くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010-09-24 06:50:40 | Weblog
何だかんだで気候も落ち着いてきているようで、
秋の気配はしっかりと感じられる今日この頃、
スーパーに並ぶ食材はすっかり秋モードです。

今年はイマイチ不漁だったようで
秋刀魚の値段が例年より少し高いようですが、
鮭は例年より若干お買い得のように感じます。
詳しくは知りませんが豊漁だったのでしょうか。

そんな鮭の刺身や切り身などを物色していると、
何やら見慣れない物体が目につきました。
淡いピンク色をした巨大なナメクジのような怪しげな風貌。
3~4本がピチッピチにパックされて並べられています。

こんな目立つ物体が
何故例年は目に入らなかったのかという程の存在感。
そう、それは鮭の白子という代物です。

この怪しげな物体はいったいどんな味がするのだろう。
量の割りには手頃な価格…

調理方法はまったく知りませんでしたが
気付いた時には既にカゴの中。
レジにて会計を済ませておりました。

家に帰ってからインターネットでレシピを調べてみましたが
特にピンと来るものがなかったので、
とりあえずニンニクと青菜と炒めて、塩コショウで味付けをしてみました。

ネットリとした舌触り、独特の臭み、ほのかに感じる鮭の匂い。
何だか鮭もどきの奇妙な味でした。
美味しいといえば美味しいのですが、ご飯のお供ではありませんね。
どちらかというと酒の肴という感じでした。
シンプルに焼いて、塩と何か柑橘系の果汁を
合わせるのが良さそうですね。

そういえば同じ売り場にイクラもたくさん売られていたことを思い出し、
イクラと白子を一緒に食べたら身体の中で何かしら起きるだろうかと、
馬鹿げた空想を巡らせてみたりしました。

自分の身体から鮭の稚魚が放たれ…、
大人になった鮭達は下水を溯上して…、
そしていずれ私の中へ産卵しに帰ってくる…!

あわわわ、この辺にしておきましょう。
コメント

3,4

2010-09-17 09:15:25 | Weblog
「3,4」という数字を見て、
ピンと来る方は相当な変態です。

これは何の数字かというと、
実は3年と4ヶ月という意味を表しています。
そうです、「くぬぎのたろぐ」が開設されてから
3年と4ヶ月という月日が経過していたのです。

おめでとうございます!
ありがとうございます!

しかし何故3年というキリの良い数字をスルーしたのでしょう。

もちろん決して忘れていたわけではありません。
皆さんのマニアぶりを試していたのです。
何も書かずとも「3周年おめでとうございます!」という
書き込みがされることを待っていたのです!!

などと小学生並の屁理屈をこねてみましたが、
すみません、完全に忘れておりました。

いかに日々のブログを無目的に惰性で書いているかがよくわかりますね。
このブログを一体何のために書いているのか、
その大いなる謎は未だに解明されてはおりません。

書き始めた頃は一週間誰も見に来ないこともザラでしたが、
類は友を呼ぶというものでしょうか、
見てくださる方も地味に増えているようで、
大変ありがたいこととは思うものの、
誰が何の目的で読んでいるのか甚だ不思議なものでございます。

自分で過去の記事を読み返してみても
何の一貫性もなく、食べ物の話が多いな、と思います。
時々自分で書いた文章に自分でウケたりして結構キモい感じなのですが
記事を書いた当時を思い出すと実に感慨深いものも多いです。

これからも地味に続けていく予定ではありますが、
今後の参考までに皆さんが気に入っている記事がありましたら
こっそり教えていただけないでしょうか。
もちろん叫んで教えてくれても構いませんが。

いつも読んでくれている皆様、
定期的にコメントをくださる皆様、
どうもありがとうございます。
今後もどうぞよろしくお願い致します。

【追記】
2,3ヶ月前からツイッターもやっております。
テキトーなつぶやきばかりですが
よろしければお気軽にフォローしてください。
私に対するイメージが壊れても知りませんけど。

http://twitter.com/taroworks
コメント (8)

ひまわり

2010-09-10 11:31:55 | Weblog
台風が来たときは若干涼しかったですが、
まだまだ暑い日々が続いております。
でも暦の上ではもう9月ですので、
秋に思いを馳せながら、
夏の記憶を振り返ったりするわけです。

今年の夏は何をしていたでしょう。
ただひたすらに暑かったことは身体が覚えていますが
生涯忘れないというようなイベントが
あまりなかったような気がします。

なんてことを書くと
何とももったいないような寂しいような話ですが、
でもまぁ、何事にも波というものがありますし、
世の中はすべて相対評価ですので、
平穏な夏があるからこそ、
イベントに満ちた夏も楽しめるというものです。

過去の夏を振り返ってみても、
まったく思い出に残ってない夏というのも何度かあります。
むしろそういう夏の方が多いかもしれません。
出来事は覚えていてもそれが何年前のことかは
きっちり覚えていられるものでもないですし。

私は子どもの頃の夏を思い出すと
必ずヒマワリの花が目に浮かびます。
多分小学校で2年生あたりが学校の花壇に植えるから、
毎年嫌でも目に入ってきたからでしょう。

小学校低学年の頃は、
自分の背丈よりも遥かに高いヒマワリを見上げ、
顔よりも大きな花がしおれて下を向いてくると、
ジャンピングアッパーをかまして種を落としていたものですが、
学年が上がり背も伸びてくると、
段々とヒマワリにも関心がなくなっていきました。

小学校を卒業すると身近にヒマワリを見る機会も減り、
福島の家を引っ越してからはほとんど見なくなりました。
今住んでいる地域にもヒマワリはあまり生えてないようで、
そういえば今年の夏は一度もヒマワリを見ていないような。

思い返せば今年の夏の印象が薄いのは
ヒマワリを見ていないからなのでしょうか。
いや見るも見ないも、あまり外に出ていないのか。
だって暑かったんですもの。
と、言い訳をしてみたり。

そういえば小学生の頃に家の花壇に植えたヒマワリが
2階の窓の高さまで成長したことがありましたが
あれは一体何だったのでしょう。
私にとって生涯忘れないヒマワリです。

何か老人の思い出話みたいになってしまいましたが
秋はもうすぐです。
美味しいものをたくさん食べるのです。
コメント

整体

2010-09-03 00:22:35 | Weblog
このブログをご覧になっている奇特な方々、
中でもずっとご覧になっているマニアな方々は、
もしかしたら疑問に思っているかもしれません。

最近話題に出てこないけど
くぬぎ太郎はランニングを続けているのだろうか、と。

ご安心ください。
細々と、細々と続けております。
雨の日も風の日も走ることなく、
天気の良い日の深夜に百合丘の街を巡回しております。

ペースとしては2週間に3回程度、
3~4キロの道のりをテケテケと走っているわけです。
それだけ続けていればさぞかしランニングフォームもサマになって、
どこぞの駅伝部かボクサーに間違われてるんじゃねぇの?
なんてことは思うなかれ。

情けないことに右ひざを痛めてしまい、
ランニングの回数も距離もペースダウンの一途を辿ってます。

小学校から大学までオーケストラと吹奏楽部一筋。
体育の授業も中学からは微動だにしていなかった私は、
そもそも身体を動かすことの基盤が全くできておらず、
ちょっと身体を動かそうとしただけでこの有様です。

流石にこのままではいけないと思い、
先週から近所の整骨院に通うようにしまして、
ひざのメンテナンスをしてもらいながら走ることにしました。

まだ効果はよくわかりませんが、
何やら電気を流したり、赤いランプを当てられたり、
ストレッチとマッサージを受けたりしております。
保険が効くので診療費もそれほど高くはありません。

まぁ、それはさておき、
初回の問診で先生から説明を受けたのですが
その中に「加齢とともに…」という文言が入っていたことに
私は少なからぬショックを受けました。

確かにこれからは身体が衰えていく一方でしょうけど
私は負けません!(何に?)

目指せ、心のアンチエイジング!
コメント (6)