たまてばこ新聞

アニメ&特撮オタ歴45年、まだ×2現役やってます!ロボティクスノーツ&地球防衛軍5絶賛プレイ中♪

レンドフルール (VITA DL版)。ユベール愛情&忠誠ENDクリアしました。

2015年10月03日 22時56分41秒 | 乙女ゲーム
 ルイの忠誠END他END回収してからユベール攻略、無事二つのENDが終わりました。これで攻略対象全員終了したことになります。ユベールは予想通り謎解きと、驚愕シナリオで…特に忠誠END(汗)。

 ラヴィールのおかげで、途中眠くなったりせずに進めることが出来ました(おい)。ただテキスト読んでいるだけでは物足りないんです。システムのロードもサクサクで快適でした。VITAは偉大!

 レンドは、密林でもネット上で検索しても、評価が分かれていますね。自分には好みの設定でした。一見美しく穏やかに見えるけれど実は歪な世界というのが良い。そして、すべての存在が等しく救済を受けられないというのも、いかにも閉塞的な現代を見るようで、いろいろ考えさせられます。プレイヤーから見て、登場キャラ全員が幸せになるルートは無いとかシビア…。

 オトメイト作品にしては、かなり挑戦的なタイトルだったように思います。正直、同じカゲローさんキャラデザのワンド無印(2は未プレイ)より好きかも(が一番好きなのはウィルオだったり…爆)。万人向けでないことは確かです。

 イベントCGがまだ全て開いていない為もう少しだけプレイして一区切りにします。トロコンは…またもや未達成?(大汗)

 最後、主題歌とBGM、どちらもすごく良かった!OPムービーは今まで普通にスキップしていたのに(おい)、結構な回数再生していました。ムービーも含めて何度も聴きたい歌でした。
コメント

レンドフルール (VITA DL版)。ルイ愛情ENDクリアしました。

2015年09月29日 23時24分10秒 | 乙女ゲーム
 ルイの前にオルフェももちろん公式通りの順番だったのでENDクリアしています。全END回収も出来ました。オルフェはKENN君の息多め、独特の間をとった話し方が印象的。はっちゃけた感じのKENN君ヴォイスとはまた違ってドキドキしてしまう演技でした。

 そして、騎士最後はルイ。さすが攻略4番目推奨なだけあって作品世界の謎にかなり近づく内容でこの先(他のEND含む)がますます楽しみです。

 浪川君は本当に演じ分けがすごく上手いと改めて感じました。アニメで聴く様々なキャラと乙女ゲームのキャラの違いをよく分かっていらっしゃいます。本当にすごい…!

 さて、これで騎士4人の愛情ENDが終わったので新たなルート、ユベールが開きました!ルイの他ENDを回収したら早速攻略したいと思います!!
コメント

レンドフルール (VITA DL版)。ギスラン愛情ENDクリアしました。

2015年09月20日 23時25分10秒 | 乙女ゲーム
 エンディングリストを埋めるつもりは無いと言いつつ、イベントCGをコンプ出来ていなかった為、自力ではありませんがレオンのEND回収をしました。やってみて、ラヴィールの結果とパラ調節、シナリオの随所にちりばめられたヒントを読み解き、自力で集めるのは相当な時間と根気が必要だと痛感。まぁゲームのフルコンプはみな同じく苦労なんですけどね(汗)

 なので、チャートを作られた方の努力には本当に頭が下がります。見ながらやっても何度間違えてやり直したことか(涙)。そんな中、ラヴィールのやり直しが可能なことを知ったのは収穫でした(ちゃんとチュートリアル読まない人)。これで今後はもう少し緊張せずにラヴィールが出来ます!

 普通のノベルゲーのように単純な選択肢ではないシステムはおもしろいと思います。ただ、今までPS2やPSPでプレイしていたオトメイト作品はシステムに凝れば凝るほどロードが遅くもっさり、せっかくのシナリオを十分楽しめずにいたことも(ワンドPS2版)。それが、VITAになったおかげなのか、サクサクロード出来てやり直しもしやすくスキップ速度も速い、と格段に向上していてしばらくオトメイトに触れていなかった自分にはかなり衝撃でした(良い意味で)。このレベルを維持して、良いゲームをこれからも作って欲しいと思います。

 そして、レオンが終わったので、公式お勧めの攻略順に従い、ギスランルートを。このルート決定の条件が地味に難しいです(汗)。情報なしに出来ない…(大汗)

 その後は自力で愛情パラのみ上げ、無事愛情ENDを迎えることが出来ました。ですが、まぁなんでしょうか…話が暗いというか。凄絶な個所が多く良心が痛む展開で…その分エピローグにはホッとしましたけれど。犠牲無しのENDってきっと無いんでしょうね…。

 と言いながら止め時を失うほど夢中になっているのは鬱展開が嫌いではないから(爆)。シュタゲに比べればまだ全然穏やかですし(うわ)。断マリは負けないくらい救いが無いENDもありましたし(おい)。

 ギスランは、独特の髪型をしているので(左から見ると左目が隠れて表情が見えない)、アングルによって見た目の変化が楽しめました。近藤隆君のヴォイスも彼の頑なな性格にピッタリでとても良かったです。

 さてさて、明日は忠誠ENDのクリアは良いとしてEND回収どうしましょう?例によってイベントCGに空きがあるのはBAD ENDも見なさいってこと、ですよね…??(汗)
コメント

レンドフルール (VITA DL版)。レオン愛情ENDクリアしました。

2015年09月19日 23時32分31秒 | 乙女ゲーム
 選択肢ではなく、ラヴィールの結果でシナリオ分岐が決まるというオトメイト作品にしては珍しいシステム。ラヴィールがなかなか難しかったです。自力で一発で勝つのはやはり後半になるほど精神的にきつく、つい情報に頼ってしまいました。本当はこういうバトル形式はリロード繰り返しても自力で解きたい人間なのですが、リロードは一度タイトルまで戻らないとダメ、しかもラヴィール中はメニュー画面開けないので結局ゲーム終了せざるを得ない…ここが面倒ですね…残念。

 そんなこんなで、レオンの愛情パラを上げまくったエンディングを先ほど見てきました。…いや、愛情ENDというにはかなり壮絶な終わり方…(汗)。ギスランには本当に驚かされました…(涙)。

 レオンはわんこキャラで口調も現代風、一人目としてはとっつきやすい人でしたね。興津君の本格的な恋愛攻略対象キャラはほぼ初(下天の官兵衛は寡黙でしたし)。今回はたっぷりそのヴォイスを堪能出来ました。これでもうアニメ観ても迷わず聞き分けることが出来そうです(おいそこか)。

 パラ調節のコツがいまいち掴めていませんが、お約束で愛情は上げやすいですよね。これで次はレオンの忠誠ENDをやってみようと思っています。うまくいくかな…?

 それ以外にもエンディングリストには個別のエンドが10くらいあって…たぶん途中のラヴィール失敗した場合なのでしょう。トロコンしたいのならコンプしなければなりませんが、BADは正直好きではない自分はきっとやらないでしょう(爆)

 こういうダークファンタジーっぽいつくりは嫌いではないですし(鬱展開好き)、シナリオもかなり頑張っているのでぜひ全キャラクリアして作品世界の全貌を知りたいと思います!
コメント

レンドフルール (VITA DL版)。第1部が終わりました。

2015年09月18日 23時07分07秒 | 乙女ゲーム
 サブキャラの音声をOFFにしていなければもっと時間が掛かっていたかもしれません。第1部とても長かったです。でも、緊張感のあるシナリオで退屈せずに進められました。これは予想以上の収穫!

 ラヴィールの成績も今思い返すと、HP0にせず勝利したまま終わったものがいくつかあったような(汗)。貰えるポイントの多さが違うことはすぐわかりましたが、まさか攻略にまで関係してくるとは…!

 たぶん、一人目はレオンにいけない気がしてきました…。ラヴィールでシナリオ分岐をコントロールするとはなかなか難儀なシステムですね(大汗)。でもとりあえずこのまま進めてみます。公式の攻略順から外れそうな予感がひしひしとしますが…。

 騎士と四蝶の会話もテンポ良くて楽しいし、騎士達もステレオタイプなキャラとは少し違うので、これなら今後の展開も期待出来そう。第2部に入っていきなりの鬱展開に驚きつつも、エンディングまで一気にプレイしたいと思います!オトメイトのゲームでこんなに楽しんだの超久しぶり!!(爆)

 そして、やはりカゲローさんの絵は美しい…。
コメント