くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

展示のお知らせ

2015-09-27 19:48:45 | Weblog
母校の多摩美術大学が創立80周年を迎えるそうで、卒業生を集めてホームカミングデーというイベントが催されるとのことです。

卒業生による作品展示も行われ、恥ずかしながら私もお招きにあずかっております。

10月の9日・10日に、八王子キャンパスのデザイン棟1階のギャラリーにイラストを飾る予定です。
プロダクトデザイン研究室のコーナーにイラストを展示するので、だいぶ場違いな感じかもしれませんが、興味のある方は見物にいらしてください。

展示に向けてのインタビューを受けました。

ホームカミングデーについては、こちら


コメント

大相撲

2015-09-20 11:17:24 | Weblog
先日、大相撲の9月場所を見物してまいりました。
以前にも一度見に行ったことはあるのですが、今回は友人のツテでとても良い席で見ることができたのです。
なんと最前列から2列目で、手を延ばせば審判の親方に手が届く距離でございます。
テレビに映ってしまいましたが、仕事関係の方に見られていないか、ちょっとドキドキ…。
ちゃんと仕事の合間に来ておりますよ!

普段は見られない至近距離、見上げるような角度、いつ力士が転がりこんでくるか分からない緊張感、力士の喘ぎ声や息使い、大変エキサイティングでございました。
間近で見る力士の身体は分厚くて、脂肪の下に潜んでいる巨大な筋肉が垣間見える度に、やはりアスリートなんだなぁと、繁々と観察しておりました。

しかしテレビや遠くで見ている時は、力士はみんなもち肌なのかと思っていましたが、近くで見ると意外とカサカサで傷んでいるようでした。
毎日裸で砂の上を転がっているのですから当然と言えば当然ですよね。
そんな肌質とやつれた顔を見ていると、この土俵に上がるまでの苦労が滲み出ているようでございました。

そんな力士たちの真剣勝負を、我々は幕内弁当を頬張りながら眺め、隣のおじさんはビールを飲み、後ろでは「引退しろ!」と野次が飛び交い、観衆は気楽なものでございます。

結びの一番は波乱の結果に終わり座布団が飛び交う事態に発展。
「座布団やものを投げないでください!」というアナウンスも、もはやダチョウ倶楽部の「いいか、絶対に押すなよ!」と同じニュアンスにしか感じられないな、と思いながら、
頭上から降り注ぐ座布団に備えて身をかがめているのでございました。
コメント

押忍!

2015-09-12 16:40:31 | Weblog
寝る前にお酒を飲む、いわゆる晩酌という習慣はあまり健康に良くないと聞きます。
しかし私などは、晩酌がだいぶ習慣づいてしまっていて、なかなかやめられなかったりしています。

職場と家が一緒なので通勤がないのは楽チンなのですが、仕事と余暇の境目が無いのがデメリットでございまして、寝る前にお酒を飲むことで気持ちを切り替えている面もあったりするのです。

でも本当のことを言うと、気持ちを切り替えるにはお酒じゃなくてもいいんです。
寝る前に何かしらの飲み物をのんびり飲むと、気持ちがホッとするのです。
理屈はよく分かりませんが、赤ちゃんがミルクを飲んで眠るようなものなのでしょうかね。

さすがに36歳も近づいてくると、ミルクという歳でもございませんので、最近はお酢を飲んでいます。
もちろんストレートではありませんよ。
スーパーで売っているリンゴ酢をソーダ水で割って飲むのです。

初めはちょっと小洒落た飲用のお酢を飲んでみましたけど、変にブレンドされていて甘いのと、少々お値段が張るので続きませんでした。
変にブレンドされたお酢より、お酢そのもの割って飲んだ方が、サッパリとしていて私の口に合うようです。

お酢とソーダ水のブレンド比がいまいち掴めず、初めのうちは散々な思いもしましたが、回を重ねるごとに良い割合も分かってきて、今ではなかなかの腕前になりました。
押忍!!
コメント

二八そば

2015-09-05 21:31:31 | Weblog
夏の麺類といえば素麺や冷やし中華が定番ですが、今年はどちらもほとんど食べませんでした。
その代わりによく食べていたのがザルそばで、それも銘柄は決まっており、「二八そば」を狂ったように食べておりました。

二八とは、つなぎのうどん粉とそば粉が2:8でブレンドされたそばです。
100%そば粉の十割そばだと麺がボソボソしているし、うどん粉の割合が高くても風味がなく、二八が実にちょうどいい具合なのです。
どこのスーパーでも売られている乾麺なのに、これがなかなかバカにできない味なのであります。

二八そばの魅力は麺そのものだけではありません。
残った茹で汁、いわゆるそば湯です。

そばの色に濁ったドロドロのそば湯がまた風味豊かでございまして、食後に2〜3杯はいただきます。
そば湯はお店で飲むもの、という思い込みを持っていましたが、二八そばを食べるようになってからはちょっと価値観が変わりました。

価格もお手ごろで調理も簡単。
家の常備食としてしばらく重宝しそうです。
コメント (2)