あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

初収穫

2018-09-18 01:00:22 | 野菜・果物・料理など
 待望のアケビが熟しました。



 ぱっくりと2枚貝のように開いた皮。これが熟した印。

 2個ありました。



 わたしはきれいな紫色を期待していたのですが、どうみても薄汚れた緑。
 わずかに紫っぽいところはありますが。


 以上、9月11日。
 そして4日後



 青い時は見逃していた実がはじけて目立つようになって、思わぬ所にぶら下がっていました。しかも



 コンテナを踏み台にするために置こうとしたとき、2個も落ちているのを見つけました。これぞ完熟。 さらに



 これは落ちてから日がたっていますね。ダンゴムシのごちそうになっていました。
 まだまだほかにも



 小さいですがわかりますか。アケビの花びら。なんで今頃? 咲く時期をまちがえたのでしょうか。

 ところで、収穫したアケビの中で1番きれいだったのが



 何一つ欠けず4個つらなっていました。この1番小さい実と同じくらいの大きさでまだ割れてなかった実。他のと一緒にちぎってしまったのですが、せっかくなので中を見てみましょう。



 ふう~ん、なるほどね。種が数粒大きくなりかけていました。これがしっかり大きくなったら割れるのでしょうね。

 ちょうどうちに来ていたぶじおくんに味見をしてもらいました。ぶじおくんはめんどうだからと種ごとの見込んだらしいです。
 「苦かった」と言っていました。 

 「皮を捨てないでね。」
 「え?どうするんですか?」

 うん、ちょっとね。作る時間がないかもしれないけど、是非試してみたいことがあるの。というわけで、皮は大事に冷蔵庫にしまいました。


コメント (2)

鯛のアクアパッツァ

2018-08-13 20:23:49 | 野菜・果物・料理など
 美容院で聞いたところ、ホットプレートで鯛のアクアパッツァが簡単にできるんですって。わたし、ぴーんとひらめいたことが
 ケイタの1歳の誕生日にそれを作っていったら豪華なごちそうになるんじゃない?
 いつもお祝い事には鯛の塩焼きを作っていたのですが、グリルの大きさ以上の鯛は焼けません。でもホットプレートならもっと大きな鯛が使える。

 40センチくらいの大きな鯛が1500円ででていました。安い。店のお兄さんに、「しっぽ大事にしてよ。壊さないでよ。」とお願いして、大事に買って帰りました。だってお兄さんたら、袋に入らん。」と言ってしっぽを押し込もうとしたんですよ。それから乾燥トマト、オリーブの実、ケイパなど、普段我が家では使わない(省略する)食材も買って、さあ作ろうと思ったのですが・・・・

 身が厚すぎてふたができなかった・・・・蒸し焼き料理なのに。
 なのでせっかく丸ごと買ってきた鯛を4つに切り分けまして、一番大きなフライパンに詰め込んで、それを元通りに並べて皿に盛るという面倒なことになってしまいました。



 「大事にして。」と念をおしたしっぽがこわれちゃった。でも、ピントはねてるようにごまかしてます。頭だけは何も散らさない方がよかった、大皿もしまい込んでいるもう一回り大きい方がよかった、火が通り過ぎてブロッコリーの色がかわっちゃったetc.・・・写真を見て見栄えの悪さを反省。だけど味はほんとうにおいしかったです。特に残ったスープが絶品。これで魚介のパスタができるな、と娘に勧めたのですが、パスタを茹でる気力がなくて(誕生祝いのごちそう作りやら何やらで疲れたらしい)ご飯を放り込んでピラフもどきにしたらしいです。もちろんおいしかったそうです。

 話は逸れますが

 疲れるほど張り切って作ったケイタ用のケーキ。ボーロや乳児用のジュレなど離乳食素材で作ってあります。もちろん大人は本物のケーキ。


 これがずいぶんとおいしかったらしく手づかみでぱくぱく。あまりに食べるのでおなかを壊すのではないかと心配した大人たちがこっそりと隠したほどです。だって、その前に離乳食もたっぷり食べてたんですよ。 

 オリーブオイルでにんにくを炒め、魚の両面を軽く焼いてあさりや野菜を入れ,白ワインを注いでてふたをするーこの簡単さに味を占めてカレイで作ってみました。


 う~ん、カレイがねえ・・・
 冷凍ではなかったのですが、遠くの太平洋産で大きなカレイだったらしく、大味だったかな? 瀬戸内の細やかな味の鯛には及びませんでした。 

 そこでリベンジ。

 二人なので小鯛を2枚に下ろしたものを使いました。野菜はわたし流にアレンジしています。
 


 うん、この味。おいしい。
 残ったスープに唐辛子とむきえび、なすを足してパスタを。シンプルな料理だけに素材の良さが決め手のようですね。


 
  

 ※わたしはきっちりとしたレシピを見るのも書くのも苦手。調味料の分量などはすべて自己流です。詳しく知りたい方はクックパッドなどで調べてくださいませ。不親切でごめんなさい。
コメント (2)

干からびる

2018-07-29 00:33:12 | 野菜・果物・料理など
 ミョウガを使いたくて採りにいきました。
 あらあら


 葉先が枯れかけています。ここはあまり水やりしてないからねえ。このあいだ初物を採ったので、そろそろいっぱいでてるかな?



 白いのがミョウガの花です。なんとなく貧相な感じがするけど・・・・

 採ってみると


 全体がしなびていました。ほんらいもっとまるまるとみずみずしいのが採れるはずなんですけど。何しろ、豪雨災害のあった日から二粒か三粒しか雨が降ってないのです。何もかもがひからびています。

 夏野菜



 かぼちゃは10センチほどしかないのに蔓が枯れてしまいました。 種を見ると熟してはいるようですが味はイマイチでした。そしてなすも小さくて、皮がしわしわに。茎になったまましなびています。
 ピーマンもこのとおりしわしわ




 これらの野菜は灌水の設備のない畑に植えています。

 それから畑のブルーベリー


 なんと木になったままで干しブルーベリーに


 もともとが酸っぱい品種らしくあまり食べたことがなかったので、それはいいのですが、ここは2日前にスプリンクラーを回したところ。それでもひからびるなんて。

 もうひとつのブルーベリーは元気です。

 

 こちらの方がほんのちょっと水がよく当たるんですね。

 そして今日(あ、もう昨日か)の夕方は



 今日の大雨を予言しているかのような夕焼け

 予報では、瀬戸内海を逆走していくようです。瀬戸内海を通る台風は今までも全くなかったわけではありませんが、きわめて珍しく被害が大きいと記憶しています。雨はほしい、だけど、被災地に追い打ちをかけるようになっては・・・ どうぞ大きな被害がでませんように。
コメント (11)

いわし28匹

2018-07-26 22:36:58 | 野菜・果物・料理など
一籠400円の小イワシ



 頭を取ってはらわたをだしました。数えてみたら28匹!
 これで3種類の料理を
 鰯の梅煮はこの間作ったから今度は生姜煮。

 
鰯に対してショウガがちょっと少なめだけど

 鰯の梅しそ巻き



 今、庭には青じそがきれいに生えています。もうすこしたつと葉っぱをバッタに食べられてしまうので、使うのなら今のうち。 

オイルサーディン



 これもうちにある月桂樹の葉っぱをちぎってきました。生葉だけどいいかな? ビールがほしいですね。

 全部で3食分のごちそうができました。 一食130円、一人分65円
 
 切り落とした頭は味付けをせず水煮にして、ポチのごちそう。いつもドッグフードばかりでお肉なんかもらったことのないポチは、魚が一番のごちそう。塩抜きした煮魚の骨も大好物です。ネコみたいでしょ?
 ポチの分10円
 超家計に優しい鰯でした。
コメント (4)

桃の収穫

2018-07-19 15:26:02 | 野菜・果物・料理など
2週間ほど前に袋をかけた、我が家の桃。早くも収穫できそうです。いや、すでに遅いかも。 
 袋を開けてみないでもわかる。これ、腐ってますね



ほらね。


 こんなのがいっぱいあります。
 この枝は多分全滅。



 防除が大切とルイコさんが言われたこと、改めて納得です。袋をかけて防げるのはカナブンくらいのもので、その被害はわずか。ほとんどが袋の中で腐っています。カビかな?病気かな?そういえばカナブンの姿ほとんど見ません。

 袋いっぱいに大きくなって、触ってわずかに柔らかく感じる(微妙な感覚です。リンゴや梨の固さではなく表面に一枚の布をかぶせたくらいの感触)のをとってみます。

 大きさは


 店で見かける立派なものの三分の二くらいかな? 色はかわいい。

 ちょっと傷あり。このくらいなら、傷の所を取り除いて食べてしまいます。


 かなりの被害



 まだ固い。でも甘い。コンポートにでもしようかなと思ったけど、リンゴのようにかりかりとかじってしまいました。



 これがかんぺき



 100個以上の袋をかけましたが、完全な姿で収穫できたのは1割くらいでしょうか。去年は全滅したことを思えば、まだましです。
 知り合いに桃を作って産直市に出荷している人がいまして、ちょうど選別のときに通りがかったら傷の桃をたくさんくれました。セミプロが作ってもロスが大きい果物のように思いました。果物栽培って本当に大変。
 
 桃ってとってから日がたつとおいしくなくなるんですね。何日もお店に並んだ桃は、どんなに見かけが立派でも甘みが足りないです。(桃好きが買い続けた経験から)だから新鮮な桃が我が家で食べられるって幸せ。来年こそは時期を外さないようにお世話しようと、今は(今だけは?)決意を新たにしています。

コメント (6)

梅の活用

2018-07-11 10:04:05 | 野菜・果物・料理など
 我が家の梅干しの話です。
 が、その前に
 
 大雨災害のその後

 愛媛県で亡くなった方は26人にもなってしまいました。広島に次ぐ多さです。しかし、岡山の浸水の広さ、広島の犠牲者の多さに隠れて愛媛の被害は埋もれがち・・・・? あの日地元放送局から流れる映像は、あの関東東北大震災の大津波の映と同じ。車も家も道も流れて・・・・過疎の山間部では高齢者が多く発信の手段を持たない人も多いですが、代わってネット上で状況を伝え広げている方もいます。みーばあさんもブログで被災者の声をアップしてくださっています。ありがとうございます。
 そして支援の輪も広がっているようです。
 西条市の「防災カフェ 結」のオーナーさんが野村町へ物資を届けるということを聞いて、急なことで何も用意できなかったのですが、我が家の備蓄品をわずかばかり届けてもらいました。
このオーナーさん、元自衛官、災害派遣の経験もおありだそうで心強いです。 持って行ったぶじこの話によると、2トントラックいっぱいの物資が集まっていたそうです。お隣の香川県からも。 
 
 報道によると、本格的な復興作業が始まっているようです。これからはたくさんの人手が必要になるのでは、と思います。 十数年前西条市で土砂災害があったとき、小さい規模の災害でしたが、一般企業の人も公務員も教員も片付けのお手伝いに行ったことがありました。土砂を取り除く作業はとても大変だったそうです(わたし、そのときは手の怪我でお手伝いに行けず)今度の被害は30度を超える夏日の中、過酷な復旧作業になりそうです。皆さん体調を崩されませんように。

 

 さて、本題です。
 

 ゴトッ ボタッ 
 真夜中にときおり屋根の上から響く怪しい音
 正体を知らなければ怖くて眠れなかったでしょう。



 梅の実です。今年は身をかがめて落ちたのを拾うのも不自由な体だし、梅干しは3年くらい前のがまだ残ってるし、もう落ちたままにしておこうと思ったのですが、ついついもったいなくて・・・
毎日拾っていたら最盛期にはこんなにもあって



 拾った片っ端から冷凍していました。「とりあえず冷凍」で大きな冷凍庫が満杯。何とかしなければもう他のものが入りません。もう梅干しは要らない、何にしようかと考えていたときブログ友のルイコさんが梅ジュースを作っておられたので「それだ!」と飛びつきました。
 しかし、広口の瓶が2瓶も梅干しに占領されています。まずそれを整理しなければ



 小さい瓶に入れ替えました。

 左・・・多分3年くらい前のもの
 右・・・去年のもの

 空いた4リットルの広口瓶に梅、氷砂糖を交互に入れていき最後にリンゴ酢を100CCほど注いで終わり。1週間ほど瓶を揺さぶって氷砂糖を溶かします。

 ちょうどその頃テレビでタイミング良く「梅の活用」という番組がありました。それを見て作ったのがこれ


 
 梅干しで作る万能だれ

 梅干しをつぶし、鰹節少々、砂糖少々、香りづけにしょうゆ少々、そしてサラダオイルと混ぜるだけ。とっても簡単。分量は忘れましたが、味見をしながら自分の好みの味でいいかな? 
 さっぱりとして野菜を和えたり、焼き魚につけたり、ご飯にのせたりしていつの間にかなくなってしまいました。

 この万能だれと生クリームを混ぜ合わせるとパスタソースに


 トラオとウマオにも食べさせたのですが、おいしいと好評でした。

 ただ、梅干しって料理に使っても、ほんのわずかでいいのでなかなか消費できません。

 ちかごろちょくちょく作っている鰯の梅煮・・・5匹ほどの鰯に対し、たった2個。



 梅じゃこご飯・・・・3合の米に梅干し1個
 
 ね? 梅干しはいつまでも残っています。

 冷凍庫にはまだ、梅ジャムにするつもりの梅が一袋。これは2,3回ゆでこぼして相当酸味を抜いてしまいます。その分梅の風味は薄くなるけど、そうしないといくら砂糖を入れても酸っぱくて酸っぱくて・・・
できた梅ジャムはパンにつけると言うよりも、醤油に混ぜて肉を漬け込んだり、味噌と混ぜて簡単梅味噌にしたり、こちらの方が使い道が多いでしょうか。

 ジュースができあがりました。


 残った梅


 ジャムのように煮てみましたが、ゆでこぼしてないのでかなり酸味が強いです。さあ、これをどうしよう?

 
コメント (5)

桃の袋掛け

2018-06-27 22:33:59 | 野菜・果物・料理など
 ようやくモモの袋かけを終わり始めました。
 もう、ほんのり色づいちゃってる



 実も大きいし



 と思ったら、下の方にぽちっと傷が。もう虫が入ったかな?  赤く色づいたのも虫のせいなんですよね。子どもの頃「虫熟れ」と言っておりました。母に「たべたらいかん」と言われていましたので食べたことないですが、最近ではもう怖いもの無しです。でも、虫熟れはやはりおいしくないので食べません。

 タイミングが遅いのはわかってましたが、こんなの見たら腹が立つ・・・




 この間の摘果でずいぶん落としたと思っていましたが、まだまだいっぱい。再度摘果もしながらの袋かけです。
 モモの袋100枚入りを一つ買ってきました。もっと少ないのはないんですかと聞いたら、これが最小単位です・・・と
 
 袋かけは自己流です。

 まず、桃の周りの邪魔な葉っぱをのけて


 袋は入れる口側がUの字に切ってあって、針金が通っています。Uの字の底の部分を、桃と枝の間にへたの所まで差し入れて



 反対側も同じようにして


 すっかり桃がくるめたらUの字の上の方を枝の上でくるくるとねじります。


 こんなのでいいのかな? あれ、外れてる。
 なかなか効率の悪い作業でした。アルバイトだったら時給ほどのお仕事できてませんね。
 途中でいやになってコーヒーブレイク。やっとこさ100枚の袋がなくなりました。



 だいぶまばらになったでしょ? でも、桃はまだまだたくさん。あと100枚はほしいかな? それ以上はわたしがギブアップか。脚立に登っても腰に負担のかかる姿勢はとれませんので結局やめてしまうことになりそうです。

 とってもおいしい桃なのですが、こんなに本格的に作ったのは初めてです。100個でいいからまともな桃を取りたいものです。実はわたし、果物の中で桃が一番好き。
コメント (8)

にんじんの花

2018-06-26 23:55:08 | 野菜・果物・料理など
野菜畑に繊細な白い花が咲いています。






 たくさんの白い小さな花が丸く集まって。レースフラワーによく似ていますが、その葉っぱを見ると



 にんじんです。

 そのにんじんの花が緑っぽくなってきました。



 何かすごくおもしろい形



 大きくしてみるとわかるかな?


 緑の花火か、はたまた虫か。

 にんじんの花、けっこうあちこちで見かけます。食べきれずに残ってしまったのか、種を取るために残しているのか。ある畑にはこの間まで大根の花が咲いていましたが、ちゃんと種を収穫していましたから、農家では種を残して次に蒔くというのはあたりまえなのかもしれません。
 そういえば、亡き姑はにんじんだけは作るのが苦手で、「どうしてもうまくいかん」と言っていました。だから我が家の畑でにんじんの花を見たことはないです。

 ちなみに、よく似た花に「毒にんじん」「毒ぜり」があって、有毒です。ところが「山にんじん」というのもあってこれは食べられるそうだから、ややこしい。野生のものには手出ししない方がいいようですね。

 
コメント (3)

おばけ野菜

2018-06-23 21:03:49 | 野菜・果物・料理など


 我が家で採れた野菜。右上から、ナス、ピーマン。一番下は、スーパーのピーマン。サイズ比較のために。左の細いのはシシトウ。おわかりでしょうか、なにもかもとてつもなくでかいのがとれました。
どれも標準サイズの2〜3倍はありますね。

 左上、今最盛期のアムスメロン。これは買ってきたもの。標題とは関係ないけど、地元特産品の宣伝のため。おいしくて比較的安価なのですごい人気があります。どうぞ町で見かけたら買ってください。直販所でも予約しないと買えません。

 これらの野菜は草の中でひそかに成長していたらしいです。とにかく植えるけれど後の世話や収穫は全くしないのが夫です。義母が存命の時はその後始末を引き受けていましたが、今はわたしが収穫だけはしています。当然野菜は草の中。しかし今はコルセットで胴体をかためた身、畑の中を見る気にもならず、しかたなく夫が草退治に行って見つけてきました。

 それから

 右は1.2キロの標準サイズ。左は4.5キロ。
 
 今年の梅雨は、かっと晴れた後ざざっと雨が降って、また晴れてー 日照と雨とのバランスが野菜の生育にはちょうどよいのかもしれません。

 だけど、どの野菜も固そうで・・・・ピーマンなんかどうやって食べましょうか。なっていることを知らずに買ってきた小さいピーマンは肉詰めにして食べました。お化けピーマンは、肉厚で広いところは幅が1センチもありました。なのでできるだけ薄くスライスして、28センチ、一番大きいフライパンに広げたらいっぱいになりました。たった1個なのに。



 これを炒めて、味噌をみりんで伸ばしてピーマンに混ぜます。味付け前に食べてみたら、

 あら!おいしい。薄く切ったため固さは気にならず、ピーマンとは思えぬ甘さがありました。

 味噌炒めにすると分量は半分になりましたが


 これで夫婦二人で食べるには十分。シンプルな味付けだけどおいしいですよ。
コメント (4)

実がなってる!?

2018-06-20 22:11:56 | 野菜・果物・料理など
 え? ええ?実がなってる! 道路沿いの畑の木



 大きな木です。
 春には



 ピンクの花がこんなにきれいに咲きます。足元にはハナニラが群れ咲いて、のどかな春の景色が一面に広がります。毎年花の美しさに惹かれて、飽きもせず写真を撮っていました。梅ではない、多分花桃だろうと・・・


 実がなっているのを見たことはないです。でも今年、確かに実がなったのです。それもびっしりと





 思い切って畑の中に入ってみました。するとー



 いっぱい落ちてる。

 先日摘果した桃くらいの大きさでした。が、落ちているところを見るとこれ以上は大きくならないのでしょう。



 そして、十分熟しても色はオレンジ。それ以上は赤くならないようです。なんだかおいしそう。ついついいつものくせで落ちているのを一つ拾ってかじってみました。

 うっ すっぱい
 この実はいったい?

 2,3日して通りかかったときには、人がいて、脚立に登っていました。ああ、いつも収穫していたのか、それで実を見なかったんだね。と、納得はしましたが、よっぽど車を停めて
「何の実ですか?」って聞こうかと思ったほどです。
 
 推測ですが、この実はアンズではないでしょうか。だとしたら用途はジャムかお酒か。

 あれから1週間ぐらいたちますが、まだたくさん木に残っています。一つ残らず収穫するのかと思ったらそうではなかったみたい。たしかに、この実全部をジャムにしたらえらいことになりそう。

 それにしても、何十年もこの木を見てきて初めて実がなっているのに気づくとは・・・
コメント (6)