風塵社的業務日誌

日本で下から258番目に大きな出版社の日常業務案内(風塵社非公認ブログ)

『聖なる館』

2020年09月18日 | 出版
某日、某氏ご来社。せわしない方で、ソファに腰を降ろすなり担いでいる重そうなカバンから、本やら書類やらをテーブル上に取り出してはまた仕舞っていく。なにをやっているのだろうかと観察していたものの、なにをしたかったのか結局わからなかった。ただの多動性障害なのかもしれない。ところが、その出したもののうちの一つが中古レコード店のディスクユニオンのビニール袋で、なかからはツェッペリンの『聖なる館』のCDが顔を . . . 本文を読む
コメント

リモート会議

2020年09月12日 | 出版
蒸し暑い朝、会社に向かおうと本郷3丁目の交差点で信号待ちをしていたら、対面に立っていたバアさんがフライング気味に渡り始めようとした。暑さのなかジッと我慢して立っていることに耐えられなかったのかもしれない。ところがそこに、黄信号を無理気味に通ろうとトラックが突っ込んできた。「ウワッ、朝からババアのバラバラ死体かよ」と思わず目をつぶる。そうしたら、急ブレーキの音が響き、あわててトラックが止まったようだ . . . 本文を読む
コメント

焼魚定食が食べたい(後編)

2020年09月08日 | 出版
猛暑の土曜日のお昼、腹が減ったなあと東池袋から本郷方面へ歩き出してみたものの、その途中に、小生が欲している焼魚定食が食べられそうなお店などまったく思い当たらない。そこは小生の通勤路にも当たるので、路面に出ているお店はだいたいわかっている。ならば、まずはコンビニに入って缶ビールでも買うかとも考える。東池袋から本郷まで歩くと60分くらいだろうか。炎天下のなか60分も歩けば、ビールのアルコールも汗としま . . . 本文を読む
コメント

焼魚定食が食べたい

2020年09月05日 | 出版
土曜日。遅くに目覚めれば『チコちゃん~』も終わりそうな時間だ。区役所まで住民票を取りにいく用件を思い出したら、急に目が覚めた。そこで、朝食を作るかと冷蔵庫を開ければガラガラである。「こりゃあ、あとで買い物に行かないと、食べるものがなくなっちゃうな」と妻に話しかけたら、「私は用事があってすぐ出かけるから、あんた一人で行ってきて」げな。はいはい、わかりました。ということで朝食後、OKストアに出かけるこ . . . 本文を読む
コメント

目をつぶる

2020年09月02日 | 出版
某日の暑い昼間、本郷通りの東大前を歩いていく。暑い、暑いとはいえ、このシーズンのピークは越えたようだ。結局、クソ暑かったのは2、3週間くらいだったのだろうか。暑いだの、寒いだのと言ってられない状況に陥っており、どうだったかをすっかり忘れてしまった。そういえば、8月の東京電力の電力消費量は、その暑さの影響で前年よりアップしたという報道があったと思うけれど、停電など起きてもいない。いまごろ思うに、3・ . . . 本文を読む
コメント

バンザイ、アヘ退陣

2020年08月28日 | 出版
ああ、やれやれ。やっとアヘが辞任してくれた。かくも長き存在であったことよ。ついでに、国会議員も辞めて、政治の世界からは引退してもらいたいものだ。しかし、いまごろまでアヘの総理在任を長引かせてしまったのは、やはり、民衆の側の敗北でもある。本来ならば、モリカケ問題あたりで引きずりおろしているところであったはずだ。野党がふがいないというあまりに正当な理由はあるものの、野党がどうのという以前に、日本人自体 . . . 本文を読む
コメント

元号死ね!

2020年08月21日 | 出版
確定申告が白色になってしまってから、もう10年ほどになるのだろうか。6年ほど前に、4期分の決算を自主ですませたことがあった。これは税務署の徴税課の担当者に恫喝され、あわててやったんだっけな。その後、3年分をまた自主ですませようとし、仮決算書を持って法人課をたずねたら、担当の方がおそらくは面倒だったのだろう。当方の計算ミスをご指摘のうえ「この内容ならば、あわてて確定申告しなくても、金額的な損害は出ま . . . 本文を読む
コメント

空の青み

2020年08月18日 | 出版
2週間ほど前までは、なんだか夏らしくない夏空だなあと思っていたものであった。朝、妻と歩きながらそんな話をしていたら、「そうだねえ、すじ雲が広がっているし」とわかったようなことをのたまいやがる。8月にすじ雲があったっていいじゃないかとは思いつつも、しかし、入道雲などまったく見ていないことに気がついた。そのうえ、空の青さがくっきりしていない。カキーンとはっきりした、いかにも夏らしい空などお目にかかって . . . 本文を読む
コメント

ジャガイモ

2020年08月15日 | 出版
ある方からジャガイモを大量にいただいた。感謝、感謝なのだ。身(実?)がわりと黄色っぽいけれど、なんという品種なのだろうか。もちろん、フライパン上で焼いて食べても美味しいし、チンして食ってもうまい。面倒なので、ふかしたりはしない。そういえば小生、ガキのころからジャガイモが好物なのであった。そんなことで、ジャガイモの新しい料理にトライしてみることにする。ジャガイモは保存が利くとはいえ、いつまでもほたっ . . . 本文を読む
コメント

2カ月

2020年08月11日 | 出版
6月のいつごろだったかはもう定かではなく、おそらくは入梅してからではなかろうかと推測するのだけれども、突然にウツ状態がひどくなってしまった。会社には出てくるので、いわゆるウツ病なる段階ではない。あくまでもウツ状態でしかない。それでも、業務には差し支えるので困ったものである。その状態がズーッと続いていた。そういえば、コロナ騒動でやる気がわかないという話はよく聞いたことがある。小生の状態もそれに近いも . . . 本文を読む
コメント

文京区へ

2020年08月04日 | 出版
ある日、妻が「引っ越ししたい」と言い始めた。理由をたずねれば、飛行機がうるさいとのことである。豊島区も福岡市並みに、ジェット機のゴーッという騒音に悩まされてしまっている。そういえば福岡の場合、天神まで出ても飛行機の騒音が聞えてくる。昔、よくこんな街に住んでいたなあと我ながら感心してしまう。そんな状況で発狂しなかったおのれをほめておくことにしよう。さらにそういえば、羽田空港のターミナル内にいれば、飛 . . . 本文を読む
コメント

立川へ

2020年08月03日 | 出版
気がつけば8月となっている。先月はほとんどなにもしないうちに終わってしまった。恐ろしい話である。そんなんでも弊社がいまだに存続していることが不思議でならない。もちろん、積極的になにもしなかったわけではない。コロナ鬱のおのれには叱咤し、なんとか前に進もうとはしていたはずだった。ところが、ある技術的なトラブルに見舞われてしまい、その原因が皆目見当もつかず、いやになってしまったという側面もある。原因さえ . . . 本文を読む
コメント

福岡へ2020梅雨

2020年07月27日 | 出版
コロナ騒動で東京在住者はバイキン扱いされているきょうこの頃、妻とまた福岡へ出かけることになった。小生自身はまだコロナにかかっていないという医学的根拠はないけれど、絶対的な自信はあるものの、東京もんが来たら福岡の人はどのように感じるだろうかという不安は生じる。そこで用件の先にたずねてみたら、「こっちでもどうせコロナば出とるけんですね、よければ来よってもらえんですか」なるご返事。ならば、行くしかないだ . . . 本文を読む
コメント

ウツ期の小さな決意

2020年07月14日 | 出版
梅雨ウツなのか、金欠ウツなのか、それとも単にオツムが弱いということなのか、原因はよくわからないものの、とにかく、なにもやる気がわかない状態で1週間が過ぎてしまった。出社しても、パソコンの前にポケーと座っているだけで1日が終わってしまうのだ。速攻で終わらせなければならない会計処理など、まったくの手つかずである。段ボール箱に放り込んだままの領収書は、1週間経っても同じ状態を維持し続けている。しかも、や . . . 本文を読む
コメント

意欲減退のところに

2020年07月04日 | 出版
今年もまた九州南部で豪雨である。被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。これが二酸化炭素増加のせいなのかどうかは知らないけれど、従来の想定を超える雨量なんて世界的に珍しくなくなっているのだろう。したがってこれまでのように、治水ダムで水害を抑えられる、なんていう発想は20世紀の遺物になっていくのかもしれない。となると、過去に脱ダム宣言をした田中康夫は、けっこう先見の明があったということなのだろうか . . . 本文を読む
コメント