くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新・玉ねぎの一分

2009-06-26 10:17:42 | Weblog
昨今の当家の食卓の定番といえば野菜スープ。
作り方はいたって単純明快、
みじん切りにした新玉ねぎとニンニクを炒め、
鶏肉を加えて炒め、他の野菜を加えて炒め、
水を加えてしばらく煮込み、塩コショウをして完成。

美味しく仕上げるための極意、
それは玉ねぎをしっかと炒めつけることにあり。
「これでもか!これでもか!!」と
20~30分に渡って存分に打ち据えてやるのでございます。
なぜそこまで執拗になさるのか、と
お思いになるでしょうが、
打ちのめされて飴色を通り越した玉ねぎこそが
美味しきスープの元になるのでございます。

思い起こせば、自炊をするようになって3年になりますが、
たまにインターネットでレシピは見るものの、
調理の仕方はほぼ自己流。
特に包丁さばきなどはいずれの流派にも属しておらず、
どうやったら玉ねぎを効率よくみじん切りにできるかを
昼夜を問わずに鍛錬しているのでございます。

玉ねぎは真に手ごわい相手でございまして、
他の野菜のように座して死を待つような輩ではござりません。
こちらが一太刀浴びせれば、
切り死に覚悟で例の物質を放出して反撃を加えてきます。
相対した者は涙を流さずにはいられぬのです。

この厄介な反撃を受けることなく、
何とか玉ねぎの膝を屈することはできぬものか。
私は思案しました。
考え至った結果は玉ねぎをすりおろすこと。
幸い当家には職人の手によって作られた
立派な卸し金がございます。
これを使えば有無を言わさずに
玉ねぎをみじん切りよりも
さらに屈辱的な姿に変えることができるはず…!

私は早速この計略を実行に移しました。
そしてすぐに後悔しました。
卸し金の上で玉ねぎをスライドさせると
たちまち積み重なった階層がバロバロとめくれてきて
卸しにくいことこの上なく、
しかも例の物質の飛散量も倍増。
途中まで卸してしまったので後に引くこともできず、
大河ドラマ「徳川慶喜」の最終回並に涙を流して、
命からがら任務を遂行したのでございました。

玉ねぎにも譲れない一分というものがございます。
私が真剣勝負をしなかったものだから、
かような酷い反撃を加えてきたのでございましょう。
しかもすりおろした玉ねぎは汁が多すぎて
炒めることすら儘ならず、
最初からコトコトと沸騰し始める始末。

やはり包丁さばきに磨きをかけて、
正々堂々と勝負するしか道はないのでございましょうか。

学問に王道なし!

…ちょっと違うか。
コメント (4)

2009-06-19 08:31:56 | Weblog
みなさん、こんにちは!!

なんてことを普段の私は言わない。
「こんにちは」とは言うけど、「!!」など付けないということは、
私と面識のある方々なら誰もが知るところ。
それは文章にも当てはまることで、
私の書く文章やメールには「!」がほとんどない。

以前は本当に皆無だったが、
最近気づいてみると、
自分の文章にちょっとずつ「!」がまぎれるようになってきた。
おそらく、ここ1年で起きた変化だと思うのだが、
一体どういう心境の変化であろうか。

つらつら思んみるに、
1年前、つまり会社に勤めていたころよりも、
人にお礼のメールを出す機会が増えたことが根底にあるような気がする。
時間を割いて会っていただいてお礼、
仕事をさせていただいてお礼、
ギャランティーをいただいてお礼、
食事やイベントに招いていただいてお礼。

お礼のメールを出す頻度が増えると、
だんだん文章の調子がどれも似てきてしまうので、
「!」を付けた方が弾みが付いて抑揚の幅が広がるし、
「ありがとうございました。」よりも
「ありがとうございました!」の方が、
受け取る側にも気持ちが良いのではありますまいか。

ちなみにこのブログへの書き込みに対する返信にも
比較的「!」がよく付いている。
書き込みをしてくださる方々のほとんどは面識がないので、
暗い印象よりは明るい印象の方がよかろうと、
若干自分を誇張気味。

面識がない方との文章のやりとりといえば
最近mixiでの活動に本腰をいれ始めた。
mixiが出来て何年か知らないが、
今頃になって私にmixiブームが到来している。
結構実益につながるんだだなぁ、ということがわかってきて、
mixiの秘めたるポテンシャルに日々感心する今日この頃なのだ。

いつものことながら
文頭と文末で話が変わっているが、まあいいか!!
コメント

イラストを手がけた本が出ます!

2009-06-17 19:14:56 | Weblog
6月の下旬に
イラストを描かせていただいた本が
総合法令出版より発売されます。

タイトルは、
「5分で運がよくなるピアノレイキ~一瞬で波動が変わるCDブック~」
(橋本翔太著)
です。

巻頭8ページがちょっとした絵本になっていて
私のイラストが大活躍です。
ちなみに文中の挿絵も描かせていただきました。

全国の書店でお買い求めいただけますが、
7月頭のキャンペーン時期にAmazonでお買い上げの方には、
ピアノレイキ楽曲がダウンロードでプレンゼントされます。

詳しくはこちらへ→http://www.reiki-de-kirei.com/event/book-2.htm

みなさん是非お買い求めください。
そして口コミでどんどん広めてください。
コメント

ひたいに風を受けて

2009-06-12 08:52:44 | Weblog
髪を切りに行った。
今回のスタイルは前回と一緒だが、
前回と前々回はちょっと違う。
要するに前回から髪型がちょっと変わったのだ。

全体的に刈り込まれた芝くらいの短髪だが
前髪も短く切って額が丸出しになった。
似合う似合わないは異論反論オブジェクションだが、
当の本人としては初夏の爽やかな風が額にそよいで
何とも言えない快感を覚えている。

物理的な快感もさることながら
前髪が短くなったことで何となく気分も上々。
額や目の前に覆いかぶさるものがなくなり
迷いや悩みも吹っ飛び(元々そんなにないけど)
莫煩悩の境地に近づいた気さえする。

ものの本によれば
前髪が額にかかる髪型は運気を下げるらしい。
額に前髪がかからない髪型は
前進して前からの風を受けている状態であるのに対し、
額に前髪がかかる髪型は
後退して後ろから風を受けていることになるそうな。

何の根拠があっての説かは知らないが、
こうして前髪が視界から消えると
気分が前向きになるのは確かなようであるし、
言われてみれば
確かに最近風向きが良い方向に変わったような気がする。
最近自分にとってプラスになると思える出来事や出会いが多いのだ。
髪との因果関係は確かめようもないが、
何にしても気分がいいのはいいことであろう。

こうして額を出すことの快感を感じながら
このところの日課である大河ドラマのDVD鑑賞をしていると
サムライ達の額アピールぶりが実に魅力的。
みんな頭のてっぺんまで髪を剃り上げていて
額まるだしどころの騒ぎではない。
誰が考案した髪型か知らないが
当人達の気分の良さも半端なさそうである。

それに、登場人物が元服すると
頭の上を剃りあげることになっているようで、
昔の人たちにとっても額を出すというのは
何か特別な意味があったのでしょうね。

しばらくは髪型を変える予定はないが
エスカレートして
サムライやラーメンマンのようにはならないように
町ぐるみでの注意が必要である。
コメント

歴史

2009-06-05 08:57:40 | Weblog
何回か前に独眼流政宗の話を書いたが
順調に回を重ねていき、
めでたく最終回まで見終えることができた。
そしてその後は、やはり大河ドラマで
奥州藤原氏の盛衰を描いた「炎立つ」を
レンタルショップで借りて見ている。

ここ数年はテレビのない生活をしているので
最近の大河ドラマは見ていないが、
まだ実家にいてテレビがあった頃は
よく大河ドラマを見ていたものである。
私は大河ドラマ好き、であるし、
それ以前に歴史好きなのである。

ここで勘違いしてはいけないのは
決して時代劇好きではないということ。
仕事人や金さん、水戸黄門など、
実話でないものや脚色の強いものには
これといって関心がない。

史実に基づいて、実際にあったであろうことを
テーマとして扱った時代劇や時代小説が好きで、
トレンディドラマなどのような
人が作った話よりもよほど素直に感情移入ができる。
だって本当にあったことなのだから。

きっかけは忘れたが
歴史に興味を持ち始めたのは小学校中学年の頃で
学校の授業で歴史を習い始めるより少し前の時期だった。

その後六年生で歴史の授業が始まる頃には、
小学校で習う程度の歴史の流れはすでに知っていたので
授業中は教科書に掲載された偉人の顔を
全て場末のスナックにいるホステスのように描き変え、
文章も全ページに渡って所々墨塗りにして、
秀吉は大軍を率いてトイレに入った、など
史実に基づかない内容に書き変える作業に没頭していた。
そしてその改造教科書を隣に座っていた同好のF君と交換して
ニヤニヤするのが楽しかったのを覚えている。

そんな歴史好きの少年が長じて、今に至るわけだが、
現在不思議に思っていることがある。

私の親は二人、その親、つまり祖父母は4人、その前は8人で、
一人の人間から代をさかのぼっていくと
先祖の人数は2の平方根で増えていく。
一代を25年で考えると、
たかだか500年前で2の20乗だから、
先祖の数は100万人を超えてしまう。
もう少しさかのぼれば当時の人口を
超えてしまうのではないだろうか。
っていうか無限に増えていくけど、
人類皆兄弟で片付けてしまえばいいのか?!

誰か教えてください。

まあ何にしても、
私がこの世に生まれるために
天文学的な人数の人々が存在していたことは間違いない。
それぞれの人にそれぞれの人生があって
現在に遺伝子が受け継がれていると思うと結構感動的。

人に歴史あり。…ちょっと違うか。
コメント (2)

ホームページをリニューアルしました

2009-06-01 17:19:44 | Weblog
お知らせです。

くぬぎ太郎のホームページをリニューアルいたしました!

慣れないアプリケーションと格闘した末に生まれた
新しいTAROWORKSを是非見にきてください。

内容に大幅な変更はありませんが、
グッと見やすくなったのではないかと思います。

これからも順次グレードアップしていきますので
乞うご期待!!

※万が一バグを発見したら速やかにお知らせください。
コメント (2)