くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

半てん

2012-01-27 02:18:27 | Weblog
地球温暖化とか言われてるけど、
温度計は人類が住んでいる地域に偏ってるから
そもそも地球全体の平均気温なんて測りようがないじゃん。

って感じで温暖化を疑ってしまうほど寒いですね。
先日は東京横浜でも初雪が観測され、
まさに冬真っ盛りです。
冬将軍様絶好調です。

外が寒ければ家の中も当然寒い。
何も対策を打たなかったら
家の中でも吐く息は白く煙り、
震える身体をかろうじて制御しながら
何とも形容しがたい奇怪な動きをすることになります。

まぁでもそれも今は昔の物語。
先日ご紹介した通り、
私の家には去年の暮れからガスストーブ様が鎮座してございますから
こんな世知辛い季節でもあったかポカポカ快適でございます。

はぁ~、暖かい。
ガスストーブ様サイコ~。

が、しかし、
幸せな日々は長続きしないのが世の習い。
私の快適なポカポカ生活は一通の通知によって
打ち壊されてしまったのです。

お気づきの方もいらっしゃることでしょう。
そう、ガスの請求書です。

見た瞬間に左右の眼球が8ミリほど前へ出ました。
詳細な金額は言いませんが前月のほぼ3倍です…!
さすがにこれはちょっと。

設定温度を一番下まで下げても
ストーブの能力に対して部屋が広すぎて
全体を暖めることができないので
終始フルスロットルで動いていますからね。
ガス代を抑えるには、使うか使わないかの2択しかないわけです。
さすがに一日使わないのは寒すぎるので
外がまぁまぁ暖かい時間帯だけ止めてみることにしました。

しかしどうにも寒いわけです。
どうしたものか考えていた時に
押入れに格納してあるリーサルウェポンを思い出しました。

そう、半てんです。
ドテラとかチャンチャンコなどとも呼ばれていますが、
いわゆるソレです。

ユニクロのフリースなんかより断然暖かいですね。
見た目はあまりスタイリッシュじゃないけど
背に腹はかえられません。

インフルエンザも流行り始めたようですし、
ご用心、ご用心。
コメント (4)

落花生

2012-01-20 02:44:44 | Weblog
先日塩茹で落花生なるものをもらいました。
その名の通り殻ごと塩茹でにされた落花生です。
普通落花生といえばカリカリとした食感ですが
茹でられた落花生はフニフニとしていて
ほぼ別の食べ物と言っても過言ではないでしょう。

ほのかに塩味があり
これはこれで結構美味な品でございます。
殻も柔らかくて剝きやすいですしね。

殻といえば落花生の殻にも経絡秘孔が存在します。
この秘孔を指で圧迫することによって
落花生の殻をものの見事に真っ二つに割ることができます。

でも秘孔がどこにあるかは秘密です。
一子相伝の暗殺拳ですからね。
おいそれとお教えするわけにはいきません。

落花生の殻を真っ二つに割ることができた暁には
中に入った豆の姿をじっくりと観察できます。
なんとまぁ殻の形にピッタリと沿って
仲良く並んでいらっしゃいます。

ちょいと調べたところによりますと
落花生の実は花の根本がズルズルと伸びて地面に至り、
地中に潜った先で作られるんだそうな。

先に殻ができるのか、実ができるのか。
そこまでは調べきれませんでしたが、
先に殻が出来るならユッタリした殻の中で
双子の実が伸び伸びと成長する姿が想像され
割と微笑ましい気がしますね。

逆に実が先に出来るならば
常に殻を押し広げようとして
プレッシャーを感じながら成長するでしょうから
少々気の毒な感じがします。

まぁ結局食べられちゃうんだから
どの道気の毒なんですけどね。
コメント

がす

2012-01-13 01:57:50 | Weblog
別に自慢をするわけではないのですが
現在住んでいる家は一人で住むにはだいぶ広いです。
一階のリビングだけで18畳あります。

それだけ広ければ伸び伸びできてさぞ快適だろう?
ってお思いになるかもしれません。
確かに快適ではあるのですが
この時期はそうでもなかったりします。

なにしろ寒い。
広い上に窓が多いので熱が逃げ放題。
冷気は入り放題の極寒地獄なのです。

備え付けのエアコンは型が古く
初冬の頃は何とか対応できたものの
本格的な冬がきた今となっては焼け石に水、
いや液体窒素に何とやらです。

新たに暖房を購入する余裕もなく、
どうしたものか考えあぐねていたところ、
大家さん宅でガスストーブが余っているので
貸してくださるとの情報が寄せられ、
ありがたいことに玄関先まで届けてくださいました。

早速ホースをガス栓にカチッとつないでスイッチオン。
ブォーっと熱風が吹き出して参りました。
古いエアコンとは比べものにならない温かさ。
やはり炎があると無いでは雲泥の差ですね。

形も最近の家電のように間違った方向の存在感がなく
カラーリングも落ち着いた色みで良い感じです。

灯油ストーブと違って燃料補給の手間もないし
スイッチを入れればすぐに付くし、
これでこの冬を乗り切れる。
と思った矢先、思わぬ所から待ったの声が…

ガスストーブを貸してもらったと親に伝えたところ、
「ガスは危ないから使うな」と言うのです。

何がどう危ないのか知りませんが
あまりに執拗に言ってくるものですから
対策としてガス漏れと一酸化炭素の警報器を
部屋に設置することにしました。

ガス屋さんに連絡したらすぐに付けてくれましたので
これでようやく安心して使えます。

あぁ、暖かい。
この家のご神体として末代まで崇め奉らん。
コメント

あけまして

2012-01-06 15:21:05 | Weblog
あけましておめでとうございます。
本年もこのテキトーブログにお付き合いの程、よろしくお願い致します。

さて正月一週目ということで、誠に勝手ながら今回はお休みさせていただきます。

また来週!
コメント (2)