くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

手帳と万年筆

2016-01-09 12:35:32 | Weblog
みなさま新年あけましておめでとうございます。
昨年は後半からブログの更新が不定期になってしまい、何人かの読者からは年賀状でチクリとされてしまいました。
おかげさまでたくさんお仕事に恵まれて、充実した一年だったと思います。

今年はスケジュール管理をしっかりして、もっと公私というか、仕事以外の時間もちゃんと確保できるようにしたいと思い、何事も形から入る私は初めてシステム手帳を購入しました。

システム手帳というと、分厚くてかさばる印象があったのでちょっと敬遠していたのですが、探せばスリムなタイプもあるのですね。
とりあえず初心者としては、その中から何でもないシンプルな黒い革のカバーを選びました。

でもちょっとした一工夫として、ペンを差すホルダーがカバーの両端に1つずつついておりまして、閉じた時にその二つのホルダーをペンで串刺しにすることで、手帳が開かないようになっています。
なかなか機能的でスマートなアイデアですよね。
変に複雑な仕掛けもないので、壊れずに永く使えそうです。

そうなってくると、手帳に差すペンにもこだわりたくなってくるのが人の性というものでして、こちらも人生初の万年筆に挑戦することにしたのです。
ちょうど年末に誕生日があり、姉が何か買ってくれるというので、これは良いタイミングと思って万年筆をリクエストしました。

さて、愛好家が多いことが知られる万年筆の奥深き世界。
いったい何を基準に選んでいいものやらチンプンカンプン。
値段と見た目でパパッと決められるかと思いきや、メーカーやシリーズによって書き心地が全然違うのですね…。

横浜の伊東屋で、店員からアドバイスを受けながら十数本を試し書きをさせていただきましたが決めきれず、後日に銀座の本店へ出向いてようやく納得の1本を決めました。

新しい手帳に新しい万年筆、ツキの回ってくる良い癖がつくように、大事に使っていきたいものでございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 12年ぶり3度目の誕生日 | トップ | 私も歩けば »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鰹の藁焼)
2016-01-14 07:37:58
お、遂に万年筆デビューしましたか。
ドイツのラミー社製はおすすめです。
特にシームレスで美しい形状のLAMY2000とポップなデザインのサファリ
バウハウスの潮流を受け継ぐ逸品です。

万年筆は飛行機に乗ると気圧の関係でインクが先端から漏れちゃうんですよね、、
Unknown (本人)
2016-01-16 19:03:00
鰹の藁焼さま

ついに万年筆デビューしました。
見た目はやはりLAMYがダントツにかっこよかったです。

しかし書き比べてみると、同じ価格帯ではやはり国産の方が書きやすいんですよね。
ま、パイロットなので飛行機繋がりで一つよろしくお願いします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事