花ごよみ

映画、本、写真など・

不都合な真実 

2007-01-18 | 映画
 
地球の危機について訴える
ドキュメンタリー映画です。 

アメリカの元副大統領、アル・ゴア氏が
地球を救うため、環境問題に関しての
スライド講演を世界で開催。
 
地球の温暖化によって
人類滅亡の危機を解決するためには
どうしたらいいのか。 

人々の意識改革を進めて行くための 
メッセージを送っています。 

学校で、授業を受けているような感じで、
だんだんまぶたが重くなってきて、
困ったものだと思いながらも、 
ついこっくり…。

内容はいままでテレビや本などで
多少なりとも、
聞いたり見たりしていて、
驚く程、衝撃的だとは 
感じとれなかったのですが、
アメリカでは、
ドキュメンタリー映画史上、 
記録的大ヒットだそうです。

不都合な真実。 
誰にとっての不都合なのか?
京都議定書を批准しない国。。。

このまま進んでいくと 
地球はどうなっていくのか? 

悠長に構えてる時ではない。

地球環境の非常事態。
 
国際間の紛争だけが
世界の問題ではない。

起こりえる人類滅亡の危機を 
回避するための
問題提起をしています。


1月20日ロードショウ公開






コメント (4)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
« つぼみ!(梅、カランコエ、... | トップ | 墨攻&生アンディ・ラウ!! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日の予告 (よりりん)
2007-01-18 18:59:44
TBありがとうございましたw
これ、昨日「ラッキーナンバー7」上演前の予告でやっていました。
そういえば、ニュースで、数年ぶりに世界終末時計が2分進んで、人類滅亡まで5分になりましたね。
京都議定書を批准しない国の原子力科学者会報が、こういうことやって環境問題への対応を訴えていることに、矛盾を感じますが・・・苦笑。

ところで、「ラッキーナンバー7」は、急に休みになったもぐらどんも一緒に見に行ったのですが、彼のほうが、めっちゃはまってました。
おもしろかったけど、そこまで言うほど?と思いましたが、よく考えたら、彼と私は映画の趣味があわないのだった・・・爆。
よりりんさんへ☆ (kazu)
2007-01-19 00:52:46
こちらこそTBありがとうございました。
そうですね。京都議定書を批准しない国が
環境問題を訴えても説得力に欠けますね。

もぐらどん、はまってしまったんですか(笑)
気持ちはよ―く分かりますよ。
私もああいう映画好きなんです。
映画の趣味ってなかなか一致するのは
むずかしいですね。

こんばんは! (由香)
2007-02-07 22:01:35
kazuさん、こんばんは!
考えさせられる映画でしたね。
地球温暖化が深刻な問題である事を改めて認識しました。
ゴアの長年の活動には敬意を表しますが、日本だけでなく、アメリカや中国に、もっと意識してもらいたい問題ですね。
とりあえず、個人的には小さなエコから実践できたらな。。。と思っています。
由香さんへ☆ (kazu)
2007-02-07 23:38:50
こんばんは~!
TBありがとうございました。
ほんとうにアメリカと中国が
協力しなければ前へとは進みませんね。 
産業界が意識を改革しないと…。
一旦溶けた氷は二度ともとには
戻らないですものね。
 

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

映画:不都合な真実 (駒吉の日記)
不都合な真実(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「地球は人類唯一の故郷」 環境問題と聞くといつも 「大きな池の中に睡蓮が植えてあります。睡蓮の葉は毎日倍増えていきます・・・まだ半分、と思っていたが翌日には池全体を覆い池の中の他の生物を窒息させてし ...
不都合な真実 (悠雅的生活)
人類唯一の故郷、地球が悲鳴を上げている。今、わたしたちにできることは?
不都合な真実 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】星取りはなし 地球人なら観るべき映画 
不都合な真実 (古谷千秋の食い倒れ日記)
前から予告編で気になっていた『不都合な真実』を観に行った。日曜日にはTOHOシネマズ5館でエコサンデーとして500円で上映中。
地球温暖化の元凶はアメリカの国益? (かきなぐりプレス)
去年の記録的な豪雪から一転、今年は記録的ともいえる暖冬。まったく雪が降らない。各地のスキー場は雪不足から営業ができない状態だ。 冬の風物詩である榛名湖のワカサギ釣りは湖面に氷が張らないために中止。岩手・雫石の雪まつりは会場は地肌が見え、近くのスキー場...
つべこべ言わずにコレを見よ!【不都合な真実】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「一瞬だけ大統領になったアル・ゴアです」 という自虐ネタから始まる「不都合な真実
不都合な真実 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『地球温暖化』が、身近な言葉になって久しい。だが、深刻であるはずの問題を、ただのスローガンにしてしまいがちなのも事実かもしれない。そこで、この映画は観なくちゃな。。。と、重い腰を上げた。【内容】人類にとってただ一つの故郷である地球は、今最大の危機に瀕...
★「不都合な真実」 (ひらりん的映画ブログ)
近くでは「TOHOシネマズ川崎」でしかやってなかったので、 やっとタイミングが合って、見ることが出来ました。 アメリカ元副大統領アル・ゴアの環境問題講演会のドキュメンタリー。
ドキュメンタリー映画「不都合な真実」を観た! (とんとん・にっき)
アメリカの元副大統領、アル・ゴアの環境問題に関する講演の記録を紹介しながらの約1時間半のドキュメンタリー映画です。2000年の大統領選挙で得票数ではブッシュを上回り、なぜか最終的にはブッシュにその座を譲りました。今、大統領選挙をやったら、当然、ゴアが勝つと
不都合な真実 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
勉強したなぁと思わされる作品でした。映画を観るというよりは、ゴアさんの講演会に参加するという感じ。映像にも、ゴアさんの講演の聴衆の姿がありますが、自分もその一部になっている印象です。 様々なデータを駆使し、地球温暖化の原因を示し、現在起こっている現象...
不都合な真実(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
たまには、地球環境のこともお勉強しなきゃね。。。ってことで 「不都合な真実」を観ることにしました。 ( → 公式HP  ) 出演:アル・ゴア 上映時間:96分 アメリカの元副大統領アル・ゴアが、温暖化へと突き進む地球を憂い、温暖化によって引き起...
「不都合な真実」みた。 (たいむのひとりごと)
アル・ゴア氏の『地球温暖化講座』と氏の『自分と環境問題への取り組み』についての語り、とを交互に見せるドキュメンタリー作品。講座の内容は興味深いものの、少しでも「地球温暖化現象」について知っている人であれば、愕然とするような”新事実”という
「不都合な真実」 何かを祈るときは行動すべし (はらやんの映画徒然草)
勤めているのはどちらかというと古いタイプの会社なのですが、僕が記憶する限り初めて
「不都合な真実」 (こだわりの館blog版)
?? 「不都合な真実」の『不都合な部分』。 2/17 TOHOシネマズ府中 にて 監督:デイヴィス・グッゲンハイム 出演:アル・ゴア(ドキュメンタリー) 前から見たかったのだけど、なかなか近くで公開されない。 銀座で見るのも、ましてや六本木に出るのも面倒...
挫折から生まれた強い信念と優しさ。『不都合な真実』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカの元副大統領アル・ゴア氏が、地球温暖化によって引き起こされる数々の問題を説くドキュメンタリー映画です。
映画「不都合な真実」を観て (Kirkの独白)
 先週末、京王線府中駅のすぐ南側にあるモール「くるる」の5階にあるシネマコンプレ
一瞬でなく本当に大統領だったら? (My Favorite Things)
見終わった直後は、ちょっと呆然… というより、肌で感じている以上に、恐ろしいことになっている現状をそして未来を突きつけられて、こんなことやっている場合じゃないなぁ?と 今の自分の置かれている状況や、やっていることがとても馬鹿らしく思える…。 やはり「存在...
不都合な真実 (C'est Joli)
不都合な真実’06:米 ◆監督:デイビス・グッゲンハイム「ゴシップ」「トレーニング・デイ」(製作総指揮)◆出演:アル・ゴア ◆STORY◆二酸化炭素などの温室効果ガスが増えることで地球の気温が上がる「地球温暖化現象」。これにより海水面の上昇や異常気象、巨大ハリ...
不都合な真実 (Akira's VOICE)
地球は青い方がいい。
TAKE 63「不都合な真実」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第63回目は「不都合な真実」です。 この作品はですね、とにかく地球に住む全ての人に見て欲しい。 そして現実を直視して欲しいと心から願います。 これはまさしく映画仕立ての長編ドキュメンタリーです。 最近、純愛映画ばかり観てきた自分には久し...
不都合な真実 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  ドキュメンタリーというか、「温暖化」による地球の危機を訴えた「プレゼンテーション」である。プレゼンテーターは、米国の元副大統領アル・ゴアということで、データーは豊富で信憑性があり、話し方も大変判り易い。 不都合な真実 スペシャル・コレクター...
映画「不都合な真実」(2006年、米) (富久亭日乗)
 ★★★★☆  前米副大統領のAl Gore が環境保護を訴えた 講演を記録したドキュメンタリー。 原題は「An Inconvenient Truth」。 文明社会が排出する温室効果ガスで、 地球の気温は上昇する。 その結果、 北極、南極の氷は溶けだし、 海水面が上昇するなど、 環境は激変...