子ども達のための自然学校・イエティくらぶ

NPO法人ねおすが主催する「子ども達のための自然学校『イエティくらぶ』」の活動報告をアップしています。

子どものための登山教室/沢登り入門・登別

2005年06月26日 17時57分15秒 | 登山教室
 6月最後の週末、小中学生と一緒に沢登りを楽しんできました。当初札幌近郊でと思っていたのですが、雪解け水がまだ引かず、例年より20cmくらい水量が多いため、危険と判断して急遽登別に行き先を変えました。
 1日目は知る人ぞ知る河原の露天風呂「川又温泉」まで足慣らし。雨降る中カッパを着込んで温泉に到着。河原に浴槽だけがあるシンプ
ルな温泉ですが、みんなカッパを着たまま「いい湯だなぁ」 。2日目はみんなの願いが通じたのか、夜半の雨がうそのように青空が広がり、まさに沢日和。登別の山の達人、松原さんに道案内をお願いし、滝沢に挑戦です。滝沢というだけあって、小さい滝、大きい滝、なめ床、なめ滝と変化に富んで飽きさせません。小さいお釜をへつったり、滝を巻いたりして大人顔負けの沢登り。最後は落差15mほどの滝の左岸をザイルで確保しながらまいて、時間切れ。お弁当を食べて下山です。本格的にザイルを出したのは登山教室始まって以来初めてです。子どもたちも緊張した面持ちで、側壁に取りついていました。 スケールは小さいながらも変化に富んだ登別の沢。くせになりそうです。
 今回は、登別市ネイチャーセンター・ふぉれすと鉱山の方々、モモンガくらぶ代表の松原さんにすっかりお世話になりました。 ありがとうございました。
コメント

黒松内校/月例スクール・6月 その2

2005年06月19日 22時57分28秒 | 黒松内校
◇川遊びいろいろ
 イエティ会議でどんな遊びがしたいか話し合った後、黒松内の中心部を流れる「朱太川」で川遊びをしました。
 水の中に入り虫網を使っての魚獲り、エビ獲りをしているグループでは、水の掛け合いが始まり最終的には倒し合いやライフジャケットでの浮遊体験に発展、まだ冷たい水の中、全身びしょぬれになって川を楽しみました。
 一方、魚のえさとなる水生昆虫を捕まえるところから始まった釣りグループはなかなかヒットが来ません。終了30分前になり小学校2年生のK君が10センチオーバーのウグイをヒット。その日一番の拍手を全員から浴びていました。
 本当にあっという間の2日間でしたが、様々な新しい出会いがあった2日間でした。また、来月も是非、黒松内に遊びに来てください。
コメント

黒松内校/月例スクール・6月 その1

2005年06月19日 01時28分39秒 | 黒松内校
◇羊の毛刈りとウォークラリー
 あっという間に新緑から深緑へ移り変わった森に囲まれた自然学校でイエティくらぶ黒松内校6月月例会が始まりました。
 午前は、自然学校の住人「ジュリエット(羊)」の毛刈りをしました。みんなで入れ替わり立ち代り専用の大きなハサミでジョッキンジョッキン。羊の毛のアブラの多さややわらかさなどまさに肌で感じました。
 午後からは黒松内町ウォークラリー!2~3人の班を作り町に出発。町の人に聞き込み調査をしたり、専用チケットで晩御飯の材料を買ったり、みんな積極的に色々な人と関わり、課題を解決し無事ゴールしました!
 
コメント