ナミちゃんアラカルト

お菓子・パン作りに勤しむ猫好きな主婦の気まぐれ日記

塩昆布入りボンデケージョ

2019年06月15日 15時38分11秒 | パン

今日は朝から雨模様で小寒いです

ですがパンを焼くには快適温です

 

まずはカンパーニュを発酵してる間に発酵要らずのポンデケージョを焼きあげました

ここで大発見

なんと生地を試しにスプーンですくって置いてみたら焼きあがりが丸くてデカイ

いつも手に油をつけベトベトになりながら丸めていたのは無駄だった

いまだに日々発見日々勉強です

 

一回目のボンデケージョが焼きあがったら最終発酵を終えたカンパーニュの焼成

クルミとキャラメルのチョコチップ入りのカンパーニュ

今回はちょっとクープの入れ方を工夫してみました

 

丸め要らずに気を良くして2回目のボンデケージョ製作中

はじめて塩昆布を投入してみました

塩昆布入りボンデケージョ

やっぱり見事に丸くなってます

チーズと塩昆布のコラボレーションの味は・・・

後から昆布の味が追っかけてくる感じで酒がのみたくなります

大量に焼いたので今回もお友達におすそ分けしました 

コメント

鯖缶の炊き込みご飯&シジミとトマトのスープパスタ

2019年06月09日 15時26分47秒 | クッキング

今年の健康診断で旦那サマがコレステロールがちょい高めと貧血と診断が出て

今までは正常値だったのが還暦過ぎてから怪しくなってきました

そこで旦那サマのためにコレステロール値を低くするため鉄分摂取を多く摂るため食事を改善

 

今日のランチ鯖缶の炊き込みご飯

鯖缶の汁にはドコサヘキサエン酸エイコタペンタエン酸が豊富で血液をサラサラ効果がありますから

コレステロールを下げてくれることが期待できます

 

水煮の鯖缶を汁ごと入れてるのが必須です

【材料】

  • 水煮の鯖缶   1缶
  • 塩昆布     適量
  • 米       2カップ
  • 酒大さじ2+醬油大さじ2+鯖缶の汁+水=2カップ

【作り方】

  1. 米を研いで笊に上げて釜に入れる。
  2. 釜にサバ缶の汁と調味料を入れてから目盛り2まで水を足す。
  3. 塩昆布と鯖缶の身をのせて炊く。
  4. 出来上がり。

おこげも出来て美味しそう

旦那サマのために作ったのにnamiがおかわりしてしましました

 

昨日の夕食は鉄分補給にレバニラ炒めひじきに煮つけ

さらにさかのぼって昨日のランチはシジミとトマトのスープパスタ

【材料】二人分

  • パスタ    140g
  • しじみ    1パック
  • トマト    1個
  • 酒      大さじ3
  • ニンニク   2片
  • 鷹の爪    1個
  • アンチョビ  少々
  • 醬油     大さじ1
  • 玉葱     適量
  • 人参     適量
  • パスタゆで汁 適量
  • 塩 胡椒   適量
  • オリーブオイル  

【作り方】

  1. フライパンにオリーブオイルを入れニンニクと鷹の爪を弱火で香りを出す。
  2. 野菜とシジミを酒を入れ蓋をしてシジミの煮えたら調味して茹でたパスタをゆで汁を入れる。
  3. 仕上げに味を調えて器に盛り出来上がり。

アサリよりシジミの旨みがあるりますから

トマトの旨みアンチョビの旨みのトリプル作用です

シジミは冷凍しておくとより栄養価が高まりますから買ったら冷凍しておきます

シジミのタウリンはコレステロール値の減少鉄分も豊富ですから貧血予防にもイイですから

旦那サマにはもってこい食材です

スープを残そうとしたので飲み干して頂きました


ここ最近はコレストールと貧血を念頭に料理してます

コメント

簡単ブロッコリーのポテトサラダ常備食。

2019年06月03日 11時50分04秒 | クッキング

某テレビ番組で簡単に出来るブロッコリーのポテトサラダを見て早速作ってみました
なんと常備食で5日間は冷蔵庫で保存ができて使いまわしが出来るのでとっても重宝しました

簡単ブロッコリーのポテトサラダ常備食

 じゃが芋とブロッコリーを鍋で潰して調味するなんて大胆な料理法です

【材料】

  • じゃが芋
  • ブロッコリー
  • 胡椒
  • オリーブオイル

【作り方】

  1. 鍋でじゃが芋を茹でる。
  2. ブロッコリーをレンジで2分しておく。
  3. じゃが芋が柔らくなったら水を捨てて①の鍋にブロッコリーを加えて水分を飛ばしす。
  4. 鍋の中でつぶして塩、胡椒、酢、オリーブオイルで調味して冷ましす。
  5. タッパーに入れて冷蔵庫で保存。

酢が入ってるので冷蔵庫で5日間保存可能です。

常備しておけば忙しくても簡単にいろいろな料理に変身できます。

 

 さっそくチキンソテーの付け合わせ

新玉葱をちょい足しして味はシンプルにそのまま使用

仕上げにサラダにはマヨネーズ好みでかけて、チキンソテーはさっぱり大根おろしトッピング~

 

 翌日は牛乳とマヨネーズを足してエビとチーズをトッピングしてエビポテトグラタン

大根とカイワレにチキンとツナ缶のサラダを添えてワインで頂きました

チーズとワインはあいます 

 

 そして昨日は衣をつけてポテトコロッケ

コーンとマヨネーズを基本のポテトサラダにちょい足ししてオリーブオイルで揚げました。

副菜として大根と人参と鶏ひき肉としめじとさやえんどうにメープルシロップ酒と醬油で煮ました。

メープルシロップは天然甘味料で糖質制限している我が家にはしばしば登場します

和食だったからか旦那サマが日本酒を注いでくれました

 

今が旬の新じゃが芋を大量にあっても
いろいろアレンジ出来る常備食サラダにしておけば、ずぼら主婦namiには超ありがたい

小分けして冷凍保存してストックしておくともっと便利なのだ

コメント

らっきょう甘酢漬け漬け2019

2019年06月01日 16時17分44秒 | 漬物

我が家の健康食アイテムのらっきょうの甘酢漬けを昨日までに完了。

今年は12キロ漬け込みました。

 

友人がらっきょうを手ごろな値段で買ってすでに漬けたと聞き・・・

さっそく格安店を物色して数日前にキロ450円で2キロ買って予行練習に旦那サマと共同作業の夜なべして30分で完了

 

その3日後はさらに安くなっていて箱買いでキロ370円で10キロ購入

例年より1カ月も早いのにも関わらず昨年に比べたら100円も安い

異常高値の年の2016年は700円でしたから半額です

ほぼ底値で買えました

 

昨年は既成の甘酢タレを買って失敗したので・・・

自家製の甘酢の方が雑味がなくて美味しいので今年は初心に戻って甘酢を作りました

甘酢を作って冷まして夜本番に備えておきます。

 

友達から分業でやると早いよとアドバイスをもらい

はじめての分業での共同作業を旦那サマに提案

すると最初しぶっていた旦那サマも始めたら確かに効率よくて納得

実は夫の包丁扱いには毎年ハラハラドキドキで流血事件もあったくらいですから

今回はnamiがらっきょうの両端をカットして旦那が手でただひたすら薄皮剥きました

 お互いにアラカンなので無理せずに2晩かけて作りました 

 

1晩めは大阪なおみ選手の二回戦の全仏オープンテニスを観戦しながら

5キロを共同作業1時間半で終了。

なおみちゃん逆転勝ち

 

2晩めの昨日は錦織選手の三回戦をチラチラ見ながら

テレビ見ながら手元見ずに包丁使ってる私スゴイかも・・・

昨日も5キロを1時間半で終了。

錦織選手もフルセット逆転勝ち素晴らしい試合でした

 

 甘酢漬け作り合計所要時間は12キロを3時間半で完了

包丁係りと薄皮剥き係りの分業でスピートアップした感じでアッと言う間に終わりました。

一人だったら7時間掛かるところが半分ですから二人でやればとっても楽

 

今日は米粉入り食パンを焼きながら整理整頓してらっきょうの記念撮影

昼には食パンを焼けて美味しくいただきました

せっかくなのでらっきょうの甘酢漬けと米粉入り食パンも記念撮影しました

 

ラッキョウ漬けを冷蔵庫へ全て入れてすっきり。

全部入ったことがすごい

一ヵ月後にはらっきょう甘酢漬けを毎日食べられます。

でもこれだけ作っても我が家では1年分には足りません

どんだけらっきょう好きなのって

コメント

ランチは焼きたて総菜パン

2019年05月29日 14時26分49秒 | パン

今日は数日前の季節はずれの猛暑から比べ10度も低い。

涼しいくらいです。

パンを焼くには仕込み水温は常温でよし、発酵も早すぎず作りやすかったです。

9時にニーダーを回して12時に焼きあがるようにランチ用に作りました。

総菜パン久しぶりです。

成形や生地のカットグラム数やトッピング方法が毎回迷うところですが・・・ 

 50g 40g 35g で分割しておき4品成形して作りました。

 

 

フランクフルトロールパン(生地カット50g)

串付きのフランクフルトなので焦げないように安全策として串の部分をホイルで巻いておきました。

 

フランクフルトボート(生地カット40g)

数増しのためにフランクフルトを縦に半分に切ってみました

成形方法は棒状に伸ばして輪にして縦半分に切ったフランクフルトを中央に埋め込み最終発酵。

発酵後にケチャップとチーズをトッピングして焼成。

 

コーンパン(生地カット40g)

 旦那サマはコーンぱんが大のお気に入りでした

 

ヌテラ入りパン(生地カット35g)

最終発酵後に艶出しに卵黄を塗って中央にオレンジピールを埋め込みアーモンドスライスをトッピング。

お花みたいでしょ

甘党の旦那サマのためにチョコあんぱんもおまけに作りました。

 

昼にぴったり焼き上がりました

ランチに焼きたてパンを頂けて贅沢~ 

コメント

苺シナモンロールぱん

2019年05月26日 15時08分24秒 | パン

2ヶ月以上ぶりのブログ更新です

実は前回の更新直後に骨折して手術とリハビリ入院生活を余儀なくされ
やっと帰宅して只今リハビリ中です
退院した翌日からリハビリを兼ねてさっそく焼きだしました

 

苺シナモンロールぱん

苺の酸味とシナモンシュガーのマリアージュ良いかもと昨日閃いてしまい

作ってみたくて今日はチャレンジ

ありそうでなかったパンです。

苺を刻んでシナモンシュガーで巻き込むだけですから大したことではないのですが

今まで苺のシナモンロールは見たことなかったので

ありそうでなかったパンです

成形して発酵させて焼いて 

アイシングして完成

試食がワクワク

想像を裏切りません。苺の酸味が甘さとナイスコラボレーション

おすすめはコーヒーのお供です

酸味苦み甘味トリプル相乗効果です

新作パンなので友達にモニターになってもらうべくおすそ分けしました

どうだったかな・・・

コメント

銀鮭の豆乳シチュー

2019年03月15日 23時36分54秒 | クッキング

午前中は天気もよかったのに夜になって天気が急変
雨が降ったかと思ったら雷が鳴りだして不安定



寒かったので今日の晩御飯は 銀鮭のシチューにしました

なぜ銀サケかと言うと無塩銀サケを特売で買って冷凍しておいたのがあったからでした

【材料】4人分

  • 銀サケ 2切れ
  • じゃが芋 3個
  • 人参   1本
  • 玉葱   小2個
  • きのこ類 適量
  • 小松菜  適量
  • 小麦粉  大さじ2
  • 水    2カップ
  • 豆乳   2カップ
  • ブイヨン 2個
  • 生クリーム 適量
  • ワイン  1/4カップ
  • オリーブオイル バター
  • 塩 胡椒

【作り方】

  1. 鍋にオリーブオイルを入れて野菜類を炒め小麦粉を入れさらに炒め粉気がなくなったら水を入れる。
  2. 豆乳とブイヨンを入れて具が柔らかくなるまで煮る。
  3. 銀鮭をひと口大にカットして塩・胡椒して小麦粉をまぶしバターでソテーして 白ワインを適量入れて煮詰めてから②の鍋に入れる。
  4. 塩・胡椒で味を調え生クリームを加えコクを出して 出来上がり。


銀サケが 脂が乗っていて オイシイ

旦那サマも完食

肉やエビもいいけど鮭のシチューもおすすめです

コメント

米粉入りパン

2019年03月15日 15時14分00秒 | パン

今日は国産強力粉(春よ恋)米粉を入れてパン2品作ってみました

 

米粉20%入れて 山形食パン。

昼に焼きたてをスライスしてサンドイッチにして食べました 

     

トマト、シーチキンマヨ、水菜、目玉焼きをサンドしました

もっちりパンでウマウマ

 

米粉20%入れて胡桃&チョコ入りパン。

 胡桃とチョコチップを入れてもちっちりパンに仕上がりました

おやつパンです 

コメント

≪3日目≫ 鬼の洗濯岩~鵜戸神宮(宮崎県)

2019年02月27日 16時27分58秒 | 

 ≪3日目≫

最終日にやっと朝から晴れました

霧島温泉

 

霧島神宮(坂本龍馬ゆかりの地) 

南九州屈指のパワースポットとして知られる「霧島神宮」 

閑寂な老杉の濃い緑に包まれた参道・境内を抜けると、格調高い朱塗りの社殿の荘厳かつ豪華絢爛な姿があらわれます。

建国神話の主人公である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を祀った霧島神宮は、創建が6世紀と古い歴史を誇る神社です。 

現在の社殿は1715年に島津家の寄進によって建てられ国の重要文化財の指定も受けています。

 

 


 


ひときわ御神木が目を惹きます

ここはなんと坂本龍馬とおりょうが新婚旅行に立ち寄ってるそうです

 

朝から快晴で神宮内の華がいちだんと美しいです 

2月なのに桜満開みられてウレシイ

 

青島神社(宮崎県) 

 

 

青島の中にある神社で、縁結びの社として知られています

 

 

 

 

 

鬼の洗濯岩 


巨大な葉上の奇岩群は圧巻でした

 

 さすが南国宮崎です気温は上昇して暑いくらい

 

最後は鵜戸神宮(宮崎県) 

「鵜戸さん」と親しみを込めて呼ばれる宮崎県南で最も有名な神社。

 

洞窟に鎮座する朱塗りの本殿

 

男性は左手、女性は右手で願いを込めながら運玉を投げ、亀石と呼ばれる岩の枡形に入れれば願いが叶うといわれています。

やってみましたが・・・旅友夫婦も旦那サマも入ったけどnami は不発でした

岬のまわりには奇岩、怪礁が連なり太平洋の荒波が打ち寄せて、美しい景勝地となっています。

 

 宮崎空港へ

 

夕日のなか宮崎を離陸

1時間半のフライトで 無事に羽田空港。

初めての念願だった南九州の旅完了。

2月でも花が咲き誇り日本が細長いと実感

南国鹿児島宮崎を満喫しました

コメント

南九州の旅≪2日目≫ 西郷隆盛ゆかりの地

2019年02月26日 09時29分32秒 | 

 ≪2日目≫

指宿シーサイドホテル泊。朝起きるとやっぱり雨模様

せっかくのシーサイドなのに夕日も朝日も見る事できませんでした

でも風景は南国です

雨の中を出発

 

屋久杉工房

屋久杉(やくすぎ)は、屋久島の標高500メートル以上の山地に自生するスギ。狭義には、このうち樹齢1000年以上のものを指し、
樹齢1000年未満のものは「小杉(こすぎ)」と呼ぶ。
一般に、杉の樹齢は長くても500年程度であるが、屋久杉は桁外れに長い。

ちなみにこの杉は無造作に軒先に置いたあったのですがなんと樹齢3000年だそうです

さすが薩摩焼酎の試飲スペースがあります

 酒好きにはたまりませんさっそく試飲させていただきました

 

さつまあげ・かるかん店


 

鹿児島名物かるかんの名前は聞いたことありましたが食べるのははじめてでした

 

城山展望台 

生憎の雨模様で展望台は残念ながら桜島を見る事が出来ませんでした 下方なく看板の写真を撮りました

まさにここは西南戦争の激戦地西郷隆盛終焉の地

車窓から西郷隆盛たちが立てこもっていた洞穴がありました。

明治10(1877)年2月、鹿児島城下を出発した薩軍ですが、九州各地で転戦したのち、8月に解散。
その後西郷隆盛の一行は九州の山間地を越えて鹿児島を目指し、9月1日、再び城下に戻り、城山に立て籠もりました。
西郷が最後の五日間を過ごしたのがこの洞窟と伝えられています。 

 

仙厳園 2015年には、「明治日本の産業革命遺産」として園一帯が世界文化遺産に登録されました。

 まだ2月末だと言うのにさすが南国、梅や桜が咲き誇り、春の訪れを感じさせてくれました

 

 関東はまだ花は咲いてませんがさすがここは南国です

 

仙巌園の正門 29代島津忠義が造らせました。

 

不思議な掛け声が聞こえてくるのが示現流・自顕流展示室。門外不出と言われた薩摩の武士道について、映像を見て学べます。 

旦那サマ侍になったつもりで叩いてます

 

 獅子乗大石灯籠。石灯籠の上に獅子が載っていることからこう名付けられています。獅子は桜島の方角を向いています。

 

御殿前庭 仙巌園の一番奥には見晴らしのいい広場がありました。

ここは桜島の撮影ポイントなんですが生憎の天気で・・・

でも雲間から桜島がちょっとだけ見えました

 

ここはNHK大河ドラマ「西郷どん」のロケ地にも使われてました

この庭の前方に目をやると遠くに千尋巌の3文字が刻まれているのが見えました

 

11メートルある巨岩に、これは27代斉興の代に、延べ3900人が3ヶ月かけて刻んだものです。

命がけですよね


錫門

 

江戸時代は藩主とそのお世継ぎだけが通ることを許された門です。

でもしっかり通らせていただきました

 

石階段

 

 ロケ地で記念写真パチリ

 

曲水の庭

川の流れに杯を浮かべ、雅やかな正装で和歌をよむ「曲水の宴」が催されていました。
実はこの庭は、長い間火山灰などで埋まっていたのですが、昭和34(1959)年に発掘されとな。


NHK大河ドラマ『西郷どん』の第一話で、子ども時代の西郷少年(吉之助)が他の子どもたちとお菓子を盗みに入ったときに
通った場所です。屋敷の人に見つかって、川を通って逃げたところ

そして大砲の実験をしている島津斉彬に出会います

仙巌園内のいたるところがロケ地に使われているので、『西郷どん』を見ている人にとってはより興味深く楽しめます

 

 仙巌園の隣には、尚古集成館(しょうこしゅうせいかん)という島津家の歴史や近代化事業を紹介する博物館がありました。


錦港湾ミニクルーズ 鹿児島港~桜島港へ

バスごと乗り込み、束の間の船内で一息 残念ながら桜島まったく見えず

 

桜島溶岩道路

 

 

昼食で旅の駅物産館へ

展望台に上がるとデカイ薩摩大根が

 

トリック写真で記念撮影してみました

 

壺畑の見学  1年もの3年もの10年もの試飲する事が出来ました

黒酢はnamiにとって唯一の健康アイテムですから興味深々でした 

 

2万個の壺が並んでいて壮観でした

 バスの乗ろうとしたら野良猫発見

 

霧の蔵ブルーワリー  本格芋焼酎の工場見学

この工場は昨年の10月に新装オープンしたばかりでピカピカの工場でした 

 

 工場見学後は黒霧島、赤霧島など本格焼酎試飲三昧 

 

最後の宿泊地は霧島温泉 

ホテルの売店でも焼酎の試飲コーナー発見

ここでもみんなで試飲しまくりです

 

つづく。

コメント