敏腕Pの日々のつぶやき

テアトルシアター代表。敏腕演劇プロデューサー目指し、長らくフリーで活動。2018年11月から修業の場を俳優座に置いた。

よりわに

2013年08月17日 | 制作公演関連
遊戯空間『子宝善哉』東京公演
初日まで三週間を切りました。

劇団東演のアトリエ自主公演として
八年前に初演された舞台は、
今回新しい配役(*)で挑むとともに
和楽器の生演奏で上演という新趣向。

〔*一部、前回に続き出演の役者あり〕

ある日の稽古場には演奏者の二人
(渡辺淳、浅田実可)もおみえになって
場面ごと音を当てて頂きました。


このように複数、しかもかなりの数の
様々な和楽器が使用されたり
されなかったりします。
そうまだ試行錯誤の段階。
果たして最終的にどんな音色が
『子宝善哉』と融合するか。
ご期待あれ。


初演はあえて時代劇時代劇させず、
何処か不思議な世界観でお届けしました。
もちろん基本は《和》のテイストでしたが
今回はよりその要素を強めた構成に。

それは、例えば観世栄夫に師事して
身に付けた能の表現方法、
或いは落語を含む古典作品の舞台化の中で
手に入れた演出眼、等々
主宰の篠本賢一が培ってきた《演劇力》の
変化……てらいもなくいえば成長……
によって、前回より和に重心。

そのあたりこれからた~っぷり
書いていく予定です。

◎東京公演◎
2013年9月6日(金)~8日(日)
座・高円寺2
前売3800円(当日4000円)
6日19時~
7日14時と19時
8日14時~

◎沖縄公演◎
2013年8月31日(土)
沖縄市民会館
11時と15時半
コメント   この記事についてブログを書く
« 小さな驚き | トップ | 子宝善哉in沖縄 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

制作公演関連」カテゴリの最新記事