銀河後悔日誌、つぶやき

2017年10月22日より新発足しました。よろしくおねがいします。

未来へ

2006-09-24 22:19:28 | 大相撲観測日誌
 ついこないだ初日を迎えたと思ったら、あっという間に千秋楽。まあ、毎場所同じなんだけど…。

・十両
 大真鶴勝ち越し。上林勝ち越し。玉力道勝ち越し。新十両の栃煌山は9勝目。武雄山がついに初日。皇司が敗れ優勝の権利を喪失、北勝岩十両残留決定。北桜10勝目。時津海勝ち越し。豊桜が3敗の隆乃若を破って11勝4敗で並ぶ。これで決定戦が確定。安壮富士が勝ち越し、夢の新入幕を決めた。猛虎浪負け越し。

 序二段と十両は優勝決定戦が行なわれた。十両、本割で敗れた隆乃若は、豊桜を破って初優勝。

・幕内
 西十両3枚目の片山は霜鳥に敗れ、8勝7敗で終わった。
 西十両筆頭の鶴竜は9勝目、新入幕に太鼓判。
 西十両2枚目の潮丸、昨日に続いて電車道で寶智山を寄り切り。こちらも再入幕は確実。
 嘉風(東12)が5勝目を挙げ、幕内残留? 朝赤龍は負け越し。千秋楽7勝7敗の場合は、大抵勝ち越しを決める場合が多いが…。
 豪風が10勝目、高見盛はあっさりと無念の負け越し。千秋楽7勝7敗の場合は、大抵勝ち越しを決める(以下同文)。
 垣添の叩きに、栃乃花は簡単に落ちて負け越し。千秋楽7勝7敗の場合は、大抵勝ち越しを(以下同文)。
 土佐ノ海にも分があったが、旭鷲山の緻密な計算(?)に敗れて負け越し。千秋楽7勝7敗の場合は、大抵(以下同文)。
 琴奨菊がいつの間にやら10勝目。敗れた豊真将は負け越し。千秋楽7勝7敗の場合は(以下同文)。花道モニターで師匠と一緒に敗因を分析。来場所こそは!
 新入幕の琉鵬は4勝目を挙げて終戦。まあ、今日は良い相撲だったから…。
 安馬は北勝力を破り、11勝目。初の敢闘賞を受賞。来場所も楽しみ!?
 岩木山も10勝目。

 白露山が5勝目、玉春日は結局1勝のみ。
 不戦勝の稀勢の里を除いて、“五分五分軍団”最後の砦は栃乃洋。こちらは勝てるかと思ったが、吉田アナがあまりにしつこく「ここまで7勝7敗の力士はみんな敗れている」と繰り返す声が届いたか、出島に敗れて負け越し。千秋楽7勝7敗の(以下同文)。こういうこともあるんだねえ…。
 黒海を破って、安美錦が11勝目。3回目の技能賞に花を添えた。西3枚目だが、三役は微妙。
 好調の普天王が休場し、五分だった稀勢の里は勝ち越し。これによって三賞受賞の資格が生まれ、当然の如く殊勲賞を受賞。これは強運。しかし関脇は空かず、悲喜交々来たり。
 雅山は脅威の粘りで9勝目。あれだけ序盤に好調でも、最後は8勝7敗に持ってくるのが琴光喜クオリティ。ここだけ見ると賞賛に値…はやっぱりしないね。

 毎場所恒例、それぞれに個性があふれる三役“揃い”踏み。

 大関と前頭筆頭の対戦だが、見事な相撲で筆頭の露鵬が10勝目。栃東は9勝6敗で終戦。
 昨日“殊勲”の千代大海、今日は琴欧州に良いところなく敗れ、ともに10勝5敗。

 懸賞が上限いっぱいの50本付き(森永賞も含め、計51本)、堂々巡りは3周に及んだ。それはともかく、敗れはしたが、白鵬にとっては今場所屈指の好取組。しかし、勝てない。8勝7敗で終戦。結局朝青龍は13勝2敗で場所を終えた。


 表彰式。内閣総理大臣賞は、自由民主党総裁に就任した、安倍晋三内閣官房長官が授与。通常は副長官が授与するわけだが、官房長官が授与している場面は見たことがない。明後日には内閣総理大臣に就任予定だが、結局小泉総理大臣は最後は次期総理に譲り、表彰式には来なかった。
 ちなみに、安倍さんが前回来たのは、官房副長官時代で、自由民主党幹事長に就任した直後だった。今となっては懐かしい。次にくる時は!?


 各段の優勝者は下記の通り。

・幕内
◎2敗:朝青龍(横綱) 18回目

・十両
◎4敗:隆乃若(東8) 初

・幕下
◎全勝:澤井(西6)

・三段目
◎全勝:若三藤(東18)

・序二段
◎全勝:時大竜(西15)

・序ノ口
◎全勝:倉園(西2)


 三賞受賞者は下記の通り。

・殊勲賞
 稀勢の里 初

・敢闘賞
 安馬 初

・技能賞
 安美錦 3回目


 ちなみに、関脇以下の最優秀成績者は安美錦が2度目の“受賞”となった。賞品は特にないが、まあおめでとうございますってことで(笑)。


 恒例の“希望番附”は、都合により次回の記事で発表予定。ということで、今場所の記事はもうちょっと続きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

人気blogランキングへ

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大関が横綱に勝っても金星に... | トップ | 夢の番附 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
終わってしまいましたね (出人)
2006-09-25 10:01:05
なんか、今場所だけでなく、ずっと見てきた夢が終わってしまったって感じです。



白鵬が横綱になれなかったこと、再スタートが残念です。これが現実なんでしょうけど。



7戦7敗の連続敗退は、笑ってはいけないんでしょうが、ま、ちょっとした楽しみでした(笑)

そうそう (出人)
2006-09-25 10:03:27
書き忘れました。



にほんブログ村ですけど、先日「格闘技カテ」のサブカテゴリに「相撲」ができました。今登録はわたしんとこだけなんですけど。カテ移ったからどうってことはないと思いますが、一応お誘い。来場所から考えてみて~。
希望を持って (紅葉橋律乃介)
2006-09-25 23:44:11
 今場所もありがとうございました。



 ゼロからではなく、一あるいはもっと上からの出直しです。そう考えましょう。

 吉田アナがあんまり「7勝7敗の呪縛」って言うから、わたしも書いてしまいましたよ(笑)。こういうこともあるんですね。



 サブカテゴリの件は読みました。バナーも出来てるんですよね。

 うちは「その他スポーツ」に入ってるんですが、やはり「格闘技」なんでしょうね。検討してみます…。
Unknown (さわでぃ)
2006-09-26 02:17:29
トラバありがとうございます☆



>最後は8勝7敗に持ってくるのが琴光喜クオリティ

にハマりました(笑)。

大関横綱と期待された頃が懐かしい。

ほんと、こんなはずじゃないのになぁ。



吉田アナの呪縛ネタ、

あたしも書こうと思いましたが

長くなったのでやめました。

ちなみに実況では吉田さんが一番好きかもです。

声が渋いのと、

北の富士さんと堂々(?)渡り合えるところがいいっす。

また遊びにきますね~☆
番付 (tweety)
2006-09-26 07:36:39
安美錦関と露鵬関の番付・・何とか役がつくといいんですけどね・・

張り出しになりますように
変なクオリティ (紅葉橋律乃介)
2006-09-26 23:55:17
◆さわでぃさん

 琴光喜本人も、8勝7敗続きで「記録なんじゃないの?」と言ってるとか。これじゃあ上は無理だ(笑)。



 吉田さんはちょっと暴走気味なんですけどね。デーモン閣下の時は、公表してないはずの“世を忍ぶ仮の”実年齢を公表しちゃったし。

 藤井・舞の海と並ぶ吉田・北の富士の凸凹コンビに期待です?!





◆tweetyさん

 張り出しはないです。これはスペースの問題なんでしょうね。なるべく大枠は広い方が良いでしょう。

 露鵬はともかく、安美錦は小結に上げたいです(笑)。

コメントを投稿

大相撲観測日誌」カテゴリの最新記事