いぶり自然学校

苫小牧軸足をおきながらも、胆振管内各所・いや日高、十勝・・・各所で活動を展開しています。

イコロの森で、どこまでできるか。

2016-09-23 20:25:53 | うえだんな

ということで、活動拠点としてイコロの森を使わせていただいております。

 

初めて、「拠点」を持つことになりました。

 

これまではあちこちのフィールドに出かけて、

その場をお借りする形で進めていたので、まだそのポテンシャルを活かしきるだけの

イメージを作りきれていません。

 

悶々と考えていてもいけないと思い、

積極的に通うようにしています。

 

イコロの森FIKA。

スタッフを入れたら100人以上のイベントを行いました。

 

苫教研、市内の学校の先生たちの研修。

学校の授業で使ってもらえるよう

少しずつ話を進めています。

 

薪置き場。

「ものが乾きやすい」

「広い」

「何より、暖かい」

これ、実は北海道のアウトドア活動で

とっても重要なシェルター機能だと思います。

 

他にも、いろいろとあります。

どんなことができるか、

じっくりと思案したいものです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新事務所の体制が整いました。

2016-09-05 20:16:12 | うえだんな

皆様

上田です。

やっとのことで、新事務所が稼働しました。
ここまでいろいろな場面でご協力いただいた皆様、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。
以下、連絡先です。

①泉サイト(事務拠点)
 〒053-0047 苫小牧市泉町(いずみちょう)1丁目5番6号  
  TEL/FAX 0144-82-7860
JR苫小牧駅から車で約10分の場所にあります。いわゆる「事務所」として、固定電話の設置・郵便物の受け取りや各種書類の管理などを進めるほか、各種プロジェクトの事務局機能、あるいは打ち合わせ会場、コミュニティスペースとしての機能も充実させていく予定です。
(東胆振子どもグリーンツーリズム推進連合会、苫東・和みの森運営協議会、自然体験活動指導者ネットワークえんりっと、第12回森のようちえん全国交流フォーラムin北海道実行委員会、第4回狩猟サミット実行委員会事務局はこちらとなります)

②植苗サイト(活動拠点)
 〒059-1365 苫小牧市植苗(うえなえ)565番地1 
        イコロの森管理棟内
新千歳空港から車で15分の場所にあります。豊かな森に囲まれているおしゃれなビジターセンターの一部をお借りしました。ウトナイ湖を始めとする苫東地域 や東胆振周辺、支笏湖や千歳・恵庭などの生産地に近いのが特長です。主に週末や長期休業を活用した自然体験活動事業と、活動に必要な各種道具や備品、工具 などを保存・設置します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千歳 支笏秘水追跡キャンプ 4日目

2016-08-15 12:31:31 | ちゅん
4日目も晴れており、無事に朝を迎えました。

起きて早々ですが、本日は最終日なので、
荷物整理や部屋掃除、寝具の片付けを
ちゃっとやってしまいます。


出発がすぐできるくらいにクリーンに、リフレッシュしたら、朝ごはん。

荷物のパッキングやら、朝の準備が予定よりも早くできたので、
恵庭のセンターを早めに出発し、
近所の公園で、もうひとあそび


最後に、また千歳に来て、いろんな遊びができることをみんなで話しあって、
お別れしました。

飛行機に乗って帰る組は、飛行機までの時間があるので、
サケ科学館や道の駅でのピザランチ、
空港でのお土産タイムで楽しみました。
支笏湖から千歳川周辺でおもいっきり水遊びできた今回のキャンプ。そして、温泉に浸かり、水道水で身体を潤し、美味しい食べ物はその遊んでいた水を栄養にして育ったもの。
そんな水を通じたつながりを楽しみながら、少しでも感じてくれていたら嬉しいです。
また、千歳で会いましょう!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

千歳 支笏秘水追跡キャンプ 3日目

2016-08-14 15:02:58 | ちゅん


3日目も無事に始まりました。
犬の散歩

ニワトリのお世話。
ニワトリの餌やりや卵探しは前日よりも希望者増えてます。
卵が産まれる瞬間にも出会えました。

ごはん前は、快適に過ごせたテントを畳みました。

朝ごはんは卵たっぷりのフレンチトーストと牛乳。今日は川下りなので、しっかり食べます。
川下り
千歳市内の中心あたりから、
千歳川を約3キロ下ります。

川の水は冷たいので、ウェットスーツやもしものときのヘルメット、
しっかり装備を整えます。

パドルの持ち方、漕ぎ方、乗り方、危ないことを確認し合うセーフティトークを聞いて準備万端です。

最初はボートに乗るだけでも緊張、漕ぎ方がぎこちなかったが、息を合わせて、右左
浅いところではフローティングにチャレンジ、川の流れを全身で感じます。

最後は舵取りにも挑戦して、流れをコントロールする術も取得。
2艇で下っていたので、水掛け合い、スピード競争も盛り上がりました。

下ったあとは川辺でおにぎりタイム


玄米おにぎりでパワーチャージしたら、
ありがとうファームさんに戻って、
荷物整理や掃除の時間。


きっちり片付けて、
ありがとうファームさんにありがとうございましたとお伝えしたら、


ご近所の花茶さんで、
アイスクリームを頬張りました。

食べたあとは、近くの芝生で鬼ごっこ。
川くだりのあとにめいいっぱい、身体を動かしました。

その後本日の宿泊場所の恵庭の研修センターに移動して、 1人の子とはここでお別れなので、記念撮影。 センターの各部屋に荷物を置いたり、水着を乾かしたりしたら、 入浴、夕ごはんと ゆったり、最終日前の夜を過ごしました。 夕ごはん後は、また1人、途中でお別れなので、見送り。 それぞれ過ごしたいことをして、床につきました。 明日は最終日、安全に無事に家族の元へ帰れるように、荷物整理や身支度を整えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千歳 支笏 秘水追跡キャンプ 2日目

2016-08-13 08:09:12 | ちゅん

朝はニワトリの声で目覚めます。


起きたら、寝袋を畳み、
男子は早々に水着に着替えて、水遊び気合十分です。
朝ごはんまでの間は犬の散歩で
農道を駆けたり、


剛腕くんという便利な道具やマサカリで薪割りのお手伝いに精が出ます。
ぱかーと割れると気持ちがいい。


毎食いただいているマヨネーズ、卵焼き、などの卵を産んでくれるニワトリへの餌やりもします。


朝ごはんにサンドウィッチをもりもり食べて、水遊びに備えます。
自家製のハムが大人気。
朝食後は、水着に着替えたり、着替えの準備、水を水筒に入れ用意をします。

出発前に荷物を目視で確認。


支笏湖畔に到着。
まずは水に慣れるために、ライフジャケットを着用して入ります。
風があり、波が立つ湖畔ですが、お天気に恵まれ、暑いなか水遊びができてます。




魚を追い続ける子、フローティングで水と戯れる子、ビーチコーミングで綺麗なガラスを探す子、
それぞれ思い思いに湖を楽しみます。


お昼は湖畔を眺めながら、おにぎりをパクり。
上半身裸でも、暑いくらい日差しが心地よい。

お昼休憩は石切り。
男子はとことん投げております。
午後は場所を変えて、本格的にエビ取りへ。支笏湖の支流、千歳川の源流。



川と湖の狭間なので、さきほどの湖畔よりも波が立たないので、魚やエビが取りやすい。
次々にエビをゲットし、

油でカラッと炒めて、実食。
とれたてのエビを食べるのが、初めての子も多く、おいしさを実感しておりました。

エビや魚取りをやり続ける子、泳いで川の冷たさに暑さを癒す子、
最後の最後まで水遊びを満喫しました。

遊んだあとは、すぐに着替え、

ありがとうファームさんに戻り、水着などの濡れたものを干し、


温泉で身体を温め、


まりこさんの野菜満点栄養満点の夕ごはんで英気を養い、


ありがとうファームさん、最終日の夜をわらわらと過ごしました。

女の子は希望が叶い、

本日はテント泊をしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加