子ども達のための自然学校・イエティくらぶ

NPO法人ねおすが主催する「子ども達のための自然学校『イエティくらぶ』」の活動報告をアップしています。

黒松内校/月例スクール・11月 その2

2006年11月19日 16時39分40秒 | 黒松内校
◇添別ブナ林
日曜日の今日はイエティ会議で森の中で何をするか、みんなから意見を出してもらい、自然学校から車で10分くらいのところにある「添別ブナ林」に出かけました。

森の中では年長さんを中心にたかぎぃとゆっくりのんびり森の宝物を集めながら森の散策をする「どんぐり隊チーム」と体を使って思いっきり森の中で遊ぶ「ぶなチーム」にわかれて活動をしました。

「どんぐりチーム」はそれぞれが中の仕切られた透明な小さな箱をもって、その中に茶色い落ち葉や緑色の葉っぱ、赤い実、白いキノコなどなど森の宝をたくさん採って「ぶなチーム」にいた私に自慢げに楽しそうに話をしてくれました。



一方「ぶなチーム」は全員オニ、Sケンを全員で思いっきり体を使って楽しんだ後、ケイドロをやったり、落ち葉の中にある小さなキノコをみたり、木登りをしたり、こちらも森の中を思いっきり楽しんでいました。



年長さんの参加もふえ、様々な新しい関係性が生まれてきています。ちょっとしたトラブルもその関わり、その経験によってお互いの学びを大きくしているように感じるイエティくらぶでした。
来月はかなり早めのクリスマスパーティ。また、楽しい企画を考えているので是非、遊びに来てね!

<黒松内ぶなの森自然学校 鈴木剛充>
コメント (3)

黒松内校/月例スクール・11月 その1

2006年11月18日 21時31分42秒 | 黒松内校
昨年の11月17日は黒松内ではかまくら作りをしました。という話からはじまった今回の黒松内校。子ども26名大人12名計38名ではじまりました。

◇「秋のパワフルジャンケン♪」
土曜日の朝は、秋を体で表現する「秋のパワフルジャンケン♪」で始まりました。「秋のパワフルジャンケンポン♪ポン♪」のメロディーに合わせて、グーはどんぐり、チョキは秋刀魚、パーはもみじで体全体を使って遊びました。

  


◇雪に埋まる前に・・・おれい
自然学校裏の「やんちゃっ子農園」は今年も本当美味しい野菜を作ってくれました。
雪解け前に種から苗作りをはじめ、9月イエティでは収穫感謝祭をすることが出来ました。そんな畑の様子や子どもたちの様子をスライドショーしました。
通年でたくさんの野菜を届けてくれた「やんちゃっ子農園」へお礼の意味を込めて、もみ殻で炭を作って撒くことにしました。

◇小さな世界
炭作りの前に、、、学校裏で土を採取。土の中の小さな世界をのぞきました。
顕微鏡や虫眼鏡でのぞくと、普段は目にとめることのない小さな生き物が動いていました。子どもたちがたくさん連れてきたミミズを顕微鏡でのぞくと、透明なお腹の中には落ち葉のような土がたくさんみえました。みんな小さな世界を夢中になってのぞいていました。

 
◇小さな世界のすみ家
もみ殻で炭を作って畑に撒こう!! でも、なぜ炭なの?
炭を畑に撒くと、微生物のすみ家となり、土の保水力も高めるから、土に力がついてまた「やんちゃっ子農園」でおいしい野菜を作ることができるのです。
小さい子には少し難しい様子でしたが、とにかく、わいわいと空き缶にもみ殻をいっぱい詰めてそれを焚き火にくべてもみ殻炭を作りました。
そして、もみがらの形をキレイに残した真っ黒な炭を感謝の気持ちを込めて「やんちゃっ子農園」に撒きました。

  

炭作りの後は、、、イタドリでチャンバラをしたり、焚き火をしたり、自由に過ごしました。

〈文:黒松内ぶなの森自然学校 間村奈未子〉

コメント

札幌校/札幌カルガモ団・文化の日スペシャル  その2

2006年11月03日 19時30分00秒 | 札幌まるやま校
お弁当を食べたら、いよいよアート制作に取りかかります。

ヤマブドウの蔓を使ったリースや、葉っぱで作った顔など
大人達もアートな感じの作品を作っていきます。
男の子2人の作品はノコギリ、金槌などを駆使したダイナミックな作品。
どちらかと言えばアーティストと言うより、大工さん、という感じでした。

その他にも

トンボ
ゆらゆらマリオネット
木の枝の色鉛筆

など、すてきな作品がたくさんできあがりました。





今月もあっという間のカルガモ団。
素材探しに出かけた森ですが、子ども達はやっぱりどんどん
自分たちで遊び方を発見していきました。

冬の森では、どんな顔を見せてくれるのか、今から楽しみです。


NPO法人ねおす 北川浩二(みすたー)
コメント

札幌校/札幌カルガモ団・文化の日スペシャル  その1

2006年11月03日 19時00分00秒 | 札幌まるやま校
11月3日は文化の日。
今回のカルガモ団は、森を舞台にアートな一日を過ごしました。

そろそろ冬の始まり・・・と思いきや、朝からぽかぽかと暖かです。
今日は森を歩いてアートの材料集めをして、それを使って自由に
アートを作ります。

自己紹介と簡単なゲームを終えると、早速森の中へ。
紅葉の終わった森はつまらない・・・なんてとんでもない!
葉っぱが落ちたおかげで森の中には明るい日差しがいっぱいに
差し込み、色とりどりの葉っぱで覆われた地面を輝かせていました。

棒っこや木の実、キノコ、いろんな形の葉っぱ、ヤマブドウの蔓など
アートの素材探しも楽しみましたが・・・

落ち葉のつもった斜面で尻滑りをしたり、ヤマブドウの蔓にぶら下がったり
木登りをしたり、体いっぱい使う遊びがやっぱり一番楽しかったみたいです。
特に蔓遊びは、飽きるまでず~っとやっていました。

コメント