たまてばこ新聞

アニメ&特撮オタ歴45年、まだ×2現役やってます!地球防衛軍5絶賛プレイ中♪

レコーダー録画鑑賞「ゾイドワイルド」。

2019年08月05日 11時29分07秒 | TVアニメ鑑賞記録
 久しぶりのゾイドアニメということで、楽しみにしていました。序盤は、ザ・コロコロ!というしょうもないギャグ連発、どちらかと言えばシリアスの度合いはさほど大きくありませんでした。腹減りのアラシは紙のようにペラペラになり空を飛んでいるとか(苦笑)。これは過去のゾイドアニメファンがリタイアするであろうレベル(汗)。

 ところが、ギャラガーの登場そして師と仰ぐベーコンの戦死から急激にシリアス度上昇。ここから、冒険&レジスタンスものへと変わっていきました。こうして書いていると、途中路線変更が何度も放映中にあったのだなと実感。

 ギョーザの仲間入り遅かった&途中長期離脱理由不明。ヨウカン新規参戦が終盤しかも登場回極少しかもCVがソースと兼ね役。お宝探しかレジスタンス活動かメインがぶれまくる。等々、迷走の跡がちらほら(汗)。おもちゃはそこそこ売れていたけれど爆ヒットといかなかったのが原因のような気がします。キッズアニメは商品の売れ行きに左右されますし。

 そんな中でも、主人公アラシの成長はしっかり描けていてそこは良かったです。オニギリ、ペンネ、ドレイクも見せ場多く良いキャラでした。ソルトはドレイク参戦から影が薄くなって残念(キャラ被り)。そういえば、アラシは父親と再会するのもひとつのヤマだったはずなのに、伏線張った割に適当に処理され悲惨だったな…(泣)。

 あと、登場したゾイドの種類が少なくてちょっとつまらなかったですね。ゾイド過去作は次から次へと新ゾイド(しかも中型大型メイン)登場していただけに、小型の昆虫系ばかりなので観ていて気持ちが盛り上がらなかった(こはスポンサーの事情)

 最終的には、放映局の番組編成の都合で同じ枠のシンカリオン共々強引に終わらされた印象で、本当にもったいなく残念。秋の新作が続編ではなく時代を変えての完全新作だから余計…。
コメント   この記事についてブログを書く
« BS&CS録画鑑賞「からくりサ... | トップ | CS配信鑑賞「Re:ゼロから始め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿