たまてばこ新聞

アニメ&特撮オタ歴45年、まだ×2現役やってます!ロボティクスノーツ&地球防衛軍5絶賛プレイ中♪

し、嶋さんがでた~

2004年11月28日 23時47分10秒 | ブレイド
 睦月の苦闘編もようやく終わりましたね。
しかし、あんな形になるとは…。

 虎のお姉さん、イイ人(アンデッドだっつ~の)だよ~あの最期には泣けそうになりました。
結局は睦月は彼のまま、ムリに強くなろうとしなくても、心優しいままでいい。
それが本当の強さになるんだから、という事なんでしょうね。

 それをお姉さんに教え、行動を起こさせるきっかけになったのが、望美のおむすび!(具なしか?)
一度はビビッて逃げ出した彼女が、頑張って睦月を助けようとやってきたところは、
定番の展開だったけど、嫌味は感じなかったです。

 最後、ラウズアブゾーバー(アンデッドを信じて渡すとこはさすが橘さん!)によって、
はじき出されたカテゴリーAのクモアンデッドを封印する時に、
睦月の意識内に現れたのが、あの嶋さん!!お懐かしや~(嬉)

 ああいう心の中の世界ってアニメではよくある表現なんですが、
特撮では余り見ないかも(想像っていうのはあるけどね)
嶋さんってちゃんと睦月の中で生きてたんですね~(虎のお姉さんも)
睦月はいいアンデッドに恵まれて幸せ者だよ。
あのシーンは実にアニメ的で、アニオタの私は素直にハマれました。

 どうやらこのバトルファイトは、アンデッドもライダーも
いなくなった後の事が重要みたいですね。
やっぱ、元理事長が世界の覇者になるつもりでいるのかなぁ??
これからの展開がますますたのしみになってきました。
コメント

しっかり覚えられてるよ…(汗)

2004年11月24日 23時29分29秒 | マニアな家族
 この間の日曜、下の娘(中2、コンラッド萌え)に頼まれて、なじみの某大型書店に本の予約をしに行った時の事。

 この店では去年からいつも角川ビーンズ文庫のマ王シリーズと少年陰陽師シリーズ&The Beansを頼んでいます。という訳で、いつの間にか担当の店員さんともお友達状態。その日も「待ってました!」とばかりに、「雑誌はこれからでも大丈夫ですよ~」(ちなみに発売日12月10日)とかてきぱきと対応してもらいました。

 しっかし、ココにくるまで丸1年、色々ありましたわ。角川ビーンズ文庫自体がマニアックなジャンルなもんで、なかなか店員さんに理解してもらえず、苦労した事も。マ王のアニメ化で少しメジャーになった為、半年前くらいから話もスムーズに通じるようになってきて大分楽になりました。

 そのおかげで、「○○様いつもありがとうございます」と、予約票書く前からご挨拶されてるんですが。喜んだほうが良いのか…(汗)

 大体、自分の事ならしょうがないけど、子どものお使いで名前を覚えられてるんですよね…(ははは)まぁ、我が家の住む町内には書店ありませんから(泣)、車で20分かけて行かなくちゃならないような環境では致し方ないトコロです。(田舎は悲しいっす)
コメント

クライマックスの予感!

2004年11月23日 16時26分40秒 | ブレイド
 ここへきて、かなり盛り上がってるブレイド。
1~2クールめの???な感じもどこへやらですねぇ。
初回から見てきた者にとっては、やれやれ一安心、といったところかな。
(それぐらい、当初は心配でした)

 BOARD元理事長氏は裏の大物らしく、原稿持ってった先の編集長が、
虎太郎のツッコミに完全にビビってました。
そうか、そんなにすごい人だったのか~!

 大ボスと戦う前に、まず睦月を何とかしなくちゃいけません。
睦月の一皮剥けが当面のストーリーですが、
あの虎のお姉さんが何か気持ち変わりそうな兆し。
来週予告を見る限りは、もう封印されるような雰囲気ですが、さて…。

 ラウズカードのほうも、橘さんがキング1枚、睦月3枚(お姉さん含)でコンプリート。
橘さんのアンデットは、かなり強そうで頭も良さそう。
睦月はお姉さん封印でほぼコンプも見えてきますね。

 でも、その先にはいったい何があるんでしょう??
理事長やっつけても、ジョーカー封印が残ってるし、
残り話数でこなせるようにスタッフの皆さんには是非頑張ってもらいたいです。

 あと、やっとブレイドのソンコレ、レンタルしてきましたよ~♪
やっぱ、「ELEMENTS」は、カッコいい主題歌ですわ。燃える!
キャラソンは皆それぞれ歌詞が、その人にあったものになってて好感持てました。
しばらく、ドライブのお供になりそうです。
コメント

銀河烈風バクシンガー音楽集2-烈風譜-

2004年11月20日 22時59分08秒 | 歌なんでも
 今のところ思うのは、カゼを早く治したい、かなぁ。鼻が詰まって苦しいんだよね~(ずずず)

 近頃マイブームなのが、80年代アニソンを聴く事。その中でも、先日ふと思い立ってたんすの奥から引っ張り出してきたのが、↑。

 銀河烈風バクシンガーは、新撰組がベースのロボットアニメです。音楽は、タイムボカンシリーズで有名な山本正之氏が担当しています。

 その頃には珍しく、このアルバムは、ヒロインであるライラの声を担当された麻上洋子さんがストーリーを語り、間に挿入歌を挟むという異色の構成。

 買った当時は電車の中とかで熱心に聴いてましたねぇ~(しかもカセットテープで購入!)ヘッドホンプレイヤーだから、友達にも気付かれなくてすんだし(当時は隠れオタクでした…遠い目)。

 さすがに現在は、作品自体の稚拙な作り(作画や演出のお粗末)を思い出し悲しくなるので、ナレーションは聞かないで歌だけMDに移して毎日カーステで聴いてます。

 歌は、どれも個性的でJ9シリーズ中一番のお気に入り。山本氏がタイムボカンシリーズ以外で、もっとも成功した作品だと思っています。

 以下は、各曲への一言ツッコミ。

 1.銀河烈風バクシンガー(OP)
 文句無しにカッコいいんだね~前口上とラストの「レェェッツ!」シャウトがサイコーっす。
 2.愛のライディングマシーン
 よく分からない擬音の連呼に、今驚いてます。「バルルラ」って…(汗)
 3.マイ・ソウル・ジャーニー
 ハードなバラード。増田直美さんの声が泣かせます。
 4.面影ララバイ
 リリィのイメージにしては、大人っぽ過ぎるかな。歌詞の一人称「あたし」だしな…。
 5.いつか時を止めて
 増田さんと山本氏のデュエット。すっげ~泣かせる演歌(マジ)です。
 6.ビリー・ザ・ショット
 こうもキャラの名前が歌詞に出てくると、却って潔さを感じますね~しかし自分は、「士郎」くんって呼びたい…(アホ)
 7.不死蝶のライラ
 山形ユキオ氏の演歌調コブシがたっぷり堪能できます。山本氏って基本的には演歌っていうか、日本歌謡なんだよね。ノスタルジ~(懐)
 8.アステロイド・ブルース
 めげてる時聴くと、結構元気出る歌。でもスローバラードヴァージョンは泣けるよ!
コメント

超究武神覇斬って便利♪

2004年11月17日 22時48分10秒 | ゲーム
 現在、一日2時間ペースでのんびりキングダムハーツ(GBA)プレイ中です。

 クラウドのカード3枚集めたので、バトルの度に超究武神覇斬使いまくってますが、
いや~カッコいいんだなぁ、コレがvv(アホ)

 一度に沢山のハートレスを倒せるんで、アクション苦手の私には嬉しいです。
デッキ全部クラウドでも良いんじゃない??(それは絶対ムリだって!/汗)

 ちなみに、このゲーム結構売り上げ良いらしく、自分のバイト先では十数本が
2、3日で完売です。
どうも2本購入して、対戦モードプレイ派が数多くいるようですよ。

 スクエニさん、商売上手!(しかもPS2版も2出すしね)
コメント