くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

捌きを下す!

2015-02-28 20:58:55 | Weblog
これまでさんざん食べ物の話題を書いてきましたが
恥ずかしながら初めて魚を捌きました。

私に捌きを受けた被告人、いや被告魚はイワシ。
スーパーで7尾400円、しかも新鮮ピチピチで売られていたのが運の尽きでした。
罪状は、澄み切った瞳、青光する体、「美しい」とすら思える裸体を公衆にさらしていたことです。
新鮮物陳列罪とでも呼べばいいのでしょうか。
もうすでに死んでいましたが、妻と相談した結果、死刑判決を言い渡しました。

我が家のキッチンに連行され、
まな板に横たわるイワシの目からは徐々に光が失われ、
会社員だった頃に社内でよく見かけた「死んだ魚の目」になりつつありました。

執行人はつい数分前にYouTubeで「イワシの捌き方」を見たばかりの私、
見よう見マネでイワシを処刑します。

ありのままの姿をしたイワシを前にして、
「今から生き物を解体するのだ」と、密かに胸が高鳴ります。
まずは頭部を切断。
赤黒い血がドロッと出てきますが、ここでひるんではいけません。
打ち首などは序の口で、これから八つ裂きの刑が始まるのですから。

お腹を切り裂き肛門の方まで刃を進め、
腹わたを掻き出していきます。

ついつい自分がこんなことをされたらと思うと、
何となくお尻がムズムズしてきてしまいますが、
そんなことを考えてる場合ではありません。

煮物にするのであればここまででいいようですが、
せっかく新鮮なイワシなので目指す所はお刺身です。
3枚におろして、要所要所を切り落として、皮を剥かなくてはいけません。
なんと猟奇的な刑でございましょう。

しばらく研いでおらず、すっかりナマクラとなった包丁で捌いたので、
切断面が多少ガタガタとなってしまいましたが、
無事に3枚におろすことに成功。
何とかお刺身の体裁にまで持っていくことができました。

ツマも大葉もなかったので、
皿に盛ったイワシには何の死化粧もしてあげられませんでしが、
その味は絶品の一言。
切り身で買ってくる刺身とは、瑞々しさが段違いでございました。

初めてにしては上出来と言っていいでしょう。
大岡越前も真っ青、遠山の金さんも裸足で逃げ出す、
歴史に残る名捌きとなったのでございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音無 | トップ | マッサン »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まいりました (KK)
2015-03-04 20:46:21
羨ましい限りです。キスやアジのフライぐらいはできますが、お刺身捌きはできません。主人は釣り好きで、魚を食べないくせに、捌ける本をくれましたが、見てもできないことはできないんだなー。私も、昨日イワシを購入しました。最近、スーパーでは数少なくなり、おなか出ししてありましたので、煮つけでいただきました。
Unknown (本人)
2015-03-08 10:44:46
KK様
我が家は揚げ物が出来ないので
フライを作れるのは羨ましいです。
お腹を出すまではとても簡単でしたよ。
イワシも徐々に高級魚になりつつあるのでしょうか。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事