メイクオフ日記 パート2 

市原市議会議員 小沢みかのプライベート日記です。日々の活動・出会い・想いを、素顔になってつづります。

市原市の市勢概要が新しい!

2020-05-29 | 観光
市原市の市勢概要が新しく出来上りました。

「mix」 A4版25ページです。


市原市は日本の縮図と言われるくらい多様な文化や魅力がミックスされたまち、という事で、タイトルは「mix」。
どこの企業のパンフ?と思うようなオシャレさです。

ゴルフ場数日本一!


日本中からファンが訪れる小湊鉄道。


ご存知、世界の宝「チバニアン」。


イチオシのお土産の数々。


市原市のアピール、市長と若者たちの対談、データで見る市原市など、つい手に取ってパラパラとめくってみたくなるわかりやすい構成です。
ちゃんと英語訳がついているところもgood。

担当職員いわく、意外な注目ポイントは、巻末の市原市の地図だそうです。

南北に広い市原市なので、地図を横に配置して見開きにすることで、グンとダイナミックに!
見慣れていないから、なんだか市原市じゃないみたいだけど・・・これはなかなか面白い!

予算は約360万円で、発行部数は2000部。
主に市外に向けてのプロモーション用なので、市民の皆さんのお手元に・・・という訳にはいかないそうですが、観光や仕事などで宣伝用に使いたい方は、市に問い合わせてみてくださいね。
市原市企画部シティプロモーション推進課 0436-23-9821

「学校の新しい生活様式」とは

2020-05-28 | 教育
6月1日からの学校再開に向けて、今週から慣らしの分散登校が始まりました。
ようやく学校に子どもたちのにぎやかな声が戻りつつあります。
長かったですね・・・もう二度と、子どもたちをこんな目に遭わせたくない。心からそう思います。

今後の学校教育の進め方については不明な点が色々とあったので、市の教育委員会に確認しました。
学校での「新しい生活様式」。一体どうなるのでしょうか。
文科省から、こんな指針が5月22日に出されました。市原市もこれに沿って進められるそうです。
 「学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル

マニュアルでは、地域での感染レベルを3段階に設定しています。現在は最も安全なレベル1です。
レベル1だと教室の机はほぼ1メートル離せばOKで、一クラス40人くらいだとしても、席の間を目いっぱい空ければよいそうです。
「新しい生活様式」では、登校するにあたってはハンカチ・チリ紙(今は死語?)に加えて、マスクとそれを置く(入れる)ためのビニールや布は必携。登校時は検温も必ず行う。マスクは体育などを除き基本的に着用。
ドアノブ、手すり、スイッチなどは、1日1 回以上消毒する。用具の共用は避けるか消毒する。
う~ん。。先生方も大変です。
グループワーク、理科の実験、音楽の合唱やリコーダー演奏、調理実習、体育での接触などなど・・・極力行わないことになるのでしょうか。
休み時間も『会話をする際にも一定程度距離を保つこと、お互いの体が接触するような遊びは行わないよう指導』とありますが、これも「新しい生活様式」として、今後定着させなくてはならないのでしょうか・・・?
いずれにせよ、細かい場面までいちいちマニュアル化されているわけではありませんから、現場では手探りの大変な状況が続くのでしょう。

ただ、マニュアルを読んでホッとする箇所もありました。
今後どこかで感染が起こっても、いきなり市内一斉休校!ではなく、
学校内で感染が広がっている可能性が高いと判断された場合に、学級単位、学年単位又は学校全体を臨時休業とすることが適当』で、
たとえ児童生徒自身が感染しても
感染経路が判明しており、学校外で感染したことが明らかであって、他の児童生徒等に感染を広めているおそれが低い場合』、臨時休業をする必要性は低い、と書かれてあります。
こういう冷静な考え方は、すごく重要だと思います。
同時に、これからは各自治体あるいは学校単位で独自に判断しなければならない、という事になりますね。

気になる学習の遅れですが、教育委員会に確認したところ、それほど案ずる必要はないとのことです。
今年度のカリキュラムをちゃんと終えられるよう計算したうえで、夏休み等の短縮や体育祭等の中止で確保できる授業時間数を割り出しているとのこと。
来年度の高校入試の出題範囲も、どうやら見直されるようですね。
受験生の皆さんには、希望を捨てずにぜひここから頑張ってほしいと思います。

再び休業となった場合に備えて、市原市ではどの子もオンラインで家庭学習ができるよう進めているということも、一つの安心材料です。
家庭でのオンライン学習の整備は、コロナ以外の病気やその他の事情で登校できない子どもたちへの学習ツールとしても期待されているそうです。
これは、コロナの思わぬ副産物ともいえるかもしれませんね。

ヤマアジサイ「藍姫」

「キャリサポ」の例会に参加しました

2020-05-27 | 女性
市役所に行くと、普段は閑散としている議会棟の部屋という部屋が、職員で一杯!
何やら書類をめくりながら、慌ただしく作業している様子。
しばらくして気付きました。例の10万円の給付作業なんですね。
まあ何と大勢の職員を動員して・・・大変な労力です。
国も、こんな地方公務員の姿を知ってか知らずか、ですね。

さて、昨日は市原商工会議所の下部組織「キャリサポ」の例会にお邪魔しました。
これまでもブログで何度もご紹介していますが、
女性起業家を支援し、女性の活躍で地域を活性化することを目的としている団体です。

今年度初の例会は、もちろんオンラインで。


「レッスンは全てオンラインに切り替えました」
「4月は、手作りマスクで50~60万円売りあげました!」
「電車通勤しないからと駅前駐車場の解約が相次ぎ、困りました」
「不動産の購入をあきらめたお客さんも、何人かいますよ」
などなど、リアルなお話が次々と飛び出しました。

その一方で、
これまで忙しくて手抜きだった家事を丁寧にするようになったり、断捨離したリ、家族と向き合えるようになったり。
そんなポジティブなエピソードも聞きながら、当たり前だった日常に感謝しなくちゃ~と、今さらながら思いました。

ちょっとひいき目かもしれないけれど、やっぱり女性は、打たれ強い!変化にも強い!
若い女性たちのそのしなやかなパワーが、どうかこれからも地域でのびのびと発揮できますように・・・。

因みに、市原商工会議所の組織体の中で、オンライン会議を初めて導入したのは、キャリサポだそうです。
・・・やっぱり、そうですよね♪

公共施設の再開や定額給付金について 新たな情報です。

2020-05-26 | お知らせ
緊急事態宣言が解除されて、世の中が少しずつ日常を取り戻すべく動き始めています。
ただ、コロナの前と後とでは違う「日常」になるのでしょうけれども・・・。

市も、休館していた公共施設を段階的に再開すると発表しました。
段階的と言っても、木曜日に始まって月曜日にはほとんどの施設が再開するので、ピッチは速いと思います。
詳しい情報は、市のHPなどで確認してくださいね。市原市 公共施設の利用再開について

そして、その際の基本方針がコチラ。「市原市 イベント等の再開の基本方針
開催にあたっての主催者側の注意点として、イベントの前後や休憩時間などでの交流等を極力控えるよう参加者に呼びかけること、とあるのですが・・・
私なんかは、そのオマケの交流の時間で人とのつながりが新たに生まれて、そこでの対話から得ることの方が、むしろ多いんですけど(苦笑)。
「新しい生活様式」って、これからどうなっていくのでしょうね。

それから、定額給付金についての新しい情報も出ましたよ。
市原市 特別定額給付金について

市の発表によると、郵送による申請の受付が始まって以来、現在までに約6割(81000世帯)が申請を済ませているとのこと。
一方、オンライン申請の方は4100世帯と少なくて、郵送による受付が始まってからは、ますます減少。
そんなこともあって(やはり処理も煩雑で、かえって時間がかかるのでしょう)、オンライン申請の方は、5月31日(日曜日)24:00をもって終了するそうです。

そしてすでに、約2万世帯に振り込み済みだそうです。全世帯の約15%ですね。
一刻も早く手元に・・・と待ちわびている方も多いでしょうから、迅速に作業を進めてほしいですね。

クレマチス「フォンドメモリーズ」。花びらの裏側のパープルが表ににじみ出て、とっても幻想的!
直径15センチぐらいかなあ・・・私の手のひらよりも大きいんですよ♬


新型コロナに関する補正予算について 昨日の続きです

2020-05-22 | 財政
昨日に続いて、5月18日に専決処分された新型コロナに関する市の補正予算、今日は特に疑問点のある事業について。
まず、教育関連です。

オンラインによる家庭学習を行うための接続機器購入2700台 5700万円
市は、ネット環境がない家庭の子どもも休校中にオンライン学習ができるよう250台分は用意しましたが、全児童生徒数のほんの1%に過ぎない数だということを、以前ブログに書きました。
今回の予算によって1割以上をカバーできるようになりますから、これで一応安心ですね。
ただ、今のところコロナも落ち着き6月から学校が再開されることになったので、当面はこんなには必要ないような気がします。第2弾に備えて、という事でしょうか?

児童生徒全員に授業で使用するためのタブレット1台ずつ計2万500台 4年間リース 6300万円
これは、コロナ関連というより、もともとIT教育の推進という文科省の方針で、来年度までに小学生、再来年度までに中学生全員に整備する予定でした。これを前倒しで今年度中に揃えてしまおうというものです。

これらIT機器は、子どもより大人の方が不慣れですから・・・先生方がタブレットをどう使いこなしてどんな学習内容を提供するのか、肝心な部分がまだ見えてきません。

さて、ここからが問題の核心です。

昨日、ブログの冒頭で「専決処分」について説明しました。
専決処分を出されると、議会は手も足も出ません。
本来であれば予算は、市民の血税がどう有効に使われるかを、市民に公開された場で審議を行って決めらなければならない重たいものです。
この審議を全てすっ飛ばして市側が独断で決めてしまえるのが専決処分。
ですからよほどの緊急事態時に限られた、市長の切り札なのです。

そんな観点で、次の事業について考えてみたいと思います。

アフターコロナ公民連携ビジネスプラン事業 1000万円
コロナ後の「新たな生活様式」につながるプロジェクトを提案して実行する事業者に対する補助金

??なんのこっちゃ??です。
市に聞きましたが、事業の中身はまだ何も決まっていないとのこと。その段階でなぜ緊急に1000万円が必要だったのか、さっぱり理解できません。
6月の定例議会はもう目の前ですから、もう少し待って、ちゃんと議案として上程することが、なぜできなかったのでしょうか。
先ほどのIT環境の整備もあらためて検証すれば、専決処分を行うほど緊急性が高いのかどうか、こちらも疑問の残るところです。
少し硬い表現になりますが、地方自治法第179条「特に緊急を要するため議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであると認められる場合」に、これら事業が該当するかどうか、ここがポイントです。

今1000万円あれば、市独自で発熱者外来を設置することができます。
売上が落ち込み途方に暮れている経営者、仕事がなくなり明日の生活にも困っている人々。
今、市が早急に対応しなければならないのは「アフターコロナ」ではなく、現に目の前の医療機関や事業者や市民をどう救うか。
それしかありません。

実は先般、市原市議会の会派代表者会議で、全会派一致で7月分の報酬を30%削減することを決めました。
こんな風に使われるために、私たちは身を削るのではありません。


皆さんの応援が励みになっています


千葉県市原市ランキング