たまてばこ新聞

アニメ&特撮オタ歴45年、まだ×2現役やってます!幻燈ロンド&地球防衛軍5絶賛プレイ中♪

ここ最近のこと。

2019年09月22日 13時02分41秒 | つれづれ
 秋アニメようやく視聴予定UP出来ました。ホッ。

 ・ロボノの次は君嘘。
 1話2話はAT-Xで録画し損ねた為アマプラで観ました。絵がキレイだし動かすところは動いているしでかなり期待値高いです。今年に入りノイタミナ過去作たくさん観られて嬉しいなぁ。あとは残響のテロルとサムライフラメンコを…是非に!!(ずいぶん前からしつこく言ってる気が)

 ・ネオロマセールにて。
 下天の華愛蔵版と遙か6幻燈ロンドDLしてしまいました(爆)。半額だったのでつい(汗)。下天はいわゆる貢ぎ(爆)ですが、特にノルマ定めず気が向いた時に進めたいなと思っています。夢灯りPSP版DLで持っていたのに削除しちゃったからまっさらな気持ちでプレイ出来ますね~(うわ)。そして幻燈ロンドは完璧にネオロマ25thに影響受けました。VITAはオワコンでもあるし今のうちに安く購入した方が正解と思って。こちらも少しずつ進めます。コーエーさんはセールしてくれるからありがたいです。オトメイトはやってくれないから…(まぁあそこはパッケージ版大事ですもんね)。

 ・EDF5はミッション98。
 110あるミッションのうち97まで進みました!残り12とあって俄然テンション上がっています!ME4エメロード優秀過ぎて泣けるほど勝ててます、嬉しいよ~!

 ・コミックス新刊。
 まほよめ、ゴールデンカムイ、キングダム読みました!なんといってもゴールデンカムイの再会シーン(そしてその後のギャグ/爆笑)が最高過ぎます!!杉元めっちゃ嬉しそうでこちらも嬉しいです、本当に♡
コメント

「OCTOPATH TRAVELER Break, Boost and Beyond」昼の部参加してきました。

2019年09月22日 12時28分19秒 | イベント、舞台など
 7月28日参加してきました。八王子は遠かった…。オリンパスホールは広くてきれいだったけど階段含む移動通路が狭く椅子が硬くて腰痛いところでした…(汗)。東京都も慢性的なホール不足、郊外でイベント行うのも当たり前になりましたが、地方民にはバスや新幹線から遠い場所は時間的にかなりきついです。

 オクトパストラベラーの音楽をアレンジとはいえ生で聴けるとあって、前々からとても楽しみにしていました。ゲーム系のコンサートには日程的な面やチケット運の関係で縁がほぼ無かったので…。

 ゲームプレイ映像が音楽と同時に流れる演出は最高に没入感ありました!バトル1やボスバトル1は滾りましたし、理を司る者は苦戦した思い出が蘇り苦笑いするなど一喜一憂しながらの鑑賞、本当に楽しかったです!!

 MCの西木さんがおっしゃられたようにいつかはフルオーケストラでのコンサートを楽しみにしています!!



コメント

CS録画鑑賞「ワンパンマン(第2期)」。

2019年09月22日 12時15分41秒 | TVアニメ鑑賞記録
 モブサイコ100を観た後だとこの作品の深さがわかりやすくなると言いますか。1期ではサイタマとジェノスのにぎやかな日常、でという印象しかなかったのですが(おい)、2期では「強さ」「ヒーロー」というバトルものに欠かせない要素について深く考えさせられました。哲学というには大袈裟かなぁ。

 襲ってくる敵がいくら強くてもサイタマが登場するとワンパンで終了してしまう為、彼が登場するまでどれだけ盛り上げる(じらす)のかがストーリーの要となっていた点がやたら気にはなりました。様々なヒーローの生き様を見せることも伏線として大事だとわかっていても「サイタマ早くでてこーい」って思ってしまう(苦笑)。何だか告白しそうで一向にしない恋愛ドラマみたいだなぁと(爆)。

 外では激しい戦いが行われているのにもかかわらず、キングとゲームに興じるサイタマの姿がシュールでした。良かったのは、強すぎるゆえに感情をなくしてしまったかのようなサイタマに「まだまだ伸びしろある」と語ったキングの言葉。求めれば天井はまだ高くなるんですよね。スポーツマンみたい。

 今作でのキングは本当にイイやつ、良い立ち位置のキャラでした。正直1期はおもしろいと思えない部分もあっただけに、今後何年先になるかわからない3期も期待したくなりました。サイタマのこれから行く道が見たいです。
コメント

「劇場版 青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」を観てきました。

2019年09月22日 11時17分45秒 | 劇場版アニメ鑑賞記録
 遅れること3カ月、ようやく地元での上映!シネコンではない昔ながらの映画館で9月1日に観てきました。自分達と同じように公開を待っていた地元のファンも少ないながら(それでも20~30人は多いと思う/汗)入場待機列が出来るくらいいて、原作とTVシリーズの人気を感じました。まぁ毎回のことですが、自分とダンナは最年長二人連れ(爆)

 劇場版はTVシリーズで謎のまま終わった牧之原翔子のターン。ようやくいろいろな疑問がわかってきて、まさに集大成なストーリーでした(原作は継続中ですが)。シュタゲばりのタイムパラドックスだとは驚き。メインヒロインの麻衣まで巻き込んでの死亡回避エンドの為の時間巻き戻しが痛ましく、切なかったです。咲太の心がボロボロになる中盤は本当に辛過ぎました…。

 咲太を支える麻衣の献身ぶりも泣けました。TVシリーズの最初以外はそれほどメインを張る感じではなかっただけに、麻衣の頑張りがとても印象に残りました。年上のお姉さんのような口調ばかりの彼女が感情むき出しで咲太にぶつかっていくところが特に良かったです。

 その他のシリーズヒロイン達も要所で活躍、みんな可愛くて可愛くて。顔アップの作画が美麗で最高でした。

 原作はまだ続いているのでまた再びアニメ化されることを願っています。

 
コメント

CS録画鑑賞「ロボティクス・ノーツ ROBOTICS;NOTES」。

2019年09月22日 10時37分25秒 | TVアニメ鑑賞記録
 ようやくアニメ版全22話観終えました!観始めたら一気でしたね~。やはり科学アドベンチャーシリーズはおもしろい!!そしてゲームをクリアした後だとなおおもしろい!!!

 ということなので、アニメから入る方には、序盤など特に展開が早過ぎて何が何だかという印象になってしまうかもしれません。その一方、カイやあき穂の変人っぷりはゲームシナリオを省略したことでかなりマイルドに感じられました。ゲームのままだと二人とも好き嫌いが分かれるキャラになっていたはず(特にカイ)。

 ゲームの序章~5章を駆け足でやった分、終盤をじっくり描けたのはとても良かったです。みさ姉サイドの描写を入れたことでよりドラマティックにクライマックスが盛り上がりました。エピローグもちょこっとだけありましたし。何より、アニメならではのメカアクションが楽しかった。巨大ロボットが主役ですからやはり動かさないと、ですね!

 ロボ部メンバーみんな可愛くていい子達ばかり♡ やはりイチオシはフラウ!ネットスラングまみれなセリフの中に、たまに挟まれる本音が彼女の孤独と繋がりを求める寂しがりの部分を見せてくれて最高に可愛いです!カオチャでも雛絵推しなので、科学アドベンチャーシリーズでは後輩キャラが好きな傾向にあるのかもしれません…あはは(汗)
コメント