くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生落花生

2014-09-26 11:22:55 | Weblog
ちょっと遅めのお盆休みということで、
妻の実家がある静岡県に行ってまいりました。

一泊二日の強行軍であまりのんびりは出来ませんでしたが
お墓詣りをしたり、農民市場に行ったり、伊豆に蕎麦を食べに行ったりしてきました。

特に印象的だったのは農民市場。
近隣の農家が作物を持ち寄って販売しているいわゆる直売所で、
地元で取れた珍しい野菜なども売られております。

新鮮な上に価格もだいぶお手頃なので、
日頃食べる食材をいろいろと物色しておりますと、
生の落花生が売られているではありませんか。

落花生といえば千葉県のイメージが強いですけれど
静岡県でも栽培されているんですね。
塩ゆでにすると美味しいらしいので一袋買ってみました。

通常スーパーなどでおつまみとして売られている落花生は
収穫後に十分乾燥させてから焙煎したものですが、
生の落花生は通常より少し早めに収穫してすぐに出荷されたもののようです。

なので中身はまだ豆ができておらずドロドロの液体が入っており、
普通に殻を割ると中身が飛び散ってしまうため
先端に小さめの穴を開けてチューチューと中身を吸っていただきます。

なんてことを書いたら本気で信じる人もいるのでしょうか。
本当のことを言うと中には白くてブヨブヨした豆が入っております。
殻自体も大量に水分を含んでいてとても柔かいので
乾燥した落花生よりも簡単に開くことができるのです。

殻を開く際にはヌチャッとした感触が指先に感じられ、
茹で汁なのか、元々落花生に含まれているのか知りませんが
謎の液体がボタボタとこぼれ落ち、
ヌラヌラと光り輝く白い豆が姿を現すのでございます。
さながらサナギを割って中の卵を食べるような感じですね。

食感は茹でた小豆や大豆のような感じで、風味はピーナッツ。
とても美味しいのでお酒のおつまみとしてあっという間に平らげてしまいました。

静岡県は私が住んでいる神奈川県のすぐお隣にある県ですが
気候や風土は結構違うものでございますね。
コメント

実家に帰らせていただきます

2014-09-19 19:35:31 | Weblog
今年は仕事のキリが悪くお盆にお墓参りに行けませんでしたので、
遅ればせながら明日から妻の実家がある静岡へ行って参ります。

思えば夏らしいことをほとんどせずに暑い季節が終わってしまい、
別に例年バーベキューとかサーフィンとかしてるわけではありませんが、
もう少しONとOFFの切り替えをしっかりしたいものだと思った次第です。

でも暑い日に外に出たら熱中症になってしまうので
過ごしやすいこれからの季節をしっかり満喫したいものです。
コメント

時は金なり

2014-09-13 11:49:58 | Weblog
こんな私でも、
仕事をしているとお褒めの言葉をいただく機会が稀にあります。
中でも言われて嬉しいのは「仕事が早い」という言い回しです。

この言い回しは、短い時間で仕事を終わらせるだけではなく、
そこにクオリティが伴っていないと言っていただけません。
単に時間が短いだけなら「仕事が雑」「やっつけ仕事」という評価になってしまうことでしょう。

デザインというと、
時間をかけてこだわる仕事という印象を持つ人も多いと思いますが、
仕事である以上は締切があるのでどこかで区切らないといけんませんし、
何よりも、編集者や企画者、クライアントなど一緒に仕事を進めている相手が存在しています。

私が仕事を早く進めることで、
相手に時間的な余裕を提供することができれば、
仕事全体のクオリティを上げる効果も期待できます。

デザイナーの仕事は個人の自己表現という面も多少あるでしょうけれど、
それがほぼ全てである芸術家とは違い、
商品の企画意図、仕事相手の思い、世の中のニーズと整合性をとることが
仕事のほとんどを占めています。

だからいたずらに時間をかけるよりも、
早め早めに仕上げて次のステップに回した方が
より良い結果に繋がっていくのではないかと思っています。

また、フリーランスで仕事をしていると、
報酬は時間に対してではなく結果に対して発生するので、
仕事を早く進めることはより多くの数をこなすことになり、
報酬が増えることにもなるという目に見えるメリットもあったりします。

でも早く終わらせることが目的になっては本末転倒。
時間はあくまで結果であって、
しっかりとこだわりを持つことが何よりも大事でございます。

コメント

仕事の合間に

2014-09-06 11:31:29 | Weblog
仕事で座りっぱなしのせいか、
それでは良くないと始めたランニングのし過ぎか、
いやいや上半身も鍛えなきゃと始めた腕立て伏せのやり過ぎか、
原因は定かではありませんが、
この所腰の調子が思わしくありません。

でも仕事中に疲れたら誰に気兼ねすることなく
床に転がってストレッチができるのは
在宅フリーランスの特権でございます。

腰を伸ばすストレッチをする様は
日本が世界に誇るDOGEZAのようであり、
イスラム教徒のお祈りのようでもあります。

毎日決まった時間にこういう姿勢でお祈りをするのは、
腰痛予防という側面もあるのだろうか…。

そんなことを妄想しながら遠くメッカの地に
思いを馳せてみたりするのでございました。
コメント (2)