くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リンリンハウス

2015-11-22 22:32:21 | Weblog
ブログ開始以来続けてきた週刊ペースを守りきれなくなってきております。
途中風邪をひきかけたりしましたが何とか踏みとどまり、今日も元気に仕事をしています。
相変わらず家から出られない生活が続いており、恐縮ながら今回も家の中の話でございます。

以前は猫のリンと同じ寝室で寝ていたのですが、夜中に布団に入ってきたり、すぐに出て行ったりで落ち着かず、さらには鳴いたり走ったりとやりたい放題で、人間の睡眠が妨げられておりました。
そこで今年の夏から別の部屋で寝かせるようにしたところ、意外に大人しく寝てくれたので、快適に眠れる日々が続いておりました。

しかい季節は進み部屋の温度が下がってくると、毛皮を着ているリンも寒くなってきたのか、一人では寝られないと騒ぎだしたのです。
睡眠の邪魔をされるのも避けたいですし、かといってリンが寒がるのも気の毒です。

考えた結果、リン用の家を作ることになりました。
(私は仕事があるので妻が)
もちろん材料はリンが大好きなダンボールです。

構造は箱に出入り用の口が開けられているだけで、いたってシンプルです。
ですが内壁には梱包用のプチプチが貼られており、断熱効果は抜群です。
これは大学時代に真冬のキャンパスで、野外にテントを張って課題制作をしていた時の防寒対策からヒントを得ました。
ヒントっていうかそのままですが、プチプチの保温効果を体験していたことが役に立ちました。

さらに床には毛布がひかれ、夜間には湯たんぽが支給されるという厚遇ぶり。
さすがにこれだけの断熱住宅だけあって、リンも満足しているようです。

こうして我が家にもう一軒の家が建ちました。
名付けてリンリンハウスです。
う〜ん、何とも時代を感じる名前ですね。

これからの真冬に向けての課題は、出入り口をどう塞ぐか、ということ。
試しにプチプチのカーテンを付けてみましたが、気に入らなかったようでビリビリに破壊されてしまいました。
ダンボールの暖簾みたいな感じがいいのでしょうかねぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アップルミュージック

2015-11-06 22:29:47 | Weblog
近頃はいろんな会社から音楽のストリーミングサービスが展開されていますね。
簡単に言えば、定額料金を支払って、インターネットで世界中の音楽が聴き放題ってことですかね。
CDを買いに行っていた時代がいよいよ過去の思い出になりつつある気が致します。

特に目新しいモノやサービスが好きなミーハーな性格ではないのですが、仕事中は音楽を聴いていることが多いので、私も試しにApplemusicに登録してみました。

最初の2ヶ月は無料だったものですから、どんな曲が揃っているのか漁ってみたところ、かなり充実したラインナップに驚きました。
クラシックに限ってみても、一つの曲に対して様々な指揮者、楽団の音源が揃っていて聞き応え十分です。
まんまと無料期間が過ぎても抜け出せなくなり、毎日毎日同じ曲を聴いております。

え、毎日同じ曲??

そうなんです。
気に入った音源があると、何かの精神障害じゃないかというくらい毎日毎日繰り返し聴いてしまうのです。
そして「またその曲聴いてんの?!」と毎日毎日妻に言われております。

しかしこれにはちゃんと理由があるのです。
仕事中に聴く音楽を固定することで、そのうちに「この曲が流れている時は仕事中!」というインプットが脳に施され、その曲を流せば自動的に集中できるようになってくるのです。

果たして聴き放題の意味があるのかは議論の余地がありますけどね…。

ちなみに今はボロディン作曲の「イーゴリ公」をひたすら聴いてます。
3時間くらいの長い曲なので、流しっぱなしにはうってつけでございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加