たまてばこ新聞

アニメ&特撮オタ歴45年、まだ×2現役やってます!ロボティクスノーツ&地球防衛軍5絶賛プレイ中♪

今日のアニメ感想。東京喰種:Re(16話)、シンカリオン(42話)、ティラミスⅡ(5話)。

2018年10月31日 21時53分18秒 | 今日のアニメ感想
 今週のマガジン、ダイヤは栄純が倉持にマジックで…っていうギャグから入る日常編からの~敵は手ごわいよ、で締め。いよいよ次回から試合始まるのかな?日常編はまったりしてて笑えるところも多いのでもっと観たかったのですが、この作品野球マンガですもんね(汗)。DAYS、監督3人が同時に鳥肌立てていたシーンがすごく印象的でした。指導者を丁寧に描いてくれるスポーツアニメ好き。

 さて、今日は…

 東京喰種:Re(16話)→新幹線変形ロボ シンカリオン(42話)→宇宙戦艦ティラミスⅡ(5話)、でした。

 東京喰種:Re(16話)…有馬の超人的な運動能力はやはりグール由来だったと。というかCCGの構成員の殆どはグール系みたいで…要するに身内の争いだった訳ですね。無印冒頭、いかにもグールは社会悪である、と謳っておきながらのこのオチ…悲し過ぎます。察しの良い方ならすぐわかることで、いかに自分がぼんやり観ていたかという(汗)。純血グールとハーフグール、クインクス…クインクスの素になったあの子達も元々はハーフグールじゃないのかな。諸悪の根源がCCGの親玉らしく、カネキはどうケリを付けるのでしょうか?あと、マドさんが滝沢に負い目持ってたせいもあるけどあっさり死んでしまってガッカリ…あ、頼んでグールにしてもらいます?(爆)

 新幹線変形ロボ シンカリオン(42話)…グランクラスで孤独のグルメやらタモリ倶楽部のパクりを堂々とやってしまうこの作品(苦笑)。誰を喜ばせるのだろう??(地方の人は孤独のグルメわからないのでは/汗)。そんな遊びをしながらも、シャショットのお悩みだったり、ゲンブのハロウィン仮装に紛れての潜入だったりと盛りだくさんな内容。で、今回もバトルは盛り上がること無しで終わりました…良いのかしら。
コメント

今日のアニメ感想。青ブタ(4話)、ゴールデンカムイ(15話)、SAO(4話)

2018年10月30日 20時41分39秒 | 今日のアニメ感想
 DETROITを放置しどっぷり大逆転裁判2に浸っております(汗)。こんな予定じゃなかった(大汗)。しかしシナリオも第4話に入りました。第5話で完結するので、あともうちょっとです!クリアしたらPS4起動するんだ…!(爆)

 さて、今日は…

 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(4話)→ゴールデンカムイ(15話)→ソードアート・オンライン アリシゼーション(4話)、でした。

 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない…お悩み解決第2弾は後輩女子。麻衣との恋愛進展を阻止されしまっているので、咲太も解決の手伝いしなければならなくなりました。彼だけ症候群を感じられるのはなぜなんだろう?まぁラノベ主人公だからと言ってしまえば身もふたもない(苦笑)。妹の思春期症候群(治っているのかいないのか?)も大いに関係していそうですね。

 ゴールデンカムイ…前回とシーンがいきなり飛んだ気がするのは気のせい?(前回は爆発で終わった気がするのだか…)とりあえず白石が土方のスパイだと杉元にばれました(笑)。杉田君のキャラ(名前忘れた)が耳に続き、右足も失ってしまいましたが、おそらくしぶとい彼のことですから義足で復活するのでしょう。だからこその杉田君のような?(爆)まったりジビエグルメと血まみれアクションとの落差が1期以上に大きくなった気がします。もう少しストーリーの進行速度が上がると有難いですね。こんなにまったりやられるとたぶん途中で飽きる(汗)

 ソードアート・オンライン アリシゼーション…ファンタジー風味の仮想世界なのに、ユージオの存在はあまりにもその世界の住人であり過ぎ、現実との境界が回を追うごとに曖昧になっていく不安と恐怖?何度も書きますがまだまだストーリーは始まったばかり、なのですよね…早く謎知りたい(気早過ぎ)
コメント

今日のアニメ感想。アニマエール(4話)、本田さん(4話)、ゆるキャン(4話)。

2018年10月29日 23時06分45秒 | 今日のアニメ感想
 秋アニメも早や4話、1/3終わりましたね〜。一方で冬アニメの情報解禁も少しずつ。今のところ、続編もの以外で気になる作品は無く、視聴本数少なくて済みそう。いや、ここで言い切ってしまうのは早過ぎかも…(汗)

 さて、今日は…

 アニマエール!(4話)→ガイコツ書店員 本田さん(4話)→ゆるキャン△(4話)、でした。

 アニマエール!…同好会初めてのチア披露良かった!ただ、もう少し作画が頑張って生き生きと見せられれば虎徹ちゃんが憧れ入部することに説得力が増したはず。残念!

 ゆるキャン△…野クル初めてのキャンプとリンのソロキャンプを並行して描き、両方の楽しさをわかりやすく伝えるやり方とっても良いです〜。なでしこ可愛い♪

 久しぶりに自分のサイト(てれび玉手箱)の更新しようとテキスト書いてUPしたら、料金未払いでサーバー停止になっていました(爆)。前回の更新が2年前ですからね…放置芸すご過ぎ(大汗)
コメント

CS配信鑑賞「ハーモニー」(劇場版)。

2018年10月29日 11時04分14秒 | TVアニメ鑑賞記録
 2018年冬、扁桃腺炎で寝込んでいた時に視聴。…っていつの話??(爆)書こう書こうと思ううちに(大汗)

 虐殺器官の後、劇場公開予定が変更になり順序逆、時系列逆での公開になった作品。ですが、自分はこの作品を劇場で観るチャンスが無く、結果的に順序通りの視聴になりました。

 世界がシステムによりストレスの無い社会になるとどうなるのか。人間の全てを管理するしかなくなる。その方が楽で便利に決まっています。実際、現代社会もいたるところで管理システムが浸透してきていますから。それを1990年代に予見した原作者の方は本当にすごいです。

 管理と名を借りた支配が始まると、必ず異端が現れるのはこれはもう人間だから仕方ないのか。消えた異端の少女の手がかりを追ううちに、世界が終末に向かっていることを知る主人公の旅路が丁寧に描かれていました。

 ただ、原作を後で読んで知った膨大な情報量、それを2時間という短い中に収めるにはやはり厳しいものがありました。白く無機質な建設物、見かけの穏やかで静かな雰囲気など世界観を描写した映像は素晴らしかったですが、細かいニュアンスや、トァン、ミァハ、キアンの関係などは小説で補完することに。

 自分が自分として生きる=死ぬ為に、愛する少女を安らかに眠らせる為に、最後は世界を殺したトァン。SF的アニメの悪役がよくやる「みんなひとつの意識に融ければ争いも無くなるからよろし」、になってしまいました。人間の生み出す負の財産を無くすには、やっぱりそれしか選択肢無いのかなと思うと悲しい…。

 勿論、そんなことにならないように頑張ろうよ、というメッセージではあると思っていますが、道のりは厳しい。自分に出来ることってなんだろう…?
コメント

今日のアニメ感想。ラディアン(4話)、GRIDMAN(4話)、風つよ(4話)、色づく(4話)

2018年10月28日 23時11分31秒 | 今日のアニメ感想
 地元大学学園祭イベントの小野友樹君と広樹君のトークショーにダンナと下の娘3人で出かけてきました。大学の文化祭は自分の現役時代以来!(爆)でも、当時はなるべく人の多いところにいかなかったので大した思い出が無いのです(汗)。まぁタレント招いてイベントやる、なんてことはまだメジャーでは無かった時代ですから…(大汗)

 さて、今日は…

 ラディアン(4話)→SSSS.GRIDMAN(4話)→風が強く吹いている(4話)→色づく世界の明日から(4話)→FAIRY TAIL(280話)、でした。

 ラディアン…今後仲間になるであろう、ヒロイン枠のメリ。変身前と後のギャップがおもしろいです。悠木碧さんはこういうのハマりますね~!魔法研究都市も魔法もの定番。さて、中はどんな風になっているのかお楽しみ、です。あと、遊佐君の異端審問官は意外に悪い人では無さそうな気が??

 SSSS.GRIDMAN…自分の周囲にばかり異変が起きることに気付いた、というラストは、気づくの遅過ぎ!とツッコミたいところですが、それはこちらが俯瞰する側なので仕方なし。それより、武器の皆様が一度に入るとフリーズするのがおもしろかった!グリッドマンもフリーズ(笑)

 風が強く吹いている…調べたら2クールものらしく。どうりで話を急いでいない訳です。カケルのトラウマが徐々に明らかにされ、ライバルだった?キャラを悪役にし、アパートのみんなを一瞬ですが団結させました。まとまるにはやはり敵役が必要なんですね。わかります、リアル日常でも同様ですから(苦笑)。アンチの方からはお手軽過ぎる展開に一部辛口派から批判浴びそうですが、話の進め方はすごくうまいので続きがとても気になります。

 色づく世界の明日から…祖母の琥珀は瞳美と正反対の天真爛漫っぷりを披露。撮影会のラスト、魔法で動かした汽車を夜空に飛ばし写真撮影というのはロマンティックで映像もすごくキレイでした。にしても、この世界で魔法は悪用されたりしていないんでしょうか?軍事転用とか??でも、それツッコんだら作品世界崩壊しそうだけど(汗)。魔法写真美術部誕生は良いけど、こんなごちゃまぜ部を学校側は認めるのか?/(汗)
P.A.WORKSさんは、アクションよりまったりゆったりアニメ作ったほうが断然合います。色々手を伸ばすのはちょっと…(大汗)。
コメント