くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

節分

2018-02-06 09:02:55 | Weblog
今年の節分は生まれて初めて恵方巻きというのをやってみました。
その年に縁起の良い方向を向いて、無心で太巻きを食べるというものですね。
その間喋ってはいけないそうです。

喋らないのは得意そうで実はそうでもなく、何か皮肉めいたことを言いたくなってしまう性分ですが、そこは我慢です。
食べ終わるまでは我慢です。

しかし「食べ終わる」はどの時点かが気になって仕方ありません。
口に入れ終わった時点なのか、全て飲み込んだ時点なのか。

試しに口に入れ終わった時点で妻の方を見たところ、キッと睨まれて恵方を指さされました。
食べ終わりは飲み込んだ後だったようです…。

やって見ての感想は、太巻きはすごく美味しかったものの、毎年やらなくてもいいか、って感じです。
売れ残った太巻きの廃棄も問題になってますしね。

でも今年の運勢があまりに良ければ、またやってしまうのかも…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。

2018-01-07 08:56:52 | Weblog
みなさま、今更ながらあけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は仕事のあいまに年越しそばを食べ、仕事の合間におせちとお雑煮を食べ、そしてこれから七草粥を食べようとしています。
結局休みらしい休みもなく、かろうじて食卓のみに季節が存在する感じです。

忙しいのは良いことですが、時間管理に健康管理、自己管理は大事ですね…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もありがとうございました。

2017-12-31 08:02:53 | Weblog
またもすっかりご無沙汰してしまいました。
おかげさまで仕事が多忙でございまして、ブログの方へ手が回らず…。
結局仕事は終わっていませんが、時の流れに乗って自動的に新年を迎える感じです。

今年は特に話題に上げませんでしたが、フリーランスになって9年、先日のクリスマスイヴで38歳となりました。
良い事ばかりでもなく悪い事ばかりでもない、そんな1年でした。
来年はどんな年になるのでしょうね。

みなさん良いお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

O脚

2017-11-28 06:38:24 | Weblog
遺伝なのか、生活習慣なのかわかりませんが、昔からO脚を気にしています。
以前整体の先生にも指摘されました。
ランニング時に膝が痛くなる原因にもなるとのことです。

先生が「必ず治る」とうので、教えてもらった体操をしばらく続けてみました。
脚の内側の筋肉が強化されて、若干膝と膝の間が狭くなった、ような…?

しかしそれ以上に目に見える変化もありました。
椅子に座っている時、気づいたら乙女のような内股座りになっているではありませんか。

体操のやり方間違えたかな…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だけ

2017-11-20 10:24:38 | Weblog
先日夕飯時にテレビをみていたところ、とあるデパートでの地方物産展の話が放送されていたのですが、毎回完売という店主はコツを聞かれると「今だけ、ここだけ、あなただけ」と言っておりました。
期間限定の物産展には欠かせない視点です、なるほどですね。

後日別の番組では、自己中心的な人物を指して「今だけ、金だけ、自分だけ」と非難しておりました。
同じ「だけ」を並べた言い回しでもいろいろとあるものです。

これを私にあてはめるならば「今、仕事だけ」ですね。
お外に出たい…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふかし芋

2017-11-13 09:56:23 | Weblog
戦争が終わって70年以上経ちますが、我が家ではいまだに蒸し芋を大量に食べております。
おやつにお酒のお供に大車輪の活躍です。
今日も絶好腸でお仕事中です。
繁忙期につきこれにて失礼、ドロン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

違う、これじゃない!

2017-11-04 09:24:49 | Weblog
動物はものを言えないから優しくしてあげないといけない、と言われます。
でも実際に動物と身近に接していると、さすがに言葉は喋らないにしても、鳴き声や仕草、視線などを駆使してかなり頻繁に意思表示をしてきます。

ペットとして一般的な犬も猫も一緒に暮らした経験がありますけれど、犬は何を訴えてくるにしても「お願い」の雰囲気が感じられるのに対し、猫は何ごともとにかく「命令」のような雰囲気を感じます。

現在我が家で飼っている猫も毎日「命令」のオンパレードでございまして、餌をよこせ、ドアを開けろ、膝に乗せろ、布団に入れろ、トイレの砂を替えろなど、にゃあにゃあにゃあにゃあと毎日よく鳴きます。
猫は気に入らないものを前足で掻く修正があるそうで、餌が気に入らないと器を前足でカリカリと掻いて「違う、これじゃない!」と主張してきたりするのです。

近頃は寒くなってきましたので、とある命令が頻発されるようになってきました。
なんと「白湯をよこせ」などと言うのです。
猫舌のくせに生意気な話じゃありませんか。

白湯といっても40℃くらいのもので飲み物としてはぬるま湯程度の温度ですが、なぜか大好物のようでございます。
器にお湯をいれて与えると一目散に飛んできて、美味しそうに飲んでおります。

季節柄お湯もほどなくして水になってしまいます。
自然の摂理ですので仕方のないことです。

すると猫は水の器を前足で掻いて「ちょっと、お湯が冷めたんですけど!」と主張し始めます。
掻かれた器は1cmほど動き、中の水も揺られてこぼれ、床がびちゃびちゃにされてしまうのです。

さすがにここまでくると「いい加減にしなさい!」と人間に叱られます。
しかしその場は文句を言いながら引き下がるものの、数時間もすればまた同じことを繰り返すのです。

この身勝手な振る舞いが猫の魅力といえば魅力なのでしょう。
体が小さいので最終的には「かわいい」で済みますが、もし猫が巨大な生き物だったら堪ったものではないでしょうね。

虫やネズミなど猫に狙われる生き物には心から同情を申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モツ

2017-10-28 14:38:25 | Weblog
秋も深まり日に日に寒さも厳しくなってまいりました。
我が家でも食卓にのぼる料理も段々と根野菜の割合が増えてきて、冬の色合いが強くなってきています。
特に冷える日は鍋料理も登場し始めております。

毎年食の流行が変わる我が家で、今年の鍋料理の主役になりつつある食材がモツです。
よく食べるのは主に豚の腸でございます。

近所のスーパーは何故か精肉コーナーが充実しておりまして、レバーや砂肝はもちろん、胃、腸、心臓、腎臓など様々な臓器が売られています。
もう見慣れてしまいましたけれど、冷静に考えたらとんでもなく猟奇的な光景ですよね。
きっと中華街が近いからでしょうね、野菜や魚の品揃えも良くて助かっております。

モツは獣の臭いが強いので、生姜やニンニク、ネギ、ニラなどでごまかしつつ、味噌で味を調えます。
臭いの強い食材をこれでもかと合わせているのに、喧嘩することなく調和するのが鍋料理の不思議なところですね。
もちろん強烈な臭いではあるのですけれど、もはや病みつきになっております。
コラーゲンもたくさん含まれていそうですし、キャベツやモヤシなど野菜もたくさん摂れるので体にも良さそうです。

肉食動物が獲物を仕留めた時、まず最初に内臓を食べてビタミンを摂取すると聞いたことがあります。
根っからの草食男子にも「内臓を食べたい」という欲求が残されていたわけでございます。

そして翌日トイレに行くと、自分の腸の中を豚の腸が通ってきたんだな、と思うと何か感慨深いものがありますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

龍角散

2017-10-21 18:28:52 | Weblog
先々週のことですが、友人とお互いの中間地点である蒲田までランニングをして、温泉に入って、飲むというイベントをしました。
走行距離はおよそ20km。
翌日は痛む体を引きずって横浜トリエンナーレを見に出かけました。
こちらは10kmくらい歩いたでしょうか。

年甲斐もなく体を酷使した結果、風邪をひいてしまいました。
その後も具合はイマイチで、くしゃみ、咳、鼻水、痰が止まらず、現在に至ります。

薬嫌いな私は、しばらくは龍角散をなめてやり過ごしておりました。
甘くなくて美味しいですよね、龍角散。
いくらでもなめれてしまうので、この2週間で2袋くらいなめたと思います。
もはや主食といってもいいかもしれません。

しかし所詮はただの飴。
症状がなかなか良くならないので、重い腰をあげて病院へ行きました。
診断結果はやはりただの風邪でした。

病院で処方された薬を飲み始めたら少し具合が良くなった気がします。
さすが本場ものは違いますね。
元々そろそろ治る頃だったのかもしれませんが…

早く治して日々のランニングを再開したいもでございます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また、蒲田!

2017-10-14 12:01:24 | Weblog
一年半前に実施されたランニングイベント、友人とお互いの中間地点まで走って温泉に浸かって飲んで帰ってくる、というものを再び行いました。
前回の詳しい様子はこちら「いざ、蒲田!

今回も待ち合わせ場所は大田区蒲田、意外と知られていない隠れた温泉スポットでございます。
雨が降るとの予報もあり、前日に一旦中止になりかけたものの、やっぱり天気がいいから決行しようと当日に決まった、ゆるゆる企画です。

一度は走ったことのある道のりですし、その後も定期的にランニングをしていたので、今回は余裕だろうと思っておりました。
横浜の自宅から蒲田まで颯爽と走り抜ける自分を思い描いていたのです。

しかし走り始めるといまいち体調が思わしくありません。
中止かと思って前の晩に飲んだお酒のせいでしょうか。
途中でお腹が痛くなり、横浜駅近くのデパートでトイレを拝借したりと、順調なスタートとは言い難い状況でございました。

中盤は体調も持ち直して淡々と走っておりましたが、終盤になってくると股関節やら膝やら痛み始め、残念ながら今回も歩いてしまいました。
少しでも長く走ろうと思って再び走り出したものの、蒲田駅目前で足がつる事態に見舞われ、ヨボヨボと歩いて蒲田に到着したのでした。
走行距離21km、待ち合わせ時間には遅れてしまったけど、何はともあれお疲れ様でございました。

蒲田は大昔は海の底だったので、温泉のお湯は海藻の何やらが含まれて真っ黒です。
細かい泉質は忘れてしまいましたが、これだけ真っ黒ならきっと何かには効くことでしょう。
私が到着した時には既にお風呂から上がっていた友人を待たせて、ゆっくり温泉に浸かってから夜の蒲田へ繰り出しました。

長距離を走って温泉に浸かったあとのビールが不味いわけがありませんよね。
いささか飲み過ぎた気もしますが楽しい夜でございました。

さて翌日、案の定全身筋肉痛の状態。
でも前回よりはダメージが少なかったです。
地道にランニングを重ねていた成果でしょうか。

調子に乗って横浜トリエンナーレを見に出かけ、元町・山下公園・みなとみらい近辺をウロウロと10kmくらい歩きました。
もうクタクタになったと思ったら、その次の日から風邪を引いてしまい、今に至ります。
快方に向かっているものの咳が抜けません。

体力がついたのか落ちたのか分かりませんけれど、もう若くはないんだなって思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加