くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

歯間

2013-02-22 02:19:58 | Weblog
歯間ブラシを使い始めてカレコレ5年くらい経つでしょうか。
若かりし頃は「あんなもの使うなんてオッサンだよ」って思っていたものですが
20代後半くらいから「歯を大事にしよう」という思いが私の中で徐々に高まりを見せ、
試しにどんなものか買ってみたのが始まりでした。

薬局で物色したところ同じメーカーの中でも数種類の太さが発売されていましたが、
初心者ということで迷うことなくまずは一番細いブラシを購入しました。

家に帰って恐る恐る歯と歯の間にブラシを挿入してみました。
パッケージに書いてある説明に従って歯の根元のあたりから滑り込ませるようにニュルッと入れていくわけです。
当然のことながらブラシが入る歯間と入らない歯間がありましたけど、
入らない所は無理をせず入る所を少しずつ開拓していきました。

初めてということで多少の出血はありましたが、
出血に関しては説明書にもそういう場合もあると書いてあったのであまり驚きませんでした。
しかし何より驚いたのは歯間から出てきた食べ物のカスの量です。
いや食べ物のカスだけではありません。
歯垢と思われる黄色いザラザラした物体も大量に出てきました。

一体これらの物質は何年間歯と歯の間に滞在していたのだろうかと考えるとそら恐ろしい気分になり、
勢い余って思わずその臭いを嗅いでみました。

鼻がもげるかと思う程の強烈な悪臭でした。
口臭を百倍に濃縮したようなどうしようもない絶望的な臭いです。
極細の歯間ブラシがようやく入るくらいの隙間なのにまさかそんなに汚れが溜まっていたなんて。

その衝撃を受けて以降は毎日歯間ブラシで小まめに手入れをするようになり、
お蔭様で今ではほぼ全ての歯間にブラシが通るようになりました。
それはつまり歯と歯の間が広くなったということであり、
そこに入り込むゴミの量も増えたということに他なりません。

果たして良いことなのか悪いことなのかは判然としませんが
歯と歯の間を掃除できるようになったのだから良しとしましょう。

ちなみにこれまでは普通の歯ブラシで磨く前に歯間ブラシを使っていましたが、
どうやら歯間ブラシが後の方が具合が良いという説を耳にしました。
その理由は歯ブラシで磨いた後に残った歯磨き粉の成分を歯と歯の間にも届けることが出来るかららしいです。

ふ~む、なるほどね。
コメント

ブルガリア

2013-02-15 12:50:13 | Weblog
ポツポツとマスクをした人が現れ始めましたね。
風邪を引いたのか、中国の大気汚染を気にしているのかもしれませんが、
素直に考えればスギ花粉が飛び始めたのでしょう。
かく言う私もスギの花粉症です。

「花粉症にはヨーグルトが効く」
そんな俗説を耳にしたのは3年ほど前だったでしょうか。
それ以来この季節になると意識して食べておりますが一定の効果はあるようです。
若干ではありますがヨーグルトを食べた日と食べない日では明らかな違いがあります。

本当は数あるヨーグルトの中から自分に合ったものを選ぶといいらしいのですが
いちいちそんな実験はしていられないので美味しいと思うものを食べています。
美味しいってことは身体が欲しているということでしょうかね、多分。

普段買うことが多いのは、王道ではありますがブルガリアヨーグルトです。
酸味、コク、値段のバランスが良い感じですよね。
プレーンの大きいパックを買ってきて小鉢に分けて食べています。

プラスチックの蓋をはずして、紙の内蓋をはがし、
大きいスプーンでキッチリ6日分に取り分けていくのですが、
一日目の白くてまっ平なヨーグルトの表面はツヤツヤとして実に綺麗です。
そんな白い平滑な面をスプーンで崩すのも妙な背徳感があって嫌いじゃありません。

それにしてもヨーグルトって日が経つにつれて水浸しになっていきますよね。
最初は綺麗なのにだんだんグズグズになっていって最後は悲惨なものです。

開封前にグズグズにならないのはやはり紙の内蓋のおかげなのでしょうか。
詳しいことは分かりませんが、あの密閉状態がヨーグルトにとってはきっと良い心地なのでしょう。

私も小さくなって開封前のヨーグルトの中に入ってみたいものです。
うっすらと光が透ける真っ白な何もない空間なんて、きっと素敵でしょうね。
まぁ、ロマンチックですこと!
コメント

NEWましん

2013-02-08 01:07:13 | Weblog
今月はいつになく仕事が重なって忙しくしております。
結構しんどいですが有難いことでございます。

仕事があればあるほど収入が増えるのがフリーランスの良い所。
少し先の収穫を見越して仕事用のパソコンを新しくしました。
新しくしたといっても例によってオークションで中古品を買ったんですけどね。

以前使っていたパソコンもオークションで買った中古品だったので
いったい何年前のモデルだったのかは分かったものではありません。
重いし大きいし、冷却ファンはブンブン鳴って、ハードディスクもカリカリカリカリ…。

それに比べて新しいパソコンの静かなこと。
2年前くらいのモデルですが私の作業内容からすれば十分なスペックでございまして
サクサクと小気味の良い速さで動いてくれております。

デジタル機器に関しては半年も経つと型遅れになってしまいますから
もはや新品を買う気になりませんよね。
程度の良い中古品で十分でございます。

この先何年お世話になるか分からないけど、
よろしくお願いします、ニューマシン!
遠くまで連れていっておくれ~
コメント

お風呂の楽しみ

2013-02-01 02:57:21 | Weblog
少し暖かくなってきた気配もしますがまだまだ寒いこの季節。
一日の締めくくりに欠かせないのがお風呂ですね。
今日の業を成し終えて入るお風呂はまた格別。
日本人に生まれて良かったと実感する瞬間です。

子どもがいない家庭ではお風呂といえば基本的に一人で入ると思いますが
それゆえに世間の人は元より家族ですら
皆がお風呂で何をしているかは計り知れないものがあります。

半身浴などはだいぶ一般的になりましたし、
マッサージや読書、音楽鑑賞、最近ではスマホをいじってる人もいるのでしょうかね。
しかし大っぴらに他人に話せる内容ならまだしも
中には人には到底言えないことをしている人も少なくないでしょう。

かく言う私も子どもの頃から入浴中にしているある事があります。
特に言うのが憚られることでもないので思い切って発表しちゃうと、
お風呂のお湯に浮いているゴミを回収することです。

特に家族のいらっしゃる方、
お風呂のお湯ってよ~く見てみるといろんなものが浮いてますよね。
髪の毛、各種体毛、垢、ほこり、虫、などなど…。
実はこれらをスイスイと回収する方法があるのです。

まず浴槽に浸かり、
入った時に起きたお湯の乱れが治まるのをジッと待ちます。
水面がおだやかになったところで次に手桶を上に向けたままゆっくり沈めていきます。

手桶の縁が水面と同じ高さより1㎜ほど沈んだ瞬間にお風呂のお湯が桶の中へと流入して参ります。
ここです。
この状態をただひたすら維持するのです。

するとどうでしょう。
水面に浮かんでいた魑魅魍魎たちがあれよあれよと手桶に集まってくるではありませんか。
不思議なことに結構離れた所にある浮遊物もかなりのスピードで吸い寄せられてくるから面白いものです。
しばらくすると手桶がお湯でいっぱいになりますので洗い場に流します。
浮遊物がなくなるまでこれを何度も繰り返します。
感覚的には煮物の灰汁取りに近いかもしれません。

いやぁ今日もたくさん取れましたね。
体はポカポカお風呂ピカピカ、まさに言うことなしですね。

そんな一石二鳥なバスライフですが最近はちょっとした悩みごとも。
明らかに私のものと思われる髪の毛の回収比率が高くなってきているのです…!
こ、これはもしや、どういうこと??

お、お年頃かしらねぇ…
コメント (2)