あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

山陰に咲く花 その後

2018-09-22 09:40:22 | 植物
 きのこ探検からそろそろ本道に帰らなければ。
 しかし、

 道に迷いました。

 柿畑の中って、広いし、持ち主が軽トラで作業しに行くために縦横に道が通っているし、碁盤の目のように区画整理されてるわけではないし、田んぼと違って木々や雑草で見通し聞かないし・・・いいわけはいくらでもできますが・・・・
 ただ道がある限りいつかは大きい道に出るだろうと当てずっぽうで走っていたら




 こんな景色ですよ。まるで原生林。放置されたままどれだけ年月を経てるんだろう。さすがにこりゃいかんと引き返すことにしました。ゆっくりと車を回しているとき目についたもの



 何?もしかして桜三里のレストパークで見た花の実?

 そこで、休憩がてらふたたびレストパークへ。同じ実を期待して。ところが、

 きれいさっぱり刈り取られてなにもありません。(写真撮り忘れた)そしてびっくりしたのは、



 手前の方、わかりますか? 山と歩道との境にさつきの生け垣があったのです。草に覆われて気がつかなかったなあ。
 もちろんヤマノイモの姿はありません。ミズヒキソウは?



 ありました。山に咲くのはやはりうちのより鮮やかできれい。
 ウバユリは?



 一株だけ残って実ができていました。

 サルトリイバラ



 手を伸ばすと届くようになっていました。この写真を見せると、弟の顔がきらん
「この葉っぱをとって帰って、だまって置いといたら、必ずかしわもちになっとったのう。」うちの方ではサルトリイバラの葉で包んだお餅をかしわもちと言います。母が大好きで、葉っぱを見つけるととらずにはいれれませんでした。だから黙って置いておいてもいつの間にかかしわもちに変身していたのです。
わたしもとりたいのはやまやまでしたが、さすがに何台も車が停まっているこの場所では採れませんでした。それにこの葉の並び! 一枚でも採ってしまったら調和が崩れるでしょう?

 生け垣の向こうには様々な植物が生えていました。

 エゴ


 実がついています。花が咲いたのを見たことなかったなあ。

 冬イチゴ


 これも実がついていますね。手前のシダの姿も美しい。

 白いハギかなと思ったのですけど、どうも花が違うようです。


 昔の人が野山の植物を模様のモチーフにした気持ち、わかります。雑然と見えても一つ一つは味わい深い、おもしろい物が多いのですもの。

 あれ?あんなところに彼岸花


 生け垣の向こうはけっこう急な斜面で森になっているんですが、なぜあんな所に彼岸花があるのでしょうか。あまり種では繁殖しないと聞いています。鳥が食べてここまで持ち込んだ?とも考えにくい。人が球根を持ってきた?

 この森の木は植林された杉や檜ではなさそう。自然のままのように見えるのに、実はあじさいや椿の木、南天などがあって、ちょっと不思議なエリア。あ、車で一分ほど行ったところにフジバカマらしき群生も。
 いつか、時間をかけて歩いて探検してみたいです。

 
コメント (2)

巨大キノコを追っかけて

2018-09-20 09:04:51 | 植物
 きゃ~ おおきい
 大きなきのこを見つけるとつい近寄ってみずにはいられないわたしです。

 みかんの木の元でみつけたこれは



 なんと直径二六センチ以上


 うちの最大のフライパンより少し大きい。
 見つけた次の日測りました。すでに色が黒ずんでいます。そういえばこのきのこ、大きくなってから目立つので生え始めがどうなのか見たことないです。で、その辺を見てみましたら、

 ありました。



 あの大きなきのこ同じものとは思えないかわいい姿。これが1日たつと



 こんなふうになるんですよ。このくらいの開き方で終わってしまうきのこもありますが、これはさらに

 

 開いておもしろい模様になって、お互いに思いっきり開こうとするものだから







 お餅を買って持ち帰る途中うっかりトレーを横にしちゃったー状態になっています。多分菌の広がり具合によるんだろうけど



 ネックレスみたいに広がっているのも。おもしろくて見飽きません。

最後には



 土と同化してしまうんですね。

  ちなみに横から見ると


 かさのひだはふつう。細く長めの脚に超短いスカートをはいています。これも他のきのこでもよく見かける姿だけど、名前がわかりません。忘れてた、去年調べてました。「オオシロカサタケ オオシロカラカサタケ」わたしののうみそが「多分毒だから食べちゃだめ」って言ってます。
 ああ、これがしいたけだったら、いや松茸だったら・・・・大もうけですなあ。

 写真を撮らせてもらうときここの畑の持ち主さんとお話ししたら、
「豚の堆肥がすきなんじゃろか。」と言っていました。そうかな? 去年わたしが見たのは朽ちた藁のうえだったような。
 そこで去年見かけた場所へ行ってみました。が、そこには新しい藁が敷き詰められ、遠くにぽつんとひとつ、まだ生えたばかりの小さなきのこがあるだけでした。

 コスモスの写真を探して古い写真を見ていると、こんなきのこの画像がほかにもでてきました。なあんだ、わたし昔からきのこの追っかけをしてたんだ~。多分ブログ初登場は去年ですが。

 別の場所でこんなきのこも



 わかりますか?右端のなかごろ。こんなに遠くでも目立つ巨大きのこ。
 これも去年ブログにアップしたオニフスベ


 

 わたしの手、けっこう大きいんですよ。指を広げた長さ17センチです。そして驚いたことに



 きのこに穴が空いててそこに虫の糞が! へえきのこにも虫がつくんだ~

 のんびりした秋のひととき・・・・のようですが、実は時間がない。どうしても松山へ行かなくてはならないその途中なのでした。



コメント (6)

初収穫

2018-09-18 01:00:22 | 野菜・果物・料理など
 待望のアケビが熟しました。



 ぱっくりと2枚貝のように開いた皮。これが熟した印。

 2個ありました。



 わたしはきれいな紫色を期待していたのですが、どうみても薄汚れた緑。
 わずかに紫っぽいところはありますが。


 以上、9月11日。
 そして4日後



 青い時は見逃していた実がはじけて目立つようになって、思わぬ所にぶら下がっていました。しかも



 コンテナを踏み台にするために置こうとしたとき、2個も落ちているのを見つけました。これぞ完熟。 さらに



 これは落ちてから日がたっていますね。ダンゴムシのごちそうになっていました。
 まだまだほかにも



 小さいですがわかりますか。アケビの花びら。なんで今頃? 咲く時期をまちがえたのでしょうか。

 ところで、収穫したアケビの中で1番きれいだったのが



 何一つ欠けず4個つらなっていました。この1番小さい実と同じくらいの大きさでまだ割れてなかった実。他のと一緒にちぎってしまったのですが、せっかくなので中を見てみましょう。



 ふう~ん、なるほどね。種が数粒大きくなりかけていました。これがしっかり大きくなったら割れるのでしょうね。

 ちょうどうちに来ていたぶじおくんに味見をしてもらいました。ぶじおくんはめんどうだからと種ごとの見込んだらしいです。
 「苦かった」と言っていました。 

 「皮を捨てないでね。」
 「え?どうするんですか?」

 うん、ちょっとね。作る時間がないかもしれないけど、是非試してみたいことがあるの。というわけで、皮は大事に冷蔵庫にしまいました。


コメント (2)

咲き始めた彼岸花

2018-09-17 02:46:59 | 植物
 今年初の目撃は9月13日。ちょっと早いんじゃない? 昨日なんかまだ夏の暑さでしたけど。先週の雨でちょっと気温が下がったからかなあ。

 これは9月14日に近所に咲いていたもの。


 咲き始めは何でもですがみずみずしいですね。




 そして2日後にはあちこちで咲いていました。そこではっと気がついた!

 うちの白い彼岸花は?

 毎日そばを通って生ゴミを捨てに行くんだけど、2,3本のオシロイバナに覆われて一向に見たことがありません。まずい、オシロイバナをどうにかしなくちゃ。

 そこでとりあえず彼岸花を植えたあたりだけでも茎を取り除こうとしたら



 もう咲いていました!

 あぶないあぶない、オシロイバナに引っかけて花をちぎってしまうところでした。花びらを1枚落としてしまいました。

 

 咲いていたのは2本だけです。2,3年前買ったのと頂いたのとで5個の球根を植えたのですが、これは多分頂いた方。買った方はどうしたのかなあ。オシロイバナを取り除いても影も形もありません。
 残念、消滅しちゃったか。
コメント (4)

あらら、どうしよう

2018-09-14 16:06:50 | 植物
 気づいたのは、スマホでコメントをチェックしていたとき。は? ハスノハカズラについてのコメント? 
 あわてて自分のブログを見てみると、6年前の記事が昨日のこととしてアップされているではありませんか。いやいや、これはおかしい。確かにその記事の一部をいじって再投稿したのではありますが・・・

 
 で、どこをいじったというかというと

 ハスノハヅル→ハスノハカズラと訂正しました。

 ことしもこの実が色づき始めましたので。



 緋赤のサンゴを連ねたような



 小さなブドウをくっつけたような


 とてもかわいい実なんです。ハスノハヅルと記憶していましたが、投稿の前にもう一度名前を確認しようと検索したら、出てくるのは6年前の私の記事ひとつだけ。画像もわたしのものだけ。これはどうしたことか、この名前でないのならわたしはどこからこの名前を引っ張り出してきたのか?もう疑問だらけで、数日間暇を見つけてはあれこれ探していたのですが、やっと見つかりました。なんのことはない、

 ハスノハカズラ

 ツルもカズラも漢字で書けば同じなのにぃ・・・・

 6年間も間違った検索ワードが載っていたのですよ。しかもあた子という名前まで。おはずかしい~

 それであわてて古い記事を訂正しました。ああ、そのときうっかり「現在日時をセット」の欄をポチっとしてしまったのですね。なので上書き保存ではなく新規投稿になっちゃった。コメントくださったみーばあさん、ごめんなさい。

 この後始末どうしようかと思いましたが、この訂正記事とともに残すことにしました。季節がもう少し後のことなのでほかの実はまだまだ色づいてはいませんが、秋の話題としては違和感ないと思いますので。

 全体的にはまだ青い実が多いです。


 そして、この蔓草の下にはお茶の木



 もう何年も前から活用してないようです。ハスノハカズラに空を乗っ取られようとしています。


コメント (6)