くぬぎのたろぐ

くぬぎ太郎の日常的視点

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ぬか漬け1周年

2009-07-31 12:38:59 | Weblog
ぬか漬けを始めてからそろそろ1年が経ちます。

暑い日も寒い日も、雨が降ろうと槍が降ろうと
ぬか床をこねまわし、キュウリやナス、ニンジンといった餌を与え続け、
何とか一人前の植物性乳酸菌に育て上げることができました。

などと言うと苦労話に聞こえてしまうかもしれませんが、
決まった事を毎日意味も無く繰り返すことは
それほど苦にならない性格なので、
実際のところは乳酸菌の世話を結構楽しんでいたりします。

最近では手を入れるだけで
乳酸菌の健康状態が何となく感じられるようになり、
ちょっと汗ばんでいるかな?とか
喉が渇いているようだ、とか、
日々彼らとの対話を楽しんでいたりするのです。
いや、むしろ彼女らと言った方がより楽しいかも…?

まあ、どちらでもいいわけですが、
彼女らが立派に育ってくれたおかげで
毎日美味しい漬物を安く作ることができ、
日々の食卓に彩りを加えることができます。

先に挙げたキュウリ、ナス、ニンジン以外にも餌を与えていて、
変わったところでは、トマトを与えたこともありましたが、
これは皮がベロンベロンになってしまい、
中身もグズグズで、包丁で切りわけにくく
苦労に見合うだけの美味しさでもありませんでした。
あとは風味付けに入れた昆布なども
2ヶ月後くらいに取り出して細かく刻むと
ご飯の良い友達になってくれたりしています。

生肉や生魚を漬ける人もいるという噂も耳にしましたが、
事の真相を祖母に聞いたところでは、
冷蔵庫がなかった時代の保存方法の一つだったそうで
塩っ辛いだけで美味しくないとのことでした。
噂を聞いた時はちょっと試してみようかと思いましたが
触らぬ神に祟りなし、おばあちゃんの知恵袋のおかげで
余計なことをせずに済みました。

そういえば一周年とか言いつつも、
もとはといえば実家のぬか床から養子をもらったものなので
実年齢は不明です。
っていうか分裂増殖する乳酸菌に年齢という概念があるのか、どうか。
でもこの1年で我が家からも一度
大学の後輩にぬか養子を出したこともありました。
うちの子ももう年頃ですものね。
浮いた話の一つや二つはあるものです。

この先も身の回りにいろいろと変化が訪れるでしょうが、
せっかく始めたぬか漬けなので、
できれば、ずっとずっと続けていきたいなと
気持ちを新たにしたりする今日この頃なのであります。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨?

2009-07-24 08:49:45 | Weblog
さる7月14日頃、
当局は関東甲信地方の梅雨明けを宣言したが、
私としてはまだ梅雨は明けていないと思う。
だって、ここのところ晴れの日がないし、
ジメジメとして、今も結構な勢いで雨が降っているもの。

そもそも人間の与り知らぬところの自然現象に対して、
予想したり宣言したりすることは、さぞ難しいことであろう。
梅雨明けを宣言した当局の責任者も
回りから白い目で見られているのではないかと、
少なからず同情してみたり、しなかったり。
周囲からの疑問の声に対して理路整然と反論しつつも、
(だってもう言っちゃったもん!)
とか密かに逆ギレしていたりするのだろうか。

それはさておき、話を現実に戻して、
つい昨日も外出先で突然の雨に降られたが
迂闊にも天気予報を確認していなかったため
私は傘を持っていなかった。

梅雨の間であれば、
出発する時に曇っていれば傘を持っていくのだが
もう梅雨ではないのだからと
タカをくくっていたのが失敗だった。

折りたたみ傘を持っとけよ、と思われるだろうが
私は折りたたみ傘が嫌いで
もうここ何年も携帯したことがない。
かさばらずに持ち歩けて便利なのはわかるけれど、
使用後の扱いに困る。
たたむのが面倒だし、
濡れた傘を鞄の中に戻すのも何か抵抗がある。
だから私は普通の傘を持つか持たないか、
つまり dead or alive なのだ。

そして昨日の私は敗北者だった。
駅から家まで近いような遠いような距離なので
新しく傘を買う気にもならず、
敗者には容赦なく雨が降り注がれ、
見るも無惨な濡れ鼠にされてしまった。

雨の中、
傘をささずに歩いたのは久しぶりだったが、
ここのところ髪を短く刈り込んでいるので
頭部にまったく保水能力がなく、
次から次へと雫が顔に流れ落ちてくるのには閉口した。
短髪の意外な弱点が周囲に露呈してしまった…
その分すぐに乾くから別にいいんだけど。

そういえば
高校1年生の時、担任の教師が
「雨に濡れながら歩くのは男のロマンだ!」
と力説していたが、未だに理解できない。
冷たいしベタベタして気持ち悪いではないか。

早く晴れないかな~。

注)筆者とイラストは似てません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エロイムエッサイム

2009-07-17 10:34:28 | Weblog
ここのところどうも暑いなと思ったら、
いつの間にか梅雨が明けていた。
毎日何かしらの用事で外には出るものの、
家にいる時間が圧倒的に長いので、
季節感が薄れているのだろうか。
いや、実際に今年の梅雨は
あまり梅雨らしくなかったような気もする。

暑いので、朝起きると部屋の窓を開けて網戸にする。
一度も会ったことはないが
隣の住人も常に網戸にしているようで、
お互いの生活音が丸聞こえである。
隣の住人は発音から察してどうも中国人らしく、
鼻炎なのか、よく豪快なクシャミをしている。

隣からはテレビの音などもよく聞こえてくる。
今放映しているのか、DVDかは知らないが、
毎日「悪魔くん」の声やテーマ音楽が
お約束のように流れている。

「エロイムエッサイム、エロイムエッサイム、
我は求め訴えたり~!出でよ第1使徒…」
今日もメフィスト2世か、などと、
子供の頃よく見ていたアニメだけに、
音だけでもだいたいのビジュアルは想像できる。
今日も悪魔くんは戦っているんだな~、
と思いつつ午前中を過ごすわけだが
それにしても暑い。

例年どのようにして、
この暑さを乗り切っていたのだろう。
クーラーは体が冷えすぎるので好きじゃないし、
取り立てて風通しの良い部屋でもない。
っていうか、今の部屋で夏を迎えるのは初めてだが。

しばらく思案していたところ、
去年の夏に扇風機を買ったことを思い出した。
分解して箱に詰めて、押入れにしまったはずである。
早速私も悪魔くんに倣って、扇風機を召還することにした。

だが特に呪文も魔方陣も必要ない。
箱を引っ張り出して、中身を組み立てるだけのことだ。
扇風機の召還はものの数分で完了し、
今は足元で爽やかな風を送ってくれている。

扇風機の風を体に受けていると、
涼しくて快適なのはいいのだが、
困ったことにだんだん眠たくなってくる。
ここの所、眠りが浅い日が続いていたが、
単に暑かっただけなのだろうか。

試しに扇風機をタイマーで回しながら、
床についてみると、驚くほどよく眠れた。

扇風機、もう手放せない。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

神さま助けて

2009-07-10 12:24:00 | Weblog
古来日本列島にはたくさんの神様がいらっしゃいまして
俗に八百万の神様などと呼ばれています。
山、海、川などはもちろん、台所やトイレまで、
身の回りの至る所に神様がいて、
最近ではネット上でも神の誕生がよく見受けられます。

ということで(?)
今回は私が少年の頃にいた神様のご紹介でございます。

小学校4年生の頃、
私は学校の器楽クラブでトランペットを吹いていました。
器楽クラブというのは、いわゆるオーケストラのクラブで
公立の小学校ながらバイオリンからチューバまで揃った、
結構本格的なクラブでございました。

それぞれの部員が使用している楽器は、
一部の生徒を除いて
基本的にはクラブの備品でした。
歴史と伝統ある器楽クラブですから楽器の古さもそれなりで、
例えば金管楽器などは、傷、へこみ、
メッキはがれがない楽器は皆無で、
ひどい物になると穴が開いていたりする始末。
それでも楽器を始めたばかりの子供たちにしてみれば、
楽器を手に持てるだけで嬉しかったものでございます。

しかし、
楽器を始めたばかりの子供と古い楽器の組み合わせです。
当然のことながらトラブルが続出でした。
金管楽器でもっとも多かったトラブルは、
マウスピースが楽器から抜けなくなること。

そんな時は楽器屋さんに持っていけば
簡単に抜いてくれるのですが、
面倒くさいので、まずは自分たちの力で解決を図ります。

楽器からマウスピースが抜けなくなった時の合言葉は、
「神様やるぞ~!!」です。
上級生がそのように宣言すると、
皆口々に「神様だ」「神様だ」と囁き合って
いそいそと準備にとりかかるのでございました。

神様の仕組みは至って簡単。
一人がマウスピースを下に向けて楽器を保持し、
他の二人がマウスピースを小太鼓のバチで挟んで
その両端をそれぞれ握ります。
そして、マウスピースを挟んでいる小太鼓のバチを
神主役が大太鼓のバチで思い切り叩くのです。

小太鼓のバチを保持している者は相当の激痛です。
しかも一回で抜けることはまず無いので、
少なくとも十数回はその衝撃に耐えなければなりません。
口々に絶叫しては、
「神様お願いします!!」「早く降りてきてください!」
と苦痛に顔をゆがめて懇願していると、
ふいにスコンッと抜けたものでございました。

ちなみに神様をする時の係の割り振りは、
お察しの通り、神主役が上級生、
小太鼓のバチを持つのが下級生でした。
私も何度か小太鼓のバチを持つことがあり、
その苦痛に耐えながら
いつか神主役をやりたいと思っていたものです。

ところが私が6年生になる頃に、
あまりの楽器の古さを見かねた校長が
相当数の楽器を新調してくださいました。
それからというものの、
マウスピースが抜けなくなるトラブルはめっきり起きなくなり、
神様が降りてくることもなくなってしまったのでございました。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

好きなんだけど~

2009-07-03 10:13:19 | Weblog
家にテレビがない生活を始めてから、
気がつけばかれこれ7年目になります。
若者のテレビ離れが最近話題になっていますが
実を言うと私はその走りなのです。
はいそこのあなた、「若者?」とか思わないように。

7年前、実家を出て会社の集合寮に入る時、
私はテレビがない生活を選択しました。

主な理由は時間を有効に使いたかったということ。

テレビって見ているようで、
実はただ眺めているだけの事が多く、
早い話が5分で分かる内容を1時間に引き伸ばしていたりしているので、
見た後に頭に残っていることって、
その長い時間に対してとても少ないような気がするのです。

当初の狙い通り、
家にテレビがない生活を始めてから飛躍的に時間が増えたので、
私はその時間を使って、絵を描き、本を読み、手紙を書き、友と語らうという
極めて清廉な生活を送っていたのでした。

ただこの生活には、世間の情報に疎くなるという欠点はありました。
当時、会社の寮にはインターネットが引かれておらず、
レイザー・ラモンが動いているのを見たのは、
実に彼のブレイクから1年近く経ってからだったりしてましたが、
元々時事ネタで人とコミュニケーションをとる人間でもないので、
それは大した問題ではありませんでした。

しかしそんな生活にも変革の波が押し寄せました。
インターネットの開通です。
入寮4年目にしてようやく寮にもインターネットが引かれたのです。
そしてその後、何度か引越しをしましたが
インターネットは常に引くようにしています。

インターネットはテレビと違って、
こちらから知りたい情報を探しに行けるので
時間を有効に使えることは使えるのですが、
ついつい余計なサイトまで見てしまって、
パソコンの前に思いがけず長居をしてしまうことが多く、
時間の無駄という点でパソコンがテレビ化してきています。

特に最近はmixiでの活動が活発になって
ますます悪化しているご様子。
気をつけなくてはなりません。

ちなみに、
そんな私は実家に帰るとテレビの前から動かなくなります。

はい、ホントは好きなんです。
テレビやパソコンのせいにしてはいけません。
全ては心がけ次第なんです。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

キャンペーンのお知らせ

2009-07-01 15:07:46 | Weblog
過日、このブログで紹介した本の
アマゾンキャンペーンが今夜から始まります。
購入を検討されている方は
是非この機会にお買い求めくださいませ。

以下、著者からのご案内です。

--------------------------------------------------------

橋本翔太の二冊目、いよいよ動き出します。
すぐに使えるプレゼントを3つ準備しました!


★1 購入いただいた方には、ピアノレイキ音源、
★2 紹介いただいた方には、チャイム・レメディ音源をプレゼント!


★1-----------------------------------------------------

2日夜0時より、7月3日23時59分まで、
アマゾンにて、橋本翔太の「5分で運がよくなるピアノレイキ 一瞬で波動が変わるCDブック」をお買い上げの方に、

漏れなく、「09夏に飛躍する! ピアノレイキ」楽曲をダウンロードプレゼントいたします!


この曲は、このキャンペーンのために作り、録りおろした作品で、
このキャンペーンでしか手に入らないレア曲です!

貴重な音源になること間違いなし!
気になる試聴はこちら⇒http://naturaling.net/mp3/atry.mp3

梅雨のジメジメ、上半期のうっぷんを吹き飛ばし、来たる09夏に飛躍し、 残り半年の下半期を輝かせるためのピアノレイキ楽曲です。
この楽曲で、最高の運気を呼び込んで、今年の夏、大きく飛躍しましょう!


なおこの曲は、本文中の昼のピアノレイキ・ワークでも使える楽曲です。
より充実した本のご活用のためにも、ぜひ、この機会をご利用ください!


お申し込み方法はカンタンな3ステップ!


●アマゾンで注文してください。
http://www.reiki-de-kirei.com/amazon2


携帯からはこちら
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d.html/ref=mp_s_a_2/378-1027450-6704005?qid=1246281600&a=4862801617&sr=1-2


●注文後に送られてくる注文番号を、以下のフォームよりお送りください。

パソコンから https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P72495382
携帯から https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P72495382



●ダウンロード方法が、フォームに入力いただいたメールに送られてきます。
(ダウンロードは、7月4日22時まで可能です)


ピアノレイキ楽曲の他にも、
●翔太の「運がよくなる・メッセージカード」二種類をプレゼント!

こちららは、お買い上げになった本の中のチラシに詳細が書かれています。
この機会に、ぜひ、お求めください!



★2---------------------------------------------------------

もうひとつのプレゼントは、「浄化のチャイムレメディ・ミュージック」です。
橋本の気を、特殊な周波数のチャイムにのせて創った楽曲で、流してお部屋を浄化し、
気の流れをよくすることに特化させました。

橋本の新しいタイプの気をのせた音楽です。試聴ができます。

パソコンからクリック↓
http://naturaling.net/mp3/ch5try.mp3


7月は下半期のスタート。6月30日に各神社で行われる大祓(おおはらい)の儀式に代表されるように、
今年の上半期の浄化をしっかり行うことが、豊かで幸せな下半期を呼ぶ大切なポイントです。

橋本翔太も、昨日は明治神宮の大祓の儀式に参加してきました。
参加できなかった方も、大祓なんてはじめて聞いた方も大丈夫、
この音源を通して、浄化パワーをお届けします!

この時期だからこそ、是非このチャイム・レメディ音源で、
お部屋をはじめ空間を浄化して、今年の半分の垢を流してしまいましょう!

このプレゼントは、

●今回のアマゾンキャンペーンを、ご自身のメルマガやブログ、ミクシィ日記などに書いてくださった方(一言、ご紹介文と、ブログの
http://reiki-hashimoto.seesaa.net/article/122083684.html
の項目か、この本文をそのままコピペしてくだされば、結構です)

もしくは、

●お友達やお知り合いにキャンペーンを2名以上紹介してくださって、
それぞれが、キャンペーン中にアマゾンにて本をお買い上げくださった方に漏れなく、ダウンロードプレゼントいたします! 

非売品のこの楽曲、橋本の最新の技術が詰まった一曲になっており、オススメです!
是非、以下のフォームより、お申し込みください。
https://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P49373409
携帯
https://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P49373409


では、みなさんがプレゼント楽曲を利用して下半期からの運気を高めていただくこと、心より楽しみにしております!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加