くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

災蚊

2011-09-30 03:28:40 | Weblog
もうすぐ10月ということで
すっかり夏も終わりって感じですけど
急遽決まった引っ越しやら何やらで
あっという間の季節でございました。

夏といえば楽しい思い出という印象がありますが
そこは人生というものですから
光があればそこに影があるわけでございまして
もちろん負の思い出も存在するのでございます。

夏の負の思い出、
それは毎年変わりません。
毎年同じ悲劇が繰り返されているのです。

それは、蚊です。

O型だからか何なのか知りませんが
私はとても蚊に刺されやすく、
大学生の時分には10分外に立っていたら
20カ所以上刺されたという記録を樹立したりしたものです。

ところがです。
この夏はそんな記録など
風で飛んでしまいそうな回数を刺されました。
メッタ刺しです。
猟奇的です。
人間に対する明確な殺気すら感じられました。

先日引っ越した新居の周りは
みっしりと草木に囲まれているせいか
膨大な数の蚊が棲息しているようでございまして、
間抜けな獲物が来るのを草葉の陰から
虎視眈々と狙っているのです。

虫よけスプレーなど一向に気にしない。
家を改装する作業でやむを得ず外で作業をした日には
あれよあれよと蚊が集まってきては
チューチューと血を吸っていきます。
手の甲に4匹の蚊が一度に集ってくるのです。

事後。
刺された跡は腫れ上がり、
不快な痒みをもよおしてきます。
あまりに刺され過ぎて皮膚がボコボコになり
もはや何かの皮膚病のようでございました。

なぜこんなにも蚊に刺されなければならないのか。
そんな「なぜなぜ分析」の答えなど見つかるはずもなく
ただただ虫刺されの薬を塗ってジッと耐える日々でございました。

一生の間に一定の回数刺されたら
もうそれ以上は刺されないルールに
してもらえないでしょうか。

ムヒ配合のバブが欲しいと切に願った夏でした。

コメント (3)

お引越し

2011-09-23 02:37:45 | Weblog
先週チラッと書きましたが
引っ越しをしました。

兼ねてから申し上げております通り
私は坂が多い街が好きなわけでございますが、
かといって坂が多ければ良いというわけでもなく、
坂が多くて道が狭く曲がっていて
且つそれほど歴史が古くない。
都心にそこそこ近い。

それぞれの理由は割愛しますが
そんな条件に当てはまる街というと
以前住んでいた小田急線の百合が丘
京王線の聖跡桜ケ丘
京浜東北線の山手、あたりでしょうか。
探せば他にもあるかもしれませんけど、
今の所この3つの街が住みたい街なわけです。

以前住んでいた百合が丘の物件は1Kだったため
仕事も睡眠も食事も全て同じ部屋で、
なかなか気持ちの切り替えが難しかったので
今年に入ってから手頃な物件を探していて
内見はするけど契約はしないという
不動産屋泣かせの行動を繰り返しておりました。

そんな折り、
この夏公開されたスタジオジブリの「コクリコ坂から」を見て、
舞台となった山手への憧れを強くしていましたら
山手に住んでいる友人から渡りに舟な話がありました。
なんと実家で持ってる一軒家が空いてるというのです。

もう少し広い物件に住みたいとは思っていましたが
まさかいきなりの一軒家?!
しかも初期費用や家賃も優遇してくれる?!

予想外の展開に少々迷いましたが
不動産との出会いは人と同様に縁でございますので
上手いこと上手い話に乗ってみることにしたのです。

この一軒家は築年数が推定40年程でございまして
所々床がブカブカだったり、蛇口から水が漏れたり、
収納を開けると虫が死んでいたりカビ臭かったりしますが、
何と言っても大変広うございまして、
しかも好きなように改装OKというステキな物件でございます。

まず手始めにリビング、キッチン、洗面所の壁に
珪藻土を塗ってみましたが、
なかなか良い感じに家らしくなってまいりましたよ。
他にもいじりたいカ所はたくさんあるのですが
体力、財布、仕事のバランスを見ながら
徐々に進めていきたいと思います。

当初は何もない夏かと思っていましたが
終わってみれば思い出に残る夏となりました。
願望は口に出してみるものですね。
コメント

携帯を紛失しました!

2011-09-19 21:37:58 | Weblog
先日あろうことか携帯電話を紛失しました。

日本はとても良い国なので
無事に警察署へ届けられていましたが、
残念ながら誰かに蹴られたのか車に踏まれたのか
液晶画面に何も映らない状態で発見されており、
データをコピーすることもできずメーカー修理へ。

部品交換の都合上、
アドレス帳はもちろんすべてのデータを消失しました。

くぬぎ太郎と今後も繋がっておいてやるよ、という奇特な方は
お手数ですが私の携帯宛てにアドレスと番号をお送りください。

よろしくお願い致します!
コメント

引越しました。

2011-09-16 21:12:35 | Weblog
つい最近横浜の山手にある一軒家に引越しました。
築40年とだいぶ古いですが
改装OKということで日々家作りに励んでます。

まだPCがネットに繋がっていないため、
携帯電話から投稿しております。

指が疲れてきたので、この辺で…。
落ち着いたらまたレポートします~。
コメント (4)

今週は

2011-09-06 21:10:31 | Weblog
今週のくぬぎのたろぐは
諸事情によりお休みさせていただきます。
ご了承くださいまっせ。
コメント (2)

2011-09-02 02:12:05 | Weblog
日中はまだまだ暑いですが
朝晩はだいぶ涼しくなってきた今日この頃
もう夏も終わりか、などと感慨深く思いながら
夜な夜な作業をしておりますと、
静寂を破ってベランダに蝉が飛び込んできてビックリします。

「ジ…、ジジジ…、ジジ…!!」と
息も絶え絶えに鳴いているところを見ると
もうそろそろ寿命を迎えるようです。

何もわざわざ我が家のベランダを
死に場所にしなくてもよさそうなものですが
本能で部屋の光りに寄せられてきたのでしょう。

蝉は生まれてから成虫になるまで
数年の月比を地中で過ごすため
世間では日の光を数週間しか見られない
かわいそうな存在とされていますが
家にいるのが好きな私から見れば
温々とした地中から外に出てこざるを得ない蝉は
何だか気の毒な存在に思えます。

鳴き声に関しても
基本的に求愛のためのものですから
もし蝉の言葉を解することができたら
「何とまぁ恥ずかしいことを大声で!」
と思ってしまうことでしょう。

蝉が嫌いなのかって?
特にそんなことは無いのですが
世の中を見る視点と性格がねじ曲がっているのでしょうね。

夜中にベランダに飛び込んでくる蝉は
明け方にはその姿がなかったり
ただの死骸になっていたりします。

姿が見えない場合は、
力を振り絞って再びどこかへ飛んでいったのか
何か他の生き物の餌食になったのか知りませんが
死骸になって落ちている場合は、
チリトリですくわれてベランダの前にある
草むらに放り投げられます。

もうちょっと丁重に葬ってあげてもいいような気もしますが
そこまでお人好しではないようです、私。

蝉の死骸をすくって放る時、
「もう夏も終わりだなぁ」と改めて思うわけです。

コメント (2)

タリーズコーヒー麹町店での展示は9/4(土)までです。

2011-09-01 10:23:30 | Weblog


ご好評をいただいておりますタリーズ麹町店での展示ですが、
終了の日にちが決まりました。

2011年9月4日(土)までです。

まだご覧になっていない方は是非!

■The Taro Works 3rd ~くぬぎ太郎の夏~
・6/1(水)~9/4(土)
・平日7:30~21:00
・土日祝日8:00~19:00
タリーズコーヒー麹町店
コメント

シルクが語る言葉展4

2011-09-01 01:32:04 | Weblog
ロンドンの教会に展示される
スカーフのイラストをご紹介。
第四弾。

-----------------------------------------------------
一羽の鳥が
はねを休めていた

最早
消えゆこうとする
夕焼けを背に
トルソーのように 孤高であった

吹きつのる野分の冷たさを
越えてきた山川の けわしさを
一声も鳴かなかった

トルソーの たたずまいで
鳥は
枯枝に侘しくうつむいていた

A bird
resting its feathers

Already
at its back
the sunset almost disappearing
it was isolated itself like a torso

Coldness of the winds blowing harder through fields
harshness of mountains and rivers that surpassed
never cried it of them

In appearance


コメント