敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

夏の終わりの雑感

2013年08月31日 | 身辺雑記
八月三十日に始業式の学校がある、
何事ぞ! 可笑しいぞ!!
と訴える或る人のフェイスブックを読んだ。

私も驚いた。
まぁ元々東北以北の地域は
八月中に二学期が始まるわけだが、
冒頭の話は東京。

ただ恐らく全てではないのだろう。
今は学校ごとの裁量が
増しているらしいから。
ただ少数だとしても、関東であれば、
二学期は九月からが良いと
僕も深く強く思う。

さて驚くといえば、
楽天の「マー君」が開幕からの
連勝を伸ばし世界タイ記録。

まぁ世界記録つっても、ほぼ日米の、
なわけだが、凄いことにかわりはない。

そして世界の王が、ずっと「ワンちゃん」
だったよーに田中将も「マー君」と
呼ばれ続けちゃうんだな……きっと。
「かわりなく」。

現状のディフェンス陣でかわりなく
戦い続けると会見で述べたのは、
サッカー日本代表のザッケローニ監督。

演劇を含む表現全体において
「台詞は嘘つき」という基本がある。
好きな人に嫌いと言う、とかである。
ちょ~簡単にいえば……。
そして細かく言えば、百零にはならない。

で、ザックの思いを勝手に分析すれば。

一、本当にそう思っている。
二、選出された選手のモチベーションを
慮れば、そう言うしかないじゃ~ないか。
三、俺だって正直替えたいけど
言うほど他に良いのいないじゃ~ん。
四、ベテラン召集? 
んなもん儂だって考えてるっつーの。
でも素人にまで「闘莉王呼べ~」って
言われてほいほい呼んだら
格好悪いでしょ、でしょ。

まぁかなり乱暴だけれど
そんな塩梅ではなかろうか。

選手起用でいえば真鍋ジャパン
(バレーボール女子日本代表)は
司令塔を宮下遥で決めたようだ。

珍しく真鍋監督と意見があった。

中田久美以来の逸材の成長に期待する。
もっとも当時のように、
スターティングメンバーの六人で
ほぼ戦い抜く時代ではないから、
ベテラン橋本の力は大いに必要だし、
五輪までに狩野舞子の台頭を
望むのは僕だけではないはずだ。

前述の「くんちゃん」が監督を務める
チームでセッターに転向した「マイコ」。
天才が手塩にかける186cmの身長は、
宮下より10cmさらに高い。
かつ元々アタッカーとして世界に互した
その能力が魅力なのは言うまでない。

問題はリオに間に合うか、だ。
その次の2020年五輪には何とか……
個人的には残念と言わざるをえないが
東京の公算が高い。
そこで女子バレーの優勝。
それはそれで面白い。

元祖東洋の魔女はその時、90才の手前。
何人かに見て貰えたら幸いだ。
コメント   この記事についてブログを書く
« ラスパ | トップ | たんじょうび »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

身辺雑記」カテゴリの最新記事