バイユー ゲイト 不定期日刊『南風』

ブルース、ソウルにニューオーリンズ!ソウルフルな音楽溢れる東京武蔵野の音楽呑み屋バイユーゲイトにまつわる日々のつれづれを

秀樹を偲んでチャリティオープンマイク。

2018-06-04 | イベント報告
5月17日はチャリティオープンマイクショウでした。
西城秀樹さん、いやヒデキの訃報が届けられた日だっただけに彼を偲ぶ雰囲気の夜となりました。

Mロイさん、そして私店主がヒデキの曲を歌いました。

テレビ画面のニュース速報でヒデキの訃報を知った俺。
割に淡々と受け止めたのですが、時間が経つほどに寂しさが増してきたのはやはり「世代」ゆえでしょうか…。

思い立って『激しい恋』を弾き語りました。


いまだかつてカラオケでも歌ったことのないヒデキ。(カラオケに行かないというのもありますが)。小学2年?3年?の時のヒット曲をヒデキが逝ってしまった夜、皆と賑やかに歌えて良かった。

やめろと言われても…からスラスラと歌詞は出て来るのにタイトルはなんだかピンときませんでした。それだけ歌が流行ってたんですね。

Mロイさんも世代だもんなぁ〜


初参加の方も、聴きにきてくださったお客様もいて良い雰囲気でした。




もっと多くの方にご参加いただけますよう地道にやっていきますのでこれからもどうかよろしくお願いいたします。

次回は6月14日、木曜日です。なるべく8時過ぎには始めたいなと思っております。
コメント

講談の魅力を満喫!双六亭はアコースティックも良い!!の夜。

2018-06-04 | ライヴ報告
5月15日火曜日は5回目のバイユー演芸会でした。
講談師・宝井一凛さんが毎回違う音楽ゲストと共演するこの会。
今回のゲストはファンキーでグルーヴィな歌モノロックバンド『双六亭』でした。
日本の演芸一般を愛し造詣が深い彼らからの「我々も出たい」とのラブコールを受けて実現した今回の出演。
生の声で語る一凛さんに合わせてアコースティックアレンジを用意して臨む(マイクやアンプはうっすら使いましたが)という気合の入りようでした。

恒例、一凛さんのMC(これで既に喜びマックスだったようです)に導かれライブスタート


レアな双六亭アコースティック!

楽曲の良さ、楽器の響き、コーラスの素晴らしさが際立つ魅力たっぷりのライブでした。

そしてお待ちかね宝井一凛の講談。

今回は廓もの?高尾花魁のお話。人情物になるのかな?
純情が報われる浮世のおとぎ話のような内容で、ストーリー的なリアリティは薄いのですが
それを説得力を持って聞かせるのが講談の力。
客席が引き込まれてゆくのがありありと感じられ感激しました。


思わずジーンとしてしまう俺でありました。

個人的に今回のはとても良かったなぁ。
女性講談師としての一凛さんの語り口の魅力が十二分に感じられる内容だったように思います。
いや、女性としてというより一凛さんの芸にあってるのかな?
とにかく言葉や内容を超えて胸に迫ってきました。講談の力を感じたものです。

双六亭の由貴ちゃんは特に感動してましたね。

毎回、ほんと楽しいバイユー演芸会。リピーター率の高さが物語っていると思います。
次回は7月開催。
お楽しみに。未体験の方は特にぜひ!
コメント

念願のザディコキックス&Berry!盛り上がりに感謝。

2018-06-04 | ライヴ報告
今更ながら
5月12日土曜日に開催された念願のザディコキックス&Berry。
廊下まで溢れるたくさんのご来場ありがとうございました。凄い熱気でした。
椅子があるのに立ち上がりご声援&踊っていただき感謝感激です。
僕の大好きなザディコキックス!
最高だってことをわかって頂けたのがなんとも嬉しかったです。
ありがとうございました。この組み合わせ、またやろう!という話になっています。
思えばバイユー開店前夜のある日、店内工作作業を中断して一人地球屋へキックスのライブを観に出かけたものでした。
出演依頼をするために。

あれから13年、こんな日が来るなんて。
自分の演奏には課題だらけでしたがとにかく感謝感激。楽しい夜でした。
ありがとうございました。

※多くの方から頂いた写真をここに転載させていただきます。



































コメント