こんなCDを買った!聴いた!

最近購入した、または聴いたCDについて語ります。クラシック中心です。

カイルベルトのCDを買わなければいけません!4

2017年03月18日 18時53分35秒 | ベートーヴェン
少し春になるかな、というこの頃です。年度末の超忙しい時期に入っておりまして、三月に入ってからはろくに休みもない。今日はやっと昼からお休みが取れましたが、明日も明後日も出勤。毎年のことですがしんどいですねえ。毎日のニュースは、北朝鮮と大阪の変わった幼稚園か小学校の話題で持ちきりですねえ。まあ世の中にはいろんな人がおられますわねえ。しかし、大阪のいことは、このことが一歩間違うと、安倍政権の命取りになる . . . 本文を読む
コメント (4)

ヴィヴァルディのオーボエ協奏曲

2017年03月05日 21時50分09秒 | ヴィヴァルディ
この週末は、丹後半島浅茂川にカニ料理を食べに行ってきました。 仕事上での付き合いの方々と間人ガニを満喫しました。お天気もよく日本海を見て、温泉にも入り、大満足の一泊二日でありました。しかし、この時期に日本海沿岸に行って、カニを食べるのは関西人の特徴らしいですが、なかななか美味しいですねえ。と言っても、一年の一度食べれば十分ですが…。帰りに、出石によって、皿そばを食べて帰りました。これもカニツアーの . . . 本文を読む
コメント

スクロヴァチェフスキ氏の訃報

2017年02月26日 18時55分27秒 | ブルックナー
2月21日、アメリカのミネソタ州ミネアポリスでスタニスラフ・スクロヴァチェフスキさんが逝去されました。昨年11月に脳卒中で入院・手術されたそうですが、93才ということで、高齢でしたので、やはり復帰は困難だったんですねえ。10月にはミネソタ管弦楽団を指揮してブルックナーの交響曲第8番を演奏されたそうですが、それが最後になったんでしょうかね。残念ですねえ。謹んでご冥福をお祈りいたします。 少し前に、 . . . 本文を読む
コメント (4)

モーツァルトのマンハイム・ソナタ

2017年02月19日 16時16分49秒 | モーツァルト
北朝鮮がしたと言われてますが、金正男氏の殺害は、衝撃でしたね。いやーどうなんですかね。よくある歴史上の筋書きでは、国内の王の敵対勢力が、王の血筋をひく人物を担ぎ出してクーデターを計画しようとしていた。それを押さえるために、その血縁者を殺害した、ということがありますか、そんなんでしょうか。そんなバレバレのことをするとは思えないしねえ。真実はどこにあるのか。いやはや恐ろしいことであります。何が起こるか . . . 本文を読む
コメント

ヤンソンスとRCOのブルックナー

2017年02月12日 17時21分37秒 | ブルックナー
先日、中古やさんで物色しておりましたら、ワゴンセールの中に、カール・シューリヒト指揮VPOのブルックナーの交響曲第5番がありました。シューリヒトのブルックナーと言えば、9番が名盤として名高いし、後は3番・8番がEMIからありますよね。それで5番?と思いました。シューリヒトの5番はないわけではなく、1963年2月ムジークフェラインでのライブがAltusから出ています。これと同じかよくわからんが、EM . . . 本文を読む
コメント (2)

I've been mellow

2017年02月05日 17時13分04秒 | クラシック以外の音楽
このごろ、iPhoneのアプリでSpotifyをよく使っているんです。この音楽のストリーミング配信サービスは、おどろくほどたくんさんの曲が聴けますね。曲がシャッフルされることや、たまにCMが入ったり、オススメの曲が流れてきたりしますが、半端でない数の曲が聴ける、それも無料で、となれば、いやはやたいしたものですね。パソコンでも使えます。ただ、この場合は30日で15時間と制限がありますが、まあこればか . . . 本文を読む
コメント

レナータ・テバルディ

2017年01月29日 17時25分36秒 | プッチーニ
しかし、先週は寒かったですね。雪もたくさん降って、兵庫県でも北の方はかなりでした。まあ1年間でもっとも寒い時期ですからね。学校も休校などになって大変のようです。アメリカでは、トランプさんが大統領になられ、盛んに大統領令なるものを発令するなど大変ですね。でも、メキシコとの壁で過激なことをいう反面、電話でメキシコ大統領とのお話では、それほどでもなくということ。いろんな場面で対応を使い分けているんですね . . . 本文を読む
コメント (2)

フランクのピアノとヴァイオリンのためのソナタ。

2017年01月22日 18時50分19秒 | その他の作曲家
かなり前から左肩が痛いんですね。前への動きは大丈夫なんですが、後なるとかなり痛く、それなりにつらいし、不便なんですねえ。以前に右肩も痛かったんですが、いつの間にか直ったので今回も、と思っていても、痛みはおさまらない。それで整形外科に行きました。レントゲンを撮りましたが、筋肉というか筋の炎症が原因。なぜなったとかは分からず、まあ時間がかかるかもしれませんが…。ということで注射をしてもらい湿布薬をもら . . . 本文を読む
コメント

チョン・キョンファのブルッフ

2017年01月15日 21時24分51秒 | その他の作曲家
先週、宮城県名取市へ震災復興支援のボランティアに行って来ました。寒かったですが、天気は穏やかでした。津波で流された閖上ではいろんな工事が行われていましたが、人気はなくトラックが行き交うだけでした。仮設も数は減ったが、昨年と変わらず。ただ再来年にはほとんどがなくなるそうです。今年で3年目になりますが、毎年お会いしている方々との再会はうれしいしのですが、いろんなものを失ったことを聞くたびに、いたたまれ . . . 本文を読む
コメント (6)

年の初めのバッハのカンタータです。

2017年01月04日 22時34分26秒 | バッハ
明けましておめでとうございます。旧年中は、いろいろとお世話になりました。今年もよろしくお願いします。今年もボツボツ更新していきたいと思っておりますので、お暇なときにでもお立ち寄りいただけたら幸いであります。 今年の正月は、非常に穏やかな天気で、暖かくよかったですね。今年は、三が日中に私と娘と息子がそれぞれ同窓会があって、けっこう出入の多い正月でした。特に私は、岡山で中学校の同窓会が二日にありまし . . . 本文を読む
コメント

一年の振り返りと、吉田拓郎さん

2016年12月31日 12時47分15秒 | クラシック以外の音楽
今年は、このブログを立ち上げて、11年になります。先日、「ブログ開設から4000日」という表示を目にしました。記事も、これで798件となります。できれば、年内に800件を達成したかったのですが…。まあ、飽きもせずによくやってきたな、という率直な感想と、もうマンネリ状態にとっぷり浸かっているなという印象を強く持つのでありました。今後、どうしていこうか、と思うのでありますが、どうなるんでしょうかねえ。 . . . 本文を読む
コメント

スクロヴァチェフスキのベートーヴェンをSACDで聴く。

2016年12月30日 17時56分26秒 | ベートーヴェン
あっという間に今年も後残りわずかになりました。28日で仕事も終わりました。安部さんが真珠湾訪問したり、稲田防衛相が靖国参拝したりで、まあなんだかなあ、ってえところでの年末です。このふたつのことは、連動しているんでしょうかねえ。また、福岡県の市長さんが、賭け麻雀をしていたことも、記者会見がすごかったですね。いやはやです。でも、今年最もすごかったのは、沖縄での「土人」発言に対する大臣の答弁だったと確信 . . . 本文を読む
コメント (2)

コジェナーの歌うバッハ・カンターターです。

2016年12月18日 19時50分29秒 | バッハ
先週の四日間、八重山諸島にお仕事で行っていました。神戸空港から那覇を経由して石垣島へ。小浜島・石垣島・西表島・沖縄本島を回りました。行く前は気温は26度以上で、半袖で十分だったのですが、どうも寒く、23~18度あたりで震えてました。天気も曇りが多く、海の青さも今イチでした。石垣島は、マリーンズのキャンプ地。二月になれば、マリーンズ一色になるんでしょうね(?)。ぜひ、そのころにまた行ってみたいもので . . . 本文を読む
コメント

シューマンの弦楽四重奏曲

2016年12月11日 17時31分12秒 | シューマン
少し前から必要に迫られて、沖縄戦のことを勉強していました。約20万人もの死者を出し「あらゆり地獄を集めた」とされる戦い。なぜこれほどまでに兵士が、また住民が犠牲になったのか。集団自決は軍が強制したかや、米軍が住民を無差別殺戮したや、種々の議論がなされていますが、「ひとたび戦争が起これば、ひとりの命がいかに軽いものか、20万人の死者たちは、戦争の冷厳な現実を今に突きつけている」ということに尽きるよう . . . 本文を読む
コメント (2)

モーツァルトのピアノ協奏曲第16番。

2016年12月03日 21時18分03秒 | モーツァルト
あっという間に12月になりました。ことしもあとわずかですね。11月が多忙を極めたのに対して、12月は、と言えば、そうでもないんですね。中旬には4日間、沖縄。八重山諸島方面に出張があったり、前後も実に慌ただしい。一方で忘年会も、であります。しかし、年末になったら、なんでかくも飲み会をしたがるんでしょうねえ。不思議な現象でありますねえ。かく言う私も、この時期になったら、イソイソと出かけようという気分に . . . 本文を読む
コメント