団塊Gの気ままな野菜作りと写真日誌

のほほんとした田舎暮らしの毎日。家庭菜園よりは少し規模の大きな野菜栽培やデジカメphoto等々・・・。

火入れ

2013-11-12 | 終の住まい作り

我が家の主暖房はペレットストーブ。本当はまきストーブにあこがれていたのだけれど・・・

工務店の建築士から勧められたのが新潟にある会社「さいかい産業」から発売されているペレットストーブ。その中のSS-1という商品です。高能率で15畳から40畳位まで対応するFF式の

ペレットストーブです。

昨日は夕方から結構寒くなってきたので今シーズン初めて火をつけました。我が家は平屋だけれども勾配天井なので屋根裏まで空間があり結構なパワーが要求されるけれどこれ一台でOK

真冬でも室温はストーブの燃料調節ダイヤルが中で室温は20℃位になります。寒がりなので本当は23℃位が理想なのですがそうすると燃料消費量が多くなるので我慢しています。

我が家は夜だけ使用して燃料消費量は10kg入りの袋が3日間持ちます。毎日使って月間10袋、今年は一袋650円に値段が上がったのですがそれでも6500円。灯油も去年より高くなっ

てきているので、朝利用しているガスストーブと合わせても暖房費は大きな違いが無いかも知れません。

火をつけてしばらくすると暖かい風が出てきます。この点、暖かくなるまで時間のかかるまきストーブよりメリット多し、まあしかし雰囲気はまきストーブにはとてもかないません。

炎を見て興奮するのはヤバイけれど・・・ いい感じ・・・落ち着きますね。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 落花生の収穫 | トップ | 星空撮影用ガイドマウントを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

終の住まい作り」カテゴリの最新記事