たまてばこ新聞

アニメ&特撮オタ歴45年、まだ×2現役やってます!地球防衛軍5絶賛プレイ中♪

ROBOTICS;NOTES ELITE (PS TIVA、DL版)。フルコンプしました。

2019年08月23日 23時03分15秒 | ゲーム
 6月にプレイ開始したものの、一度中断。ここにきて私事もあり、まとまった時間が急に出来たので一気に進めていきました。まぁボイスOFFにしてあったことも早く進められた要因ですね(汗)。音声聴くとやはり全体のプレイ時間は長くなりますし。

 自分のVITA本体がどうも不調、たびたびフリーズする、アニメーションムービーがカクカクになる、セーブデータ破壊の危険もあった為勢いボイスOFFでサクサクいきたかったのです(我がVITAは初期の1000タイプ3Gモデル。8年も使用、遊んだタイトルも携帯ゲーム機の中では3DSと並びます)。

 1周目?はツイぽのレスが選択肢になっていることに気づかず、ただ返していただけだった為、5章どまりのいわゆるBAD END。その後は情報参考にテキスト読んでいきました。真エンディングに続くシナリオを読み終わった時点で30時間…これは長い!久々にじっくりADVやった感。

 序盤の1章~2章がイマイチ盛り上がらないし、登場キャラが皆どこか歪でなじむまでが苦労でしたね。君島レポート探し始まってからは続きが気になり、今度は止め時に困るくらい楽しめました。終盤の熱い展開は自分好み。やはり巨大ロボットものはいいですねぇ!カイト、アキ、ジュン、フラウ、スバル最後はみんな愛しく思える良いシナリオ、これはFDのDaSHもやるしかないのかしら?(汗)

 過去の科学アドベンチャーシリーズの世界観の上に同じく存在する作品なので、端々にシュタゲやカオチャに関するネタが折り込まれているのもうまいなと。カオヘプレイしたくなってしまいます。

 とりあえずシュタゲゼロがセール期間内の為、購入DLしてあるのはナイショ(爆)

 あと録りためたアニメ版を観なくては!!
コメント

地球防衛軍5 (PS4、DL版)。プレイ動画投稿にハマっています。

2019年08月23日 22時32分17秒 | ゲーム
 自分のあまりにもヘボいプレイぶりを後で笑ってみるために残しておきたくて(爆)、Twitterへの動画投稿を始めました。まだ思うポイントで動画を録れず、せっかくミッション41の欧州救援その1のHARDを頑張ってクリアした記録が残りませんでした…(泣)。少しずつ慣れていきたいです。

 肝心のゲーム攻略のほうは、110あるうちの57まで進んでいます。初めてトロフィーもつきました。達成率ははなっから頭に入れていませんが(ハードル超高い)もらえると嬉しいものですね☆

 基本は難易度NORMALですが、後半は敵が多いのでEASYが増えてきました。コスモノーツ硬過ぎじゃないですか…(号泣)。あと巨大ロボレーザーで武装してて本当に強過ぎて涙目。

 欧州救援その1を周回してまた武器を強化しないとダメかなぁ。

 とりあえず敗北しまくりではありますが、無双系とは違う爽快感がたまらないゲーム。110まではEASYにしてでもクリアしたいと思います!
コメント

「ログ・ホライズン 11巻」読了しました。

2019年08月05日 12時34分27秒 | ノベルス
 電子版で1年以上掛けようやく読み終えました(爆)

 一年に一冊しか出ないなんてもう忘れてしまいますよ…実際この巻は1年以上前のもの。話はシロエ達のアキバではなく、別サーバーの話。プレイヤー全員をリアルに戻す為に必要とはいえ、世界を広げたことは首絞めたなとしか言いようがありません(汗)。災害が世界規模だとわかったのだけは良かったですが。

 終盤に向けて、シロエの師匠(?)カナミの天衣無縫ぶりを紹介したいところなんでしょうが、アニメから追いかけてる組としては結末が一刻も早く知りたい…。文章は読み易く一気読み出来てしまうのだからこそ、早いペースで刊行していただければ…そもそも書いているのかすらどうなんだろう??
コメント

CS配信鑑賞「Re:ゼロから始める異世界生活」。

2019年08月05日 12時11分30秒 | TVアニメ鑑賞記録
 一気観とはいきませんでした(汗)。何度か中断を経て数か月かけようやく昨日最終回を観終わったところです。

 スバルの死に戻り体験がとにかく壮絶かつ悲惨、観ている側も彼の痛みが伝わってくるような映像。死に=失敗な訳で、失敗を繰り返しながら正解にたどり着いた時の達成感や安堵感が共感出来るからこそ、この作品は大ヒットしたんだなと思いました。

 ただ、主人公スバルの性格は万人受けするとは言い難く、時々超ウザキャラ化するのはいただけなかったです。ギリギリ小林裕介君の演技で大嫌いにさせないラインを保っていた気がします。

 ストーリーがまだまだ序盤、王選は始まったばかり、スバルにかけられた呪いの元である魔女教とは何ぞや、メインヒロインであるエミリアの力とは?についても情報少なくで、全体的にはモヤモヤしたまま終わりました。そこへきてのようやくの2期制作情報。まぁ、この2期の情報を知ったから観始めたようなものですから良いのです(爆)。

 あとは異世界かるてっと!いせかる観たら未視聴の作品って気になりますよね。そしてあっさり釣られました(うわ)。11月の劇場版も観に行こう!
コメント

レコーダー録画鑑賞「ゾイドワイルド」。

2019年08月05日 11時29分07秒 | TVアニメ鑑賞記録
 久しぶりのゾイドアニメということで、楽しみにしていました。序盤は、ザ・コロコロ!というしょうもないギャグ連発、どちらかと言えばシリアスの度合いはさほど大きくありませんでした。腹減りのアラシは紙のようにペラペラになり空を飛んでいるとか(苦笑)。これは過去のゾイドアニメファンがリタイアするであろうレベル(汗)。

 ところが、ギャラガーの登場そして師と仰ぐベーコンの戦死から急激にシリアス度上昇。ここから、冒険&レジスタンスものへと変わっていきました。こうして書いていると、途中路線変更が何度も放映中にあったのだなと実感。

 ギョーザの仲間入り遅かった&途中長期離脱理由不明。ヨウカン新規参戦が終盤しかも登場回極少しかもCVがソースと兼ね役。お宝探しかレジスタンス活動かメインがぶれまくる。等々、迷走の跡がちらほら(汗)。おもちゃはそこそこ売れていたけれど爆ヒットといかなかったのが原因のような気がします。キッズアニメは商品の売れ行きに左右されますし。

 そんな中でも、主人公アラシの成長はしっかり描けていてそこは良かったです。オニギリ、ペンネ、ドレイクも見せ場多く良いキャラでした。ソルトはドレイク参戦から影が薄くなって残念(キャラ被り)。そういえば、アラシは父親と再会するのもひとつのヤマだったはずなのに、伏線張った割に適当に処理され悲惨だったな…(泣)。

 あと、登場したゾイドの種類が少なくてちょっとつまらなかったですね。ゾイド過去作は次から次へと新ゾイド(しかも中型大型メイン)登場していただけに、小型の昆虫系ばかりなので観ていて気持ちが盛り上がらなかった(こはスポンサーの事情)

 最終的には、放映局の番組編成の都合で同じ枠のシンカリオン共々強引に終わらされた印象で、本当にもったいなく残念。秋の新作が続編ではなく時代を変えての完全新作だから余計…。
コメント