あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

お腹空いてる?2

2011-01-30 00:52:16 | 生き物

 唐辛子など食べなくても畑にはおいしい野菜がいっぱいあるだろうに、それはつつかないのね、と思うのは甘かった。


 水田地帯にある畑の野菜はどこも無事なようですが、果樹園地帯にある野菜畑は・・・・

 遠くから見ても、カリフラワーの葉っぱがどこかおかしい、そう思って近寄ってみたら



 カリフラワーだけではありません。 別の畑ではブロッコリーの葉がぼろぼろのレース状態でした。
そういえば何処かで鳥脅しの爆弾のような大きな音がするのですが、あれは野菜を守るためだったんですね。 柿もないのにどうして鳴らすのかと不思議に思っていました。
 
 そして、ついにわたしは見てしまったのです。



 この鳥は? ヒヨですか?


 今まさに大口を開けて食べようとしているところ。



  でも、カリフラワーやブロッコリーは葉っぱを食べるわけではないのでまだいいのです。 とはいってもこれだけ葉っぱがなくなったら生育が悪くなることでしょう。 
 問題は・・・・・・



 く~~~ 白菜のおいしいとこだけ食べてる~

 どうも鳥にも好き嫌いがあるらしく、どこの畑でも大根の葉はつついてないようなのです。 ハバネロまで食べるくせに、なぜ?

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

お腹空いてる?

2011-01-28 21:02:43 | 生き物

 今年はとりわけ鳥の鳴き声がよく聞こえるような気がします。 
 かなり長い間畑に残っていた夏野菜もあらかた鳥が拾ったようです。 そしてこんな食べ残しが。



 これ、 ハバネロですよ!  あのとっても辛いからし。 こんなものまでつつくとは、よほどお腹が空いているのでしょうか。


 「干してあるとうがらしなんかめちゃくちゃ食べられてますよ。」
 ぶじおくんが、もう処置なしといった顔で言いました。


 鳥たちがつついて落としてしまった唐辛子。


 


  大量に落ちているフンにまじった唐辛子の種が動かぬ証拠。



 鳥には「辛い」と言う言葉がないのでしょうか。


 びっしりとなっていたピラカンサの実も



 上から順々になくなっていき、すっかりなくなりました。



 鳥たちは徐々に、徐々にと人間の住む家に近づいてきます。 ピラカンサも人の近づかない木からはだかになって、今は車の出入りする通路のそばの木がもうなくなろうとしています。


 そしてついに、台所のすぐそばの軒下においてあったキーウィが・・・・・



 柔らかくおいしくなったのから犠牲になっていくー


 あまりの大胆さに、腹が立つよりあきれてしまいます。 
 もう、鳥さんたち、どれだけお腹が空いてるの~

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

梅ほころぶ

2011-01-26 22:02:22 | 植物

  ほんの少しずつ寒さがやわらいできましたね。 2,3日前車で走っていると、遠くの斜面がピンク色に色づいているのが見えました。


 近づいてみると、それはほころび始めた梅の花。



 まだまだつぼみが多いようですが、



 この華やかなピンクが見えていたのです。



 白梅もありましたが、
 紅梅ほどは咲いていませんでした。 
 
 


 我が家の白梅も、あと少しといったところでしょうか。 近頃メジロが群れていますので、梅が咲いたときが楽しみです。


 梅とは関係ない木ですが、我が家のロウバイがやっと咲きだしました。



 ご近所のと比べると、2週間は遅いです。 
 植えてから9年目、年々花数が増えて賑やかになってきました。


 これから、あちこちの梅畑で南高梅の白い花が見られるようになって、次は桃、その次は桜と、花の季節が始まります。 が、今日はまた小雪がちらついていました。 三寒四温というよりは三寒二温といった毎日。春が待ち遠しいです。  
  

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ 寒さは続く

2011-01-22 20:02:37 | 植物

 大寒の1月21日、この日も薄氷が張りました。
  こんな日はサルビアを見なくては。


 あった!



 枯れたように見えるサルビアの茎に、今年も氷の花が咲きました。
 先日の寒波の時にはたった一つしか見つからなくて、今年はだめかと思っていたのですが、きょうは細い茎にまでたくさんついていました。


 細いガラスの糸を何本も束ねたような繊細な造形



 枯れたと見えたサルビアがじつはまだ生きていて、茎を登っていく水が寒さのために凍り、茎をやぶって出てきたのがこれです。


 



 下の方が縦に裂けているのが分かります。 こんなに裂けてしまってもサルビアは生きていて、また次の寒い朝氷の花を咲かせるのです。


 氷の花の形は様々

 金魚みたいなのや



 


 カマキリの卵みたいなの


 


 ダンギクのようにだんだんになっているのもあります。



 寒い冬、自然からの神秘的な贈り物です。


 去年わたしのブログを見た桑畑さんは、これが見たくてサルビアを植えたそうです。 そして見事氷の花が咲いたとか。 その気になれば案外簡単に見られるものかもしれません。ただし、一般的な赤い花のサルビアは耐寒性がなく冬には枯れてしまいます。 うちで氷の花が咲くのはサルビアはコクネシア(コッキネア)という種類のものです。


 この日の夕方、松山市へ行った帰り、桜三里の向こう側(道後平野)から見た石鎚山系の山。
 



  
 この輝く山々を見てわたしは育ちました。 冠雪の石鎚から冷たい石鎚おろしが吹いてくる間は、寒い日々が続きます。

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

寒さは続く

2011-01-20 10:52:11 | くらし

 日曜日の朝、うちのほうではこの冬最高の寒さだったようです。 なぜなら、

 水が出ない!  


 どうも水道管が凍ってしまったらしいのです。 すでに前の晩、10時前にその前兆があったのでちょろちょろと水を流していたのですが、全く効き目がなかったようです。


 犬の水入れの氷りも厚さが最大、かわいそうに犬たちは氷をなめて乾きをうるおしたような。
 
 雪は地表にぱらっと振りまいた程度でしたが、道は真っ白で、凍っていました。 さて、車を出していいものかどうか。 この日少し早起きして行きたいところがあったのです。 カメラを持って歩いていくか。

 ところが
 
 カメラが動きません 2台とも。
 うっかりカメラを車の中に置きっぱなしだったから、寒さにやられちゃったかしら。


 きょうはとうどうさんを燃やす日だから、燃えているところを撮りたかったのです。
 


 とうどうさん。 
  中予にはこうした風習はなかったのではないでしょうか。子どもの頃の記憶をたどっても、思い浮かびません。
  東予では、お正月のしめ飾りを各家庭から持ち寄って、小正月の早朝に燃やします。 (燃やすことを「はやす」と言っています。
 その残り火で、お餅を焼きそれを食べると一年間の無病息災でいられるとか。所によってはぜんざいなどが振る舞われるようです。

 1月14日、とあるところで見かけたとうどうさんです。



 きれいな円錐形の藁のピラミッド。 正月を過ぎるとあちこちに見られるものです。 


 本来は松の内が明けてから、各家のしめ飾りを集めてこのような形に作り、15日の小正月に燃やしてしまうのですが、15日が成人の日でなくなってからだいぶ事情が変わってきたようです。 今では松の内が明けて初めての日曜日に作り、小正月に近い日曜日に燃やすところが増えてきました。
 


 気の早いところでは冬休みに入ってすぐの日曜日に、もう、とうどうさんの形ができているところがありました。 子どもたちの休みに合わせたのでしょう。 


 そういうところでは肝心のお飾りは、燃やす日までにそれぞれが持ってきて勝手に縄にはさんでいくようです。



 一般的には子どもたちが各家を廻ってお飾りを集め、老人クラブの人などがそれを挟みながら作り上げます。 子どもたちの親世代が食事などの世話をし、貴重な3世代交流の場になっています。 とうどうさんを作るということは、地域の力を示すバロメーターのようにも思います。 集落によっては子どもが減ったり、作る人が高齢化したりして、とうどうさんを作らなくなったところも多いのです。

 朝に弱いわたしは、とうどうさんの燃えさかる火を見たことがありません。 あ~あ~、せっかくのチャンスだったのに、カメラが動かなくてはねえ。


 とうどうさんの撮影をあきらめてマニュアルを引っ張り出して読み返しているうち、ふと気がついてバッテリーを充電したら・・・・
 動きました
 もう一台はディスプレイをよくよく見たら、撮影可能枚数0、つまりカードがいっぱいということですね。 こちらも不要な写真を消したらシャッターが押せるようになりました。
 寒さでわたしの頭も凍っていたみたい


 それから撮ったのがこの写真。



 粉砂糖を振りまいたくらいの雪の上に、レースのような車のわだちと犬の足跡。 早朝から散歩したのかしら。 人間の足跡がないのが不思議ですが。
 雪は、すでに溶け始めていました。

 燃えるとうどうさんは結局写せませんでした。 燃えかすでもあるかしらと確認に行きましたら 



 雪がなければどこで燃やしたのかも分からないくらいにきれいさっぱり片付いて、多分、稲藁についていた米か、焼いた餅のかけらかが落ちているのでしょう、セキレイが2羽、一生懸命拾っていました。


 とうどうさんの燃えさかる炎は、みっちゃんさんが(1) (2)上手に撮っておられます。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

寒い年明け

2011-01-16 00:43:08 | くらし

 険しくそそり立つ岩肌、 大きく波がうずまく海、なんだかとっても雄大な景色に見えませんか?



 波打ち際かな?



 


 あれ? 木の様子が? 木ではなくて草ですね。



 これ、全部田んぼの水たまりにできた氷でした。 1月1日に撮った写真です。
 寒さで幕開けした今年、やはり寒さは厳しいですね。


  おととい、ちょっとだけ寒さがゆるみました。 コートなしで歩いて見上げた空。 桜の芽がほんのちょっとふくらんだかな?



 


でも、遠くの山は白い雪をかぶっています。


 


 それもつかの間、また寒くなりましたね。 センター試験が始まりました。 大雪になりませんように。 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

冬のからすうり

2011-01-12 08:05:25 | 植物

 栗の木にカラスウリがぶら下がっていました。 去年のクリスマス頃のことです。



 もともとうちには赤いカラスウリはなかったのですが、いつの間にか生えてきました。これが黄カラスウリだと夏の間に引き抜いてしまうのですが、可愛いのでちょっとお目こぼししてたら、年々実の数が多くなるみたいです。
  蔓は隣のスモモの木にまたがっています。

 その実をよく見てみると・・・・・



 なんとまあ上手に食べていること。 
 おいしい柿がある間は、カラスウリは安泰でしたが、冬になるとさすがに食べる物が無くなったと見えます。


 そう言えば今年は黄カラスウリをあまり見ないなあ。 
 黄カラスウリは、赤いカラスウリに比べて実も大きく、蔓の勢いもよいので、果樹の大敵です。 どこの柿畑でも早いうちに引き抜いてしまいますのでだんだんと減ってきたのだと思いますが、



 まだ、こんな畑もあったんですねえ。 棄農地ではありません。ちゃんと耕作している梅畑です。


 しかし、

 すずなりとはこのことです。



 
 これだけあれば、鳥たちは大喜びだろうと思いきや、



 ズームアップして見てみても、かじられているのは1,2個でした。
 黄カラスウリはおいしくないんでしょうか。 それとも、実が多すぎて食べきれないのでしょうか。

 年が明けて、赤いカラスウリはすっかりなくなりましたが、こちらの黄カラスウリはまだ残っています。 だいぶ数が減ってきたようではありますが、食べられたのか、自然に落ちたのかはわかりません。


 ん、落ちる? 落ちたらどうなる?


 春には芽を出して、夏には梅の木に這い登って・・・・・
想像しただけでも恐ろしいことになりそうですが、この畑の持ち主はどうするんでしょうね。

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

七草探し

2011-01-08 00:07:12 | 植物

 生ゴミを捨てにコンポストのあるところまで行ったら、近くにはこべがありました。
 ロゼッタ状に平たく円形に茎を伸ばしてー その大きいこと。 4,50センチはあるでしょうか。 これで一株なんですよ。



 これを見て思い出しました。

 おお! 今日は七草の日よ。

 去年はパック入りを買ってきて手軽に済ませたけど、今年は買うのを忘れてました。 そこで、全種類揃わなくていいから自分で摘んでくることにしました。 はこべだけで十分量はありましたが・・・
1種類ではあまりにも寂しいですから。


 たしか庭にごぎょう(ハハコグサ)があったっけ。  
 最近葉っぱはよく似ているけれど、花のきれいじゃないのがあって、本当のハハコグサはどこにあるのかと思案していたのですが、灯台もと暗し、ユキノシタのそばに花が咲いているのを夏頃に見かけたのです。


 ありました。 ちっちゃ!



 


 次はなずな。 これはキャベツ畑に育ちのいいのがあったはず。



 あぜ端のなずなはもう花が咲いていました。
 
  そして芹は、田んぼの近くの小川に生えているはず。 しかし、今年はまだとても小さくて枯れ草に埋もれていました。 例年になく寒いからでしょうか。 
  でも、しばらく歩いてみると、ひとかたまりの芹が生えているのが見つかりました。



 問題はホトケノザ(コオニタビラコ)です。 数年前まで、ニガナをコオニタビラコと思いこんでいました。 でも、やっと判別がつくようになりましたよ。 どこにあったかなあ。

 オニノタビラコなら、空き地にいっぱいあるんですけど。



 花のよく似たニガナも畦にたくさんあるんですけど。



 コオニタビラコの花を見たのはどこでだったかしら。


 まあ、一つくらいなくてもいいかと、近道してよその田んぼの中を歩いていたら、

 ありました。 これがコオニタビラコですよね。 なんだあ、簡単に見つかってしまいました。



 あとはすずなとすずしろつまり大根と蕪だから簡単。 あまり苦労せずに全部揃っちゃいました。


 ちょっと菜っ葉の切り方が荒かったかな?



 真っ白なご飯に緑の葉っぱがみずみずしくて、一足早く春が来たようです。 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2011-01-04 01:13:50 | くらし

  あけましておめでとうございます



 昨年暮れから寒さは日ごとに厳しくなり、元日には最大の寒さとなりました。 31日に降った雪は凍って、車がバリバリと音を立てて走っていきます。
 厳粛な年明けでした。




 昨年中は、この柿畑にたくさんの方が訪問してくださりありがとうござしました。 今年もゆっくりではありますが、わたしの身近にある小さなを発信していきたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。


 そして、今年も皆様それぞれによい日が訪れますように。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加