毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




昨日からきいている、フェデリコ・コッリのバッハ(Chandos Records CHAN 20079)。昨日はニ長調のパルティータ第4番(「クラヴィーア練習曲集 第1部」)でしたが、今日はイタリア協奏曲(「クラヴィーア練習曲集 第2部」)です。イタリア協奏曲をピアノでの演奏するばあい、2段の鍵盤ではなく、右手と左手のみで協奏曲の対比を表現することになります。第2楽章のアンダンテではこの対比が極端で、その冒頭、ピアニッシモの左手を耳を澄ましてきいているところに右手の旋律がフォルテで入り、ちょっとびっくりさせられます。第3楽章での疾駆ともども、イタリアの奏者らしいといえるかもしれません。使用楽器はスタインウェイのモデルD。録音は2018年です。

CHAN 20079

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日と明日きくのは、フェデリコ・コッリのバッハ。今日はニ長調のパルティータ第4番(「クラヴィーア練習曲集 第1部」)、明日はイタリア協奏曲(「クラヴィーア練習曲集 第2部」)で、ともに2018年録音の「BACH: PARTITA IV/ITALIAN CONCERTO/CHACONNE-Colli」(Chandos Records CHAN 20079)に収録されたものです。コッリは1988年生まれのイタリアのピアノ奏者。モーツァルト国際コンクール、リーズ国際ピアノ・コンクールでの優勝歴など、これからが期待される奏者のようです。ここでの使用楽器はスタインウェイのモデルD。解説書には奏者コッリによる演奏ノートもあります。

CHAN 20079

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週から今週にかけてきいてきた、ラーフ・ヘッケマによる6曲の無伴奏チェロ組曲(Challenge Classics CC72769)。ヘッケマは1968年生まれのオランダのサクソフォン奏者で、チェロ(2017年)だけでなくヴァイオリン(2014年)の無伴奏もすでに録音しています。無伴奏ヴァイオリンはパルティータのみの録音ですが、3曲をそれぞれことなるサックスで演奏するという、無伴奏チェロと同じアイディアがすでに採用されています。これからきくチェロの第6番は、ビュッフェ・クランポン・プレスティジ(1985年)のアルト・サックスをもちいての演奏で、ある種、浮世離れした軽さ(よい意味で)があり、チェロとはちがう味を楽しむことができます。

CC72769

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




これからきくのは、オランダのサクソフォン奏者ラーフ・ヘッケマによる無伴奏チェロ組曲第5番です。ヘッケマが2017年に録音した、6曲の無伴奏チェロ組曲のCD(Challenge Classics CC72769)では、組曲ごとにサックスをもち替えており、第5番は直管のアルト・サックス(ジャケット写真では右から3本め)をもちいて演奏しています。

CC72769

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週後半から番号順にきいている、ラーフ・ヘッケマによる無伴奏チェロ組曲。ヘッケマは1968年生まれのオランダのサクソフォン奏者。このCD(Challenge Classics CC72769)ではたんに6曲の組曲をサックスで演奏するというだけでなく、それぞれの組曲をことなるサックスで吹くという趣向で楽しませてくれます。これからきく第4番は、めずらしいF管によるアルト・サックスを吹いての録音(2017年)です。

CC72769

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ