泉大津市会議員  ただち恵子です

私の市政報告、毎日の活動、そのなかで思うこと.




また会う日まで

2018-01-10 21:46:43 | 大きくな~れ


年末から2週間、賑やかに楽しく暮らしました。


年末25日に長女一家がやってきて、新年3日には仕事が始まったパパさんが帰国。入れ代わりで、次女が子ども3人と一緒に加わって、2組の親子合宿になりました。

忙しかったけれど心弾む毎日でした。



関空で見送りしました。岸和田から大好きなラピートに乗るのが、バアバの最後のサービスです。




大きくなったなあと、改めて思います。ブログのプロフィール写真に私とツーショットで写ってるのは5年前、〇クン2歳の時です。


〇クンが産まれたのは、このブログを始めた年の秋。

「大きくな~れ」というカテゴリーは〇クンの成長のアルバム。


それから次女のところに、今、5歳になった〇ちゃんが産まれ、「大きくな~れ パート2」が、〇ちゃんのアルバムになりました。

一人増えるごとに、カテゴリーは増えるのですが、〇クンが一人だけだったとき以外は、一緒に写っている写真が多いので、正直、「パート??」分からなくなっています。


だいたい、夏と冬、半年ごとに帰ってくるので、成長がよくわかります。


母親に叱られて、言い訳してるのを聞いていると、その子なりの「意見表明」に感心します。


論理展開も冷静さも「〇クンの勝ち」と言ってあげたいけど、そこは介入しないことにします。

4歳の〇みちゃんも、よく叱られていましたが、大声で泣きながらでも「自分の言い分」を主張するのは頼もしいなぁと思います。



次に会うときに、どんな姿をみせてくれることか。


楽しみにして、頭と体の健康維持に努めます。
コメント

「実家のお泊まり保育」が続きます

2018-01-06 23:17:03 | 大きくな~れ







私は朝から晩まで留守にしていましたが、一日、楽しく過ごしたようです。

夜、帰ったらみんなおやすみでした。
コメント

6人勢揃いで し・あ・わ・せ

2017-12-30 22:48:45 | 大きくな~れ


次女のマンションのゲストルームで長女の家族と一緒にお泊まりです。

孫6人勢揃い。長女のところに男・女・女の3人。次女のところは女・男・男の3人。

上から7歳、5歳、4歳、3歳、1歳。そして一番の新参は今年4月生まれの8ヶ月。


毎年のように一人ずつ増えて、こうして過ごすのを子どもたちもとても楽しみにしています。

人数が増える度に、けんかしなくなりました。大きな子が大きくなって小さな子を守っています。


そんな愛しい子らと、歌って踊ってじゃんけんして、絵本を読んで、好きなもの、嫌いなものの話して。幸せな夜がふけていきます。
コメント

プール、そして病院

2017-08-13 23:17:56 | 大きくな~れ
お昼ご飯に、おにぎりのお弁当を持って子どもたちはプールへ。

市内で唯一の市営プール、助松プールです。




子どもたちは2回目。







初めは怖かった滑り台、平気で滑れるようになりました。


私は送迎だけして、その合間にたまった「宿題」で家のPCに向かうのですが・・・



一緒に行ったパパさん、体調に異変。


実は「昨日からお腹が痛かった」そうです。


お盆休みの日曜日。診てもらえる病院を探します。


#7119で救急安心センターにつながります。


症状を伝えると「今、診療中の病院、直線距離で近い順に3つ」、電話番号とともに伝えてくれます。


その一つに電話して「4時半までに受付を」ということでした。


プールから病院へ直行。その後、子どもたちと娘を家に送り、また病院に迎えに。


幸い、今のところ小康状態。


プールと病院の送迎で忙しかった一日でした。


急な病気やけがで困ったときは、♯7119(つながりにくい時は06-6582-7119 私はコチラでかけました。)大阪救急安心センターへ。
コメント

浜寺公園

2017-01-07 23:04:08 | 大きくな~れ
12月22日に、やってきて2週間余りを我が家で過ごした長女も子どもたちと一緒に明日、帰ります。


そして、4日から合流した次女と、子どもたちも帰ります。

朝は今年初めての後援会の野菜朝市、夜は今年初めの後援会の役員会でしたが、その間の時間は、他の予定はあきらめて子どもたちとゆっくり過ごしました。


お気に入りの浜寺公園。








大きな滑り台を何度も何度も・・・。




これができるのは、一番大きい〇クンだけ。





いつもまにか一人足りない・・・と思うと、しゃがみこんで石を拾ったり、松葉で遊んだり。


地面に何やらサインしていたり。




そしてまた、駆け出していきます。


私に元気をいっぱいくれた小さな人たちと、明日はお別れです。
コメント

祭りの朝

2016-10-08 15:46:01 | 大きくな~れ
秋晴れです。


だんじりの太鼓の音で目が覚めます。



8月は入院。9月は議会。

いつのまにか、季節が移り変わっています。

気温はあがり汗ばむけれど、風はさわやか。


秋、10月といえば・・・、今では5人になった孫たちの筆頭、「孫第1号」の誕生日です。



早いものです。6歳になりました。一目会いたくて、トンボ帰りで飛行機に乗ったのが昨日のようです。




あれから6年、2人の妹のお兄ちゃんになりました。



コメント

1日1晩、孫三昧

2016-03-13 20:28:47 | 大きくな~れ
昨日の朝、関空を出発し、娘一家が暮らすソウルへ。

年末年始を大阪で過ごしてからまだ2ヶ月余りですが、2歳の○みちゃんは、ずいぶんおしゃべりになりました。





そして、○クンは、やさしいお兄ちゃんに。

妹を泣かしては怒られていたものですが、泣いてる妹をハグして慰めて。



娘の家でWiFiでメールもできましたが、ブログの更新はお休み。絵本を読んだり、積み木をしたり・・・どっぷり孫三昧していました。




○クンの3歳の誕生日に娘のリクエストで贈った積み木。

この頃、二人で仲良く遊んでいるようです。




お城をつくって、「お城に行く道をつくって・・・」と言います。

お城に続く長い長い道をつくりました。

「車も走れる道にしよう」「キリンさんとゾウさんも・・・・」と話は広がります。





あっという間にお別れの時間。空港への道。


手をつないでいても、すぐに走り出すのは○クン。


粘土で作ったアンパンマン、「ボクのだいじなんだけど、おばあちゃんにあげる。もって帰っていいよ!」と手渡してくれました。




コメント (2)

2015年の終わりに

2015-12-31 20:37:19 | 大きくな~れ
2015年がまもなく終わります。

今年の3月21日、母の命の灯が消えました。


なので、明日、迎える新年は喪中です。


母の「お別れの会」の席上で、中学時代の親友と再会することができました。

私達の手をとって、母が引き合わせてくれたようでした。


2016年、明日は「マイナンバー制度」のスタートの日です。

「番号通知は未完了。安全対策も未確立」・・・今日の「しんぶん赤旗」です。



そんな、心配ごともありますが、新しい年は明るい話題のたくさんある年にしたいもの。

願いをこめて、○クン、○みちゃんのとびきりの笑顔で、今年の締めくくりといたします。



大好きな浜寺公園の滑り台。


今年、一年、拙いブログにお付き合いくださいました皆さん、ありがとうございました

よいお年をお迎えください






コメント (2)

やってきました!

2015-12-26 22:13:24 | 大きくな~れ
半年ぶりです。

大きくなったなぁと思います。


5年前、深夜着で1泊、翌朝発と言うスケジュールで私の孫1号の○クンに会いに行ったことを思い出します。

よく泣く子でした。


若いパパ、ママ、ふたりがかりでお風呂の時間も、力いっぱい泣いていました。


いつまでも赤ちゃんではないんだなと、あたりまえのことに感心しています。







アナ雪のエルサになりきっています。妹の○みちゃんは、アナの役です。


お風呂に入って、パジャマに着替えて、寝るまでよく遊びます。


これから2週間、にぎやかになります。



コメント

ゆっくり。ゆっくり。

2015-10-05 23:03:52 | 大きくな~れ


○クン、5歳の誕生日でした。昨年は荷物の配達が遅れて、誕生日までに届かなかったので、今年は早めに。

1日に届いて、娘が今日まで保管しておいてくれました。


絵本「スイミー」とクレヨン。

写真は、それを使った作品で「ありがとう!」と言ってくれてます。隣に2歳の○みちゃんが、並んで立ってます。

カメラを向けると、いつも一緒に。





こちらは、大阪の○ちゃん、○おクン。

1歳の○おクンも、この頃カメラ目線?


5年間の間に、愛しい人たちが4人になりました。

「おばあちゃん」と言われると、老け込む気がしてイヤという方もあるようですが・・・。


私は「バアバ!」と呼ばれるのが大好きです。

この子らが大きくなる姿をみていたいと思います。

「あと50年でも元気でいたい」と思わせてくれます


ゆっくり、ゆっくり  大きくな~れ
コメント (2)

しばらく会わない間に・・・

2015-06-27 22:14:44 | 大きくな~れ
ソウルから長女が、○クン、○みちゃんと一緒に帰ってくるので関空まで迎えに行きました。

しばらくぶり・・・と言っても、まだ1ヶ月半。5月の連休明けにお別れしたばかり。


ずいぶん大きくなった気がします。






南海電車で我が家へ。

向かいの席から私の隣に移り、手にした恐竜の本を開いて、解説してくれます。

「これはね、空を飛ぶんだよ」

「これは海にいる恐竜」

「これはニクショク(肉食?)恐竜。」


私は「へぇ~」「ふぅ~ん」と感心するばかり。


私のPCの壁紙はずっとハイハイ始めた頃の○クンです。




人が「子ども」である時間は案外短いものだと思います。





コメント

紛争は話しあいで解決

2015-01-03 22:06:18 | 大きくな~れ
2週間の滞在で、長女一家は明日ソウルへ帰ります。

今日は、次女の一家が遊びにきました。

3人の娘達とその家族が全部揃うと11人。

ここ数年、年末か年始にそれぞれの都合を調整してから、私に声がかかりました。

2013年の年末、30日に全員集合で10人でした。


昨年の8月に次女のところに○おクンが生まれて11人になりました。

11人が全員集まれる日はなかったのですが、元旦には末の娘夫婦が来てくれて、今日は次女の家族が来て、新年会は2回にわけて。




こんなときもありますが・・・・



食事のときは、ふたり仲良く並びます。




2歳半の○ちゃんも、カルタができるようになりました。「お気に入り」の一枚をゲット!



とられて、ちょっと傷ついた○クン。

派手にけんかしても、泣いても、しばらくすれば仲直りのタイミングは自分達でみつけています。




こちらは、まだカルタの仲間入りはできない1歳半と5ヶ月。

おもちゃや本を、せっせと運んであげる○みちゃんです。



お正月の3日間は、こんな風でした。

明日から本格的に活動開始です。








コメント

走る!走る!

2014-05-02 22:35:24 | 大きくな~れ
「ゴールデン・ウィークはどうされるんですか?」と、聞かれたりすることがあります。

あんまり普通の日常と変わらないペースで、手帳のスケジュールは埋まっていきますが、日常と違うのは、今夜から○クン、○みちゃんがやってきて大変にぎやかなことです。



3月から保育園にいき始めた○クン、走るのも速くなりました。追いかけるのが大変。

8ヶ月の○みちゃんも、こちらは4本足ですが、なかなかハイスピードで移動します。



いつもご機嫌ですが、ベビーカーは嫌いみたいです。



・・・というわけで、私もなかなか忙しい。

コメント

初めての保育園

2014-03-03 22:03:55 | 大きくな~れ
背中のリュックサックに何が入ってるんでしょう。
「おやつにニンジンとチーズを食べた」って聞いて、なんだかホッとしています。


「○くん、大きくなったな」と思った日でした。

一歩、一歩・・・しっかりと踏みしめて歩いていく姿を少し離れて見守っていきたいと思います。
コメント

「今」がかけがえのない瞬間(とき)

2014-01-28 21:35:16 | 大きくな~れ
二組の親子がいっぺんに帰って行き、このブログを見てくださっている方から「さびしいでしょ?」という声をかけていただきます。

昨日も今日も、朝から晩までスケジュールいっぱいの上に、急な相談事もあり忙しく走り回りました。

会議と会議の間を縫って、土曜日の相談会に来てくださった方の件で対応。その間に新たな相談者からの電話。
きょうは臨海地域整備特別委員会と午後はメガソーラーの設置が進む臨海部の視察。その様子は森下議員のブログで詳しく書いてくれています。


忙しくても、「さびしい」のは確かです。

忙しくて忘れる寂しさと、いくら忙しくても心の中に穴がぽっかりあいたような気のするさびしさがありますね。
何か大切なものを置き忘れてきたような感じ。

長女と○クンたちを関空まで送ったときに、電車の中で隣に座った親子連れ。
若いおかあさんは、きれいな人でした。ファッションも素敵でした。
手にスマホ。用事があってメールでもするのか思うと、一心にゲーム。
隣に座ったふたりの子どもたちが、声をかけても知らん顔。
「うるさいな、静かに座っとき」と言って、降りるまでゲームでした。

「もったいないな」と思います。
2度と帰ってこない「今」なのに・・・。

子どもたちとの付き合いはずっと長く続きます。一生ものです。
そのなかで「おとなと子ども」としての付き合いはとても短い時間です。

若いお母さん、お父さん、「今」が、かけがえのない時だということを忘れないで。

命を育む日々を、楽しんでください。
苦労も多いけど、楽しいこともいっぱいあります。
子どもたちのおしゃべり、しぐさ・・・一緒に笑ってください。

やがて子どもがおとなになって、親子でも「おとなどうし」の付き合いになります。
それはそれで楽しいものです。
でも、やっぱり「子ども」はいいです。

ソウルに帰った長女から、帰ってから○クン、「毎晩夜泣き。夜が恐怖」とメール。
「抱きしめてあげて。夜泣きさえなつかしく思い出す日がくるよ」と返信しました。




二組の親子が「合宿みたい」と言って暮らしたなかで、数少ないスリーショット。




自分でボタンができるのが得意の○クン。お出かけ前に○ちゃんのボタンもとめてあげます。私のコートのボタンも小さな手でいつもとめてくれました。



ふたりの帽子は91歳の私の母のプレゼントです。



朝、起きたら「マンマ!」と叫ぶ元気な○ちゃん。パンが大好き。ホームベーカリーから取り出すための大きなミトン。
両手にはめて、羽のようにバタバタ。

楽しい1ヶ月でした。
30年前の娘たちとの日々がもどってきたような気がして。
「二度ともどらない日々」であることもわかっています。

コメント