バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

明日は仙台ロックンロールオリンピックナイト!再訪!!

2018-10-02 | イヴェント案内
明日のバイユーは仙台ロックンロールオリンピックナイト!
85年の映像ってネットにもほんの一部しかないんですね〜楽しみだ!

10月3日(水)
『帰って来た 仙台ロックンロールオリンピックナイト』

開場 19:00 入場無料(要1drinkオーダー)

★2014年に開催され大いに盛り上がり「続編を!」「もう1度!」と言われながらも諸事情によりそのままになっていたバイユー的「伝説の企画?」が帰って来ました。
今回は東北地区限定で放送の始まった85年の映像を入手、この年を中心にお送りいたします。当日花道に押し寄せていた、という『●ッドウエスト』『●erry』『●ンロー』等で活躍する●ッキーさんの若き日の勇姿は記録されているのか!?
などなど興味は尽きません。

★★40代以上の方は覚えているでしょう…1981年から94年まで開催された『仙台ロックンロールオリンピック』を!早すぎたロックフェス!!
なんといっても「花道」があったのが印象的です。
85年から東北6県限定で放送が始まり3年間放送された後、88年からBSにて全国放送となりました。ネットもなく今よりずっと全国の距離の隔たりが大きかったこの時代。全国の中高校生にとって仙台、東北は遥か彼方でした。
出演者のメンツからしても東北限定で放送されていた87年までが(88年以降はバンドブームという言葉が使われはじめています)全国各地から音楽雑誌の写真だけで想像を逞しくして眺めていた『仙台ロックンロールオリンピック』!という感じがするものです。
★★★そんな東北地方限定放送の86年、87年の放送映像を入手した2014年7月。チラ見しただけでそのあまりの時代性の高さに感激「これを観るイヴェントをしよう!」と、実際に参加していた方々をコメンテーター?として『仙台ロックンロールオリンピックナイト』を開催。バイユー近辺に意外に多い東北出身者、80年代前半のジャパニーズロックファンの血が騒ぐイベントとなりました。
今の世の中、探せばバラでいろいろと観ることができるのでしょうが、皆でワイワイ騒ぎながら観ることの意義を見つけた夜でした。
今観ても超絶にカッコイイバンドもあれば、音楽の前にあまりに微妙~なファッションに目がいってしまうバンドもあり楽しかった!

※85年の映像は9時頃から放映予定。それまでは86、87年の映像でお楽しみ頂きます。
7時オープン、もちろん入場無料です。
当時現地に行ったという方は是非名乗り出ていただければ幸いです。

※前回開催時の様子
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 台風が去った今夜、オーティ... | トップ | 今夜は三浦雅也と鈴木純也! »

コメントを投稿