あた子の柿畑日記

田舎での日々の生活と趣味のレザークラフトについて

晩秋の色

2018-11-30 10:07:05 | いろいろ
 わたしの住むの地方では暦の上では冬ですが、体感的には秋ー晩秋です。こんな花がまだきれいに咲いています。



 マリーゴールド。夏の花壇のイメージですが、これを見るといつも「秋深し」と思うんです。とくにオレンジ色系のマリーゴールドは。



 最近ハローウィンが市民権を得て、この色が町にあふれ出したからかなあ? いやいや晩秋にはこの色が増えてくるからでしょうか。

 たとえば

 ブルーベリー


 さるすべり


 かしわばあじさい


 そして柿







 柿の取り入れが終わり、霜が降りるとあたりは急に寒々と冬の景色になってしまいますが、まだもう少し晩秋の風景を楽しめそうです。

 華やかなだけではないもう一つの色。これもわたしは晩秋の色だと思っているのですが、

 セージの仲間だと思いますが名前がわかりません。ブルーベリーの紅葉を背景にすると



 よく似合うでしょう?

 それからこんな実も

 深い青



 話は変わって、先日清游庵中川亭でお食事をしました。ミシュランガイド中国四国編に紹介された和食料理店です。(残念ながら☆はなし)ちなみに西条市でガイドに載ったお店と宿泊施設は計八つ。そのうちの3点までがおそば屋さん。あとはフレンチ、イタリアン、焼き肉、和食、宿泊の東予国民休暇村といろいろなジャンルから1軒ずつでした。

 そのお料理

 椀物

 
 松茸のあしの千切りに菊の花びらを散らした美しい一品。お椀のふたにまで華やかさがあふれていました。この日の主役は小さな女の子でしたのでね。松茸は地元産。
 
 お造りにも大将の包丁の技がさえています。



 そして、明かりを消した部屋に運ばれてきたのが

 ジャーン、これです。八寸三種盛り



 名付けて山里の晩秋。あれ?晩秋の山里だったかな?

 鮮やかな柿と桜、もみじの紅葉を器にして、炊き合わせ、くりきんとん、かますの棒寿司がもりあわせてあります。山間の民家を模した器ー青ですね。みかん型の器も青、中にも八寸が入っています。
 子どもたち興味津々で、早くも小さい手が伸びてます。



 暖かくともる灯りは大根でできています。
 何もかもがわたしがイメージする晩秋にぴったり。

 そのほか地物の車エビをウズラ卵に巻いて揚げた物。小さい稲穂がひつじだを思わせますね。


 手作りの大福


 柔らかい求肥の中にはスポンジケーキや生クリームと一緒に栗の粒や、餡(くりだかいもだか?)が入っています。これが夏だとメロンとかいちごとか。

 どれもおいしゅうございました。特にかますの棒寿司は絶品。今脂がのっておいしいのだけどなかなか手に入らないんですって。高級魚ではないのにね。
 
 1歳のケイタが食べること食べること。なにもかもはやく早くと指さして催促します。ケイタの分はもちろんありませんから大人の誰かが犠牲になることに。大福なんかほとんど一人で食べてしまいましたから。
 おいしかったのね・・・・・

 暗くなっておいとまするとき、庭にはあの大根あんどんのような柔らかなあかりが足元を照らしてくれていました。
コメント (2)

台風のあとさき

2018-10-03 09:10:41 | いろいろ
 台風一過
 すかっとした青空ではありませんが、駆け抜けてくれてよかった。
 30日、中山川の水位が上がっているというニュース。中山川は普段は水がほとんどありません。ニュースになるほど水位が上がるなど、よっぽど大雨だったに違いありません。翌日孫たちとドライブに出かけて土手を通ってみました。

 上流にはまだ濁流が流れていました。

 向こう岸と手前の河川敷、草がなぎ倒されているところまで増水したと思われます。

 取水堰


 川幅いっぱいに水が流れるなんて・・・ 滅多にないことです。

 台風が過ぎると今日から10月。さすがにもう秋ですね。

 でも、うちの朝顔はけなげに咲いています。



 何年か前に植えた朝顔の子孫。勝手に生えてきたのでお世話もしていません。だから他の兄弟たちはみんな酷暑の夏に枯れてしまいました。たった1本残った朝顔です。毎日1輪ずつ花が咲きます。今は冬になっても盛大に咲き続ける朝顔が人気のようですが、わたしは夏しか咲かない朝顔のほうがいいです。それが寒くなってもがんばっているとつい、応援したくなります。

 夏の花と言えば、この間まで相当元気に咲いていたポーチュラカ。台風の後どうなったかなあ。。

 お彼岸前まではこんな様子でした。
 信号待ちでみかけたおうちのポーチュラカ



 華やかな群れに思わず車を降りて撮ったポーチュラカ





 ですが、昨日回り道して見たらみごとに葉っぱだけに。グリーンの塊がひろがっていました。このまま置いておいても11月くらいまでは活きていますが、花はうんと小さくなって貧相になるでしょう。急に寒くなったということかな? もう半袖はいらなくなりました。


 今年の猛暑の後遺症もまだ見られます。

 丈夫な椿の葉が

 
 やけどしたみたいでしょう?

 これもけっこう肉厚の葉なんだけど


 先だけが枯れています。が、新しい葉が出て、あの暑さからやっと逃れたことをものがたっているようです。今年の夏は、人間も生き物も植物もがんばったね。

 
コメント (2)

七夕の日に思う

2018-07-09 01:11:49 | いろいろ
 新暦の七夕は梅雨の真っ最中で織り姫と彦星とは会えないことが多いのだと聞いたことがあります。そのとおりです。うちのほうでは七夕を一月遅れでまつります。そのほうがいいですね。台風が来ない限り晴れています。
 
 今年の七夕も雨。
 愛媛は温暖で災害の少ない県です。それが、雨で人が亡くなるなんて・・・・。それだけでも信じがたいのに、その数が、今日の夕方の時点で20人。松山沖の離島では児童が6人しかいない学校でそのうちの2人が亡くなりました。島民の方が「島の宝よ」と言った子どもたちが。
 

 愛媛県でも特に南予の被害は大きく、命は助かっても日常を取り戻すには何ヶ月もかかるのではないでしょうか。ほんとうにお気の毒です。復興のためになんらかの支援を考えたいと思います。


 それはさておき
 七夕は、わたしにとってはブログ開設記念日なんです。今年で11年目です。初めてのブログのテーマは「孤独なかえる」でした。そして今年は「幻のかえる」でスタートします。
 11年前うるさいほど鳴いていたウシガエル。よくきくと離れた別の場所でも声がして、1匹ではなかったことがわかりました。それでも謎は多く、毎年鳴いているのが同じカエルなのか次々と子孫が生まれているのか、だとしたら声は増えるだろうに、聞こえるのはいつも1匹だけ。カエルの合唱ではなかったです。
その声もここ2,3年毎晩ではなくなり今年は6月に数回鳴いただけでついに何も聞こえなくなりました。ということは? すみかにしている雨水タンクのそばを通ると、ポチャンと潜る音は聞いたことがありますが姿を見たことはありません。「幻のかえる」なんです。ついに幻のまま終わってしまったかも。
 その代わり、わたしの寝室のそばの植え込みでアマガエルの声を聞くようになりました。部屋に入って明かりをつけると鳴き出すんですけど・・・
 やったあ、カエルが帰ってきた。
 昔はうちにもアマガエルがいました。コンクリートの基礎に灰色のカエルがへばりついていたことを覚えています。赤いバケツに入れたら赤いカエルになるだろうか、ためしてみたこともあります。そのアマガエルがいなくなったのはいつごろでしょう。農薬?夏の暑さ?いずれにせよカエルにとって住みにくい環境になっているということで気がかりでした。そのカエルが帰ってきたのです。ただ、昼間探しても姿を見ることはできませんでした。これもまた「幻のかえる」です。
 ここ2,3週間ばかり声が聞こえないので心配していたのですが、今、ちょっと離れたところで鳴いているのが聞こえます。複数のようです。よかった。

 幻なのでー画像がありません。それもさびしいので、七夕の1日前に撮ったこれを



 うちの納屋で大きくなったツバメの雛。

 親がえさを運んでくると一斉に口を開けました。ぶれていますがお許しを。


 何とも愛らしいです。七夕の日、親が盛んに誘っていましたがこの日は巣立ちせず。コンディション悪かったものね。

 そして、半夏生 こちらはぼけてる
 

 前にあったのが枯れたので去年また植えました。夏になっても一向に葉が白くならないなあと思っていましたが、今年の半夏(7月2日)より少し前に白い葉が現れました。律儀ですねえ。だけど、あちゃあ、虫に食われてる。よりによってたった1枚しかない貴重な葉を喰わなくても。
コメント (5)

一休み

2018-06-30 20:44:36 | いろいろ
最近家の周辺が賑やかです。



我が家で生まれたつばめたち。無事に巣立ちして近くを飛び回るようになったからです。まだうまく飛べないひなは、巣のそばの電線で一休み。黒ぐろとした羽がきれいです。

ところで

ほぼ一カ月、毎日ブログ更新してきて6月が終わります。平和で小さな驚きや喜びのある日々に感謝ですが、きりのいいところで、わたしも一休みすることにします。7月からは前のように、気ままな更新になりますが、よろしくお願いします。
コメント (6)

小さな発見

2018-01-09 01:32:19 | いろいろ
 お正月らしいネタがひとつもありません。どこへも出かけず、いったい何をしていたのかなあ。仕方が無いので去年のことを。
 そうそう、今年はぼうぼうだった庭木を剪定してさっぱりとお正月を迎えようと、その気持ちだけはあったのです。今まで庭木の手入れはお金を出して人に頼んでいたのですが、ここ2,3年全く手を加えないままでいました。そうしたらカシの木は元気よく枝を広げるし、松はむさ苦しいほど葉っぱが茂るし、落ちた葉が枝の上に積もって、自分の葉で自分を枯らしていくありさま。混み合って植えていますのでまるでジャングルのような状態だったのです。
 
 下の方はと言うと


 一面にハツユキカズラ & ハートカズラ & ワイヤープランツ & いろいろな斑入りのアイビー
 

 つまり這い上がる蔓だらけ。

 それらを不要な部分は刈り取り、あじさいなどの低木も短く刈り込み、高い木は脚立に昇って太い枝を鋸で切り・・・と思い切った剪定をしました。それを始めたのが12月1日。作業の中で見つけたこと。

 

 楓の木。紅葉して初めて気がついた!
 
 うちには春先の新芽が褐色になって、「春も紅葉するんですか?」とびっくりする訪問者がたくさんいましたが、今では



 枯れて巨大なサルノコシカケが4つも5つもできています。わがやのシンボルツリー的な存在だったのに。やはりここには楓がほしいなと思い、山で見つけたいろは紅葉の小さな苗を鉢で育てているのですが、思いがけず、枯れた楓の子孫が育っていたのです。山茶花の木の間で掘り起こすのはなかなかむずかしそうですが、なんとか広い場所に移してやりたいと思います。

 それから伸びすぎたカシの枝を切っていたら



 多分鳩の巣なんでしょうね。そっと残しておきましたが、これほどあらわになったのでは、もう子育てはしないでしょう。

 ハツユキカズラの茂みを短く刈り取ってみると


 万両? ヤブコウジ? 這い上がる蔓に負けまいと必死で背伸びしたに違いないひょろひょろとした株が。よかった、よくがんばったね。スイセンの葉もひょろひょろでした。

 あと、カブトムシの幼虫とか


 カマキリの卵とか。 ことしはカマキリの卵の位置がかなり高いです。まさかわたしの背丈以上に雪が積もるとも思えませんが、なにか異変があるのでしょうか。
 うれしい発見をしつつようやく後始末を終えたのが12月30日。なんと1ヶ月もかかってしまいました。なので家の中の掃除は・・・・そりゃあお正月らしい気分にもなりませんよね。
コメント (4)

夏の思い出2 星空観察会

2017-09-05 10:22:20 | いろいろ
お題「今年の夏の思い出は?」に参加中!
 東京では20何日とやら雨が続いているというころ、石鎚ピクニック広場で行われた星空観察会に参加しました。



 ぶじおくんとトラオとわたしの3人で行きました。

 ピクニック広場まではロープウェイで上がります。
 駐車場に車を停めて・・・・
 あれ?こんなところに温泉が?



 でも、使われていないようでもあるし。こちらは古い建物だったのかもしれません。
 
 見覚えのある、ロープウェイ乗り場の庭。


 コンデジで写すにはこれが限界かな。あたりはだいぶ暗いです。

 普段はロープウエイは6時くらいが最終なのですが今日は特別に夜間に運行してくれます。講師の西条自然の学校の山本先生が出迎えてくれました。
 降りてから広場までの道も明かりで照らしてくれています。



 着きました。冬はスキーができる場所です。



 何年ぶり、いや何十年ぶりでしょうね。子どもたちとスキーに来て以来かな?
 向こうに望遠鏡がセットしてありました。どこにでも自由に、と言うことで、望遠鏡の近くにレジャーシートを敷いて、まずはおにぎりで腹ごしらえ。
 ここまで来るとさすがに涼しいを通り越して肌寒いです。持ってきたジャケットを着込み、ライトが消えるのを待ちました。それと夜露がすごかったです。トラオが
 「見えない雨がふるん?」と言いましたが、まさにそのとおり。何度もタオルでシートを拭かなければなりませんでした。

 西の空にひときわ明るく輝く星が見えました。宵の明星? 金星かな?
 しかし、それは木星でした。今の時期、金星は明け方に見えるんですね。おはずかしい~
 木星を望遠鏡で見ましたが、想像より遙かにちっちゃく見えました。トラオが、「いろんな色に見える」と言っていました。よく見ていたね。

 
 それから、雲の晴れ間に現れた星を次々と解説してくれました。
 夏の大三角ーこれほどはっきり見えたのは初めてです。
 北斗七星ーこれも形がくっきり。
 さそりざーその毒でオリオンを倒しましたが、天に昇っても二人は仲が悪く、さそり座が見えるときはオリオンは見えず、オリオン座が見えるときはさそりは見えないんだとか。なるほど。
 その他肉眼で見える限りの星を教えてもらいました。わたしは双眼鏡を持って行きましたので、銀河にある無数の星も見ることができました。

 そして望遠鏡で土星を見ました。なんだか楕円に見えたんだけどあれが土星の輪だったんだろうか。
 
 その後はレジャーシートに寝転んで、ただぼぉ~っと星空を。参加していた子どもたち、誰一人騒ぐ子はいません。美しい星空を眺めて誰もが心洗われる思いだったにちがいありません。
 トラオはいつのまにか私の膝にもたれかかって、そのうちすーすーと寝息をたてはじめました。

 遠くに西条の街の光が見えました。さびしい街のようですが、コンデジの限界ですね。肉眼ではもっとたくさんの明かりが見えました。そしてこちらの方角のそれはうっすらと明るく星も見えづらかったです。



 星は、月が出てもよく見えないそうで、この観察会は月の出ない日を選んでいると言うことでした。そして冬は、ここで雪の上に寝転んで見るんだそうです 
 
 
 
コメント (4)

台風前夜のばたばた

2017-08-12 14:11:32 | いろいろ
 先週、のろのろのとやってきた台風5号。やっかいな台風でしたね。
 どこもかしこもイベント予定でいっぱいの週末。早々と中止や延期を決めたところもあれば、ぎりぎりまで様子見のところも。主催者はさぞかしやきもきしたことでしょう。
 3年前、断腸の思いで少年少女合唱連盟演奏会の中止を決めた時も週末ののろのろ台風でした。今年もまた台風に合わせるように県大会が開かれます。でもこちらは予定通り開催との連絡を受け、土曜日は朝からぶっ通しの特別練習を行いました。

「学校にいるのと同じくらいの時間練習したね。よく頑張りました。今日はゆっくり休んでね。七夕祭りで遊びすぎて声が出ないなんてことのないように。できたら七夕は明日か明後日行って。」
 指導の先生のお話があって解散。

 ところが、夕方知った情報で、
 丹原七夕まつりは今日1日限り。明日、明後日は中止! あらまあ。

 1日しか見られないとなると「行かなくては」という心情になるの、妙ですねえ。
 「ささのはさらさら・・・」とっても上手に歌えるようになったヨウコにきれいな飾りを見せてやりたいな、ということで急きょ七夕祭りに行くことにしました。それから急いで犬の散歩に行ってご飯を食べて・・・と、娘から電話。
 ヨウコに浴衣を着せたんだけど帯がない! お~、お~
 そこで昔娘たちが結んだ兵児帯を探し出し、落ち合った駐車場で結んで・・・・ドタバタの末に会場に着いたらもう8時前。よい子はそろそろ寝る時間ですわね。

 こんなに遅く来たことがないので、くらい夜空に浮かぶ七夕飾りが一段ときれいだと思いました。

 

 大正時代から続く夏祭りだそうです。昔は一商店がこんな大掛かりな飾りを作っていたそうですが、今はたぶんそんな元気なお店は少ないんじゃないかな。華やかな飾りの下は明かりもつかない真っ暗な空き家だったり、普通の住宅だったりして、商店街の衰退に歯止めはかからないようです。でも、飾り自体はいろいろな団体が協力しているようで



 豪華なものでした。

 旧丹原町の保育所や幼稚園の七夕が飾ってあるお祭り広場(小さな小さな広場です)



 前に来た時より飾りがにぎやかなような。
 そしていくつかの踊り連


 これも人数が増えているような?



 食べ物の屋台の前は、テレビでしか見たことのないような長蛇の列ができているし(3日分の人が押し寄せたからか?)
 祭りそのものは盛り上がっているような感じがしました。

 だけど、私は明日の朝早いし、ヨウコも眠くなる時間なので、ほんの数十メートル歩いただけで帰ってきました。

 翌朝は演奏会場のある八幡浜市へ。台風の兆候はこれっぽっちも見えません。よかった。
 ところが出発間際になってハプニングが。

 久々に着たユニホームのサイズが合わなかったんですって。あいにくユニホーム係の先生は県外に行ってお休み。しかも携帯が壊れてる。何人もの携帯のやり取りを経て、最終的に私がご自宅に行ってご主人から何サイズかのユニホームを受け取り、車で八幡浜まで届けることになりました。わたし、一緒にバスに乗っていくつもりだったので道順も何もわかりません。
 バスの休憩地でスタッフが運転手さんに道順を教えてもらい、それを私に電話してくれて、聞いた記憶を頼りに車を走らせて、無事に八幡浜市へついたけど、会場の「ゆめみかん」にたどり着けない。スマホで調べたけどなぜか表示されないんです。
 市の図書館に飛び込んだら、親切な図書館員さんが懇切丁寧に教えてくださいました。要するに旧市街からはかなり離れたところにあったんですね。で、来た道を引き返してやっと会場周辺まで来て、同じ場所を2回ぐるぐると走ってやっと合流できました。

 やれやれ。

 心配された台風は、午後になってもいっこうに荒れる様子もなく、演奏会は順調に進みました。



 毎回素敵なパフォーマンスを見せてくれる西条少年少女合唱団のみなさん。総勢40人超。
 このあと私たちの合唱団。ピンチヒッターの中高生を含めて18人。ずいぶんと貧相に見えるのではないかと心配しましたが、子どもたちの精一杯の歌声には説得力があり、聞いているほかの合唱団のみなさんの心に響いたのではないでしょうか。(客席の空気でなんとなくわかります)

 ゲストの宮本益光さんの素晴らしいバリトンにしばし時間を忘れ
 最後の全体合唱の後には一斉に紙飛行機を飛ばしました。



 きのうの練習の合間にバタバタと折ったばかりの紙飛行機。もう少し早く連絡をもらってたらよく飛ぶ飛行機も作れたんでしょうけど

 どの合唱団の飛行機も、その飛行距離は



 足元周辺 
 
 バスの子どもたちを見送って帰路に就いた私。途中のスーパーで休憩兼買い物をするつもりで車から降りました。さて、財布を取り出そうとバッグをまさぐったのですが

 ない! 
 何度探しても財布がないのです。

 これが最後のバタバタのはじまりでした。
コメント (6)

花の窓

2017-07-07 23:28:46 | いろいろ
 今日は7月7日、七夕です。だけどうちの方では七夕は月遅れの8月。そのほうがいいんですよね。だって新暦の7月7日は梅雨の最中、彦星と織り姫も雨ではかわいそう。
 幼稚園や保育所、その他の施設では七夕飾りを作ったりしますが、我が家では何のことはない普通の日です。
 だけど、私にとっては記念日なんですよ。

 ブログ開設記念日。しかも今年は10周年。
 
 先ほどまで昔の記事を読み返していたら止まらなくなりました。記事数1398件、もう少しで1400になります。よく書きました。10年間の軌跡をいろいろ書こうと思っていましたがやめます。

 せめて、記念すべき11年目の記事は七夕飾りにちなんで華やかなものにしましょう。

 
 買おうかどうしようかと迷っていたマンデビラ、ついに買ってきました。


 
 植えて2日ほどですがもうしっかりとネットにしがみついています。
 税抜き348円。(サントリーの、サンパラソルという種類なら398円)迷うほどの値段ではないのですけど、わたしには花にお金をかける習慣があまりない・・・・花は、勝手に生えるか、もらうか、拾ってくるか。つまりただで手に入れる方が多いものですから。

 それでもやっぱり買おうと決めたわけは、

 松山市の道後にこの花をいっぱい咲かせているおうちがありまして、その華やかさにすっかり魅せられてしまったのです。

 このおうちでは去年、11月になってもこんなに咲いていました。



 

 

 プランターに二株ずつ植えているんですかね。それとも一株ずつかしらん。いずれにせよここまで賑やかにしようとすれば2、3000円はかかるかな? 年金暮らしにこんなにお金はかけられないわね。なのでたった一株です。蔓がぐんぐん伸びるタイプらしいので、これからどんなに大きくなっていくか楽しみです。

 

 今年の春の県展は、この花をモチーフに鏡を作ってみました。



 作品の中に作品が映り込んでややこしいですね。自分が写らないようにするために苦心したんですよ。
 インテリアには派手すぎると思ったのですが、ぶじこが、うんと派手な鏡がほしいというのでつくってみました。だけど、イメージと違ってたからいらないという・・・
 
 県展が終わって、別の場所でご披露したのですが、みなさん、花に目を奪われて、自分が写っていることになかなか気づかなかったそうな。 鏡なんですけど。

 
コメント (2)