ミカのメイク オフ日記 

市原市議会議員 小沢みかのプライベート日記です。自閉症の長男とのエピソード、出会い、想いなどを素顔になってつづります。

国府小のICT教育

2018-11-13 | 教育
今日は、森山さんと国府小学校の学校公開授業を視察しました。
国府小学校は、市内に2校ある小規模学級特認校(学区内の児童数減少対策として市内全域から児童を募っている学校)のうちの一つです。
この日は在校生の保護者に加えて、来年度入学を考えている保護者も見学に訪れていました。

児童獲得のために国府小学校が打ち出している特色ある教育は「ICTの活用」。
市原市は各小学校にタブレット端末が20台整備されていますが、国府小は児童全員に配られています。
今日は、1年生から6年生まで全てのクラスでタブレットを使った授業が行われていました。





小学校1年生の授業では、プログラミングを行っていてビックリ。
プログラミングを通じて論理的な思考を身に着けるのだそうです。

6年前、国府小は全児童数が55人と、複式学級にせざるを得ない状況にまで減っていました。
小規模学級特認校制度を導入してからは順調に増え、今年度は78名にまで回復。全体の44%が学区外の児童です。
一クラス8人から多くても19人という少人数で、きめ細やかな授業を受けることができるのもポイントです。

先月はもう一つの小規模学級特認校である海上小を訪ねましたが、海上小も国府小も、せっかくの特色ある取り組みが市民にあまり知られていないのがちょっと残念です。
児童数を増やすためにも、もう少し積極的にアピールしてもいいのではないでしょうか?


「ジャンパー事件」から学んだこと

2018-11-12 | 生活困窮
小田原市の「ジャンパー事件」を覚えていますか?

昨年1月、生活保護担当の職員が「保護なめんな」などと不適切な表現をデザインしたジャンパーを着用して、10年にわたって生活保護受給者宅を訪問するなどの業務をしていたという事が明るみになりました。

あれから1年半。
参議院議員会館で開かれた「女性議員パワーアップ集中講座」で、小田原市職員からその後の生活保護行政の改革についてお話を伺いました。
題して
「誰もやりたがらない仕事」を「やりがいのある仕事」に変えた方法は何か?



まず驚いたこと。
説明してくださったのは、生活保護の担当部署である福祉政策課の職員に加え、もう一人は企画政策課の職員だったのです。
当時、市長が「トカゲの尻尾切りで終わらせることは絶対にしない。これは全庁的な問題だから、企画部が動け」と指示を出したのだそうです。

実は、かのジャンパーは、生活保護を打ち切られた男に職員が窓口で切り付けられた事件がきっかけで「一致団結の象徴」として制作されました。日々の業務のあまりの多さに疲労感や閉塞感が蓄積していたこともあって、職員の連帯感を高揚させる意味もあったようです。
当時、庁内では、誰もそのことを気にしていませんでした。
市長は、そんな組織全体の在り方に問題があったことが根本的な原因と考え、1年間で改善するよう明確に方針を打ち出しました。
外部有識者を加えた「生活保護行政の在り方検討会」の立ち上げ、シンポジウムの開催、徹底した情報開示。もちろん、生活保護担当職員の増員をはじめ業務の大幅な見直しも断行しました。市長が直に担当職員と話し合う機会も積極的に設けられているそうです。

全国から集まった女性議員たちからは、次々と質問の手が上がりました。


「まるで予算委員会で追求されて答弁しているみたいです・・・」と苦笑しながら答えるお二人(笑)。


この事件はマスコミでも大きく報道されたことから、小田原市には全国から非難の声が集中しましたが、一方では「よくやった」と職員の行為を支持する声も相当数あったのだそうです。
一般的に、生活保護制度は不正受給のイメージが根強くあって、援助を必要とする人へのまなざしが弱くなりがちであることは否めません。
これは決して小田原市だけの問題ではないし、組織の在り方についても生活保護行政に限ったことではないと感じました。

津波避難訓練へ

2018-11-11 | 防災
市内初津波避難訓練白金小学校区で行われました。

学校に続々と集合する地域住民。


丁目ごとに3階の教室に避難します。


その後体育館に移動し、防災化学技術研究所による講演や地震観測装置の見学をしました。

ここ白金小学校区は、市内でも先進的に学校と地域が一体になった防災訓練を行っている地域です。この日も児童や保護者、地域住民など多くの参加者で体育館は満杯!






外国人の住民が比較的多い地区ということもあり、通訳者が待機し、英語とタガログ語のリーフレットや資料も用意されていました。

市の津波浸水予測では、東京湾口で約10mの津波があった場合、防潮水門の閉鎖が間に合わなければ、この区域の一部で浸水があるとされています。ビジネスホテルなどの避難ビルも3カ所指定されています。
津波ハザードマップ(白金町付近)

普段から、通学路など自分がよく通る道に危険がないか確認しておくこと。
いざというときの連絡方法や集合場所を家族と話し合っておくこと。
基本的なことですが、今回の訓練で自助や共助の意識を再確認することができました。
近所に住む大人や子ども同士が顔を合わせる良い機会にもなったと思います。

とりあえず現場確認。

2018-11-10 | 環境
市原市大桶の市道(うぐいすライン)で6日に発生した、埋め立て中の再生土崩落事故の現場を森山さんと視察。市の職員や埋め立て業者から説明を受けました。

まず現場のてっぺんから下を覗く・・・


重機が見えるあたりが道路です。
仮置きした約2万立米の土砂が滑り落ち、電柱もなぎ倒して道路の向こう側まで5メーターの深さまで埋まりました。
夜を徹した作業で、今は道路が見えています。


今度はその道路に降りてみました。


倒れた電柱が土砂崩れの威力を物語っています。




すぐ隣には別の埋め立て現場がありますが、こちらは無事でした。


現在現場付近のうぐいすラインは通行止めになっていますが、解除のめどはたっていません。
犠牲者が一人も出なかったのが不幸中の幸いです。

社会を変えるソーラーシェアリング

2018-11-08 | エネルギー
農業しながら発電事業も。
市原市は、知る人ぞ知るソーラーシェアリング発祥の地です。

今回、千葉市議の渡辺さんと岩崎さんの視察に便乗して「ソーラーシェアリング上総鶴舞」を訪ねました。

ソーラーシェアリングの先駆者、オーナーの高澤真さんと。




考案者の長島彬さん(CHO技術研究所代表)の実証実験場も、高澤さんと一緒に5年ぶりに訪ねました。ここから車で10分ほど。
(因みに、5年前のブログは、こちらです⇒「ソーラーシェアリング発祥の地へ」)

熱心に説明してくださった長島さん。あの頃よりますますパワーアップ?!
嬉しいことに、私のことをちゃんと覚えてくださっていました(^^)。

「かつては、農家が農作物と一緒にまきや炭を作ってエネルギーを供給していたでしょ。これも同じことですよ」
「世界中の耕地の18%をソーラーシェアリングにすれば、全消費エネルギーを賄えます。わざわざメガソーラーを作る必要もありません」



長島さんが市原の地で実証実験を始めたのは、東日本大震災の直前でした。
それを見学した高澤さんが、ご実家の農地でこの技術を導入することを決意。試行錯誤を経て、今では海外からの視察を受けれるまでになりました。
現在、全国各地で1000カ所にまで広がりを見せています。

お二人の熱い想いに触れ、改めてサスティナブルな社会について考えを深めることができました。
ひょっとしたら、市原から始まった技術が世界のスタンダードになる日が本当に来るかもしれませんね(^^)/