くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大根おろす

2008-11-27 19:02:59 | Weblog
先日、以前勤めていた会社の先輩Hさんから
5ヶ月遅れで独立祝いをいただいた。
独立といえば、まあ独立なわけだが、
私本人には独立したという意識はあまりなくて、
何となく背中のかゆい感じもするけれど
せっかくなのでありがたく頂戴した。

何をいただいたかというと、おろし金である。
ただのおろし金ではない。
職人の手で作られた銅製のおろし金である。
以前私がふとした瞬間に銅のおろし金がほしいと
つぶやいたことがあるのを覚えていてくれたらしい。
すでに私はおろし金を持ってはいるので、
このおろし金は必要以上の品物ということになり、
つまりは贅沢な品物なのである。

このおろし金は厚さ1.5mmくらいの銅板で出来ていて、
刃の一つ一つが職人の手で叩き出されている。
人の手による仕事だから、
刃の位置や高さは均一ではないのだが、
その不揃いな刃が食材をおろす時に威力を発揮する。
機械で作られ、均一な刃が規則正しく並んだおろし金で
食材を一定の方向にスライドさせていると、
だんだん食材に刃の通り道が出来てきてよくすれなくなってしまうが、
このおろし金は食材を一定の方向にスライドさせていても
見る見る食材がすれていってしまう、というわけだ。

さて、いただいたのはいいものの、
おろし金は毎日のように使う道具でもないので、
私は日々の食材のやりくりの中で、
このおろし金をデビューさせる機会を伺っていたが、
なかなか、食材、レシピ、タイミングがしっくりこない。
もどかしい日々が続いたが、
ついに意を決してみぞれ汁を作ることにした。

みぞれ汁とは好みの具をいれたダシ汁に大根おろしをいれて
塩味でさっぱりといただく汁物であるが
結構まとまった量の大根おろしが必要となる。
大根を必要な分だけ切り分け、皮をむき、
おろし金に当てがって、いよいよスライド運動を開始する。

出だしは好調、みるみる大根がシャーベットのようになっていく。
機械で作られたおろし金とは明らかに違う手応え、
ましてプラスチック製の物などは比べるべくもない。
ボウルの中にボタボタと落ちていく大根を見ていて、
いかにも大根をボウルに卸しているような気分になってくる。
大根を「おろす」の「おろす」って、
案外ここから来ているのかもという閃きが頭をよぎったが、
それを確かめる術もなく、また同意を求める人も周囲におらず
そっと胸のうちにしまっておいた。

肝心のお味の方はといえば、
正直機械製のおろし金との違いはよくわからないが、
旬の大根だけあって、とても美味しかった。
「大根おろしで医者いらず」
優れた道具で手軽に作れるようになった大根おろし、
食べる機会を増やして、滋養強壮健康増進。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三鷹に向かって走れ

2008-11-21 11:06:43 | Weblog
不意に走りたくなった。
いや、走ってみたいとは前から思っていたので
不意に実行に移したと言った方が正確だろう。
予めコースは決めていた。
自転車に付けているメーターで距離も測っておいた。
ただ、いつ実行に移すかが問題になっていたのだ。

ある晩、絵を描いていて「今だ」と思った。
ランニングシューズというような靴は持っていない。
手持ちの適当なスニーかーを履き、
学生の頃体育の授業で行っていた準備体操をして、
晩秋の心地よい寒さの空気を吸い込み走り出す。
計画的なのか無計画なのかわからないが、
私はとりあえずシティランナーへの道を踏み出した。

私はこれといってスポーツの経験がない。
体育の授業でさえ、回りから白い目で見られつつも
中2の頃から微動だにしていない。
社会人になってからも自転車に少々乗る程度。
要するに運動不足なのだ。
特に足腰の衰え、
いや別にに栄えていた時期もないので、足腰の筋力低下というのか、
それが最近気になっていたのだ。
何もないところでつまづいたりして、これはよくないと思っていた。

当然のことながら、走り出してすぐに息が上がる。
息が苦しい、足が上がらなくなる、太ももが痛い、
あっという間に体中が悲鳴をあげ始めた。
決めていたコースは距離にしてざっと2キロだが、
走り切ることもかなわず、
同じ距離で、同じ人力なのに楽々と走ることができる
自転車のエネルギー効率ってすごいなあなどと思いながら、
しばらく歩き、また走り出す。

単純に走るという行為をしたのは高校のマラソン大会以来だ。
私はいつも最後尾の集団の中にいて、
教師が運転する監視の車にクラクションを鳴らされ、
追い立てられながら10キロのコースを歩いたり走ったりしていた。
回りには私と同じ中学校の出身者ばかり、
こういったイベントには真面目に取り組まない
斜に構えた生徒が多い中学校だった。
などと、「走り」にまつわる思い出を辿りながら、
タラタラと夜道を走った。

翌日はお約束の筋肉痛に襲われ、
痛みが治まるまで2、3日の休養を強いられた。
だがその後、何回か走るうちに身体も慣れてきて、
毎日続けて走れるようになり、決めたコースも走りきれるようになった。
特に呼吸がだいぶ楽になり、肺が拡張されたかのようだ。
こうして、目に見えて良い変化が身体に起きてくると、
それに合わせて走る喜びも増してくるというものである。

東京は西に行くと段々僻地になってくるので
私はとりあえず東の方向に走っている。
今は三鷹市に入ったあたりで折り返しているが、
同じ道のさらにさきには井の頭公園がそびえている。
当面の目標は井の頭公園を見て帰ってくること、
次は井の頭公園を回って帰ってくること。

実行できるかなあ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素振り部

2008-11-14 11:56:10 | Weblog
生まれてこの方、剣道なんてやったことないし、
やってみたいと思ったこともないけれど、
剣道の素振りをするのは好きです。

以前、会社の寮に住んでいた頃は
毎晩毎晩寮の屋上でひたすら素振りをしていました。
その前は、寮の渡り廊下のようなところで振っていましたが、
通りすがる寮生の間で、「今年の新入社員に変な奴がいる。何か怖いよ。」
と噂になったため、人目につかない屋上に場所を移したのです。

しかも素振りをしていたのは一人ではなく二人。
私と、私に素振りを教えてくれた隣室のK君です。
K君は自転車好きで、パラグライダーで空を飛び回ったりする男ですが、
同時に剣道は三段の腕前で、
松浪健四郎議員と並んで日本最後のサムライと言われています。

そのK君がある晩、渡り廊下で素振りをしているのを見かけ、
私も一振りさせてもらったところ、全くうまく振れません。
まず、まっすぐに振り下ろせない、振った後竹刀を静止できない、
腕と足の動きが合わないなど、散々なものでした。
おまけに翌日は筋肉痛で腕が上げられない始末。
これは悔しいと思い、素振りにのめり込んでいったのです。
竹刀をただ真っすぐに振ることだけを目標に素振りをしていたのですが
素振りをしていると集中力が高まりますし、
竹刀を振る音が段々鋭くなってくるのが楽しくて、
毎日会社から帰っては素振りをしていました。

最初はK君から竹刀を1本借りていましたが、
いつもの癖で徐々に形にこだわり始めるようになり、
竹刀より木刀を振っている方が様になるなということで、
剣道をやっていた祖父が生前使っていた木刀を
実家から取り寄せて素振りに使うようになりました。
やがて普通の木刀では物足りなくなると、
K君から素振り用の太く重たい木刀を借り、
最終的には自前で木刀を購入するに至りました。
佐々木小次郎モデルというとても長い木刀で
これは振り応えが半端ではありませんでした。

そんなわけで私なりに素振りを日々楽しんでいたわけですが、
周囲から奇異な目で見られ始めた、
というか奇異な目で見られていることを知ってからは、
素振りをするのに人目をはばかるようになり、
前述のように素振りの場所を移しました。
集合寮にいた4年間はそれでよかったのですが、
その後、個別寮として賃貸物件に移ってからは、
素振りをするのに適当な場所がなくなってしまいました。
さらには会社を辞めて東京に移ってからは尚更です。

ですが、最近どうにも我慢ができなくなり、
考えた挙げ句に出た答えが室内での正座素振りです。
素振りをしたい欲求を少しは解消できますが、
素振り部の活動内容としてはいかがなものかと、
疑問が残らないわけでもないです。

思い切って深夜の公園で振ってみようか、
などと思ってみたり、思い直したり。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

大根ライダー

2008-11-07 11:16:39 | Weblog
背中に背負ったリュックの口から飛び出した、
収まり切らない大根の葉っぱを風になびかせ、
自転車男が今日も武蔵野、三鷹の街を走り抜けていく。
通称「大根ライダー」
知られざるその男の正体は、実は私なのです。

近頃、近所の農家直売所でも
冬野菜の主役である大根が並び始めた。
スーパーではカットされている大根の葉っぱも
直売所においては堂々たる威容はそのままになっている。
大根の根よりも長いその葉っぱが
私のリュックに収まり切るはずもなく、
葉っぱだけをリュックから出して家まで運ぶのだ。
何となく周囲の視線を感じる気もするが
必要以上に意識せず、むしろ泰然と少しゆっくりめに走行して、
街の環境に馴染むようにはしている。

大根を葉っぱも含めて一本丸々買うとこれは結構食べ応えがある。
まず、葉っぱはすぐにしなびてしまうので、
みじん切りにしてごま油で炒め、おかかと混ぜて振りかけにする。
根っこの用途は多様だが、多く用いられる調理方法は
みそ汁の具、煮物の具、鍋の具、大根おろしなどで
豆腐のお吸い物に大根おろしを加えたみぞれ汁なども
なかなか乙な物である。

でも大根といえば、やはり煮物が王道で、
大根だけを煮ても美味しいし、
ブリや秋刀魚、イカなどの魚介類、
鶏肉や豚肉、人参や里芋など他の野菜とも非常に相性が良い。
大根はダシ汁をよく吸い込んでくれるし、
大根からも素敵なダシ汁が出てくるし、
煮物にいれた時のその相乗効果は素晴らしいものがある。
協調性ゼロの私も見習いたいものだ。

大根はその味も好きではあるが、
根を包丁で切り分けるのも結構楽しかったりする。
どっしりとしているので、まな板の上でも安定感が良く、
それほど固くはないのでサクサク切れるし、
ボリュームがあって、切り応えも十分である。
皮を剥く際もどれだけ薄く剥くことができるか、
挑戦のしがいがあるというものだ。

大根を切っていてふと思い出すのが「戻し切り」という技である。
極限まで研ぎすまされた刃物を超一流の剣客が持った時に可能な技で、
細胞の組織を壊すことなく大根を両断して、
寸断された切り口をすぐに元の状態で重ね合わせると
また一個体としての大根に戻るのだ。
以前まんがを読んで得た知識だが、現実に可能なことなのだろうか。
私の技術と我が家の包丁では、まず無理なことは確実であるが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加