半透明記録

もやもや日記

『アルケミスト』

2006年11月22日 | 読書日記ーラテンアメリカ
パウロ・コエーリョ 山川紘矢・山川亜希子訳(角川文庫)


《あらすじ》
羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。
長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。
「何かを強く望めば宇宙の全てが協力して実現するように助けてくれる」
「前兆に従うこと」
少年は、錬金術師(アルケミスト)の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。


《この一文》
” 老人は話し続けた。「結局、人は自分の運命より、他人が羊飼いやパン屋をどう思うかという方が、もっと大切になってしまうのだ」 ”


お友達のKさんが、「すっごいポジティブで感動的な名作だから読んで」と言って、この本を下さいました。パウロ・コエーリョは、私はかつて自分でも『星の巡礼』を買って途中までは読んだのですが、なんとなく最後まで達することができず、そのまま放ってありました。しかし、『アルケミスト』の方は、Kさんからあらすじを聞いてみて、面白そうだなーと思って読んでみたら、すんなり最後まで読めました。しかも、非常に面白かった……! たしかに「ポジティブ」だ! こりゃすごい。

あらかじめ大方のあらすじを聞いてしまっていた(結末も知ってた)にも関わらず、物語は非常に魅力的なものでした。なんだ、この読後の爽快感は。あ、高揚感もある。人生って素晴らしいな……。と、まあ、私は人並み以上に単純なせいもあるかもしれませんが、とても感銘を受けてしまいました。ほんとポジティブだなー。夢と希望が満ち溢れています。要所要所がいちいち激しくロマンチックだし。

物語の魅力としては、内容の前向きさに加え、文章の読みやすさというのもあるでしょうか。ほとんど童話のように読めます。割と短いですし。
「○○のための△つの方法」みたいな本を読むよりも、なんというかダイレクトに心に響くのではないでしょうか。そういうのを読んだことがない私が言っても説得力はないかもしれませんが、少なくとも私にはかなり響きましたね。


そうだ。思ったように物事が進まなくても、大丈夫なんだ。宿命の星が輝いているのが見えている限りは。それを忘れてしまわない限りは。


というわけで、私はますます「巡り合わせ」というものを信じるようになりました。今、このタイミングでこの物語を読むことになったのも、幸運な巡り合わせです。これだから面白い、私の人生は。
Kさん、素敵な本をどうもありがとうございました♪
『星の巡礼』もそろそろ読んでみようかな。

最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (piaa)
2006-11-22 22:41:33
 コエーリョといえば、去年「ピエドラ川のほとりで私は泣いた」を読んであんまりピンときませんでした。なんというか大人の男が読む本じゃないって印象だったんですが…
 こっちのほうが物語的には面白そうですね。

 私の方はいま第2期南米シリーズ中。いよいよ本を買う資金が枯渇してきたのでついに図書館通いをする事にしました。
 ところでそろそろ「百年の孤独」を読もうと真剣に思っているのですが…
Unknown (ntmym)
2006-11-23 08:03:15
piaaさん、こんにちは!

私も『星の巡礼』の時は、どうもピンとこなかったのですが、『アルケミスト』は面白かったですよ。ロマンがあって。おすすめです~♪

そして、私のほうも本を買う資金が底をついていますね…; マルケスでさえ、いまはなかなか手が出ません。なんてこった! とりあえず借りてこようかなー。

piaaさんのとこの図書館は見るからに立派そうでしたね~。いいなー、行ってみたい。私のとこの図書館も(蔵書数は)かなり立派なんですけど、よその地域の図書館って、興味ありますよね~。三島図書館にはすごい行きたい(『ラドガ壊滅』があるっていうし)。

『百年の孤独』は、私も実は昨日あたりから読もうという気になっていたのですが、まだ読んでません。来年になるかなあ……。piaaさん、先に読んじゃってください。
Unknown ()
2006-11-26 21:57:53
アルケミストはことあるごとに読んで
ブログ読んだらまた読みたくなってしまいました

ちなみにピエドラ川のほとりで私は泣いたを
やっと一ヶ月ほどまえに読んで
女の人は読むといいんじゃないかって思います

男の人がこれをよんでどんな印象をうけるのかは
ちょっと想像できないかも


アルケミストよむと心が洗われる気分
ってのを味わえるとこがすき!
Unknown (ntmym)
2006-11-26 23:06:42
丑さん、こんばんは!

たしかに『アルケミスト』は読むと心が洗われますね~。
爽快~。なんか元気が出ます。

『ピエドラ川…』はどうなんですかね? タイトルは面白そうなんですよねー。
『アルケミスト』のおかげで、コエーリョは私には合わないかも…という苦手意識がすっかりなくなったので、そのうち読んでみたいと思います!

コメントを投稿