我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

隠された記憶/CACHE /HIDDEN

2006-04-11 08:30:11 | 劇場&試写★6以上
えっ、そうきたか~~、、、。
予備知識なく観ることをお勧めしたい作品だけどあえて先に言いたいのは
ラストシーンはしっかり見て!ということ。

また、ラストで深読みしすぎると逆にかえって気が付きにくい場合も、、、。
エンドロールが意外なところで流れてきて、
衝撃的なラストカットってココだ!と気付くまで(いや気付いてから)
少々時間を要しました つまり、そ、そういうこと。。。???
ラストは少々紛らわしいのも確か。
海外のサイトではあらゆる解釈がなされて議論になっているみたい、、、。
おまけに、配給側から配られたアンケートには、
ラストシーンには気づきましたか?とあった。。。。

今回、ネタバレになる箇所は事前表示しています。
その部分以外は未見で読んでもらっても大丈夫です
全く予備知識入れずに観る方はもちろん読まないで下さい! 


衝撃のラストカット!全世界震撼!
なんて観る前から騒がれるとすごーい期待もしちゃうけど、
実際けっこうな衝撃でした。。。。面白い!

この春公開映画で一番期待していた、
ミヒャエル・ハネケ監督、脚本の最新作!!

2005年のカンヌ映画祭で監督賞受賞☆こんなおじいちゃん。

■第58回 カンヌ国際映画祭 監督賞・国際批評家賞・人道賞
■第18回 ヨーロッパ映画賞(ヨーロピアン・フィルム・アワード)
作品賞・監督賞・主演男優賞・脚本賞・編集賞受賞
■第31回 ロサンゼルス批評家賞 外国語映画賞受賞ほか


「ヤラレた~!!」とか、「すごすぎる!!」
という一言よりも、「そうくるの??」というのが、第一印象。
一見軽いひとことのようだけど、実はコレがかなり重くて、、、
そして、救いようもない、、、、。



玄関に届いた1本のビデオテープ。
そして、気味の悪い絵。。。。
無造作に、スーパーのビニール袋に入れられて。

映っていたのは自宅前から撮影したと思われる家の風景と
家族の日常の一部。。。

いったい誰が? 目的は何?

でもそれは、一度だけではなかった。
不安が恐怖に変わっていくーーーーー


ミステリアスであり、何だか不気味


キャスターでありちょっと高慢。
自分の過ちを認めず、妻にさえなかなか全てを話そうとしないジョルジュ。


考えるゆとりがあるほどのゆっくりと丁寧な進行にも関わらず、
120分続く緊張感&緊迫感はすごい


冒頭、動かない一軒家を映しただけのオープニングが延々と続く。
最初は何の説明もなく、ただ同じ映像を見せられる、、、、
これはいったい何??と言う具合に引き付けられていく。

現実だと思って観ているとビデオだったり、
その斬新な映像マジックはさすが。
ハネケ映画の特徴とも言うべき長めのカットもじっくりと見入ってしまう。



食事のシーンで友人が語る、不思議な話がまた面白い。



ジュリエットビノシュも妻役を名演


映像による視覚的恐怖ではなく、
実際に起きてもおかしくないと思える恐怖が、この映画にはある。
その恐怖は、じわじわと、深層心理に迫ってくる。。。



9/10
様々な解釈が出来るラスト、ラストの前にもある
思わず声をあげそうになる恐ろしい出来事、、、、。
ダメな人はダメだろうけど、migは気に入りました!
今年一番かな、今のところ。
繰り返し観ることで謎が解明、
答えが出るという映画ではないけどまた観たい☆





注意*ここはネタバレ込み*

やっぱり、ラストシーンで二人の子供が知り合いだった、
という所で驚愕です。
それが、初めアルジェリア人の息子の方がジョルジュの息子を誘拐しようと
そそのかしてるシーンなのかなと思っていたらエンドロール。。。。。!
コレ??と一瞬戸惑い、ハっとしました。
会場内は軽いざわめき。
一般試写だったけれど、終わった後で配給会社の人に思わず確認すると、、、、
やっぱり。
色々な解釈にとれるようになっていて、監督は観る側に委ねている。
とのこと。  それで納得。
公開したら当然、日本でも議論を呼びそう。。。
もし、気づかないで観てたら、ラストは驚愕じゃなくて、 ???
になっちゃうかもしれない。。。。

1.子供たちは親の過去を知っていたか?(とすれば、どこまで??)
2.アルジェリア人の父親にある程度聞かされ、勝手に企んだとすると、、、
  こうなることは想定外,でしょ?
3. 子供たちはどこでどうやって知り合った?
4. ラストのふたりの会話とは、、、、?


こういったあやふやな部分を、観た後に語り合うのがまた楽しいんだよね☆

☆2度目鑑賞後の感想☆

 公式サイト 渋谷ユーロスペースにて4月29日 公開 全国順次ロードショー
2005年 フランス・オーストリア・ドイツ・イタリア 119min PG-12
【staff】
監督・脚本:ミヒャエル・ハネケ
【cast】ダニエル・オートゥイユ/ジュリエット・ビノシュ/モーリス・ベニシュー
/アニー・ジラルド/ベルナール・ル・コック /ワリッド・アフキ/レスター・マクドンスキ
/ダニエル・デュヴァル/ナタリー・リシャール



観た後に、「気分が悪くなる」とか「ムカムカする」(同じ事?)とか
とにかく不快になると話題になったハネケの異色作。
こちらもある意味必見
(ただし、観た後最悪の気分になったりしても責任持ちません)

この後に撮った「ピアニスト」もやっぱりどこかハネケ節。

4月15日~28日まで、渋谷ユーロスペースのレイトショーで
ミヒャエルハネケ映画祭開幕

過去のハネケの衝撃作を観られる良い機会 行ってみたい~

この映画の宣伝チラシに映ってる
テレビ画面の映像、あれにはダマされないで☆
ただのニュース画面で、内容を表した映像画面ではないので

あれを観るとよっぽどスゴイ映像でびっくりオチ?!だと思っちゃうので、、、。
これで興味を煽ってるのかな。要注意です。



人気blogランキング←please click(1日1回有効)
いつも読んでくれて&応援もありがとう~~
現在、6位にランクイン中~



Comments (54)   この記事についてブログを書く
« CUBE ZERO/ CUBE ZERO | TOP | ナニー・マクフィーの魔法の... »

54 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年1番?? (charlotte)
2006-04-11 09:54:14
おはようございま~す!

なんか、とっても衝撃らしいですね…

今年一番?・・・う~ん、公開が待っていられないっす

見たら、ぜひ語り合いたいものです
charlotteさん☆ (mig)
2006-04-11 11:15:46
おはようございます♪

早速コメント、ありがと~



バレずに、あんまり期待させすぎたりしてしまわないように、

書くのはけっこう大変でしたこれ



先ほど、読んでも大丈夫な部分とダメな部分分けて少し

訂正しました☆



charlotteさんはどうかな??

救いようがないので

気分はすっきりしないです。

すごく重たい。。。

間違いなく想像してなかった衝撃だったんだけど、

人によっては衝撃に感じない人もいるみたい。。。



でも、ワタシは好きな作品です。

あんまりこれまでヨーロッパ映画が上位にくることってなかったんだけど、今年のベスト3には入ることになりそう、、、、。9つけてもいいかと思ったほどです。



今月末公開なので、けっこうもうすぐ。

charlotteさんの感想も楽しみにしてます

もう一回、観ちゃおうかな。
未だに悩んでいる映画です (たろ)
2006-04-11 14:17:51
こんにちは。

弊ブログへのコメントとトラックバック、ありがとうございました。

こちらからもコメント&トラックバックのお返しを失礼致します。



詳細な貴ブログ記事の文章を大変興味深く拝見させて頂きました。

僕は、ミヒャエル・ハネケ氏の作品を初めて観させて頂きましたが、エンディングの映像を見逃した事から、未だに映画の解釈を悩んでいます。

この作品は、非常に自由な解釈が出来る仕上がりであり、疑問点を確認するためにもう一度劇場で観直したい映画でした。



また遊びに来させて頂きます。

改めまして、今後共、よろしくお願い致します。

ではまた。



Unknown (baoh)
2006-04-11 22:29:31
早々に観られましたか!

記事拝見してて「ネタバレ」の文字が見えた瞬間、マウスグリグリ回して高速スクロールで回避しました(笑)



自分で見てからもう1回読ませてもらいますw



ふう~っ。スゴかった。 (えい)
2006-04-11 23:22:13
こんばんは。



いやあ、スゴい映画でしたね。

あのラストシーンに気がつくと

いろんなことが見えてきます。

なぜ、隠し撮りしているのに周囲は不自然に思わなかったか、

なぜ、息子は家出をしたか、そして母親の不倫を責めるのか

などなど。

でも、あの子供二人が知り合いでも、

どの程度、過去のことが伝わっていたかとかも「?」です。

それと、例の衝撃映像。

あれがリストカットならぬラストカット(最後のカット)とも取れて、

この宣伝文句の巧さに改めて感心しました。



たろさん☆ (mig)
2006-04-12 00:34:59
ご丁寧なコメントありがとうございます。



ラストは気が付かない人もやはりいるようです、

かなり引いたカットでしたからね、、、。



ワタシはかなり気合い入れて

さあーそろそろかなぁ、、、?なんて思って観ていたので

エンドロールがあそこでくるとは本当びっくりして

エッという感じ。

それか、、、、みたいなカンジでした。

是非、もう一度ご覧になって下さいー。

ワタシもまた観ようと思っています☆



baohさん☆ (mig)
2006-04-12 00:38:45
ほんと、ワタシがすきなタイプのストーリーでした☆



ただ、あんまり期待されてもこれのこと?と

なっても困るけれど、

よくよく考えると怖い話ですよ、かなり。



ハネケ映画祭にも行く気満々です。
えいさん☆ (mig)
2006-04-12 00:44:52
すごかったですー!

えいさんも衝撃だと言っていたし、

ワタシ的にも、なんだかスゴそうな匂いをカンジました(笑



しかし、本当にこんなことは起こるかもしれない気がして

ホラーよりも怖いです。



あの子供二人が知り合いでも、

どの程度、過去のことが伝わっていたかとかも「?」

ワタシもそこなんです、、、

やはりアルジェリア人が。。。。

そして息子。

そそのかされていたという気がします、、、。

語りあいたくなる作品はとても好みです。



公開したらもう一度観ます
ラスト... (隣の評論家)
2006-04-29 18:55:58
migさん、こんにちわ。

早速観て参りました。アタクシは、ラストを完全に見逃してしまったよーで。今でもアレやコレや考えてしまいます。それ程ハマったという事でもあるのですが。

記事にするのも、かなり苦労しました。パンフレットを読んでも余りスッキリできなかったし。公式HPを何度も覗いて、予告編映像も繰り返し見ては一時停止して。劇場には足を運べなくとも、必ずDVDででも再度ジックリ見ようと思っています。migさんの記事も、とても参考になりましたよ!これは、見た人だけが「見てない人」を交えずに色々と語り合える素晴らしい作品だと思いました!
隣の評論家さん☆ (mig)
2006-04-30 03:52:18
こんにちは♪



わぁお、コメントありがとうございます!

パンフ買われたんですねー、

実はワタシも観てきたんです、2回目!

先ほど2度目のネタバレレビューを軽く書いたので

良かったら読んでみて下さい★



ワタシはパンフ、見るのすら忘れちゃいました、、、、

観た後の話に夢中で、、、(笑



レビュー、参考になってましたか?

嬉しいです



ほんとう、観た後で色々話合ったり、考えさせられる映画ほど楽しいものはないですね♪

post a comment