くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コンロ

2012-05-25 01:34:03 | Weblog
先日引っ越した家は築30年の木造住宅なのですが
風呂、洗面台、キッチンはリフォーム済みで
新品のものが設置されています。

どうせならトイレも新しくしてほしい所ですが
理想を言い始めたらキリがありませんので
この際贅沢は言いますまい。

さて新品のキッチンですが
コンロが備え付けられておりません。
コンロ台にガス栓のみがポツンと飛び出ております。

実家を出てから何度も引っ越してますが
いずれもコンロが備え付けられた物件だったので
意外といえば意外なことに私はガスコンロを持っておらず、
今回の引っ越しに合わせて購入することになりました。

各メーカーのホームページを見た所、
意外な高値にちょっと引き気味な私。
ガステーブルがこんなに高価なものとはね。
しかも値段のわりにチャラついたデザインが多く、
いまいち物欲を刺激されませんでした。

ツラツラと探してまわって
結局いきついたのはオークション。
業務用の厳ついデザインから
ちょっと昔のレトロな品までゴロゴロと見つかりました。
「業務用」「プロ仕様」、良いですよね。
余計な装飾がなくて実用本位なデザインが堪りません。

早速めぼしい業務用のコンロを数点ピックアップし、
自宅に取り付け可能か問い合わせ、
値段とのバランスも考慮して落札しました。

落札した品はちょっと型の古い中古品ですが
通常の家庭用コンロの倍の火力が出ます。
そして一万円を切るコストパフォーマンス。

流石の高火力でお湯があっという間に沸くし、
炒め物も美味しく仕上がるので
今のところ非常に満足しております。

ただ惜しむらくは魚焼きグリルが付いておりません。
それほど頻繁に魚は食べないのですが
無性に食べたくなったらどうしましょう。

フライパン、焼き網、七輪…、うーむ。
コメント

お引越し

2012-05-18 03:36:03 | Weblog
どうもアクセス数が少ないと思ったら
あっぷしたつもりの記事が上手くアップできていなかったようです。
先週の記事は今週と内容が似ているので、
そのままお蔵入りとさせていただきます。

----------------------------------------------------------------

築30年だけど
私にとっては新しい家に引っ越してから早10日。
荷ほどき、片付けも終わって
もう3年くらい住んでるんじゃないかって位
落ち着いて生活しております。

すんなりと馴染めるのが古い物件の良いところ。
家に生活の空気が染みこんでいるから
新しい環境なのにほとんど違和感がありません。
特に今回は私と歳も近いので尚更ですね。
毎晩よく眠れます。

今回の引っ越し、ことの始まりは半年前でした。
借りていた家が取り壊されることになり
半年の猶予の内に引っ越しをする必要が出て来たのです。

猶予期間ギリギリまで前の家に住ませてもらい、
本格的に物件を探し始めたのは約2カ月ほど前。
インターネットで不動産サイトを日夜チェックし、
気になる物件を内見して回ること十数件。
しかしなかなか良い物件に巡り合えませんでした。

そんな折り、
住むならこの辺が良いかなと思っていた地域に住んでいる友人と
ランチを食べる機会がありました。
話の流れでオススメの不動産屋を教えてもらったので
その足で冷やかしに行ったところ
ちょうど空きが出た今の物件を紹介され、即決したのです。
家探しも人との出会いも巡り合わせですね。

新しい家の周辺は
軽自動車が一台通れる幅の道が入り組んだ古い住宅街。
家と家が隙間無く建っています。
当然近所付き合いもそれなりに濃いようで
不動産屋からのアドバイスに従い
ご近所や町内会長に引っ越しの挨拶をしたりしましたが
特に変な人はいないようなので安心しました。
逆に私が変な人に思われる可能性はありますけどね。

引っ越してまだ日が浅い現在、
特に困っているのが宅配便の荷物を受け取ることです。
私の家と同じ住所の家が何と40軒以上あるらしく、
届け物がある度に「どこですか?」と
配達員から電話がかかってきます。

でも土地勘がないうえに
住宅街で特に目印が無くて説明するのに四苦八苦。
隣近所の住人の名前を伝えて探してもらう他ありません。

正確には困っているのは私というよりも配達員ですが
何で住所に枝番がないんでしょうね。
コメント (4)

男だらけの日々

2012-05-04 02:23:49 | Weblog
もう五月になりましたけど、
未だに街には新入社員や
ピカピカの各種一年生が溢れておりますね。

よく利用する地元の駅にも
近くにある日本有数の超絶エリート高校の新入生が見られ、
このあどけない少年達が将来日本の舵を取るんだな、と
よくわからない想像を巡らしたりしています。

かく言う私も超絶エリート高校の出身なんですよ、実は。
それも日本で有数の低学力地域の。
市内にある3つの高校のうち
一つは男子校、もう一つは女子校、もう一つは共学の実業高校で、
大学に行きたいという生徒は男子校に行かざるを得ませんでした。

そんな地元密着型の進学校で
普通科の普通のクラスに進学し、
成績は学年で中の上といったところ。
吹奏楽部に打ち込んだこと以外は
これといって思い出はないつもりでしたが
新入生を見ていたら自分の高校生活も
チョコチョコと思い出してきました。

【入学式】
壇上に上がった生徒会長はお辞儀と共にマイクに頭をぶつけ、
第一声は「オッス、オラ悟空!みんな元気ねぇぞ!」
大変な学校に入ってしまったと思う。

【部活動紹介】
漫画研究会の部長が
「この校舎の地下にはセントラルドグマがある!」という
某人気アニメの見過ぎからきた研究成果を発表。
予定時間を越えてもしゃべり続け柔道部によって引きずり降ろされる。

【部室】
ロッカーにはいけない本やビデオが山積みになっており、
若気のいたりで皆で鑑賞していると
その気の先輩から「そういうの見ると興奮するの?」と
真面目に聞かれて血の気が引く。

【夏】
トランクス一枚で廊下を歩き回る輩が現れ、
別の意味で目のやり場に困る。

【校内球技大会】
選手宣誓の生徒は海パンに大仏のかぶり物。
お尻をグッと突き出して教頭先生と対峙。
「先生~、問1の答えが分かりません!」
失笑を買う。

【校内マラソン大会】
友人と最後尾をタラタラ歩いていたら
教師に車で追い回され、本気で走る。

【文化祭:カラオケ大会】
サングラスをかけ、頭にはキティちゃん人形、
ピンクのミニスカートをはいて熱唱する日本史の男性教員に驚愕。

【文化祭:仮装行列】
全校生徒が仮装して市内を練り歩くイベント。
どこから手に入れてきたのか看護婦や女子高生が多数発生。
校舎の至るところで男だけのAV撮影会が始まる。

【卒業式】
卒業生の名前が一人ずつ呼ばれ「ハイ!」と返事をしていくが
一部の生徒達が「ハッ!」と返事をして地味にウケる。

とまぁ、何かにつけて「笑い」に走る校風だったようです。
そんな男子校も私が3年生になった年から
女子生徒も入学できるようになり、
学校の雰囲気もガラッと変わってしまいました。

女子校はよく漫画やドラマの舞台になりますが
男子校はマニアックな分野でしか取り上げられませんよね。
意外と雰囲気が知られていないかもしれませんが
カラッとしてて楽しかったですよ。

え、私の武勇伝?!
…ホットプレートを持ち込んで校舎の屋上で焼肉したことくらいかな。

う~ん、中途半端。
コメント