たまてばこ新聞

アニメ&特撮オタ歴45年、まだ×2現役やってます!ロボティクスノーツ&地球防衛軍5絶賛プレイ中♪

今回のカブト。いよいよ最終回。

2007年01月21日 23時26分09秒 | カブト
 …う~ん、一体何から書いて良いものやら(汗)。見るには見たんですが、頭に全然入らなかったんですよね(DQMやりつつだったせいも…/おい)。書くとツッコミばかりになってしまいそうだからというのもあります。

 それでも一つこれだけは言えるかな。やっぱ、主人公が苦悩しないと燃えないし萌えない!完全無欠のヒーローはカッコ良さそうで実はそうじゃない!

 カブトのキャラクター達は、描き様によってはもっと感情移入できるはずなのに、それを拒むかのごとき行動をとるのが納得いかなかったです。年間通してキャラ作りに一貫性が無かったのも痛いし。面白いと思ったのは最初の1クールまでだったかなぁ。その後はどんどんテンションが下がってって、半年過ぎるあたりから付き合うだけの感覚になってしまった気がします。

 と、書いていくうちにグチばかりになってる(汗)。決まりをつける意味もあるので、最後に今日のお話のツッコミ点を箇条書きして締めますね(結局言いたいのね/はは)。
 ・1話にネタ詰め込み過ぎ!(それは平成ライダーの常?)
 ・ネックレスと電波で人間総ネイティブ化って理屈が分からないって!
 ・しかも怪しい装置破壊すると元の人間に戻ってるってどんな仕組み?
 ・加賀美くん、天道の手紙読んでから真意を理解するのって頭悪すぎ!
 ・天道はあそこからどうやって復活したのか?!まぁいいけど(諦)
 ・ネイティブとワームの区別が結局分からずじまい。それって自分だけ?
 ・三島がラスボスかと思うくらい見た目カッコ良くていいのか?!
 ・それに対して根岸はふつ~のネイティブだったし、数分で倒されてるし。
 ・黒天道、最後までお気の毒。便利に使い過ぎじゃ?
 ・結局赤い靴=暴走システム作動せず。思わせぶりにしといてそれないよ~
 ・いきなり1年後ね…(ノーコメントにしたい)。
 ・大介が出たのはファンサービスか?!(多分そうでしょう)
 ・地獄兄弟は先週のアレで終わり?ホッパーゼクターって…???
 ・ひよりは最後まで可愛くなかった(その分を蓮華が補ってたか?)。
 ・加賀美くん、いきなりおまわりさんって…何?
 ・天道、パリで豆腐か…いいけどさ(呆)

 …うわ、結局書きまくってるよ(大汗)。そうそう、新番組の電王明るそうな始まりですね。面白い作品だといいな~(微期待)。とりあえず初回の感想は書くと思います。終わってみれば1年間続けて書いてきたこの感想も終了と相成ります。拙文にお付き合い頂きどうもありがとうございました!(大感謝)
コメント

今回のカブト。今更暴走システム言われてもなぁ…(汗)。

2007年01月14日 22時17分35秒 | カブト
 いよいよ来週最終回となった訳ですが、何を書いていいのやら?と言う感じの今回でした。

 最も不満だったのは、加賀美くんがネイティブ根岸にあっさり懐柔され天道と闘った事。魂で信じあってる様な関係じゃなかったんですね、この二人…何の為に一年かけてドラマ作ってきたんだか(涙)。どこかに躊躇とか、天道の思考パターンを察して悩むとかあればまだ良かったんですけど。ちゃんと天道、「ペンダント破壊には訳がある」って言ってんのにな~。どうしてこう単純なんだ…考えないキャラで終わっちゃうじゃない、加賀美くん(泣)。最初は結構ハマってたのにな…。

 あと、長々引っ張ってきた謎や伏線をキャラの一言でさっくり片付けちゃうところが、超もの足りないですね。黒天道誕生の秘密とか、ネイティブ根岸を騙し続けてきたのは「赤い靴」をナイショにする為とか。時間が無いとは言え、一言(一セリフか)で済ませると、それまでいかにも重大な秘密の様に見せてきたこれまでの描写がほぼ意味なくなってしまうんですよ。謎や伏線を張り、キャラクタードラマと絡み合わせるのが平成ライダーの持ち味なのですが、カブトの場合それがすっかり空回りしてしまってますね。

 いよいよ次回は最終回ですが、せめて終わり良ければ…になってくれればいいなぁと思います。でも、ムリっぽいなぁ(泣)。

 そういえば、初めて新ライダー電王の予告やりましたね。何かジャスピオンみたい…あれでもライダーなのか(汗)。でも、もし脚本が噂の方なら期待大だ~
コメント

今回のカブト。ラスト3話?その割に…

2007年01月07日 22時09分33秒 | カブト
 1週空くとやはりもの足りない、というか日曜日を意識しないでさっくり週末が終わってしまいますね。それぐらい朝のヒーロータイムは、自分の定番になっているのですよ。8時にリアルタイムでTVの前に座る為に、いつしか日曜朝の家事をそそくさとやる様になってたし(それって自慢?/汗)。

 今回も最終回まであと2話しかない割には、どうも何もはっきりしなくて、相変わらずのカブトでした。各キャラの考えがなかなか画面から伝わってこないのがもどかしいです。個別に箇条書きしちゃいます(そうしないと自分の考えが纏まらない/汗)。

 ・天道→そもそもこの人の内面が分からないのが困りモノ。悪い意味で周囲を無視した行動ばかりで見てて疲れます…
 ・黒天道→思い切りヘタレやってますね。ダークサイドキャラにしては激弱!いいのか?!
 ・加賀美くん→出生の謎?は一体どこへ?てか、あの時のセリフ説明で終わり?もっと父親や自分の存在意義と向き合って!そじゃなきゃタダの暴走キャラ(泣)。
 ・ひより→ヒロインのはず…なんだけど全然可愛くならなかった(涙)。ネイティブである事への悩みや苦しみをもっと言葉で表現しないと。不器用過ぎるのも考えものですよ。
 ・岬さん→職務に忠実なのは結構ですが、その時々で態度変わり過ぎじゃない?あんな怪しい組織によくずっといられるなぁと逆に感心。
 ・田所さん→ネイティブなんですよね?(ペンダントに反応する?)それゆえの苦悩って余り無かった様な。この方もなんでZECTにこだわるのか良く分かんないです。
 ・樹花→兄の真実をどこまで知ってて信じているのか、さっぱり…(汗)。あっけらかんとし過ぎ?
 ・三島さん→この方もなんでZECTの幹部でいるのか自体不明のままで困ります。権限がある様でいて無いところもあやふや。
 ・地獄兄弟→そもそもなんでライダーシステム持ってるの?それくらいは最終回に分かるよね?兄貴の「白夜」発言にはひっくり返りました(汗)。
 ・ネイティブさん(名前なんだっけ?/汗)→腹に一物アリはハッキリしてるね。さて、ホントのラスボスだったらどうする?
 ・加賀美父→加賀美くんを一体どうしたかったんだか良く分かりません(やっぱそれかい)。まだ腹に何か抱えてそうですが、いかんせん動かなさ過ぎて意図が汲み取れない…

 キャラについてざっと書き出してみましたが、一番は、前にも書いた事がある、ZECT×ワーム×ネイティブの対立構造の見えにくさですね。それは要するに作品世界の不安定さでもある訳で。そんなまま一年終わってしまうのかと思うと、とても残念です。

 さて、あと2回になってしまいましたが(多分)、最終回はともかく来週は書く事あるのかなぁ~不安になってきた…(汗)。
コメント

今回のカブト。坊ちゃまを見つめるじいやに涙。

2006年12月24日 23時31分02秒 | カブト
 カブトを盛り上げてくれた坊ちゃまのラストエピソードですね。ここ最近のカブトにしては、まあまあ纏まった話だったと思います。自分がワームと知り激しく動揺するも、人間だった時の気持ちのまま生涯を全うした坊ちゃまに感動しました。そして、そんな彼に付き従ってきたじいやの熱い想いにもジ~ンときたです。

 欲を言うなら、やはり中盤でのグダグダなギャグキャラ扱いな部分が勿体無いかと。坊ちゃまの苦悩が何度か本編で出ていれば、このクライマックスへの感動度が一層上がった事でしょう。いいキャラだっただけに本当に残念です。

 その他は特にコメント無しで…(汗)。あと3回しかない割に謎山積みですよね…いったいどうするんだろ????
コメント

今回のカブト。ついに坊ちゃまの正体が…。

2006年12月17日 23時41分24秒 | カブト
 話の流れが良く見えなかったのは、途中途中用事で目を離しただけではありませんよね?(汗)それぐらい一段と混乱の度を高めていってるカブトです。

 そんな中、坊ちゃまがワームである事が岬さんに知れてしまいました。田所さんの時は、立ち直り早かったけど今回はどうなのですかね?てか、坊ちゃま、やっと自分の真実を知ったみたいで。ヤケになってそうだなぁ。坊ちゃまがワームなのにもかかわらずワームを憎む様になった経緯等、彼に関する設定はかなりディープだったはず。それがギャグキャラ化した為に、彼の存在の持つ重さが忘れられてしまった事はすごく残念です。その為、今回正体がバレた事も今ひとつインパクトに欠けてしまい、悲しい~
 
 地獄兄弟は、天道の協力要請をギャグ(としか思えん)で拒んでいましたが、そもそもホッパーゼクター自体出処不明だし、影山くんはともかく矢車さんの目的不明だし(汗)。矢車さん、一体どうしたい訳ですか???最終回までに是非分かるように教えて欲しいものです。

 今回は井上脚本だった為、加賀美くんの出番も大幅に少なかったですし、ラストに向かっている割に、盛り上がりを感じられませんでした。次週はいよいよ坊ちゃまラストエピソードの予感。どうなるんでしょうか?ラストまであと4回??
コメント