受験をするといっても、どのレベルを目指すのか。

そのために最終的にどうしたいのかを妻と相談したところ、
「東大、京大ないしは国公立の医学部レベル」に合格できる目途がつく学校に行かせたいという点で一致しました。

そうなると関西の男子なら志望校は、「関西男子最難関中学7校」になるでしょう。
7校とは灘、東大寺、甲陽、大阪星光、洛星、洛南、西大和です。
洛南と西大和は共学で、あとは男子校です。

恐らくこのレベルをねらう京都男子の父兄が思うことは、
「とにかく洛星には入ってくれ」
これに尽きるでしょう。

うちの場合も最初から最後まで、Kくんの受験の標語はこれでした。

それを踏まえての塾探しです。
京都にある大手でピックアップしたのが、浜学園、希学園、日能研、馬渕教室、成基学園でした。
この中で純粋に「洛星、東大寺あたりをメインターゲットにしており、そういう受験生が集まって来そうな塾」を探しました。

浜学園や希学園からも洛星には行きますが、もとが西宮の塾。
メインターゲットは、灘・甲陽でしょう。実は浜学園は僕がOBなのでよく知っています。

日能研は教室も全国、生徒層の幅も広いので、特にどこがターゲットなのかは分かりにくいです。
ただ転勤族の方は、全国に教室があるので通わせやすいとおっしゃっていました。

成基学園は京都の塾なので、洛星や洛南にはたくさん入っています。
しかし東大寺や灘への対策となると、ちょっとキビシイのかなと。

結局うちは、洛星や東大寺をメインターゲットにしており、あわよくば灘・東大寺への道も残されている馬渕教室を選びました。

馬渕教室の四条烏丸校の通常クラスは、4年生は2クラス、5年生は3クラス。
その1番上の「T1 クラスに最後まで残れれば、まず洛星に不合格になることはないです」とおっしゃられました。
ですので、当面の目標は「T1クラスを維持する」ことになりました。

京都からの洛星中学校受験記5へ

その他の索引

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

京都からの洛星中学校受験記3(塾以外の習い事)

まずは参考までに、塾以外の習い事です。

うちの方針としては心身ともに健全な子になって欲しかったので、体を使う習い事もある程度重視していました。

まずはスイミング(週1回)。
こちらは幼稚園の年中から小3の終わり、塾に入るまで。
四泳法がちゃんと出来るようになりましたし、怪我することもなく体力もついたのでよかったです。

もう1つも幼稚園の年中から、YMCAのアウトドアクラブ。
こちらは毎月1回日曜日、ないしは土日の泊り。
キャンプ、登山、川下りとか、とにかくアクティブに外で遊ばせてくれます。
これはかなりよかったです。
自分達で考える、
助け合う、
自然を観察する、
テントの張り方、ロープの結び方や飯ごうの使い方も覚えられた。
人間力が付いたと思います。

ただそれだけではなく、これは多分受験での「やり抜く」という精神力にもつながっているような気がしています。
こちらは小5の終わりまで通いました。
大抵は日曜日だけですが、土日で宿泊の場合は塾を休んででもこちらに行かせていました(本人もそれを希望しましたし(笑))。

また小2から小3の終わりまでは、成基学園のアルゴクラブに週1回通っていました。
思考力ゲームやパズルなどを通じ、数字で遊ぶような感じです。
効果があったかどうかは、不明ですが(笑)。

そしていよいよ小3の2月から、新小4として塾通いが始まります。

京都からの洛星中学校受験記4へ

その他の索引

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

京都からの洛星中学校受験記2(そもそも中学受験を始めたのは)

ウチの長男Kくんは2006年生まれ、次男のRくんは2009年生まれ。

そのKくんが3歳になった頃、妻から質問をされました。

妻:「アナタ、塾に通って中学受験したって言ってたやん。あれは自分から言い出したん?」

僕:「まさか。僕はイヤやったけど、親に放り込まれた。」

妻:「じゃあ受験って、やってよかったと思ってないの?」

僕:「イヤ絶対によかった。なんとなく流れで勉強してきたけど、医者になろうって思った時に、国立大学に入れるだけの学力があったから。」

妻:「だったら、この子を洛星に入れてあげて欲しい。導いてあげられる?」と聞かれました。

ということで、Kくんは「本人の意志は別として、親の老婆心で中学受験をする」ことが決定しました。

それに現実問題として、長男が中高一貫校に入らなければ、次男の中学受験と長男の高校受験が同時にやって来る。

さらには次男も中高一貫校に入らなければ、次男の高校受験と長男の大学受験が同時にやって来るという恐ろしい事態になり得ます。

これは親としてはなんとしても回避したかったという事情もありました。

京都からの洛星中学校受験記3へ

その他の索引

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

京都からの洛星中学校受験記1(はじめに)


2019年、我が家の長男Kくんが中学受験をしました。
結果は、
1/9-----愛光(本校)----合格
1/19----洛星-前期--------合格(入学)
1/21----東大寺-----------不合格
でした。

今回はこのKくんの中学受験の回顧録を残そうと思っています。

理由は2つあります。
1つは3歳下の次男Rくんも中学受験をする予定のため、その際の参考のため。
もう1つは他にも同じような境遇の受験生がおられるでしょうから、その方々の参考のために。

ただの一例報告ではありますが、僕自身は折角の記録ですので隠すこともないかなと思っております(笑)。

構成は
・中学受験に至るまで
・塾に入ってから(これは4年生から2ヶ月毎に僕が書いていた所感を簡潔にまとめたものです。)
・受験校の選定から受験報告まで
です。

全17話。

内容は誇張することもなく、謙遜することもなく、ありのまま書いているつもりです。
もちろん個人的主観で書いているので、内容に普遍性はなく一例として参考にして頂ければ幸いです。

京都からの洛星中学校受験記2へ

その他の索引

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

2019 2/9の拝観報告(仏光寺 京の伝統産業わかば会 創立50周年記念作品展)


写真は、玄関から書院の間にある中庭。

土曜日です。

この日は10:00から家具フェアに行き、長男の勉強机を買いに行きました。
今まではダイニングテーブルで勉強していたのですが、そのポジションを次男に奪われつつありますw
長男ももう中学生になるので、もう少し目を離したところでやって貰うために机を買いました。

昼前に帰宅して自宅で昼食。

12:50に次男と自宅を出て、次男を塾まで送ります。
今週から始まったばかりなので、まだ一緒に行っています。

送った後、13:25に向かったのが仏光寺です。

2/9~2/11まで、こちらの白書院で「京の伝統産業わかば会 創立50周年記念作品展」が開催されました。
仏光寺の白書院は2016年4/8と4/9に京都市文化観光資源保護財団の会員限定事業で公開されただけなので、また来てみました。

しかしそれより今回テンションが上がったのが、今回の入口です。
今まで開いたのを見たことがない、北東角の玄関門からの入場でした。
そしてその玄関門を入ったところに、玄関前の前庭があります。

今は入れなくなったその前庭こそが、僕が小学生時に遊んでいた場所だったんですw
僕の実家はこの近く。
小学校もすぐそば。
まさに仏光寺の境内は、第2運動場でした。

当時はウラの木戸が開いていて、そこから入ってすぐがこの前庭でした。
ここに自転車ごと乗り込んで、前庭をグルグル自転車で走り回ったり、玄関に腰掛けて駄菓子屋で買ったお菓子を食べたりしていました。
でもゴミなどはちゃんと持ち帰っていたので、怒られたりしなかったんでしょうね。

そんな思い出深い前庭に、35年ぶりぐらいに入れました。
もう気持ちは小学生でしたね・・・。

もちろん中の展示も拝見して、13:45頃にこちらを失礼しました。

メッチャ、懐かしかったです。


さて明日からですが、全17話の長編を掲載します。
2月いっぱい続きます。
京都ネタではありますが、興味ない方にはスミマセンw

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019 2/5のお食事報告(むすびの)


写真は、むすびのの店内。

この日はランチだけお出かけです。

13:00にやって来たのが、伏見桃山駅の南側、魚三楼のさらに先にある「むすびの」です。
こちらは元々は呉服屋さんの店舗だったのですが、それを造り酒屋の斎藤酒造さんが買い取り、邸宅として使用されていたそうです。
今は建物を借りて、レストランを経営しておられます。

内部は町屋ですが、土足で上がれるように床はすべてフローリングになっており、主屋の襖を取り外して大きなダイニングにしておられます。
当初のお茶室などが、現在は個室になっています。

お庭もあり、釘隠しは蝙蝠。
5つとも意匠が異なっています。

お食事はランチであれば、1600円のプレートランチもありますが、今回はウィンタースペシャルで2500円のコース。
・魚介のタルタル仕立て鶉卵のポーチドエッグ添え
・畑から届く旬の京野菜サラダ
・鹿肉の赤ワイン煮込み
・パン
・茶農喜左衛門の抹茶プリン&ガトーショコラ
・有機栽培珈琲
でした。

特に有機野菜にこだわっておられるようでした。

お食事もナチュラルな調理で美味しく、町屋の内部(おくどさんや個室)も最後に見学させてくださいました。

14:30頃までお食事を頂き、この日は帰りました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019 2/3の拝観報告(廬山寺 節分祭の朝)


写真は、廬山寺 元三大師堂 内陣。

節分の朝。
我が家で節分といえば、豆まき、恵方巻、ケーキです。
ケーキ!?ってなりますよね。
これは我が家だけのお約束ですが、2/3が僕の誕生日なんですw

まず午前中の予定の前に、ヒマだったので夢中で読書している長男は放置して、次男と共に8:20に自転車で出かけたのが廬山寺です。
この日は節分祭で、朝から元三大師堂が全開w

しかしこの日は残念ながら、お堂内には入れません。
1/3と9/3の元三大師の誕生日と命日は終日入ってお参り出来るそうです。
境内には追儺式鬼法楽の準備が着々と進んでいました。

もちろん観たいのですが、前日はほぼ1日拝観していましたし、この後は家族の用事がありました。
家族崩壊しては元も子もないので、自主規制をかけました(笑)。

9:20頃に帰宅し、その後家族4人、バスで向かったのが北野白梅町の洛星中学校。
この日は制服の採寸、その他の物品注文でした。

学校に着くと、まあ長男くん知り合いの多いことw
まず塾関係で20名ほど。
通常クラスはもちろん、彼は特訓も洛星でしたので。
さらに小学校。
同じ小学校から洛星に行かれる方も多く、10名程。
入学者225名のうち、30名程は既に知っているみたいです。
今から楽しみだって言ってますw

午後からは長男くんの携帯購入と、豆まき+僕の誕生日会。

節分祭には行けませんでしたが、楽しい1日でした。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019 2/2のお食事報告5 最終(夷川 燕楽、吉田神社 節分祭)


写真は、燕楽のおでん。

拝観を終えて帰宅。
この日は久しぶりに家族で外食。
受験が終って初めてじゃないでしょうか。

17:30に徒歩で向かったのが、夷川麩屋町辺りにある燕楽さん。
おでんが有名なお店です。

以前長男が塾に行っている間に次男、妻と散歩してて目を付けていたお店の1つです。
おでんの6種盛り×2に、湯葉や麩のおでんも単品で追加。
鰤大根、刺身盛り合わせやサラダも。

やっぱり寒い時期のおでんは最高。
お出汁もとっても美味しかったです。

ウチはお酒は飲まずサクサク頂くので、18:30にはお会計。
約1万円。
とてよかったです。

そして次はここからタクシーで吉田神社へ。
久しぶりに吉田神社の節分祭へ。
子供達が吉田幼稚園卒なので、以前はよく来ていました。
塾の加減もあり、以前は来てもお昼でしたので、今回は夜に来てみました。

18:50頃に到着。
追儺式が終わったところなのでしょう、境内から出てくる方がすごかったです。
お昼以上に混雑していました。

なんとかお参りして、子供はメインの露店ですw

長男はポテトと金平糖を選びました。
こういうところ、まだ子供です(笑)。
金平糖って~~と思いましたが、久しぶりに食べると美味しかったですw

次男は1つ目はゲームをして、もう1回しようか悩んだ末、次男も金平糖w

2人とも満足して、19:50頃に帰宅しました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

2019 2/2の拝観報告4(妙心寺 静謐の禅 大庫裏 座禅)


写真は、大庫裏の食堂(じきどう)。

春光院を出て次に向かったのが、大庫裏にある食堂(じきどう)です。
定朝作といわれる地蔵菩薩像があるお部屋です。
こちらで坐禅を15分ほど。
15:20ぐらいに終わり、庫裏の中も案内してくださいました。

そして最後は経蔵も。
またこれらもすべて写真撮影が出来ました。
経蔵内部は過去の掲載の写真と入れ替えちゃいました(笑)。

拝観終わりで15:40。

花園会館に移動して、最後は喫茶で甘酒を頂きました。

この日でYさんも随分アマ会員さんと馴染まれたようでしたので、今回68人目のアマ会員さんとして加入されることになりました。
また拝観や総会などでご一緒することもあろうかと思いますので、皆さんよろしくお願い致します。

さらに帰りがけには、参加者の方から「アマデウスさんですか?ブログの読者です!」とお声掛け頂きました。
久しぶりにお声掛け頂いただけでなく、「一緒に写真撮って頂けますか?」とw
最近妻でさえ一緒に写真も撮らないのに(笑)、こんな私ごときでいいのでしょうかって感じで恐縮でした。

拝観や坐禅だけでなく、いろいろな出来事があったイベントでしたね。

16:00ぐらいにこちらを出て、一旦帰宅しました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

2019 2/2の拝観報告3(妙心寺 静謐の禅 春光院)


写真は、重文の南蛮銅鐘。

13:00過ぎに車でやって来たのが、妙心寺です。
こちらでも話題になった、京の冬の旅の企画「妙心寺・静謐の禅」です。

花園会館に14:00に集合。
桜さん、京loveさんと僕は早めに着いたのロビーで待っていると、同行のfrippertronicsさんとアディニコさんも来られました。
また個人でシルウェステルさんも来ておられました。
もう数年ぶりにお会いしたのではないでしょうかw

さらに以前何度か予約イベントでご一緒させて頂いたYさんも来ておられたので、なんとなくアマ会の方々と一緒参りました(笑)。

参加者は全部で20名程だったでしょうか。

皆さんで担当者の方に付いて、14:00過ぎにやって来たのが春光院です。

庫裏から入り、左手の方丈へ。
方丈に入る途中にあるのが、南蛮銅鐘。
南蛮寺にあった鐘楼だったそうで、何気に重文です。
今回実際に撞いて下さったところ、確かにお寺の鐘のような低い音ではなく、教会の鐘のような高い音でした。

それから方丈へ。
礼の間、室中の間、檀那の間を外からと前庭。

さらに驚いたのは、庭園はもちろん銅鐘や方丈内部も写真撮影が可能でした。

書院の方は見ていないので、これで終了でしたが、前回来た時には庫裏の韋駄天像の前に英語の由緒書きがありました。
しかし今回は置いてなかったでしたね。

14:40頃にこちらを出て、移動しました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

2019 2/2の拝観報告2(旧曼舟邸でのお茶会体験と嵐山よしむらの蕎麦懐石を味わう 懐石)


写真は、松ヶ枝の庭園。

お茶会の後は、松ヶ枝に戻ってお食事です。
席はちゃんとお庭が1番観えるところが用意されていました。

お料理は香雪の膳。
レギュラーメニューではないようです。

内容は
・先付三種盛り
・そばがき
・豆乳スープ
・湯豆腐
・季節の天ぷら盛り合せ
・ひと口十割そば
・そば湯
・甘味
です。

通常の松ヶ枝のコースにかなり近いです。

時間的余裕もありましたし、何より最近やっと精神的余裕を取り戻したので、美味しく頂けました。
年末辺りから食事の味がしてなかったですもんねw

湯豆腐も白と緑があり、緑は抹茶の白はそばの豆腐でした。
とにかく蕎麦と豆腐づくしですね。

桜さん、京loveさんと今後のことなどヤイヤイいいながら(笑)、13:00ごろまでゆっくりしました。
そして14:00~の予約に向けて、天龍寺に戻り、僕の車で出発しました。

「京都のおすすめ」の総合索引へ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ